対魔忍RPG

【対魔忍RPG】君と会えたバレンタイン(ストーリーイベント「チョコとキラー」)

投稿日:2021年2月15日 更新日:

やってきました対魔忍のバレンタイン。甘い誘惑がいっぱいのイベントへいざ出発!



今回の新規ユニット

今回の新規ユニットはRの【ご奉仕シープ】エレーナ、HRの【蕩けるチョコ】ミレイユ、SRの【バレンタイン】天宮 紫水の3人。

【ご奉仕シープ】エレーナは魔性で貴重なSPヒーラー。必殺技でSP回復、スキルで全体眠りを撒くことができます。RでありながらHP:4670、DEF:536で耐久力は申し分なく、SPDも61と少し遅めでSP回復役をこなしやすいです。

スキルでSP大回復が行えるユニットはこれまでHR以上のユニットにしか居なかったためRでSP大回復ができるのはご奉仕エレーナが初めて。また、魔性でSP即時回復が行えるのはご奉仕エレーナを除くとSRの仕来り鹿之介しか居ないため精神アリーナでも活躍が見込めます。Rとはいえ限定ユニットに相応しい性能のユニットと言えるでしょう。

普段はおっとり可愛いロリ系のエレーナですが、今回はリボンのようなデザインのブラに肩出しで下が溶けたチョコのようになっているセーターを着ていてとてもセクシー。「ご奉仕」というワードもイケナイ雰囲気を醸し出しています。

【蕩けるチョコ】ミレイユは相変わらずの状態異常特化型。スキル1で封印付きのランダム3回攻撃、必殺技で敵全体に麻痺攻撃が行えます。SPDも80これまでのミレイユで最速。さすが、身軽な格好をしているだけありますね!

ぽんこつのリリムや穏健派美少女のミーティアとは違い正統派サキュバスをやっているミレイユさん。今回はバレンタイン仕様で男の夢(?)である裸リボンで登場してくれました。流石サキュバス、分かってるな〜!回想は決戦アリーナ時代を彷彿とさせる内容らしいですよ?

【バレンタイン】天宮 紫水は紫水らしい複数の役割をこなせる自然アタッカー。奥義は「敵1体に特大威力で攻撃(使用回数に応じてダメージアップ、最大6回まで累積)3ターンの間、味方全体のSPを中回復する」で、スキルブースト付きの単体特大威力攻撃にSPリジェネが付いたもの。

舞や潜入亜希などのHPとSPを同時回復できるヒーラーと合わせ、SPリジェネを入れながら奥義を連発する動きが理想的か。スキル2でHPリジェネとダメカを入れられるアリシアと組み合わせるのも面白いかも。なお、双子や夏静流のようなHP・SPリジェネレーターとは役割が被ってしまうのでその辺りのユニットとの使い分けはよく考えないといけませんね。

スキル2は敵1体にATK・DEFデバフ。刺さりにくいDEFデバフはともかく、奥スキでATKデバフ役も兼ねられるのがポイント。リーダースキルは「部隊全体の最大HPを中アップ」で部隊の耐久力アップに貢献できるので、こちらも敵や味方の戦力に応じて活用していきたいところです。

お館くんの妄想が混入してしまったためベビードールにガーターベルト姿で実体化してしまった紫水。僕、小太郎くんと友達になれそうです。裸同然の格好にロンググローブとチョーカーを合わせている辺りもフェチズムを感じます。この格好で剣で戦うってアナタね、素敵すぎますよ。チョコになっちゃったガーディアンくんも可愛いね。

ちなみに、バレ紫水が倒されるとSDが紫水の姿からコロちゃん先輩の姿に変化します。芸が細かい!愛を感じる演出ですね。



ガチャ報告

ガチャ報告の時間です。まずは一日一回無料で引けたプチ五車祭から。紫水、アリシア、マヤを既に引き当てているため今回のプチ五車で欲しいのは邪インくらい。まぁ、そもそも一日一回引いたくらいでSR当たらんやろという気持ちで気楽にドロー。紫水・邪インがピックアップされた第一弾は何事もなく終了。

が、第二弾で引き当てましたSR!でもマヤもアリシアも持ってるからすり抜けてくれ!頼む〜!マヤならまだスキルマしてないから重ねてもいいけど!

