対魔忍RPG

【対魔忍RPG】鬼カワギャル参上!(ストーリーイベント「ナーサラと愉快な鬼マフィア」)

投稿日:2020年11月18日 更新日:

ストーカーと男の娘のストーリーイベントが終わり、お次は鬼族のギャルが登場。復刻イベントとの兼ね合いもあり、これまでの「ストーリー→マップ→レイド」の順番ではなく、マップイベントの次にストーリーイベントとなった今回。一体どんなお話が展開されるのでしょうか。



ガチャ報告

私事ではありますがガチャ報告の時間です。五車祭に向け石を蓄えている今日この頃でしたが、フルアサ欲しい!鹿之助欲しい!このピックアップを逃したらいつ来るか分からん!ということで、我慢できずに15周年ガチャと新規ユニットガチャを引きました。

ただし、五車祭でとりあえず150連は引けるだけの資金は絶対に残さにゃならんと理性が働いたので、貯まりに貯まったプレチケだけを使用し、150連分の石と11連チケットとプレチケ数枚は絶対に温存することに。また、SRを引いた時点で誰が来ようが撤退すると心に決めました。撤退ラインの設定、マジ大事。

まず15周年ガチャ。SRはアサギ2種、朧2種、さくら1種のみ。出現確率はアサギが1%で朧とさくらは0.33%なので、SR引けたらアサギ大先生の確率がかなり高い。超人アタッカーを補強するためにもこのチャンスを逃すっきゃねぇ!ドロー!

しかし中々SRは来ない。っていうかプレチケでひたすら単発で引いてるから、時間が掛かって余計に全然引けてない感じがしてしまう。そんな感じでちょっと諦めムードが漂い始めた44枚目、SRがキター!

さくらでした〜。本当ね、驚くくらい自然SR引いてくるよね。そして驚くくらい超人SR引けないよね。なんでこんなに属性偏るねん。まぁさくらは会心パで使えるので、これはこれで当たりだと思うことにします。一応マイレージも有るので50枚目まで引きましたが、その後も特に目ぼしいユニットは当たりませんでした。

お次は鹿之介。こっちは15周年ガチャの余り分しかプレチケを投入できないのでチャンスは20回ほど。これだけでSR引けたらめっけもん。ただ、引かずにピックアップを終えたら「なんで鹿之介引きにいかなかったんだよ!」と未来の自分に怒られそうなので、未練を残さないためにも挑戦。鹿之介を当てるため、というか自分を納得させるために引いたこちらのピックアップはなんと、18枚目で、SRが、キター!

被り佐那先輩でした〜。見事に2つのガチャですり抜けをキメました。SRを引けないのが一番悲惨ですが、SRを引いたのにお目当てじゃなかったってのも中々悲しいものです。不完全燃焼感がすごい。つ、次の五車祭はピックアップ含めSRバンバン当ててやるからな〜!

なんでか知らないけどファリーラさんはめちゃめちゃ当たりました。ママのこと大切にするからね。

あと、うなぎ先輩とヒーローも当たりました。やったね。

おまけに、貯まったSRミニチケット100枚でガチャり。結果はカウーラさんでした。カウーラさんのことまじまじと見つめたことなかったけど、よく見ると結構カワイイですね。ビジュアルチェンジも良き。この前はカヲルおねーさんも引きましたし監獄コンビゲットです。



舞ピックアップガチャ開催!

ガチャに関連するお話で、現在舞のピックアップガチャが開催されています。舞の出現確率は1.2%と普通のSRのピックアップと同じ確率になっていて、五車産のSRがこの確率でピックアップされるのは珍しいです。五車やプチ五車でも大体0.9%ですからね。恐らく五車祭間近というあまり散財したくないタイミングでしょうが、舞を手に入れる大チャンスとなっています。

ここでちょっと舞を持っているオークとしての率直なレビューを書いておきます。人権だ人権だとよく言われたりする舞ですが、舞が居ないと攻略不能というクエストには出会ったことがないので人権とまで言ってしまうのは憚られます。舞が居なくたって工夫次第でどうとでもなります。

ただ、舞が居ると世界が変わるのはマジで、決戦やカオスアリーナなど高難度クエストクリアの安定感、レイド戦におけるダメージ速度アップなど、彼女の補強でハッキリと「一段上のレベルにきた」のが実感できるユニットになっています。特にスキルの書でスキルレベルを上げて、サポートの舞と組み合わせてのダブル舞エンジンは別のゲームかと思うような爽快感です。

