遊戯王TF3

【遊戯王TF3】プロのエンタメデュエル~エド・フェニックス【デッキレシピ】

投稿日:2017年7月14日 更新日:

タッグフォース攻略第2弾は、ARC-Ⅴにも出演を果たしたエドです(ARC-Ⅴ見てないけど)。Dはデッキタイプが色々あるので、弄り甲斐がありますね。

例によって、ある程度カードが揃っていることが前提のデッキレシピとなっています。特にDはレアリティ高いカードが多くて集めるのが大変だ……

パートナーデッキ(血闘のD)

最上級モンスター(3枚)
D-HERO ドグマガイ×1
☆D-HERO Bloo-D×2
上級モンスター(2枚)
D-HERO ダッシュガイ×2
下級モンスター(13枚)
D-HERO ダイハードガイ×1
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ダガーガイ×1
D-HERO ダンクガイ×2
D-HERO ディスクガイ×1
D-HERO ディフェンドガイ×2
D-HERO デビルガイ×1
D-HERO ドゥームガイ×2
メタモルポット×1
魔法(17枚)
大嵐×1
サイクロン×1
死者蘇生×1
終焉の焔×1
スケープ・ゴート×1
増援×2
ダーク・シティ×1
D-マインド×1
☆デステニー・ドロー×2
手札抹殺×1
テラ・フォーミング×2
早すぎた埋葬×1
光の護封剣×1
フュージョン・ゲート×1
罠(7枚)
激流葬×1
死のデッキ破壊ウイルス×1
聖なるバリア-ミラーフォース-×1
チェーン・マテリアル×1
D-カウンター×2
D-シールド×1
融合モンスター(3枚)
Dragoon D-END×3


(☆の付いたカードはお気に入りで、デッキ編集可能後も外すことはできません)

CPUの動き

一応はBloo-Dを切り札としたデッキだけど、所詮D-HEROの寄せ集め。打点の低いD-HEROを支える幽獄の時計塔とドレッドガイは入っておらず、D-ENDの召喚手段はフュージョン・ゲートとチェーン・マテリアルが1枚ずつこっそり入っているだけ。そして、肝心のBloo-D(及びドグマガイ)のサポートであるスケープ・ゴートと終焉の焔は、相手ターンに使ってくれないことも多く計算しづらい(自分の場にモンスターがいないときだけ使用するので、自分のターンまでには生贄用のトークンが残っていないことが多々)。

というわけで、Dで固めてはいるけどコンセプトがぐちゃぐちゃなので、非力な戦士デッキでしかないのが悲しいところ。上手く切り札の召喚まで漕ぎつければいいけど、そうでないと「守備力の高いディフェンドガイ任せで戦線維持→相手のドロー強化でみるみる劣勢に」と、悪いパターンにハマっていく。

勝ちパターンは、序盤にディスクガイを墓地に落として、ドゥームガイなどで何度も再利用し、圧倒的なカードアドバンテージで押し切っていくというもの。ただ、エドはディスクガイを積極的にサーチ・墓地送りするわけではないので、たまたまディスクガイが墓地に送られでもしないとこのシチュエーションにはなりにくい。幸い、墓地に送られさえすればディスクガイを優先的に復活させてくれるので、こちらもデッキにディスクガイを入れて早めに墓地へ送っておきたい。

アドバンテージを稼いで無理やりにでも手数を増やせば、寄せ集めでもそれなりに機能するようになるので、その展開に持ち込めるよう誘導しよう。

タッグ用デッキ案1(皿回しは得意?)

