GTAシリーズ

【GTAオンライン】迷惑プレイヤーへの対処法

投稿日:2020年6月18日 更新日:

全世界で広く親しまれているGTAオンライン。そのプレイヤー数は日本だけでも相当なものとなっていますが、プレイヤーの数が増えるほど悪質なプレイヤーの数も増えるというもの。特にGTAはクライムアクションものなので無法なプレイヤーを引き寄せやすく、フリーセッションに入れば1人は暴れているプレイヤーを見かけるような状態です。

一応、人に迷惑をかけるプレイヤーを隔離するため負け犬ポイントと負け犬用サーバーが用意されていますが、それだけではプレイヤーの住み分けは十分にできておらず、いつ何処で厄介なプレイヤーと対面するか分かりません。折角のゲームで不快な思いはしたくないと思うので、厄介なプレイヤーから逃れるためにはどうすればいいかを知っておきましょう。



パッシブモード

迷惑をかけてくるプレイヤーが他人に何をしてくるかというと、一番はフリーモードでのPK・乗り物破壊ですね。戦闘能力のある乗り物に乗って、ところ構わず攻撃を仕掛けてきます。

こういったプレイヤーを相手に交戦しても殆ど良いことはないので、狙われても無視が一番です。そのために最も簡単な手段はパッシブモードにすること。パッシブにすれば直接手は出せないので、何もできなくなった相手は飽きて去っていくでしょう。

除外投票/通報

迷惑な行動をしているプレイヤーを見つけたら、オプションのプレイヤーの項目から除外投票と通報を行うのも手です。

除外投票は迷惑プレイヤーをキックするための機能で、票が集まってしまったプレイヤーは他セッションに追い出され負け犬ポイントが与えられます。ただし、セッション内の半数以上のプレイヤーが同じプレイヤーに投票しないと効果はなく負け犬ポイントも与えられません。少人数セッションでも無い限り除外投票によるキックはまず行えないですが、投票をすると相手に「あなたを除外しようとしている」と通知が飛ぶので悪さをしているプレイヤーにプレッシャーを掛けることはできます。

通報は迷惑行為を行っているプレイヤーを運営に通報できる機能です。執拗なPKやバグ・グリッチ行為、AVチャットでの暴言などを行っていたプレイヤーを運営に通報することで対象プレイヤーの調査が行われ、調査の結果クロと判定されたらBANなどペナルティが与えられます。実際、膨大なプレイヤーと通報の中から通報の真偽を確定しちゃんとペナルティを与えられているのかというとそこまで手が回っていない気もしますが、やっておいて損はないと思います。



セッションを変える

パッシブでも無視しきれないようなプレイヤーが居るならさっさとセッションを変えてさようならしてしまいましょう。

最初から他プレイヤーと関わりたくない時は、遊び始める前にセッションを何度も変えて少人数あるいはソロのセッションを引き当てるのも手です。迷惑プレイヤーに追われてセッション移動せざるを得ない状態になるくらいなら、最初から人の居ないセッションへ行ってしまおうということです。

迷惑プレイヤーを見分ける

フリーモードであれば迷惑プレイヤーに関わらないようにするだけでも自衛は十分ですが、ジョブなどを行う際には迷惑プレイヤーが参加してきて場を荒らすようなこともあります。そうなると貴重な時間を無駄にすることになってしまうので、ジョブ開始前にまともそうなプレイヤーかどうかを見極めて、そうでないならジョブから除外することも考えておいた方がいいですね。

なお、ここでの見分け方の基準は自分の独断と偏見が多分に含まれているのであまりアテにしないでください。地雷プレイヤーあるあるみたいなネタだと思っていただければ……

ID:プレイヤーの名前でもあるID。このIDが変な人はプレイ面も怪しかったりします。例えば下ネタであったり、PKと入っていたり、wwwwwと人をおちょくるものであったり。あと顔文字が入っているのも大抵変な人ですね。こういうIDのプレイヤーは警戒してしまいます。

