GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「MTL ブリッケード(MTL Brickade)」

投稿日:2021年1月26日 更新日:

自分や家族が内戦の真っ只中で10トン以上の壊れやすい品を運ばなければならない– 誰にだって人生に一度ぐらいは、そんな状況が来ます。その時、選択肢は一つしかありません。それ以外の時も移動に役立ちます。

(Warstock Cache & Carryでの解説)

「金と権力と野望」アップデートで追加されたブリッケード。貯めに貯め込んだ秘密の宝物を運ぶならこの車しかありません。巨大な宝箱のような輸送トラックを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:MTL
名称:ブリッケード(Brickade)=煉瓦(スウェーデン語)
分類:サービス
駆動方式:FR
乗車定員:6人
購入価格:$1,110,000
備考:ペガサスが保管

モデル車の考察

モデルはMAN TGS 26.480 6×6 Expedition Truckですかね。Expeditionとは「遠征」の意で、括りとしてはキャンピングカーと同じ類の乗り物となります。ただ、Expedition Truckは普通のキャンピングカーと比べ非常に走破性が高い造りになっていて、より過酷な環境で移動拠点となれるよう改造された車両となっています。

もう1つのモデルは恐らくMIDS 8815(画像)。警察や治安部隊などが使用している装甲車で、テロ対策や囚人輸送といった高度なセキュリティが求められる仕事で使われています。ブリッケードの設定を考えると、TGS 26.480 6×6をMIDS 8815のような装甲付きの輸送車に仕上げた車両だと考えられます。

ゲーム中でも強盗:ドゥームズ・デイにてボグダンが潜水艦への物資補給に用いていたり、3幕のフィナーレでクリフォードの移動サーバーを運んでいたり(サテライトキャノン視点なのですっごく小さくしか見えないですが笑)、危険な仕事での輸送用に用いられています。沢山の物資が運べる装甲車として様々な立場の人間から人気があるようです。

ブリッケードの派生バージョンとして、ラリー用のレーシングトラックであるデューンが存在します。デューンの方は6輪ではなく4輪になっていて車体サイズも小さく、同じ車のバージョン違いのように見えます。

過去作ではザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニーでデータだけ存在するボツ車両として存在していました。この時はRG- 12APCをモデルにした装甲バンのようで今の姿とはかなり違いますが、この時からブリッケードは輸送用の装甲車というキャラクターで作られていたようです。

(TBoGTで没になったブリッケード)



走行性能

かなり癖が強めの大型トラックで乗りこなすのは一苦労。性能そのものはこのサイズのトラックで最高クラスですが、スペックを引き出すにはかなりの腕が要求されます。

加速性能が高く動き出しはかなりクイック。少しクイック過ぎるくらいで、細かい調整がちょっと難しいほど。最高速も高めで時速90マイルほどの速さを誇ります。

ハンドリング面はいかにも大型トラックといった感じで動きが重たくきついアンダーステア。ハンドルを切り始めてからゆっくりと向きが変わっていくので早め早めに操作をしないとカーブを曲がりきれません。加速感は軽いのにハンドリングは重たいこのアンバランスさが癖を生んでいます。

重量そのものは相当重いようで他のトラックすら押しのけるほど。その割に重心が高めというか、ギャップや障害物に乗り上げたりすると簡単に車体が浮き上がるので意外と不安定です。軽いような重いような、当たりに強いようなそうでもないような実態を掴みづらい性能ですね。

モデルの通り走破性は高く、凄まじいトルクで坂を駆け上がります。しかし重心の高さと重さは如何ともし難く、荒れた路面ではどこに吹き飛ぶか分からないほど不安定な動きになるので荒れ地の運転には向きません。そういう走りはデューンにでも任せましょう。

装甲車ということで窓ガラスは簡易防弾ガラスとなっていて弾丸を数発防ぐことができます。タイヤも防弾タイヤが装備されているので弾丸への耐性はそこそこ。しかし車体そのものは爆発物への耐性がなく1度の爆破系攻撃でオシャカです。的も大きいので他プレイヤーに狙われたら成す術無しですね。

乗車定員は6人となっていますが、車内に入れるのは2人だけ。残りの4人は車体後部に掴まり乗りすることになります。掴まり乗り状態だとマシンガンなど強力な武器が使えるので複数人で乗ると中々の火力を発揮できるかも。ただし、前述の通りかなり運転しにくい車なので、ドライバーが上手くないと事故って何度も車体から振り落とされてしまうでしょう。

ペガサス車両として購入したモデルに乗れる他、極秘貨物ビジネスの売却ミッションで乗る機会があったり、極秘貨物の大型倉庫を購入しているとCEOのスキルで黒塗りのストッケードを要請することができます。ビジネス用の物はアップグレードでアーマーを強化できるのと防弾タイヤの装備ができます。逆に言うとデフォルトだと防弾タイヤすら無い状態。CEOのスキルで呼び出したブリッケードはペガサスのモデルと同性能で防弾タイヤも装備されています。

カスタマイズ

ペガサス車両なので改造不可。

感想

バカでかい大型トラックが乗りやすいわけがないのは当然なんですが、この車の場合は軽いようで重い独特の性質が非常に厄介ですね。特に低速時の細かい動きが難しすぎる。

性能が良いわけでもなく遊びに使いやすいわけでもない、大型倉庫を変えばCEOスキルでいつでも呼び出せるこの車を約100万ドルで購入するのはかなりの贅沢です。トラックマニアでも無い限り購入はオススメしません。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

レーシングトラック版→デューン

この乗り物を使うビジネス→【GTAオンライン】物件ビジネス攻略〜「極秘貨物」

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】これだけは買っておけ!稼ぎに役立つ乗り物5選

これからGTAオンラインでどんどん成り上がりたいという人向けに、稼ぎ目的で戦闘車両などを買うならとりあえずこいつらだけは絶対に外せない!という乗り物を厳選して紹介します。 仕事用に使うのであればここに …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ジェスター(Dinka Jester)」+α

前から見ると、歯をむき出しにして怒った顔に似ている日本製のハイブリッド電気スポーツカーは、人によっては風変わり過ぎるかもしれませんが、「ディンカ ジェスター」の4リッターV6エンジンは420馬力を誇り …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター クリーガー(Benefactor Krieger)」

新登場のクリーガーで皆を屈服させましょう。ベネファクターが手掛けるこの逸品は、ランウェイを歩くスーパーモデルのような美しさと、血に飢えた軍隊の独裁者のような力強さを持ち合わせています。一目みれば、ある …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン キャリコGTF(Karin Calico GTF)」

懐かしの90年代。グランジ、ダイヤルアップ接続、第三波フェミニズム、長編ポルノがカオスな融合を果たし、カリン キャリコGTFが誕生しました。マッスルカーの伝統、ラリーの改造、ストリートレーサーの信頼性 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター ブルーザー(Benefactor Bruiser)」

2階建ての乗り物で行われる死の酒宴代表。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 23世紀の凶悪ドライバー代表。 (Arena War TVでの解説〜宇宙都市) ”該当なし” (Arena …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031