なので、ここ最近のクエストの難易度に苦しんでいたり、レイドで貢献度を稼げなかったりで行き詰まりを感じているなら彼女を取りに行くべきです。現状、一番強力なユニットであることは間違いないので、戦力的には五車祭よりも舞ピックアップを優先して引くべきです。次の五車で舞より強力なユニットが出れば話は別ですが、そんなゲームが壊れるレベルのユニットはそうすぐに出てこない、よね?舞だって調整不足で出しちゃった感のある強ユニットなのに笑。

ともあれ、ガチャを引いても天井までやらない限り絶対に手に入るわけではないので、引くかどうかは自分の財布と根拠の無い引き運に相談です。また、回想もSRでCG2枚あるのにどっちも本番じゃないというまさかの扱いなので、回想のために対魔忍RPGやってるぞ!という人もそこまで引きにいかなくてもいいのかなと。お姫様抱っことマッサージで終了ってなんやねん!



イベントではあのキャラ達が登場!

今回のイベントには鬼族のギャル、フランシスが登場。対魔忍ライブラリーもとい料理忍ライブラリーが登場したイベント、「カンザキ食堂」以来の登場となります。

酒とメシを愛しすぎて鬼族の街から追い出され、人間界にやってきた彼女。人間界では生活費を稼ぐためにマフィアファミリーを立ち上げましたが、仕事で様々な組織から恨みを買ったことで常日頃から命を狙われるように。美味しいご飯とお酒で楽しく暮らすためにお金を稼いでいるのに、仕事のせいで楽しい時間を邪魔されるとあっては本末転倒!ということでマフィア稼業にウンザリしているようです。

何もかも面倒になったフランシスは自分のファミリーに内緒でヨミハラへ。しかし遊びすぎてしまい、気づけば財布はすっからかん。散々飲み食いした店で代金が払えなくなってしまったフランシスはツケにしてくれと懇願しますが、許されるわけもないので仕方なく逃亡。結果的に食い逃げ犯となってしまい追われているのでした。

ここでゲストキャラ的にまさかの朧も登場(メインクエストのチャプター11で顔見せして以来)。フランシスが食い逃げした店はなんと朧が経営する店だったようです。朧はフランシスに隠し持っていた1万円を渡すか、自分のファミリーを売るか、自分のペットになるか選択肢を突きつけます。フランシスは今の全財産1万円を渡してしまうと行き倒れまっしぐらとなってしまいますが、ノマドと敵対してファミリーを危険に晒すわけにもいかず1万円を差し出すことに。一文無しとなり、ファミリーをアテにすることも出来ず、フランシスは途方に暮れながら空腹で倒れ込むのでした。

しかし、たかが1万円(「お釣りはくれなかった」との一文もあるので本来の代金は1万円にも満たないはず)の為にあの朧が動いたと思うとちょっと、いや大分面白い絵面になっています。まぁ冷静に考えると「ノマドの大幹部が経営する店でマフィアのボスが食い逃げ」となったら結構な問題になるでしょうし、メンツが命の裏社会でそんなことを許したらナメられて商売にならないのでそこら辺はキッチリする必要があるのは分かります。並の刺客だとフランシスは手に負えないので実力者が直々に出向く必要があるのも分かります。

でもさ、”あの朧”が1万円の取り立てのために追っかけてくるんだよ?これから「1万円の為に動く女」みたいなイメージになっちゃうんだよ?しかも1万円払ったらそれ以上お咎め無しで素直に帰ってくれるんだよ?これだけシュールな要素が揃ってて笑うなって方が無理じゃない?その上立ち絵でプリケツを見せつけてくるんだからどうあがいても笑いが生まれちゃうでしょ。トドメに、別れ際の「じゃあ、まいどありー♪」も陽気すぎてツボに入りました。1万円でウキウキやんこの人。

フランシスが行き倒れていると、そこに通りがかったのはナーサラ。私服姿で街を歩いていたナーサラは、クローンアサギに作ってもらったクッキーを食べながらフランシスに近づきます。フランシスはクッキーを分けてもらいなんとか復活。それでもまだまだ腹ペコのフランシスにナーサラは興味を持ち、これからクローンアサギがご飯を作ってくれるのでウチ(探偵事務所)に来ないかと誘います。

道中、フランシスに恨みを持つ追手に襲われながらも二人は仲良く協力して追手を打ち倒し探偵事務所へ。クローンアサギは突然の来客に驚きながら、あのナーサラが友人を連れてきたとあって食事を振る舞います。ここのクロアサはなんだかママみがあって大変よろしいですね。居候も客人も受け入れてくれる面倒見の良さよ。クロアサ自身も他人との交流を求めているのかもしれないけどね。

そうこうしているとふうま 亜希、ミリアムが帰ってきます。腹ペコで帰宅する亜希とミリアムでしたが、フランシスとナーサラはいつの間にか全員分のご飯を食べ尽くしてしまいました。クロアサの作る食事を楽しみにしていた亜希とミリアムはフランシスに怒りをぶつけますが、問題児の扱いには慣れているクロアサが場を諌めます。クロアサから自分たちが問題児の側で扱われていることにショックを受ける亜希とミリアムが面白い。勝手に居着いて生活費も使い込んでいる亜希とミリアムも立派な問題児です。

食事代の代わりにと、クロアサは自分たちに舞い込んできた依頼を手伝うようフランシスに提案します。フランシスも美味しい食事を頂いたお礼にやる気十分。ここで先日新規ユニットが追加されたユーリが登場。凄腕の暗殺者「雪の魔娼」として知られ、裏社会に名を轟かせている彼女は今病気の療養中。一時は眼に異常な痛みがあり放置すれば失明の恐れもある状態でしたが、魔科医の桐生 美琴が治療を施したことで症状は治まっています。

それでも完治はしていないのでこれからも治療を続けなければならず、治療代の請求もあります。美琴は治療代の代わりにとユーリに仕事を依頼。東京キングダム五強の一角である鬼武衆の牧場で飼育されている魔獣、カトブレパスの皮膚を取ってきてほしいと頼まれたユーリは、勝手の分からないヨミハラで単独で動くのは得策でないとクローンアサギら探偵団に仕事を手伝ってもらうことにしたのでした。

クロアサとミリアムは別の仕事をしに行っているので、ユーリからの仕事を担当するのは亜希・ナーサラ・フランシスの3人。亜希は以前も面倒な仕事(メインクエストのチャプター21)を依頼してきた美琴のことが気がかりでユーリの仕事を受けるかどうか迷いますが、美琴は特別報酬としてクローンアサギのメンテナンス代を一回サービスすると言っているらしく、クローンアサギに恩のある亜希は断ることが出来ず承諾します。

こうして、亜希たちにユーリを加えた4人のチームが完成。戦闘力では怪物クラスの女達が集まったこのチームは無事仕事を成し遂げられるのか、この続きは自分で確かめてくれ!(Vジャンプ並感)



イベント報酬「【カチコミギャル】フランシス」の評価

イベントではいきあたりばったりの享楽主義っぷりと鬼族のポテンシャルの高さを見せてくれたフランシス。果たしてユニットとしての性能はどうなっているのでしょうか。

ステータスはHP:4254、SP:330、ATK:704、DEF:388、SPD:58。

リーダースキルは「超人属性ユニットのATKを大アップ(20%)」。

スキル1は「敵全体にランダムな威力(威力140%、100%、75%(選択率33%、34%、33%):スキルマで152%、112%、82%)で攻撃する」。

スキル2は「自身のATKを中アップ(40%、4T)、敵1体に大威力(450%:スキルマで465%)で攻撃する」。

奥義は「敵1体に特大威力(600%:スキルマで616%)で攻撃、2ターンの間、対象の受けるダメージが中増加(ダメージブースト10%)する」。

HRのフランシスはバランスタイプの性能でしたが、こちらはステータスもスキル構成も典型的な超人の鈍足アタッカーって感じですね。ただ、スキル1のランダム威力な全体攻撃と奥義のダメージブーストは結構特徴的。スキル1は正直どうでもいいので割愛するとして、奥義のダメージブーストは他に限定SRの【ビーチな人妻】水城 不知火の奥義でしか使えない特殊効果。しかも10%の倍率は不知火と同じ。この効果は上手く活用していきたいところ。

と言っても、鈍足なので奥義でダメージブーストを入れても実質1ターンしか効果を味わえないのが常でしょうか。装備でSPDを上げたらATKの伸びが悪くなって本末転倒ですしね。ダメージブーストは1ターンのおまけとして考えるといいのかも。

スキル2は地味に有用で、自バフを掛けながらの大威力攻撃なのでスキルパに組み込むと面白そうです。奥義かスキル2か、どちらをメインにするか決めて運用していきましょう。



今回の新規ユニット

今回の新規ユニットはRのセルヴィア・ローザマリー、HRの掛原 鷹臣、SRの【フラフラ娘】ナーサラとなっています。

セルヴィア・ローザマリーは「敵全体を高確率でランダムな状態異常にする」必殺技が大きな特徴。リーダースキルは「魔性属性ユニットのスキルの消費SPを中ダウン」となっているので、バンバン必殺技を打ってランダム状態異常祭りにするのも面白いかも?(強いとは言ってない)

キャラ設定は誇りを失わずに頑張っている没落貴族という感じ。今も貴族であるように振る舞いつつ、特売日に詳しく様々な割引券を常備しているあたり庶民的で可愛げのある子ですが、家族は彼女に付き添う犬型魔獣のジェロを除いて1人残らず惨殺されているというド重なバッググラウンドの持ち主。お茶会が好きで仲良くなった人間をよく家に招くものの、お嬢様だった時のように豪勢なお茶会は開けないので「召使いはみな解雇した」などと嘘をつきながら自分でお茶を準備するという設定も健気で泣けてきます。ビジュアルも可愛いしイベントとかで絡んでくれないかな〜。

(公式ツイッターで配布している壁紙にも起用されているセルヴィア。良い扱いなので今後に期待)

掛原 鷹臣は超人の俊足アタッカーという性能。スキルは「敵2体に小威力で攻撃する」、必殺技は「敵1体に中威力で攻撃、超高確率で混乱状態にする」で、やや凡庸な能力なのは否めず。ビジュアル面も露出の少ないスーツに長い黒髪をサイドテールでまとめた普通の女の子っぽい仕上がり。と言っても癖の強い女の子ばかりの対魔忍界なので、平凡寄りのビジュアルがむしろ光り輝いていて良いですね。

男っぽい名前は「長子は同様の力に目覚めた祖先の名前を継ぐ」という家の仕来りから。古い考えを残し厳しい家柄で育ったことは彼女のコンプレックスとなっているようで、品行方正な振る舞いをしつつも心のなかでは選民意識を持っているようなちょっと危ういキャラとなっています。自分の容姿と仕草が男受けするのを理解しているところも悪いオンナの雰囲気が有り。年齢的には小太郎の後輩で、境遇にシンパシーを感じる小太郎には愛憎渦巻く複雑な感情を抱いているようです。回想シーンではその複雑な愛と性癖が顕になる模様。ドキドキ。

【フラフラ娘】ナーサラは割とオーソドックスな精神アタッカー。奥義は「味方全体のDEFを大アップ、敵1体に特大威力で攻撃する」とシンプルに有用。地味にDEF大アップのスキルを持つ精神ユニットは居なかったので、防御と攻撃を兼ねる精神アタッカーとしてポジションを確保しています。リーダースキルはガチャSRでは珍しい「精神属性ユニットのATKを大アップ(20%)」となっていて、精神染めの時に役に立ちそうです。

キャラクターコレクションで立ち絵が公開されていたナーサラちゃんが実装されました。フード姿だととても怪しげな雰囲気でしたが、ワンピース姿のナーサラちゃんはただの可憐な少女。クロアサ探偵団で情緒も学び、どんどん可愛らしくなっています。なお戦闘力は相変わらずで、イベントストーリーでも強さを発揮していますし、このユニットで奥義を発動するとスカートの中から出した触手で相手を”捕食”するところが見られます。コエー。



アーカイブでラック100への道

先日、アーカイブでラック100もいいかもね〜みたいな話をしたので、実際のところどんなもんなのか確かめるため自分でやってみました。

狙うのはミーティア。奥義のATKデバフが強力で実用性が高い、レイドボスのリリムムオーから無双の装備が落ちるので装備厳選も兼ねられる、そして何よりミーティアは自分が初めて手に入れたイベSRで、駆け出しの頃にお世話になったとても愛着のあるユニットということで選択しました。

というわけで日夜レイドを頑張ってるところなんですが、すみません決戦より遥かに苦行でした。とにかくもう時間が掛かる。幸いレイドボスの出現確率が高く、セクション5で重撃4を5人が装備した部隊で回れば1回か2回でレイドボスは出てくれます。しかし、ボスからユニットがドロップする確率は高くなく(超上級なら確定で落ちるけど上級なら3体で1枚くらい?)、時間あたりのドロップ効率は決戦と比べてしまうと恐ろしく低いです。

1日頑張って張りついて10体前後ってくらいの効率なので、ラック100制作には1ヶ月掛かりのスパンで見ないといけないなぁと思いました。しかも、リリムムオーは無双の装備を落とすので救援が集まりやすいですが、他のドロップ装備がイマイチなレイドボスだと救援も集まりづらくもっと厳しいんだろうなと。APも決戦の超上級を回るのと大して変わらない消費量な気がします。

ストーリーとマップのアーカイブはユニットのドロップ率に凄まじくムラがあるというか、30周くらいで5枚集まっちゃうこともあれば50周くらいしても1枚も落ちないなんてこともあって、こっちはこっちで厳しいです。APの消費量がどれだけになってしまうのか怖くて計算できませんね。時間はレイドアーカイブよりも遥かに早いでしょうが、決戦と比べたらこっちも時間が掛かるだろうなぁ。

というわけで、アーカイブでラック100は茨の道です。実際にやってみると想像していた以上に大変でした。そしてこの記事を書いている時点でミーティアのラックは80。今週中にはラック100が出来上がると思いますが、もうアーカイブでラック100をやることは……とか言って、また忘れた頃に作ってるかもしれないけど。ともかく、アーカイブでラック100を作るのは本当に本当に大変なので、やろうと思っている人は覚悟をして挑んでください、はい。

話は変わりますが、12月の決戦スケジュールがこのタイミングで発表されていました。12月のラインナップはライブラリー、オーガ、権左の3人。新しい決戦は来ませんでした。今後は2ヶ月に1体新規の決戦ユニットが出てくるのでしょうか。とりあえず12月は非常に有用な権左のラック100制作を頑張りたいと思います。



登録者数130万人記念

対魔忍RPGの登録者数が130万人を突破した記念に、「エナジー3000X ×10」、「SR確定ミニチケット ×10」、「対魔石×5」がプレゼントされました。めでたい!

また、先日のアサギ討伐イベントで予想以上のアサギが狩られたため記念に石が5個追加され、対魔石31個がプレゼントされました。また、いつものFANZA GAMESランキング1位記念で対魔石10個を配布と、様々な記念品で石が配られています。対魔忍TVの方でもよく石を配っていますし、ここ最近はかなりの太っ腹です。ありがたや。

しかし、太っ腹であるのと同時にここのところはハロウィン蛇子、新規鹿之介、15周年記念のアサギ復刻、舞ピックアップとかなり絞りにきているのも事実。そしてそろそろ五車祭の時期ということで、11月も我らオークは淫魔に絞り尽くされるが如く散財することになりそうです。でも、絞り尽くされても幸せならそれでいいよね?そんなわけで幸せな夢を見ながら枯れていこうと思います。12月はクリスマス、1月は新年でまた色々ありそうですが先のことなど知らん。明日より今日なんじゃあ!

関連コンテンツ

created by Rinker
スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)
¥9,400 (2020/12/01 02:12:12時点 Amazon調べ-詳細)



-対魔忍RPG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【対魔忍RPG】権左との決戦!

ジュノとの決戦を乗り越え、「あのジュノを攻略できたんだから今回もいけるだろう」という自信と、「また超火力ワンパンされたりするんだろうか……」という不安を交えつつの決戦となった今回のイベント。敵は二車の …

【対魔忍RPG】バフ・デバフについて

対魔忍RPGにおけるバフ・デバフについてまとめました。状態異常と同様、戦況に大きな影響を与える様々な効果について知っておきましょう。 目次1 バフ1.1 ATKバフ1.2 DEFバフ1.3 SPDバフ …

【対魔忍RPG】6回目の五車祭は期待通りのゆきかぜ&天音!

11月の五車祭は大方の予想通りであり期待通りの大人ゆきかぜと若い天音でした!「名前ダサくない?」というツッコミもありつつ大いに湧いた五車祭、果たして彼女たちの性能はどうなっているんでしょうか。 目次1 …

【対魔忍RPG】ヤンキーくんと男の娘(マップイベント「恋の純情爆走ロード」)

原作の対魔忍アサギが15周年を迎え、こちらも沸き立つ対魔忍RPG。記念すべき日を迎えた対魔忍界で、その中心にいたのはなんとあの子! 目次1 こんな可愛い子が女の子なわけがない2 イベント報酬「石川あむ …

【対魔忍RPG】性悪女神との決戦!

ゴールデンウィークあたりから始めた対魔忍RPGにすっかりハマってしまった麻乃です。五車祭もあってそれなりに戦力が揃い、アリーナも40階まで攻略出来るようになり自信をつけていた今日この頃、今回の決戦イベ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30