おわあああああああああ蛇子だあああああああああ!?!?!?こんなに嬉しいすり抜けがあるのか!?既に持っているピックアップユニットを回避して、しかも五車限定SRって!この後の無料ガチャでは特に何も引けませんでしたが蛇子が引けただけで大勝利です。早速レイド用部隊に入れて活躍させました。回想もイチャイチャしててええのう!

さて、プチ五車祭が終わりやってきましたよバレンタイン。復刻で欲しいのも居ないしスルーするはずだったのに、今回の限定で紫水が出てくると聞いて飛び上がりました。初めて挑んだ五車祭で紫水を引き、それ以来ずーーーっと我が部隊を支えてくれた紫水。そりゃ引くしかないだろうがよ。プレチケ使って単発で引いていくか……ん?

プレチケ3枚目で確定演出からバレ紫水きたあああああああ!?!?!?!?!?早すぎィ!150連くらい突っ込む予定があまりにもあっけなく目標達成です。エレーナとミレイユも出来れば欲しかったんですけど、この豪運で満足しないのはあまりにも欲深すぎるので撤退。次の五車祭も控えてるし、4月には復刻の制服凜子を狙う予定なので無駄遣いはできん!

ちなみに、対魔石50個で買えるバレンタインセットの存在は紫水を引いた後で気づきました。クリスマスの手痛い教訓があるため華麗にスルーです。これ買っとけばエレーナとミレイユも引けたかもなーとは思いますが、紫水を引けたのでもう何も考えないことにします。どう考えてもプレチケ3枚で紫水引けたことの方がお得だしすごい。

あ、紫水の回想は前回みたいな調教モノではなくお館くんとのイチャラブでした。紫水とお館くんの設定もRPGのメインシナリオ準拠なようで、今回のストーリーイベントの延長上のような感覚で楽しめます。実体化出来る機会が中々無いのでグイグイ来る紫水と、紫水の裏で2人の状況を楽しそうに眺めるコロちゃん先輩、最高。バレ紫水の回想見た後でコロちゃん先輩の回想見ると尚良いですね……



甘くたっていいじゃない

今回のイベントは小太郎がバレンタインで騒動に巻き込まれながらも紫水と共に困難を乗り越えていくお話。ほんのり切なく優しい甘さのストーリーとなっています。

正義の心を持って修行に励む学生対魔忍たちもこの日ばかりは浮かれ気分。各生徒たちが甘い空気を漂わせています。いつも蛇子と身内からしかチョコが貰えない鹿之介と小太郎は例年通り周囲の様子を見ながら悔しい思いをしていた、のでしたが……

幾多の任務を乗り越え生徒たちと絆を紡いできた2人の元に、続々と知り合いの女子がやってきてチョコを渡してきてくれました。2人は自覚していませんでしたが、これまでの日々で彼らは様々な人に認められる優秀な対魔忍に成長していたのです。彼らの努力が報われるようでなんだか見ているこっちまで嬉しくなります。

ゆきかぜもツンツンしながらチョコを渡しに来てくれました。しかし、「明日があるから」と思いながら気持ちを伝えずに過ごし、後悔することになった世界のゆきかぜを知っていると中々切ないシーンでもあります。大人ゆきかぜの存在を知ってしまうとツンデレもまた違った見え方がしてくるなぁ。

夜になると小太郎くんはコロちゃん先輩と一緒に任務へ。なにやらぼそぼそと独り言を言っている挙動不審な先輩。何事かと思いながらも任務をこなしていると、先輩が「提案がある」と話しかけてきました。どうやら紫水が小太郎と一緒に任務を行いたいらしいそうです。先程の挙動不審な様子も紫水と喋っていたからだったんですね。

しかし、先輩は紫水の存在を知ってはいるものの話したことは無かったはずでは?と小太郎が疑問に思うと、先日の黒い子供との一件を経て紫水は自分の声を少しだけ遠くに届けられるようになり、先輩に話しかけていたとのこと。紫水に会いたい小太郎、紫水が好きで彼女の気持ちを応援したい先輩の気持ちが一致し、あの日のように先輩の魂遁の術で紫水と再会することに───

なったのですが、先程任務で房術を使う先輩対魔忍と出会っていたせいで紫水のイメージに邪念が混じり、こんな姿で実体化してしまった紫水。小太郎は焦り他の服を買ってやると言い出しますが、服を買うお金も無いし「お館くんの考えた衣装だから」と紫水はそのままの格好で歩くことに。紫水に身体を貸しながら意識がある先輩も「探偵にはスケベが必要」と言ってくれています。男の趣味に寛容なコロちゃん先輩素敵。

