対魔忍RPG

【対魔忍RPG】祭りだ祭りだワッショイワッショイ

投稿日:2020年8月16日 更新日:

夏と言えばお祭り!リアル世界はコロナの影響でお祭りどころではない状態ですが、せめてゲームの中ではお祭りを楽しみましょう。ヨミハラの夏を満喫するレイドイベントの到来です。



その強さ、魔界クラス

今回のイベントのトピックは新たな難易度として超上級の上に「魔界級」が追加されたこと。詳しくは後述しますが超上級と比べても規格外の強さとなっていて、プレイヤー達による総力戦が求められます。

そんなに強いなら報酬も豪華なんだろうな?と思った方はご安心ください。なんと魔界級は報酬でプレチケと対魔石をドロップしてくれます。これは美味しい!

魔界級は専用の挑戦権が用意されておらず、超上級を挑戦権を使って呼び出した時にランダムで魔界級が登場するというシステムになっています。自発で出したいなら超上級の挑戦権を求めて上級クエストを周回しましょう。

ヨミハラオールスターだぜ!

今回のストーリーはヨミハラで行われる夏祭りが舞台となっています。ヨミハラ町内会(そんなんあるんか)主催の夏祭りは大盛り上がりで、特に今年は魔界一の踊り子ナディアに加え、イングリッド、ヤマタノオロチ、アンリード・ボニーら豪華な面々が顔を揃えています。彼女たちが立つやぐらの外にはリーナ、ドロレス、ナドラ、アルフォンス(オーク傭兵のおっさん)も居て、彼女たちに声援を送ります。

そして祭りの広場にはクローンアサギら探偵チームの姿も。屋台の食べ物を幾つまで買っていいかミリアムはクロアサと交渉し、1人1品だったところを4品に増やしてもらいナーサラと共に大喜びで屋台に駆け出していきます。

はしゃぐミリアムとナーサラを尻目にふうま 亜希は何故か上の空。いつもならミリアムらを可愛がり追いかけまわしているはずの亜希が妙に大人しいのでクロアサは首を傾げます。亜希に何かあったのでしょうか。

そんな2人の後ろからやってきたのは高坂 静流。先日の依頼でクロアサが仕事をこなしてくれたことで夏祭りが予定通りに開けたのだとクロアサを讃えます。

時は遡ること3日前。あの手この手でヨミハラ町内会の会長に就任した静流は、クロアサ(とミリアムとナーサラ)を酒場に呼び出しある依頼を出しました。どうやら夏祭りで使うはずの祭具がどこかに消えてしまったので、それをクロアサ達に回収してほしいそうです。

今年のヨミハラは火事に連続猟奇事件に熱病事件(クロアサチームもダウンし、なぜか元気なままだったナーサラに看病してもらっていた様子)と災難続き。そこで、祭りでは演奏する者の魔力やパワーを福のエネルギーに変換・増幅して解き放つ祭具「招福の大太鼓」を使い、ヨミハラの厄払いをしようというのが静流の狙いです。

しかし、招福の大太鼓は福のエネルギーの制御ができる巫女がいなければ破壊をもたらしてしまう危険な祭具。エドウィン・ブラックやアスタロトと並ぶ実力者、ナディアを招聘することで巫女の問題は解決しましたが、巫女が踊りを捧げる際に使うもう一つの祭具「招福の鈴」がどこかに消えてしまいました。

招福の鈴がなければいくらナディアといえどエネルギーの流れをコントロールするのは難しい。そうなると今回の夏祭りの開催自体が危ぶまれてしまうため、これはかなり重要な依頼です。

と言っても、招福の鈴を盗んだとされる犯人グループの目星はもう付いているようです。ただ、静流は会長の仕事で身動きが取れないため、自分の代わりに捜査をしてほしい、というのが今回の依頼の内容でした。

そして静流が疑惑のグループを口に出しかけたところで、彼女たちが居た酒場のドアが開きます。そしてやってきたのはいつもの小動物コンビ(リリムとミナサキ)。何やら祭具を盗まれた責任を取って自分たちに会長の座を明け渡せと喚いています。その後ろには傭兵ヤマタノオロチと越後屋(オーク商人)の姿も。

この事態にクロアサ一行は完全に犯人グループと犯行の狙いを理解します。どうやらリリムとミナサキは静流を失脚させ、代わりに人の良い越後屋を傀儡に町内会を掌握、予算を横取りして”プレミアム超すごい棒”食べ放題を画策していたようです(町内会牛耳ってやることがそれなのかよ)。

そんなリリムとミナサキの計画を阻止するため、クロアサは傭兵ヤマタノオロチを買収。ろくに金を持っていないリリムとミナサキ、町内会長がスポンサーのクロアサでは資金力に雲泥の差がありました。全ては金次第のヤマタノオロチはあっさり寝返ってリリムとミナサキを売り渡し、事件は一件落着となりました。哀れ小動物コンビ。

