GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「BF ランプバギー(BF Ramp Buggy)」

投稿日:2018年9月7日 更新日:

都心の長い交通渋滞が、キラキラ輝く遊び場に見えたことはありませんか?そんなあなたに、夢のようなお知らせです。BFのランプバギーなら、昨日までの渋滞がバックミラーに映る流星群のように流れていくでしょう。なお、一般販売用モデルでは装甲は軽減されていますので、ご注意ください。

(Warstock Cache & Carryでの解説)

「カーディーラーアップデート」で追加されたランプバギー。高速で駆け抜ける走るジャンプ台です。渋滞知らずの1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:BF
名称:ランプバギー(Ramp Buggy)
分類:オフロード
駆動方式:RR
乗車定員:2人
購入価格:3,192,000$(特殊車両ジョブ「逃走エスコート」をクリアで2,400,000$に値下げ)
備考:保管にはセキュリサーブの車両用倉庫が必要。アクションメニューの「車両→特殊車両を要請」から呼び出し可能。マップ上では専用アイコンで表示。

モデル車の考察

モデルは、映画「ワイルド・スピード EURO MISSION」に登場したフリップカーですかね。デザインは結構違いますが、骨格が剥き出しのフォーミュラカーであり、何より「車の下に潜り込んで吹き飛ばす」という狂った特徴が一致するので間違いないでしょう。

走行性能

加速性能が中々高く、さながらスポーツカーといった走りです。慣れればかなりのスピードで駆け抜けることができるでしょう。

ただ、ハンドリングの重さが気になります。ステアリング操作をしてすぐに反応するのではなく、ゆっくりと方向を変えていくので、スイスイと対向車を避けていくような走りは難しいです。最も、避ける必要が無い車ではあるんですけど。

こののんびりとしたハンドリング特性は、ある意味安定していると言い換えることもできます。高速コーナーではしっかりとグリップが効き、オーバーステアが出ても一気に体勢が崩れないので簡単に立て直すことができます。あとはアンダーステアに気をつければ、安定感のある走りができるでしょう。

そして、何と言っても特徴的なのは、他の車の下に潜り込んで吹き飛ばせること。文字通り吹き飛ばすという威力で、普通車でも簡単に家より高く吹き飛ばすことができます。この吹き飛ばしが実に爽快で、ファントムウェッジのような豪快な遊び方ができます。

解説文に書いてある通り、購入モデルのランプバギーは耐久力が低かったのですが、「アリーナ・ウォーズ」アップデートで修正されてジョブ仕様のような耐久力になりました(ファントムウェッジも同時期に修正が入りました)。これで購入モデルでもちゃんと遊べるようになりましたね。

カスタマイズ

一応ロスサントス・カスタムに入れることができますが、見た目の改造はペイントだけです。ペイントをしても錆の部分は取れないので、あまり見た目は大きく変わりません。

アーマーの強化もできないので、性能アップさせるにしても一番欲しい耐久力の向上はできません。残念。

感想

文句なしに面白い車です。高速道路など、車が集まる場所を駆け抜けるだけでスッキリ爽快。車だけでなく、バイクや自転車に乗った人を吹き飛ばすのも楽しいですね。

以前は購入モデルが貧弱だったので大金を叩いてまでランプバギーを買う必要はほぼなかったのですが、アップデートで耐久力が修正されたので少しは購入する意義が生まれました。相変わらず実用性はないですが、遊びに使えるだけまだマシです。お金が余っているワイルド・スピードファンは買って遊んでみるのもいいと思います。



小ネタ

特殊車両ジョブ「逃走エスコート」、ボスジョブ「ランプアップ」に登場する他、強盗:ドゥームズ・デイ第3幕の準備ミッションにも登場します。このミッション用のランプバギーはGTウイングが付いているなど、見た目からして購入できる方のランプバギーとは違いがあり、実際に別データで作られている車両のようです。購入分もウイング付けたりできれば良かったのに。

ボスジョブ「ランプアップ」

ランプバギーを購入することで解禁されるジョブ。仕様上、組織にメンバーが2人以上いるときしか起動できません。

ランプバギーを使ってあちこちに配置された物資を取りに行くミッションですが、ランプバギーを使うだけあってやり方が特殊。なんと、物資は全て建物の上に用意されているので、ランプバギーをジャンプ台にして、バイクで建物の上に登らないといけません。ということで、スタート地点にはランプバギーとサンチェスが用意されているのでそれぞれに乗り込みましょう。

マップ上には沢山の物資が配置されていて、物資1つにつき2000ドル。15個以上の物資を獲得するとミッション成功となり1万ドルがプラスされるので、まずは15個を目指して頑張りましょう。しかし、これがまた大変で、慣れないと10個獲得するのも難しい難易度です。

ランプバギーを使ったジャンプは癖があり、思った以上に飛距離が出るので抑えめのスピードで侵入しましょう。そして、ランプバギーの位置がとても重要なので、仲間と連携を取って一回毎に位置を修正するか、そのままの位置でバイク役が修正するかを判断しましょう。

物資のポイントは近くに固まっていたりバラバラになっていたり様々ですが、成功を目指すなら物資が固まっているポイントを狙いましょう。また、難しい配置の物資に拘っていると時間がどんどん失われてしまうので、諦めの良さも大事です。見込みがないと思ったらすぐ他の物資にターゲットを切り替えましょう。

このジョブの仕様として、組織のメンバーがランプバギーとバイクにそれぞれ乗っていないと物資が回収できません。なので、人力で物資の元に辿り着いても回収不能です。ズルはいけませんよ。

ただ、バイクならなんでもいいので、自前のバイクであったり、オプレッサーを用意したりしても大丈夫です。まだ検証していませんが、オプレッサーMk2はどうなんでしょうか。もしオプレッサーMk2が使えるなら楽勝ですね。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のワイルド・スピード関連の車→GTA5/GTAオンライン 映画「ワイルド・スピード」シリーズが元ネタの車まとめ

武装車両のパッシブ禁止による影響について→GTAオンライン 武装車両のパッシブ禁止で変わったこと

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ コモダ(Lampadati Komoda)」

堅実性のないドイツ風のセダン。オシャレじゃないイタリア車。豪華でありながら庶民的。刺激的でいて平凡。スポーティーかつ鈍重。これを選べばもう大丈夫。「ランパダーティ コモダ」は高性能な高級車ですが、全て …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ウェスタン デスバイク(Weastern Deathbike)」

下水溝に直面するデス・エンジェル。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 正体がなんであろうと、好戦的。 (Arena War TVでの解説〜宇宙都市) 捨てられたピスワッサーのボトルが …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「HVY スカラベ(HVY Scarab)」

死の灰が降りやみ散り散りになった人々が地下に潜り始めた時には、確実なことが一つあります。文明が残した廃墟のなかを、この子犬は元気よく駆け巡るでしょう。ようやく家に戻って来たかのように。 (Arena …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ トロポスラリー(Lampadati Tropos Rallye)」

息を飲むほど美しく、驚くほど凶暴。名前はランパダーティ トロポスとヨーロッパ風ですが、ハートはアメリカ製です。これまでのラリーデザインの歴史は、この車が創ってきました。他人が一生懸命選んだ車を模倣品と …

【GTAオンライン】物件まとめ「施設」

メイズバンクの抵当流れ物件用ウェブサイトで購入できる、「施設」について紹介していきます。 目次1 施設で出来ること2 施設のラインナップ3 施設のオプション4 施設の使い方5 関連コンテンツ 施設で出 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2018年9月
« 8月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930