二人で交わした約束のこと、前世のことなどを語らう二人。リリムとミナサキの話を聞いて彼女たちを「友達」と呼ぶ紫水。自分だけが覚えている過去に想いを馳せる紫水と、そんな紫水を見ていつか必ず紫水が一人で自由に外に出られるようにすると誓う小太郎の姿にジーンと来ます。やっぱさぁ、紫水のヒロイン力高すぎない?前世から繋がってるヒロインとか幸せにしてあげるしかねぇじゃねぇかよ……

そんな2人の前に突然現れたのは殺人鬼ソニア。仕事に失敗して逃げ回っていたところ、偶然小太郎を発見し追手を撒くのを手伝ってもらうことにしたそうです。自分たちも任務中なのでソニアを置いてさっさと逃げ出したい小太郎でしたが、紫水の方はなぜか乗り気。はてさて、どうなることやら。

今回のイベントでは装いも新たにした権左が出てきて五強の現状を語ってくれたり、紫水と黒い子供(エドウィン・ブラック)のことも解説されたり、メインストーリーの振り返りをしながら進むので新規の人などにも優しい話になっていました。割と薄味だった前回の内容と比べ、今回はかなり濃い内容になっていて読み応え充分。二車忍軍の台頭にエドウィン・ブラックの登場など一気に物語が加速してきた感のある対魔忍RPG、今後もストーリーに目が離せません。

余談。モブの対魔忍先輩がめっちゃ可愛かった。



イベント報酬「【血塗れのバレンタイン】ソニア」の評価

ステータスはHP:4337、SP:330、ATK:701、DEF:366、SPD:78

リーダースキルは「科学属性ユニットの会心率を大アップ」

スキル1は「敵1体に中威力で攻撃する(残りHPが高い敵ほど威力がアップ)」

スキル2は「敵3体に中威力で攻撃する」

奥義は「敵1体に特大威力で攻撃、2ターンの間、対象の受けるダメージが中増加する」

能力的には特に変わったところもない科学アタッカーといったところ。スキル構成もフルアタでとにかく攻めの姿勢が出ています。そこそこ高めのSPDを活かして奥義でダメージブーストを入れながら殴っていきたいですね。

リーダースキルはアリシアと非常に相性が良い効果。ただ、倍率が大したことないのと、ソニア自身は会心系のスキルを持っていないので会心パと相性が良いわけではないのが残念。

2度目のイベント報酬ユニットとなったソニアさん。火照った顔で髪をかき上げる仕草がとっても色っぽい。しかし全然バレンタイン感は無いですね笑。イベントでは相変わらずのトラブルメーカーぶりを発揮してくれました。しかしこの殺人鬼、案の定全然コントロールできてないみたいで、米連ももうちょっと考えて雇った方が良かったんじゃないの?



来月は新しい決戦

3月の決戦イベントスケジュールが発表され、二月に一回の新ユニット登場が確定しました。ここのところ雫やファウストなど難易度的には甘めだった決戦イベント、次はそろそろクッソ強いやつとか来てもいいのよ?

ジュノのラック100が終わりました。以前は一回倒すだけでも地獄のような戦いだったのが、ダブル舞エンジンで場を安定させ、夏静流のバフ剥がしでダメージを減らし、アリシアとコロちゃん先輩でさっくり削って余裕の勝利を収められるようになり戦力の向上を強く実感しました。生意気なメスガミも攻略完了だぜ!

これで決戦ユニットでまだラック100にしていないのは八百比丘尼だけ。3月の新しい決戦ユニットと八百比丘尼をラック100にするとアーカイブでラック100にしたミーティアと合わせてラック100が10体揃います。夢だった派遣クエスト全員ラック100がもう目前です。まぁ、全員ラック100でもドロップは今とあんまり変わらないでしょうけど。

ヒロインレースについて語りたい

さてさて、これまでのストーリーで華麗なヒロインたちと絆を深めてきた小太郎くんですが、今回のイベントで改めて紫水のヒロイン力の高さを見せつけられた感じがしますね。もうね、強い。前世からの付き合いがあって、健気に自分を守ってくれる存在で、「一緒に居られればそれでいい」と言いながら本当は自分もこの世界で一人の人間として生きたくて……かーっ!真ヒロインじゃん!彼女を救わないと本当のエンディングに辿り着けない真ヒロインのやつじゃん!要素が全部強すぎますよ紫水。この子を愛せないやつおる??????

