GTAシリーズ

【GTAオンライン】アリーナウォーズのアプデに不満

投稿日:2018年12月19日 更新日:

特に告知も無く、突然やってきた大型アップデートの「アリーナウォーズ」。コンセプトや追加車両のバリエーションなどはとても面白いと思える一方で、肝心のジョブなどがどうもイマイチで愚痴りたくなったので愚痴らせてもらいます。

初心者置いてけぼり

既にサービス開始から何年も経過し、物価がインフレし続けるロスサントス。そのため、初心者がプレイを始めても周りに全くついていけずにハマれない。というのは今に始まったことではありませんが、今回のアップデートはそれが更に加速しています。

特に厄介なのが、車両のカスタマイズやファッションアイテムの購入で「ロックを解除して購入」のシステムが導入されたこと。

アリーナウォーズでは、関連のジョブをこなすことでAPをため、アリーナランクを上げることで、アリーナウォーズ関連で追加されたアイテムを解除することができます。解除と言っても、それらのアイテムはロックが解除されるまで一切購入できないわけではなく、割高な値段でお金を払えば購入できます。

これだけなら今までの割引解除系と変わらないんですが、問題はこれらのアイテムを購入しても保存されないこと。つまり、ロックを解除して服を買って、他の服に着替えて、また解除した服に戻そうと思っても、そこで最初に買ったときと同じ金額を払って再度ロックを解除しないといけません。しかも、ロックされているアイテムの値段は法外な価格で、服で数十万ドル掛かったりします。それなりの車が買えるっちゅうねん。

では、損をしないで買い物ができるようにアリーナランクを上げようと思っても、アリーナランクが全然上がりません。アリーナランクを上げるには基本的にアリーナウォーズのジョブに参加するしかないので、ひたすらにアリーナウォーズをやり続けるしかありません。しかも、アリーナランクが上がってもロックが解除されるのは無数のアイテムの内1つだけで、アイテムを全解除するのにアリーナランクをどれだけ上げなければいけないのかと。

アリーナウォーズ関連のあれこれは、割りとガッツリGTAオンラインをやっているはずの自分ですらうんざりするくらい手間もお金も掛かるので、ライト層のプレイヤーは尚更「やってらんねぇ」となってもおかしくありません。課金するとしても、相当なお金を注ぎ込まないといけないでしょうし。

相変わらず調整されていないゲームバランス

アリーナウォーズ関連で多くのジョブが登場し、最初の内は「GTA版デス・レースか!?マッドマックスか!?」と興奮してプレイしていたものの、少しプレイすると攻略法というか粗が見えてきて熱が冷めつつあります。

一言で言えばバイク(デスバイク)が強すぎ。どのジョブでも他プレイヤーへの妨害手段は豊富で、遠隔ミサイルを飛ばしたりRCカーで自爆特攻したりできるんですが、とにかくバイクへ攻撃を当てるのが難しく、どのジョブでもバイクはまず生き残ります。バイクに乗っているプレイヤーが自爆でもしない限りはほぼ生き残ります。その他の車両は妨害しやすいため、まず標的になり生き残ることができません。特にトラック(ケルベロス)なんかは壊されるために居ますという感じです。

確かに、生き残りをかけた戦いで、機動力のあるバイクが強いのも当然だし、的の大きいトラックが真っ先にやられるのも当たり前といえば当たり前です。でも、そんなんじゃゲームとして全く面白くないじゃないですか。どんなにバランスを調整したとしても全く対等な戦いなんてできないことはわかっていますが、それでも「どの車を選んでもその車なりに戦える」ような、そういうゲームがしたいんですよ。

例えば、バイクは機動力がある代わりに火力が最弱で耐久力も紙っぺらとか、トラックは凄まじい耐久力でミサイル5回は当てないと沈まないとか、そういうバランス調整をしてほしいです。ちゃんとそれぞれの車で活躍できるようなバランス調整がされていないので、殆どのジョブで「バイクに乗っておけば大体オッケー」という状態です。他の車両を選ぶのは勝ち負け関係なく殆ど趣味の領域です。

今のところ殆どのジョブがそんな感じで、バイクが無双するアリーナと化しているんですが、制作側が狙ってそういう状況を生み出したとは思えないんですよね。単に調整不足でこうなってます、というような。GTAオンラインではアリーナウォーズに限らず、「バランス調整したら絶対面白くなる!」というジョブがゴロゴロと転がっているので、非常にもどかしい気分になります。

戦い方に個性がない車両たち

上のゲームバランスと関連した話で、各車両にその車なりの戦い方・強みが無いのも辛いところです。なにせ装備できる武器が同じで、耐久力や機動力なども各車そこまで差がないので、できる戦い方が変わらないんですよね。

この車なら火力が非常に高いミニガンを使えて他の車だと使えないとか、この車なら接触時に大ダメージを与えるカッターが使えて他の車だと使えないとか、その車にしかできない戦い方で戦えるようにしてほしかったです。

それぞれの車で特色があれば車両の使い分けができるんですが、特にそういった特色もないので、みんな無難に機動力最高のガーゴイルや走りが安定しているZR380を選びがちな気がします。まぁ性能を考えたらそうなるんでしょうけど、そういうのはちょっと違うというか、やりたかったのとズレているというかなんというか。もっと世紀末カーバトルを楽しみたいというか。