そして、招福の大太鼓は叩き手の魔力やパワーをエネルギーに変換するため、踊り子の他に強力なパワーを持つ叩き手が必要。買収ついでにヤマタノオロチを叩き手にスカウトし、静流にとっては一石二鳥の結果となりました。それが3日前に起こった出来事。

静流の話を聞いてクロアサ達の活躍を知る亜希。亜希は一週間ほど五車に戻っていて、この日の昼に事務所に顔を出したためクロアサ達の活躍を知らなかったのです。そんな亜希が五車で何をしていたのか静流が聞こうとしますが、亜希は口ごもるだけであまり話をしたがりません。そんな亜希の様子に静流も違和感を覚えるのでした。

いよいよメインイベントであるナディアの踊りが始まるぞというところで、祭具窃盗の罰としてチョコバナナ屋台でタダ働きをさせられている小動物コンビの姿が。彼女たちの後ろには町内会の依頼でお目付け役をしているミリアムとナーサラの姿も。

それ以外にも、チョコバナナを買った浴衣姿のユーリヤ、消防の見回りに励む炎王とエレーナ、露店の前で立ち話をする桐生 美琴とアスタロト、露天で商品が売れずに胃を痛めるメリィの姿も。特にアスタロト様は婿探しが上手く言っていないことを美琴にズバズバ突き付けられて言い淀んでいるのが可愛い。マジの結婚願望があるみたいです。でも自分より強い男としか結婚したくないって、そんな男いるんかいな。

祭りが盛り上がる中、亜希は人気のない裏通りにクロアサを呼び出していました。不審な動きをする亜希を警戒するクロアサに対し、亜希は自分が任務としてクロアサを監視し続けていたことを告白します。それも、クロアサのオリジナルであり亜希の上司である井河 アサギの命で。

そして先週五車に戻った祭、亜希はアサギから新たな任務「クローンアサギを抹殺しろ」を命じられたと明かします。これまでの友情は偽りだったのか、2人の運命や如何に──



相手は太鼓!?

イベントのプロローグがアキとクロアサの対峙で終わったので、話の流れ的に2人のどっちかと戦うの?とか思ってたらボスはまさかの太鼓ですよ。なんなのこの画面は。みんなで叩き手となって福のエネルギーを生み出せ〜ということですかね。

各ユニットが太鼓めがけて様々な攻撃を繰り出すのが非常にシュール。そして、ダメージを受ける度に隣で踊っているナディア様がぴょいんと跳ねるのが可愛らしい。これまでのボスと比べても異質すぎる相手ですね。ドラクエ6でヘルクラウド城と戦った思い出が蘇ります。無機物との戦闘。

見た目はネタそのものですが、強さは割とガチで戦闘スタイルもかなり異質。上級・超上級と魔界級でかなり戦闘スタイルが変わってくるのでまずは上級・超上級の解説から。

HPは上級で190万、超上級で221万と斎藤先生を遥かに凌駕する多さ。しかしどの難易度でもDEFが0なので、HPが削れるスピードは早いです。とにかくみんなでゴリゴリ削ってね、ということでしょう。

そしてまた特殊なのが、こちらを応援するようなスキル攻撃を仕掛けてくるところ。なんと、「こちらに5TのSPリジェネ(50)+自身のデバフ全解除」「全体攻撃+こちらにATKバフ(20%:40%:60%、99999T)」があるので、こちらの攻撃を手助けしてくれます。SPリジェネの方はあまりアテになりませんが、ATKバフは永続的に入るのでこちらはアテにしてパーティー編成をした方が良いですね。

しかし何も考えず攻めるだけではいけません。太鼓の攻撃も結構痛いので、DEFバフやATKデバフを入れながら攻めていきましょう。こちらの攻撃は相手が勝手にATKバフを入れて支援してくれるので、生き残って攻撃し続けられる体制を作るのが重要です。

魔界級はなんとHPが1752万。最初「桁見間違えたかな……」と思ったほどの耐久力なので、BP回復薬をつぎ込む勢いで戦いたいですね。

魔界級の火力は尋常ではないレベルで、それなりに整ったパーティーでDEFバフをしっかり入れていても簡単に全滅します。リーダースキルでHPを上げたり快癒4を装備させたりすれば30T生き残ることも可能ですが、そうやって耐久力を重視すると今度はダメージ効率が悪くなって貢献度が稼げない本末転倒に陥ります。

DEFバフを入れても耐えきれないほどの攻撃が来るのが15T以降なので、MVPレースを狙うなら15Tでやられることを前提に、15Tで最も効率よくダメージを与えられるパーティーを編成するのがベストだと思います。そのパーティーで何度も何度も再挑戦(所謂ゾンビアタック)を仕掛けるのがMVPへの近道ですね。



太鼓を叩くためのパーティー

初日は上級・超上級用と魔界級用で2つのパーティーを使おうと試行錯誤していましたが、実際に戦ってみて「やることは大して変わんねぇな」と思い同じパーティーでどの難易度も対応することに。

アンリード・ボニー 蛇塔4、双撃2
天宮 紫水 無双4、双撃2
死々村 狐路 天賦4、奮迅2
七瀬 舞 輝煌4、重撃2
【夏の女教師】高坂 静流 疾駆4、陰影2

科学属性の大エース、すーぱーぼに子(もといボテ子)に蛇塔双撃を与えて暴れてもらいます。奥義で3万ダメ、クリティカルが4万5000ダメを叩き出してくれるのが痛快。

紫水は「実はこの使い方が一番では?」という攻撃型の装備で、スキル2を連打してもらいます。強攻撃が来そうなときは奥義でDEFバフもこなしてもらいます。

相手がATKバフを入れてくれるので、コロちゃんに奥義を使って暴れてもらうことに。クリティカルの連打が気持ちええ。

舞は説明不要のスキル2回復。魔界級相手だと奥義も使えそうな気がするけどどうだろう。

静流はスキル2でリジェネを入れつつ、奥義でバフ解除とATKデバフが強力。特に奥義でバフ解除できるかできないかでは敵の火力が段違いなので、静流のおかげでアタッカー3人が攻撃に専念できると言っても過言ではないですね。ありがてぇ〜。



魔界級と戦う

上級と超上級はオートで任せてます。ボニーとコロちゃんはひたすら奥義、舞もひたすらスキル2。紫水と静流はスキル記憶でスキル2を使い、手動で奥義を選択することでスキル2と奥義を使い分けてもらいます。SPの貯まり具合によってちょくちょく事故りますが、十分に貢献度を稼いでくれるので問題ないです。

魔界級はオートではどうにもならないので全手動で戦っています。初ターンに舞にSP回復薬を使い静流がスキル2、2ターン目に舞がスキル2を使って状況を整え、3ターン目に静流が奥義を使ってバフ剥がし。4ターン目に静流にSP回復薬を使ってリジェネを掛け直します。

太鼓は5ターン毎にATKバフ付きの強力な全体攻撃を放ってくるので、その次ターンに静流が奥義を使えるようSP管理。また、10ターン目の全体攻撃はDEFバフが無いと耐えきれないので、それまでに紫水が奥義を使えるようこちらもSPを管理します。

10ターンまで生き残ったらあとは残りの5ターンでひたすら攻撃。そして15ターン付近で全滅して、再挑戦を繰り返します。

一応この戦法でMVPレースを勝ち残れますが、やはり救援のタイミング次第なところは否めませんね。人数が5人前後の時に入れればそのまま上位で走り抜けられますが、10人近く来てたらもう巻き返しは無理なので1回戦って終わりですね。新鮮な魔界級が流れてくるのを祈ります。



ユニット「【祭り装束】ふうま 亜希」の評価

無難に強い精神アタッカーという性能で、精神アタッカーが足りていない人には貴重な戦力になりそうです。

ステータスはHP:4278、SP:330、ATK:675、DEF:386、SPD:58で、鈍足と防御の薄さがネックではあるもののATKはそこそこ。

リーダースキルは「精神属性ユニットのATK大アップ(20%)」で、精神染めなら使えるかも。

スキル1は「敵一体に中威力(300%:スキルマで340%)で攻撃」。対超人レイドではこれを連打することでダメージを稼げそうです。

スキル2は「敵全体に小威力(150%:スキルマで166%)で攻撃」。高めのATKを活かしてクエストで雑魚散らし役になれそう。

奥義は「敵一体に特大威力(600%:スキルマで616%)で攻撃、SPDを中ダウン(30%、4T)」。SPDデバフは使い所が少ないんだよなぁ〜というのが正直なところなので、やはりスキル1とスキル2を活かすのがメインの運用方法になりそうです。



今回のイベントの問題点

超上級ですら物足りなくなってきたプレイヤー達のために魔界級が用意され、その魔界級を倒すとプレチケや石が貰えるという施策はとても面白いと思います。しかし、この魔界級の追加によってゲームバランスが変わったことによる新たな問題点が出てきたり、レイドイベントが本来抱えていた問題点が目立つようになってしまったかなと思います。

まず魔界級の追加で起きたのは「上級レイドの価値が低下」。なぜかと言うと、魔界級が美味しい獲物になるということは「超上級の挑戦権を集めるために上級クエストをやる→余った挑戦権で上級レイドを自発する→しかし報酬的には超上級と魔界級の方が美味しいので上級をやる旨味が少ない→上級レイドが飽和する」ということになってしまうからです。

というか、実際僕もイベントを走ってて他のプレイヤーが救援を出した上級レイドは「あんま美味しくないしなぁ」と思って行く気にならないですし、上級を自発したときは「もっと救援来てくれよ!」と思ったり、レイドイベントっぽい楽しみ方が出来てないなと感じます。一回の上級レイドで多くて6人、少ないと3人くらいしか居ないんですもん(魔界級はあっという間に20人集まる)。

ただ、上級レイドに人が集まらないのは魔界級が追加されたからというだけではありません。そもそもレイドイベントってクエストとレイドで最低限2回は戦闘をしないと自発報酬が得られない(二度手間)し、ボス一匹倒すまで時間も掛かるんですよ。だから面倒くさい。そして今回のボスは凄まじくHPが多い上に火力も割と高めなので倒しづらいし時間も掛かる相手で、それが益々「上級は割に合わない」という感覚を作ってしまっています。

また、レイドイベントは個数制限のある景品を取りきった後は金塊(中)と経験の書(上)しか交換できないようになっています。なので、景品を取りきったらもうレイドイベントを走る意義が無くなっちゃうんですよね。魔界級の追加で景品を取りきった後も走る意義は少しだけ増したとしても、結局「魔界級だけやればいいじゃん」になっちゃいますよね。

景品を取りきったプレイヤーはもう魔界級しか倒すべき相手が居ないので、日数が進むほど人の集まりにくさは加速してしまいます。自己完結するストーリーイベントやマップイベントでめぼしい報酬が無くなるのは別に問題ないですが、人が集まってナンボのレイドイベントで「良い報酬が無いから人が集まらない」というのは良くない傾向でしょう。

このように、今回のイベントでは様々な要因によって上級レイドの存在が微妙になっています。まぁ、超上級の立場も微妙になってるし、上級どうの以前にレイドイベントそのものの歪さがより強くなったと言う方が正しいかもしれません。

なので、「上級の挑戦権5枚と超上級の挑戦権1枚を交換できるようにして上級挑戦権を飽和させないようにする」とかして上級挑戦権の使い道を増やすなり、「上級討伐時の発見者報酬に超上級の挑戦権を混ぜる」とかして上級を自発で倒す旨みを増やすなり、「交換所の個数無制限の景品にプレチケやSR確定ミニチケットを用意してイベントを走り続ける意義を高める」とかして上級を倒す動機を与えるなり、なんらかの形でゲームバランスの調整を図ってほしいなと思います。今回は魔界級のローンチイベントなので仕方ないにしても、次回のレイドイベントはもっと洗練されていて欲しいですね。

あとついでに討伐報酬のバランスも調整されて欲しい。魔界級との戦いでMVPギリギリ取れなかった人とワンパンだけして帰った人が同じように石を貰えるのはやっぱりおかしい。そのせいで魔界級は人の集まりが良くても実際はワンパンが半数以上を占めるという不健全な競争が行われています。レイドイベントは色々な面で「頑張りが報われにくい」ので、改善して欲しい部分が多々ありますね。



関連コンテンツ

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥37,000 (2020/09/26 08:45:59時点 Amazon調べ-詳細)



-対魔忍RPG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【対魔忍RPG】状態異常をマスターしよう

対魔忍RPGにおける状態異常関連の話をまとめました。アリーナ攻略には欠かせない状態異常についてここでマスターしてしまいましょう。 目次1 状態異常の基本2 累積耐性3 状態異常の種類3.1 毒3.2 …

【対魔忍RPG】装備について

対魔忍RPGの装備に関する話をまとめました。ユニットの性能を引き出すため絶対に必要となる装備についてここで理解を深めていきましょう。 目次1 装備の基本2 セットボーナス3 メインオプションとサブオプ …

【対魔忍RPG】五車の夏を満喫しよう

五車学園に夏休みがやってきました。沢山のガチャイベントなど見どころ盛り沢山のイベント内容を見ていきましょう。 目次1 ガチャイベントが盛り沢山!2 新規ユニットが有能!3 マップイベントに超上級が追加 …

【対魔忍RPG】性悪女神との決戦!

ゴールデンウィークあたりから始めた対魔忍RPGにすっかりハマってしまった麻乃です。五車祭もあってそれなりに戦力が揃い、アリーナも40階まで攻略出来るようになり自信をつけていた今日この頃、今回の決戦イベ …

【対魔忍RPG】八百比丘尼との決戦!

決戦イベント第5弾は二車の幹部の一人である八百比丘尼。これまで科学(ライブラリー)→超人(オーガ奴隷)→ジュノ(精神)→権左(自然)と来ていたので次は魔性が来るかと思いきや、ジュノと同じ精神が来ました …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31