見た目:キャラクターの見た目や服装が奇抜なプレイヤーもあまり信用できません。中でも白塗りメイク+赤目のプレイヤーはほぼほぼPKです。他には、動物マスクをしていたり、商売女のような下着姿のプレイヤーも怪しいです。

クルー:プレイヤープロフィールを見るとそのプレイヤーが所属しているクルーを見ることができますが、変な名前のクルーや、エンブレムが不適切なクルーに所属している人はもうお察しです。

キルレート:キルレートが極端に高い人はPKの中でも悪質な類のプレイヤーが多いです。初心者や放置プレイヤーだけを狙ったり、ミッション中で手が離せないプレイヤーをリスキルしたりするようなプレイヤーですね。キルレートはデスマッチなどのジョブでも上がるので、キルレートが高い=悪質なプレイヤーとは言えませんが注意したい数字です。

感情:プレイヤーやNPCを倒すと感情値が上がってレーダー上のアイコンが赤くなっていきます。NPCを100人以上倒してもすぐ真っ赤っかにはなりませんが、プレイヤーを何回か倒すだけでもすぐにアイコンが赤くなっていくので、極端に感情値が高いプレイヤーはPKと見て間違いありません。デスマッチなどのジョブでキルしても感情値は上がらないので、「キルレートがやけに高い+感情値がやけに高い」はまず間違いなく危険なプレイヤーです。



抵抗する

迷惑プレイヤーは無視するのが一番、と言っても無視できない状況もあります。ビジネスの調達・売却ミッションなどフリーモードジョブ中に襲われた場合、途中でパッシブにして逃げることは出来ませんし、セッションを変えて逃げれば在庫のペナルティに加え負け犬ポイントがついてしまいます。また、フレンドや野良で仲良くなったプレイヤーと一緒にプレイしている時に襲われた場合も逃げにくい状況に陥ります。

そんなわけで、荒らしによく使われる乗り物とその対策を軽く書いておきます。対策が分かっていても実際戦えるかどうかは相手のスキル次第なところが大きいですが。

オプレッサーMk2/デラックソ

フリーモードで最も猛威を奮っているのはやはりオプレッサー Mk2。空から高速移動してきてミサイルをぶっ放してくる厄介な存在です。しかもチャフ・フレアを装備できるためミサイル攻撃に対し耐性があるのも脅威です。

乗っているプレイヤーは無防備なので軍用マシンガンで撃ち抜いたりすることもできますが、上手い動きをされると銃撃を当てるのも一苦労。オプレッサーMk2に対応するにはオプレッサーMk2を当てるくらいしか無いような気がします。それくらいどうしようもない相手ですね。相手をする自信がなければ逃げ一択です。

同じく空からミサイルをぶっ放してくる系ではデラックソ、あるいはバザードなどのヘリがありますが、オプレッサーMk2と比べれば動きが緩慢でチャフ・フレアを装備していないことも多いので、炸裂弾ヘビースナイパーMk2やホーミングランチャーで抵抗することもできます。辛い相手ですがオプレッサーMk2よりはマシって感じですね。



戦闘機

オプレッサーMk2に次いで多いのはハイドラレーザーで襲ってくる相手ですね。空から急降下してキャノンで地上を焼け野原にしてきます。

2種の戦闘機はチャフ・フレアを装備できないので、逆に攻撃されると脆かったりします。オプレッサーMk2やデラックソを持っているなら機動力を活かして反撃が望めます。

地上から戦うのは分が悪いですが炸裂弾ヘビースナイパーMk2を持っていれば戦えないこともないです。というか、それくらいしかないですかね。

装甲車

強力な装甲を持ち一定の機動力があるナイトシャークインサージェントで執拗にラムアタックを繰り返すプレイヤーも居ます。大した武装を持っていないので攻撃力は無いですが、高い防御力があってそこそこに速いのが厄介です。

これらの装甲車で攻撃を繰り返すのは大抵初心者狩りです。何が何だか分かっていない初心者を装甲車で追いかけ回すのがセオリーですね。なぜ初心者を狙うかというと、対策が分かっていれば装甲車の対処は難しくないからです。