大人ゆきかぜの登場で悲惨な未来の可能性と彼女の気持ちを察することになったゆきかぜもかなりヒロインの立場を固めてきましたが、そんなゆきかぜすら紫水がぶっちぎってヒロインレースのトップに躍り出た感がありますね。ゆきかぜも幸せになってほしいんだけどなぁ。このゲーム、小太郎が幸せにしてやってほしい子が多すぎる。

ヒロインレースは今のところ紫水とゆきかぜのトップ2で、その後ろに蛇子、紅、きらら、若さくら、アスカあたりのメインキャストが居るような状態でしょうか。しかし、ここら辺は幼馴染や女友達感が強くて、いい雰囲気にはなってもその先に進む感じが今のところなさそう。

小太郎は過去のこともあり自尊心低いボーイなので、明確な好意を向けられないと相手の気持ちを察することができないんですよね。この点でシャイだったりツンデレだったりする子は厳しい。相手を異性だと認識しづらい幼馴染なんか特にそうなんだから頑張れ蛇子と紅。

紫水が強いのは小太郎が大切な存在であると明確に言動と行動で示しているところ。そして小太郎もそんな紫水の気持ちを受け止め自分も紫水のためになりたいと強く願っていて、恋愛感情云々はともかくお互いに重たい矢印が向いているのが強い。2人とも相手への信頼や情を隠すことなく正直に言い合える関係は素晴らしいですね。

紫水の実体化を手伝ってくれるコロちゃん先輩もちゃっかりヒロインポイントを稼いでどんどん立場を固めている感じがしていいですね。先輩は風紀隊のシナリオでも絡むことになるし、頼れる先輩として小太郎からの信頼が厚くなってます。魂遁の術も凄まじく有用だし、先輩枠かと思いきや他のヒロインを食ってしまいそうなほどのポテンシャルがありますね。

あと、一応時子もヒロインなんですが保護者としての立場が強すぎて女扱いされてなさそう。水着を見せたくてこっそりついてきたり、耳かきをしてあげたり可愛いところはあるんですが、小太郎が乙女な時子を認識してくれる時は来るのか。時子側も自分の立場を気にしたり奥手だったりで攻めに出られなさそうですしどうかなぁ。

ヒロインになるかはともかく、若様好きすぎてネタキャラ感が出てしまっている天音、半分ママみたいな災禍、実はヘビーな感情抱いてるかもしれないカヲル、小太郎の秘密を知っていた亜希姉などのお姉さん勢と小太郎の絡みももっと見たいですね。アツいストーリーも勿論、ラブストーリーにも期待の対魔忍RPGです。



関連コンテンツ

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥49,200 (2021/12/06 03:43:37時点 Amazon調べ-詳細)



-対魔忍RPG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【対魔忍RPG】部隊編成の考え方と強いユニットの特徴を覚えよう

今回は対魔忍RPGで部隊を作る上で大事な考え方について書いていきます。戦力が十分揃っていなくてもユニットの起用法によって戦力差はある程度カバーできるので、初心者〜中級者の人は基本的な部隊編成の考え方を …

サイボーグ対魔忍、略してサイタマ(ストーリーイベント「電遁乙女と酔いどれ剣士」)

今回のイベントはストーリーイベント。復刻イベントのスケジュールもあり、5月はストーリーイベントが押し寄せてきていますが、来たる五車祭のためにも頑張りましょう! 目次1 今回の新規ユニット2 光速の異名 …

【対魔忍RPG】白きサキュバスとの決戦!

決戦イベント第6弾は魔性からの刺客、白きサキュバスとの決戦。「魔性で格がある敵ってあんまり居ないけど決戦どうするんだろ?」と言われていましたが、チャプター3でボスを務めたこの女が選ばれました。果たして …

【対魔忍RPG】世間知らずの金髪黒ギャル(マップイベント「ある日のヨミハラ」)

今回のマップイベントは前回のイベントに引き続きクロアサ探偵団の面々が登場。そして久しぶりとなる科学の新戦力に注目! 目次1 ヨミハラ珍道中2 イベント報酬「【自己流女教師】ミリアム」の評価3 今回の新 …

【対魔忍RPG】八百比丘尼との決戦!

決戦イベント第5弾は二車の幹部の一人である八百比丘尼。これまで科学(ライブラリー)→超人(オーガ奴隷)→ジュノ(精神)→権左(自然)と来ていたので次は魔性が来るかと思いきや、ジュノと同じ精神が来ました …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728