GTAシリーズ

GTA5がなんか物足りない

投稿日:2017年5月23日 更新日:

僕はグランド・セフト・オートシリーズのファンだ。もう少し細かく言うと、PS2版GTAシリーズのファンだ。それ以外のシリーズ作品はGTA5しかやっていない。

そんな自分の独り言をグダグダ書いていきます。

物足りない?

僕がGTAにどっぷりハマった最大の理由に、「なんでも出来る」がある。

GTAと出会う前、「箱庭ゲー」という概念を知らなかった僕は、スーパーマリオサンシャインやがんばれゴエモンネオ桃山幕府のような、与えられたマップを自由に行き来出来るゲームが好きでよくやっていた。

ポンと渡された世界で、好き勝手に振る舞う。元から、箱庭ゲーにハマる素質があった。そして、「でもちょっと物足りないような?」とモヤモヤしたものを抱えていたとき、友人から貸してもらったGTA VCをプレイする。

それは途轍もない衝撃で、「こんなゲームがやりたかった!」と想像していたものがそのまんま現れたような感覚だった。僕はバイスシティという箱庭に入り浸り、自分が想像できるあらゆる楽しみ方で遊んだ。

そして、僕はGTA SAを買い、当然のようにVCよりもドハマリし、その勢いでPS2版で販売されているGTAシリーズを全て買い揃えてしまった。

その後は忙しかったりもあって以降の作品をスルーしていたけど、少し生活に余裕が出来てきたので、発売から大分経ったタイミングで僕はGTA5を手に取った。久しぶりのGTAはどんなものか、期待と不安が入り混じる5は、やっぱり楽しかった。すぐにストーリーをクリアして、達成度100%を目指して色んなアクティビティに挑戦した。

ただ、その情熱は思ったよりも早く冷めてしまった。オンラインもあまり熱心になれず、楽しいは楽しいけど消化不良のような感覚を残してしまった。

それはなんでなんだろうかと自分なりの理由を探るのが、今回のお話です。

マップが狭い?

物足りなさを感じた理由を探してみた結果、三つの大きな理由が自分の中に浮かんできました。まず一つ、マップが狭く感じたこと。

いやいやめっちゃ広いよサンアンドレアス州、と自分でも分かってはいるのですが、どうやら物理的な問題ではないところに不足感があった模様。

今作の舞台であるGTA5版サンアンドレアス州は、都会のロスサントスと地方のブレイン群によって形成されています。これは、SA版サンアンドレアス州で言うと、第1の島(ロスサントスとバッドランズ)を拡大したような作りになっています。

次世代機のスペックを活かしたマップは、凄まじいディティールで本物の街がそこにあるかのように精密な作りで感動しました。けど、リアルな広さと細かいディティールはむしろ多様性を減らしてしまったように感じます。そりゃあ、GTA5版はロサンゼルスだけで、SA版はロサンゼルスとサンフランシスコとラスベガス全部を行き来できると思えば、SA版の方が色んな場所を楽しめるのは当たり前なんですけど。

今のクオリティでSA版サンアンドレアスのようなマップを作るのは色んな意味で難しかったのかもしれません。でも、素直な自分の体感として「広い」と感じられたのはSA版のサンアンドレアスでした。

また、広くなったマップの中で、中に入って遊べる(ミッション内だけでなくいつでも自由に)物件が少ないのも気になったところです。中に入って遊んだり、ミッション内で入ることがあったり、そういった思い入れがないと丁寧に作られた物件も印象に残らず、結局遊ぶ場所はいつも同じところになってしまう。ここら辺が広さの割に遊べる場所が少なく感じて満足度が足りない理由に繋がるのかなと。

ミッションの自由度が低い?

次に、ゲームがよりリアルになった影響からなのか、ミッションの「やらされてる感」が強くなった気がしました。

これまでのGTAは、ストーリー上問題なければ用意された正攻法だけでなく「こんなんありかよ!」と思うような方法でもクリアすることができました。なので、ミッションに挑戦するときは「今こんなことしたらどうなっちゃうかな」という好奇心を気軽に満たすことができました。

例えば、「○○を始末しろ!」というミッションがあった場合、以前ならスナイパーライフルで狙撃しても、ロケットランチャーをぶっ放しても、車で突っ込んでも結果的に命令をこなせばOKでしたが、GTA5では最初から「○○をスナイパーライフルで始末しろ!」と指示され、スナイパーライフルを使わないとミッション失敗、みたいな。少し余計なことをするとすぐにミッション失敗になってしまうので、序盤はあれこれ試行錯誤しながらミッションをやっていましたが、次第にただただ正攻法で数をこなしていくように。

元々GTAはストーリーの見せ方がうまくて、映画の中に入り込んだようなプレイ感があるのと、ミッションを失敗してもすぐにリトライができるのでストレスはさほど無いのですが、プレイ中の遊び心は今までより減っていたのは間違いないです。

遊び方が限られる?

最後に、これが一番言いたかったというか、これに比べれば上二つの理由はいちゃもんレベルというか、じゃあなんで書いたんだよというかなんですけど、遊びの幅が今までのシリーズよりも狭まっているんじゃないかなと。ここが最も大きな不満点です。

GTA5は確かに、自分の知っていたGTAシリーズよりも遥かに進化していました。武器は種類が豊富でカスタマイズもできるようになり、車の種類も豊富になって……けど、「求めていたのはこれじゃない!」んです。勿論、こういった要素が深く掘り下げられるのはいいんですけど、そうじゃないんです。

銃撃戦を楽しみたかったら、戦争ゲーをやればいいんです。車を楽しみたかったら、レースゲーをやればいいんです。僕がGTAに対して素晴らしいと思っているのは「広く浅く何でもできること」なんです。専門性では他のゲームに勝てなくても、総合的な遊びの幅で他を寄せ付けないってのがGTAの良さだと思っているんです。具体的にどういうことか、妄想を書き連ねていきます。

物件における経営・事業などの部分をもっと進化させてほしかった。特に、広大なブレイン群を使ってクスリの栽培・販売をしたり、密造酒の製造・販売とか、めっちゃ面白そうじゃないですか?材料を集めたり、出来上がった製品を運んだり、他の事業者と契約をしたり、従業員を雇ったり、経営シミュレーションみたいなことをしながら利益を拡大させていく。他にも、ポン引きとか盗難車の売買とか、所謂「裏産業」でアレコレやるの、GTAくらいでしかできなさそうじゃん?