装甲車はミサイル攻撃など爆破系に強くてもドライブバイには強くありません。窓から中を撃ち抜かれれば案外簡単にやられてしまいます。装甲車に追われてもマイクロSMGかAPピストルで撃ち抜けば問題ありません。

ドライブバイに強い装甲車では装甲クルマデューク・オ・デスがありますが、これらは逆に爆破系攻撃に対して耐性が低いので、オプレッサーMk2が暴れ回る今となってはほぼ見かけませんし粘着爆弾で対処できます。

戦車

強力な主砲と装甲で暴れるライノ戦車とハンジャール、加えてAPCもたまに見かけます。地上戦で戦車相手に戦うのはまず無理でしょう。真っ向勝負ではまず勝ち目が無い戦車ですが、機動力はさっぱりなので乗り物に乗ってしまえば逃げるのは簡単です。そのまま逃げるなり態勢を立て直すなりした方がいいですね。

また、戦車の主砲は仰角が狭く空への攻撃をしにくいためオプレッサーMk2や戦闘機には歯が立ちません。空から攻撃できる乗り物を用意すれば対処は簡単です。

RCバンディート/インベードタンク

レーダーに映らずほぼ無音で特攻してくるRCバンディートインベードタンクのラジコン達は使われると相当に厄介です。狙われたら攻撃を回避するのはまず不可能です。

こちらも戦車と同じく機動力に欠けるのが弱点なので、乗り物で逃げて距離を取ってしまえば大丈夫です。また、上に登ったり攻撃したりするのが苦手なので高所に登ってしまえば無力化できます。

と、対策を書きましたが実際PKがラジコンを使ってくることはあまりありません。むしろPKに反撃するのに役立つアイテムですね。攻撃を回避しようがなく、ラジコンを倒したところでキルレートは上がらないのでPKの天敵と言えるアイテムだと思います。



まとめ

迷惑プレイヤーを見かけても関わらないのが一番!関わり合いにならないよう自衛!関わってしまったら即逃げる!このあたりを意識し続ける必要がありますね。

本当は運営側に迷惑プレイヤーをどんどん弾くようにしてほしいですが、GTAというゲームの性質上PvP要素は避けては通れないものなのでやはり自衛するしかないと思います。自己防衛!

関連コンテンツ

他の攻略情報について→GTAオンライン攻略記事まとめ

created by Rinker
¥3,714 (2020/08/09 21:40:16時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

過去のシリーズ作品でも度々登場してきた日本車モデルの車ですが、GTA5のオンラインでは幾度もアップデートが行われたことでその数はかなりのものになってきました。ということで、このページでGTA5(オンラ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン サルタンRS(Karin Sultan RS)」

大きく目を見開いた90年代の下級管理職にとって、カリン サルタンは「もう少しでヨーロッパ製が買えそう」という位置付けでした。現在のあなたはラリードライバーに憧れる成人病予備軍の怒れる中年ですが、今も変 …

GTA5/GTAオンライン 「マッドマックス」シリーズが元ネタの車まとめ

GTA5/GTAオンライン テレビ番組・映画などが元ネタの車まとめの記事に入れようと思っていたマッドマックスネタの車たちですが、「アリーナ・ウォーズ」アップデートでいきなり数が増えたので、ワイルド・ス …

GTA5/GTAオンライン テレビ番組・映画などが元ネタの車まとめ

面白そうなネタはなんでも取り入れるGTAには、テレビ番組や映画などの創作作品をモデルにした車両がいっぱい。ということで、それらの車両をまとめてみました。 なお、ワイルド・スピードとマッドマックスは単独 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「コイル ブロウラー(Coil Brawler)」

砂漠のラリーレイドに参戦したいが、普通の四輪駆動車では自分の金持ちぶりを誇示できない?それなら、ちょうどいい車があります。レーシングカーであり、オフロードカーでもある、強力なサスペンションを搭載した最 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930