最上級モンスター(6枚)
D-HERO ドグマガイ×3
D-HERO Bloo-D×3
下級モンスター(10枚)
E-HERO エアーマン×1
クリッター×1
ダンディライオン×1
D-HERO ダイヤモンドガイ×3
D-HERO ディスクガイ×1
D-HERO ドゥームガイ×3
魔法(20枚)
アームズ・ホール×3
大嵐×1
おろかな埋葬×2
サイクロン×1
死者蘇生×1
スケープ・ゴート×1
増援×2
デステニー・ドロー×3
トレード・イン×3
貪欲な壺×1
早すぎた埋葬×1
ハリケーン×1
罠(4枚)
死のデッキ破壊ウイルス×1
リミット・リバース×3

回し方

ディスクガイを使いまわすことに特化させたデッキ。これでもかというくらいにデッキを回してアドバンテージを得ましょう。

兎にも角にも、ディスクガイを墓地に送りたい。とは言え、毎回都合よくおろかな埋葬を引いてこられるわけでもないので、そんな時のため強引にでも動けるようにしてあります。増援・エアーマン・クリッターでのサーチ、デステニー・ドローとトレード・インを使っての手札交換で、素早く墓地肥やしと手札補強を済ませ、あわよくばダイヤモンドガイの効果で更にデッキ圧縮。ここまでやれば、場と手札が整ってディスクガイにも手が伸びるはずです。

首尾よく墓地にディスクガイを仕込み終えたら、あとはひたすら蘇生して使いまわし。ドゥームガイやリミット・リバース、更にはアームズ・ホールでサーチとサルベージができる早すぎた埋葬で何度も何度も2ドローを決めましょう。

ディスクガイの効果で潤沢な手札を揃えたら、いよいよ切り札の出番。単純に攻撃力が高く効果で相手のライフを一気に削れるドグマガイ、相手の場だけをスキルドレインして更に相手モンスターをサクリファイスする(何言ってるか分からん)Bloo-D、どちらも出せば場を制圧できる力を持っているので、思いっきり暴れてもらいましょう。

パートナーデッキ編集可能後は、エドのデッキは大きく弄らなくて大丈夫。同じデッキを使わせてもいいけど、このデッキはDが少なめなので、エドっぽさは減ってしまう。

パートナーデッキ調整

まずはコンセプトを決めて、何を増やして何を抜くかを決めましょう。Bloo-Dがお気に入りなので、自然とこのカードが主軸になるとは思いますが、それ以外はほぼ自由。もう一方のお気に入りであるデステニー・ドローは、どんなデッキタイプにするにせよ必要なカードだし。

コンセプトを決める際はまず切り札を決めないといけません。ということで、D-HEROの場合はBloo-D(ドグマガイ)、ドレッドガイ、D-ENDの3つが主な選択肢となります。この中のどれかを選び、それを活かすように構築すれば、ディスクガイをこき使わずともうまくコンビネーションをとれるデッキに仕上がるでしょう。まぁ、どんなコンセプトにしてもディスクガイがハードワークしがちなのは変わらないですけど。

以下、パートナーデッキ編集可能後に使用したいデッキです。

タッグ用デッキ案2(伝説が、壮絶に、終わる)

最上級モンスター(6枚)
D-HERO ドグマガイ×3
D-HERO Bloo-D×3
下級モンスター(10枚)
E-HERO エアーマン×1
召喚僧サモンプリースト×3
D-HERO ダイヤモンドガイ×3
D-HERO ドゥームガイ×3
魔法(21枚)
異次元からの埋葬×2
大嵐×1
増援×2
デステニー・ドロー×3
テラ・フォーミング×3
トレード・イン×3
フュージョン・ゲート×3
未来融合ーフューチャー・フュージョン×1
闇の誘惑×3
罠(3枚)
チェーン・マテリアル×3
融合モンスター(3枚)
Dragoon D-END×3

回し方

タッグを組んでいないときのエドが使ってくるデッキ「終焉のD」をヒントにしたフュージョン・ゲートとチェーン・マテリアルのコンボデッキ。本家以上に尖ったヤバイデッキに仕上がりました。爆発力も、事故ったときの取り返しのつかなさも、格段にアップしていますぞ。

回し方はデッキ案1と同じように豊富なドローソースとサーチカードでブン回し。闇の誘惑も入っているので、更にスピードが増しています。怒涛の勢いで手札を交換しましょう。

デッキを回して場にチェーン・マテリアルとフュージョン・ゲートを揃えたら、いよいよパーティーの始まり。D-ENDを大量召喚して、圧倒的なパワーで場を制圧しましょう。チェーン・マテリアルのデメリット(攻撃できない・ターン終了時に破壊)はD-END自身の効果でカバーできるので、全く問題なし。コストも異次元からの埋葬で用意できるので、D-ENDのゾンビっぷりが楽しめます。

このコンボさえ決めてしまえばあとはやりたい放題のデッキですが、問題はコンボを決める前。特に、エド(CPU)に同じデッキを使わせると気になるのが、フュージョン・ゲートをなかなか発動してくれないこと。CPUは通常フィールド魔法に関して「とりあえず使っとこう」と、手札に来たらすぐ発動するのですが、フュージョン・ゲートは「効果が使えないときは使わないでおこう」と発動したがりません。

つまり、このデッキだとBloo-Dとドグマガイが手札と場に揃っていて、すぐにD-ENDを出せる状況でないとフュージョン・ゲートを発動してくれません。エドが初手でフュージョン・ゲートとチェーン・マテリアルを引いてきても、素材のBloo-Dとドグマガイも一緒に引いてこないとチェーン・マテリアルを伏せるだけで終わってしまいます。地味に厄介なAIですね。

他にもちょくちょく判断がおかしい部分はありますが、一番気になるのはこのフュージョン・ゲートを出し惜しみするところ。なので、プレイヤー側でフュージョン・ゲートを用意するように心掛けてプレイしていきましょう。そうすれば、D-ENDを5体場に並べるような夢のデュエル(相手にとっては悪夢)も可能です。D-ENDの破壊力を楽しみましょう。

参考リンク

タッグフォース3攻略wiki〜エド・フェニックス→https://www41.atwiki.jp/1548908-tf3/pages/130.html

男爵のパスタ鍋〜エド・フェニックスの使用カード→http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

現代に蘇ったD-HEROはこちら



ブログ制作に役立てますのでよかったらご支援お願いします→http://amzn.asia/iptHZaf

-遊戯王TF3

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【遊戯王TF3】トゥギャザーしようか~ジム・クロコダイル・クック【デッキレシピ】

タッグフォース3攻略第13弾は、エドに続くルー語の使い手ジム。一応エドはデュエル中だけルー語だけど、ジムの場合は日常会話でもルー語。レベル高い。あまりにもネタが多すぎてツッコミが追いつかないけど、中身 …

【遊戯王TF3】晴れのち雲魔物~アモン・ガラム【デッキレシピ】

タッグフォース3攻略第8弾は、留学生4人の中で一番マトモかと思いきや一番トチ狂っていたガラム財閥の御曹司アモン・ガラムです。彼同様に一癖も二癖もあるある雲魔物とうまくお付き合いしていきましょう。 目次 …

【遊戯王TF3】サンダー探偵団~万丈目準(万丈目サンダー)【デッキレシピ】

DMシリーズだけじゃなくて、タッグフォースの攻略もやっていくよ~ということで、第一回は万丈目サンダーです。「今作のタッグパートナーとして最弱なのでは」と言われることも多い彼ですが、頑張って可能性を引き …

【遊戯王TF3】家族がふえたよ~ヨハン・アンデルセン【デッキレシピ】

やったねヨハンちゃん、ということでタッグフォースの第3弾です。今回の宝玉獣も高レアリティなカードばかりで集めるのが大変ですが、そこは愛で頑張ってください。愛だよ、愛。 目次1 パートナーデッキ(俺の友 …

【遊戯王TF3】闇の炎に抱かれて燃えろ~ダークネス(天上院吹雪)【デッキレシピ】

タッグフォース3攻略第7弾は遊戯王GXのラスボス、ではなく、ダークネスに取り込まれていた頃の吹雪さんです。 セブンスターズだけに7番目……いや、そういう繋がりなら7色ってことでヨハンじゃない?自分の無 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31