雰囲気を楽しみたいなら勝敗度外視で面白い車を選べばいいじゃないかと思うかもしれませんが、そうじゃないんですよ。雰囲気を楽しみつつ、どの車でも勝利を狙えるようなゲームがしたいんですよ。折角、沢山の追加車両が登場したんですから。

そもそもお金が無いと戦えもしない

で、これが一番の問題だと思うんですが、そもそもアリーナウォーズのジョブって自前のカスタムカーが無いと禄にプレイもできないものばかりなんですよね。

レンタル車が使えるので一応誰でもプレイ自体はできるんですが、レンタル車は武装が何もないので攻撃手段が体当たりしかありません。それに対して、改造した車を持っている人は好きなだけ武器を使えて、耐久力も全く違うということで、まともに勝負になりません。

お金を注ぎ込んだほうが強いというのは全くもって当たり前ですし、「お金を掛けるとああやって強い車で戦えるよ」と実際に体験させたいのかなと思いますが、「ルールもやり方もよく分からず、よく分からないうちにボコボコにされた」という体験から「よし、ちゃんと戦えるように頑張ろう」となる人ってそんなにいるでしょうか。まずそのゲームの面白さが伝わらないともっと頑張ろうとはならないんじゃないかと思います。ただでさえ、各ジョブにチュートリアルとかもない、基本説明不足なGTAオンラインで。

そして、戦えるように頑張ろうにも、まずアリーナを購入して、ベース車両を購入して、そこから改造をして、どれだけお金がかかるのかと。それだけ熱心に頑張っても、1回のジョブで手に入るの金額はたかが知れています。2倍期間の今ですら、1時間で10万ドルも貯まらないのですから、元を取って収支がプラスになる日がいつ来るのでしょうか。その頃には自分か周りがアリーナウォーズに飽きているでしょう。

せめて、レンタル車にも最低限の戦闘能力は持たせておいて、改造するともっと強化できるよ、というシステムにしておけば初心者にも優しいし、自前で車を用意する意味も残せると思うんですけどね。ロックスター的には、体当たりが最低限の戦闘能力ということなのかもしれませんが。

コンセプトは良い

もう一度言いますが、アリーナウォーズのコンセプト自体は面白いと思うし好きなんです。追加された車両や改造パーツも気に入っていますし、バイク無双になりがちなことを除けばどのミッションも楽しいので色々と試行錯誤しながら遊んでいます。でも、本来もっと遊べるコンテンツなはずなんです。

どうもロックスターはこういったゲームバランスの調整が雑で、後から改善を図るということもしないので、「本当にこういうゲームをやらせたかったのか?」みたいなモヤモヤを感じてしまうんですよね。
というのも、追加されたコンテンツを見れば、デス・レースやマッドマックス的な世界観(宇宙空間とナイトメアはビジュアル的に違うけど)で、プレイヤー同士が様々なギミックを搭載した車でバチバチぶつかりあうゲームをやらせたかったんだろうな、というのが伝わってきます。

でも、実際のゲームバランスはそういうプレイに適さない状態になっていて、「プレイヤーにこういう遊びをしてもらいたい、というコンセプトがあるなら、その遊びができるようなバランス調整もしっかりやってくれ」と言いたいです。バイクですばしっこく逃げるのが正解!みたいなゲームをアリーナウォーズに求めていないし、制作側もやらせたかったわけではないでしょうから。

まぁ、ゲームバランスについての問題は今に始まったことではないのですが、アリーナウォーズのGTAオンラインらしい面白さと不親切さが揃った現状について色々言いたくなったので、こうして記事にしました。

関連コンテンツ



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTA5】トレバーのライフインベーダーまとめ

マイケルとマイケルに関係する人々のライフインベーダープロフィールをまとめてみました。 まだ全部まとめきれていないので随時更新していきます。 目次1 トレバー・フィリップス2 ロン・チャコウスキー3 ウ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド バンシー900R」

バンシーは現代スポーツカーの代表格です。軽量できれいな流線形と完璧なラインでデザインされた低い車体。その非常に長いボンネットに下にあるのは、ドライバーの見事な男気とスペースを奪い合う、驚異的なV8ツイ …

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ 第3幕〜調達ミッション「キャッシュ」「偵察」「チェルノボグ」「飛行経路」「試験場の機密情報」「機内コンピューター」

強盗:ドゥームズ・デイ、第2幕の調達ミッションについての攻略です。 目次1 キャッシュ2 偵察3 チェルノボグ4 飛行経路5 試験場の機密情報6 機内コンピューター7 関連コンテンツ キャッシュ エー …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ デュークス(Imponte Dukes)」

待ち焦がれていたマッスルカー「デュークス」がついにロスサントスにやってきました。70年代的な形状、殺精子剤消毒薬の香りがしていた古き良き時代に立ち返りましょう。そしてなるべく前向きに。過ぎた過去を思い …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ スティンガーGT(Grotti Stinger GT)」

ただのスティンガーとは違います。このGTモデルはハードトップのレース仕様で、最高速度は時速175マイル(280キロ)、0-60マイル加速(0-100キロ)6秒以下の性能を誇ります。40台しか生産されて …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter