GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アニス ZR380(Annis ZR380)」

投稿日:2019年1月5日 更新日:

合理的な2ドアスポーツカーであったZR380が、ディーゼルを飲み干す終末の使者へと変貌するには核の冬が1度や2度は必要でした。このマシンにそれだけの価値がないと言うなら、他のどんなものもそうでしょう。

(Arena War TVでの解説〜アポカリプス)

これこそがスポーツカーの未来です。デザイナーズバッグとホローポイント弾の間を行くようなこのマシンは、地球上のどんなものよりも優雅に人間を挽き肉に変えるでしょう。

(Arena War TVでの解説〜宇宙都市)

このZR380のルーツは、光り輝くブランディングと幻覚まみれの精神崩壊の間にある微妙な一線をついたものでした。武装化トリップ体験をお望みの方にはうってつけです。

(Arena War TVでの解説〜ナイトメア)

「アリーナ・ウォーズ」アップデートで追加されたZR380。過酷なアリーナでの日々を生き残るために改造された日本車です。力強く進化した日本製スポーツカーを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:アニス(Annis)
名称:ZR380
分類:スポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$2,138,640(アリーナランク上昇でランダムに$1,608,000へ割引)
備考:武装などの改造はアリーナ内のワークショップのみで可能

モデル車について

全体的なモデルは日産 フェアレディZ(Z33型)で間違いないでしょう。後継機であるZ34の要素も見られます。名前のZR380も、Z33が北米で「350Z」、Z34が「370Z」と呼ばれていたことが元ネタでしょう。

より厳密なモデルを探していくと、恐らくドバイのチューナー「DX Garage」が制作した350Zがモデルだと思われます(画像)。デスレースをイメージして作り上げたという車両で、ドリ車としても活躍しているそうです。

過去作のサンアンドレアス(以下:SA)では、「ZR-350」の名でFD3S型RX-7をモデルにした車が登場していました。ネーミング的にはこの350が380の先代に思えますが、モデルはFDとZ33で全く繋がりが見えません。まぁ、これはZR380に限った話ではないですね。

(SAのZR-350)

走行性能

ギミック付きとはいえ、スーパーカー並みの値段だけあって性能はかなりのものです。特に、直線加速はニトロを装備することで相当なレベルになります。

一方で旋回性能は難あり。とにかくよく滑り、少しでもオーバースピードでコーナーに侵入するとハーフスピンかアウト側の壁に激突です。直線番長なマシンですね。多分装甲のせいで重量が大幅に増しているんでしょう。

もう一つ厄介な点は、ワイドボディ故にすり抜けがしづらいこと。グリップ力の無さと相まって、慣れない内はあちこちにリアをぶつけることになるでしょう。

このように中々癖は強いですが、アリーナウォーズの車両では最速クラスなので、「破壊」ではこの車を使うと安定して上位を狙えると思います。



カスタマイズ

この車に興味を持った殆どのプレイヤーが求めているであろう「ZR380を普通のスポーツカーっぽくした仕様」ですが、アポカリプスを選んでボディーペイントのサビを取り、武器で前方のスクープを外せば、普通車に近いデザインになります。フロントガラスの装甲などは残るので、装甲クルマ的な仕様になりますが。

宇宙都市だとあちこちにあるトゲが消えず、ナイトメアではボンネットが紫色で固定です。アポカリプスだとボディーペイントがラスティ系しかないのが残念ですが、スポーツカーとしてZR380を乗り回したいならアポカリプスが一番理想に近いので、少しの妥協はやむ無しでしょう。

改造パーツですが、エアロなどのパーツは無く、いかにも戦闘車両というアーマープレートなどのパーツしかありません。まぁ、元からフルエアロだと考えればパーツが無くても十分だとは思います。

戦闘能力

アリーナウォーズ車両の共通仕様として、爆破系の攻撃を1度耐える装甲と、ほんの少し銃弾を防ぐプレートが用意されています。ただ、これはやはりおまけ程度の能力でしょう。戦闘車両として使うなら、もう1台同じ車が買えるだけのお金を掛けて武装を追加していく必要があります。

アーマープレートを装備すると、銃弾からの攻撃には多少強くなります。あくまで多少ですが。他の戦闘車両とは違い、ドライブバイが出来なくなるなどのデメリットも無い(投擲武器は元々使用不可)ので、戦闘車両っぽくしたいなら付けても良いと思います。

スパイクブレードは、ただの飾りではなく当たれば即死判定の武器となっています。だからといって実用性はほぼ無いですが、何も機能が無いよりはマシでしょう。

突撃兵器のスクープは、装甲ボックスヴィルの楔などと同様に吹き飛ばし効果があります。この吹き飛ばし性能は車両自体の重量に大きく左右されるのでZR380だと気持ちよく吹き飛ばせるわけではないですが、邪魔な車両を簡単にどかせるのは魅力です。ブルーザーのように大柄な車両だと気持ちよく吹き飛ばせます。

メインウェポンの銃は、戦闘車両のマシンガンと同様の射角で、戦闘用タンパのミニガンと同じような威力だと思ってくれればイメージしやすいかもしれません。アリーナウォーズのミッション中ではリロードが必要ですが、それ以外ではリロード要らずなので、遊ぶ分には中々良い武器です。

地雷は5種類あり、用途によって使い分けることができます。

キネティックは戦闘車両に付けられる地雷と同じようなものですが、威力は大幅に落とされています。アリーナウォーズ専用の武器と言ってもいいでしょう。

スパイクは踏んだ相手のタイヤをパンクさせることができますが、防弾タイヤなら意味なし。ミッションでNPC相手に使って遊ぶのには使えるかもしれません。

EMPは踏んだ相手を一時的に機能停止させます。アリーナウォーズでも普段使いでも有効な武器ですね。

スリックはオイルを撒いて踏んだ相手を滑らせます。面白いですが、EMPでいいような。

スティッキーは踏んだ相手を一瞬でスローダウンさせます。やっぱりEMPでいいような。

垂直ジャンプは、ルイナー2000などと同じようなジャンプができる機能です。アリーナウォーズ内ではともかく、それ以外で使いたい場面があるかと言うと、うーん。

ブーストは2種類あり、ニトロブーストシャントブーストかを選べます。ニトロはロケットブースト程ではないですが加速を良くしてくれる機能です。ただ、超加速という程ではないので、遊びで使うのが主でしょうか。シャントブーストは横方向へのスライド移動ができるようになる機能で、隣りにいる車両を吹き飛ばすこともできます。使い所が難しいですが、使いこなせばレースなど色んな場面で遊べる面白いギミックです。

 

以上が、アリーナウォーズ車両共通の武装です。ここからZR380単独の能力を見ていきます。

通常のミッションなどで使う場合、ギミックは多いですが実用的な物が少ないので、「色々オマケが付いたスポーツカー」という扱いになるでしょうか。戦闘車両として使いには物足りないでしょう。

アリーナウォーズでは、ある程度どのミッションでも使える万能な車両として使えるはずです。特に「破壊」では、スピードと耐久力共に申し分ないので活躍が期待できます。ただ、万能さでは圧倒的に上なデスバイクが存在するため、「破壊」以外ではデスバイクに遅れを取るかもしれません。まぁ、ZR380が悪いわけではなく、デスバイクが強すぎるだけなんですが。

感想

インペイラーなんかと同じように、ノーマル仕様とカスタム仕様で分けてくれよ〜と言いたい気持ちは山々ですが、とりあえずはZをモデルにした車が出てきてくれたことに感謝したいと思います。カッコいいもんね、ZR380。

走りに関しては、ここまで癖があるとは思わなくて驚きました。もっと扱いやすくてその代わり最高速に難があるようなタイプと思いきや、インペレイターのようなマッスルカーとどっこいな滑りやすさ。同じアリーナ車両だったらアリーナ・ドミネーターの方が安定しているような。個性的ではありますが、もっと乗りやすい方が良かったかなぁ。



モデル車について

日産 フェアレディZ(Z33型)

先代のZ32が生産終了してから約2年、5代目となるZ33が登場しフェアレディZのブランドが復活。V35スカイラインと同様のFMプラットフォームが採用され、丸みを帯びたそのボディは、当時としては最高クラスの空力性能を発揮した。Z32までのターボエンジンから3.5LのNAエンジンに切り替え、初期には硬さが目立った足回りなど、デザインの変化に発売当初は賛否両論が巻き起こったが、「Zは毎年進化する」という言葉通りマイナーチェンジを繰り返したことで、Z33は国内屈指のスポーツカーに育っていった。

日産 フェアレディZ(Z34型)

2008年、更なる進化を求めてZはフルモデルチェンジを敢行した。Z34と名付けられたこのマシンは見た目こそZ33とあまり変わらないものの、中身は着実に進化を遂げている。Z33で明確になった「FRスポーツ」のコンセプトを磨き上げるため、ホイールベースを100mm短縮。ボディ剛性も向上し、ハンドリングマシンとしての能力を磨き上げた。エンジンは排気量を200cc増加させ、パワーも向上。それでも車重はそのままで、ハンドリング性能とパワーの向上を両立させている。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のアニス車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「アニス(Annis)」

アリーナウォーズの攻略とアリーナ車両のまとめ→【GTAオンライン】アリーナウォーズ攻略

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】収集物まとめ(ダブルアクションリボルバー、石斧、ネイビーリボルバー、トランプ、フィギュア、信号ジャマー、サボテン)

GTAオンラインに存在する様々な収集物イベントについて書いていきます。 目次1 ダブルアクションリボルバー1.1 メールを開く1.2 手紙を見つける1.3 3つの手がかり1.4 ヘッドショットチャレン …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ GT500(Grotti GT500)」

もし、形よりも機能を重視した車をお探しなら、すぐに他を当たった方が賢明です。もちろん、GT500でA地点からB地点まで真っすぐ走ることを試みても構いません。ただし、道中には他のあらゆるアルファベットが …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「HVY スカラベ(HVY Scarab)」

死の灰が降りやみ散り散りになった人々が地下に潜り始めた時には、確実なことが一つあります。文明が残した廃墟のなかを、この子犬は元気よく駆け巡るでしょう。ようやく家に戻って来たかのように。 (Arena …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ ナイトシェード(Imponte Nightshade)」

優雅なラインと落ち着いたスタイルにだまされてはいけません。これまでのマッスルカーが全てそうであったように、ナイトシェードはマシン自体(またはあなた)にも制御しきれないほどのパワーを発揮します。これほど …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ コモダ(Lampadati Komoda)」

堅実性のないドイツ風のセダン。オシャレじゃないイタリア車。豪華でありながら庶民的。刺激的でいて平凡。スポーティーかつ鈍重。これを選べばもう大丈夫。「ランパダーティ コモダ」は高性能な高級車ですが、全て …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031