副業をもっと進化させてほしかった。伝統だった救急ミッション、消防ミッション、処刑ミッションがなくなったのはガッカリ。まぁこれらはリアルではないから無くなったのはしょうがないけど、なら他に小遣い稼ぎができる方法を増やしてほしかった。VCであったアイスクリーム屋(売ってるのはあっちの「アイス」だけど)とか、ホットドッグ屋に扮して商売するとか、地道なお金稼ぎがあったらいいよね。序盤にこんなことばっかしてお金貯めたりしたい。他にも、SAであった泥棒、ギャンブルとか、LCSであった車のセールス、観光案内とか、メインミッション外でお金を稼げる方法が増えてほしい。

生活感が増す要素を進化させてほしかった。体形の変化は面倒だとしても、飯屋でご飯を食べたり、ジムに行って筋トレをしたり、そういった部分は残しておいてほしかった。あと、別荘となる隠れ家をあちこちで購入したり、各地のホテルで泊まったりできたら楽しいな。他には、川や海で釣りができるとか、草野球が楽しめるとか、もっと贅沢を言えば料理ができるとか。それは欲張りすぎか。だとしても、リアルさを追求するならこういった生活面を強化してくれると嬉しいなぁと思ったり。

こんな感じに色々妄想しているけど、つまりはあらゆるごっこ遊びが出来る舞台が欲しいのだ。そして、「モラルの壁」を突破しながらそういうことができるのはGTAの特権じゃないかと思っています。普通に生活シミュレーションをするだけなら、どうぶつの森とかでもできるでしょうけど、犯罪絡みの生活を楽しめるってなるとそうそうないでしょう。だから、GTAは車とドンパチではなく、万能っぷりで勝負していってほしいなと思っている次第です。

あとがき

皆さんはナショナルジオグラフィックスのドキュメンタリー番組「暗黒産業シリーズ」はご存知でしょうか。機会があったら見てみてください。僕はこのシリーズが好きで、「GTAでこれできたらいいのに!」と思いながら見ていました。というか、その一心でこの記事を書いてしまったといっても過言ではないので、興味が沸いたら是非調べてみてください(笑)。

自分のような楽しみ方が多数派でないことは分かっています。GTAと言えば車を盗みまくって重火器で暴れまくる、そんな楽しみ方が大多数で、事実そういった層に対して開発側が目を向けていることも分かっています。けど、僕はこういうGTAがやりたーい!と喚くのは自由なので、こうして喚かせていただきました。いつかこんなゲームができたらいいなぁ。リアルな世界で、リアルではできないこと、したいじゃないですか。

GTAオンラインへの愚痴→【GTAオンライン】出来損ないのPvPとなったオンラインゲーム

こんなGTAをやらせてくれ→ぼくがかんがえたさいこうのGTA



-GTAシリーズ

執筆者:


  1. トミー・ジョンソン(TJ) より:

    滅茶苦茶分かります。
    GTA4もそうでしたけど、なんであんなに物足りない感じに
    なっちゃったんですかね…
    何だか凄く真面目なゲームになってしまっていて悲しいです。

    GTASAを超える作品を出して欲しい…。

    • 麻乃ヨルダ より:

      >>TJさん

      コメントありがとうございます。
      そうなんですよ、真面目になっちゃったんですよね。それで小さくまとまってしまった感が。
      以前のGTAはモノだけ渡されて「はい、どーぞ」とプレイヤーに遊び方が委ねられているような印象だったんですが、GTA5は「こうやって遊んでね!」と遊び方が決められているような印象を受けました。
      それはそれでクオリティが高いんですが、「いやGTAに求めてるのってそういうんじゃないんだよなー」と。
      僕も未だにSAが最高傑作だと思っています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド アリーナ・スラムバン(Vapid Arena Slamvan)」

これをなしに大規模な資源戦争を始めることはできません。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) ユートピアとディストピアの決定的な違いは、自分がブルドーザーのどちら側にいるかです。 (Ar …

【GTAオンライン】出来損ないのPvPとなったオンラインゲーム

GTAオンラインを始めて約一年。所々に「ん?」と引っかかるものを感じつつ、GTAオンラインの世界にどっぷり浸かっていたのですが、改めて「やっぱりここはおかしいぞGTAオンライン」と言いたいことが溜まっ …

【攻略】GTAオンラインの金策まとめ〜第4回「物件ビジネス」

GTAオンラインの金策を考えるシリーズの一応最終回ということで、最後の大きな稼ぎ場「物件ビジネス」についてです。強盗同様にビジネスもそれぞれで攻略記事的なものを作ろうと思っているので、基本的なことには …

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ〜第1幕 フィナーレ「データ漏洩」【攻略】

強盗:ドゥームズ・デイ、第1幕のフィナーレについての攻略です。 目次1 クリア報酬2 割引解除3 エリートチャレンジ目標4 ミッション攻略5 ストーリー6 関連コンテンツ クリア報酬 ノーマル:650 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter