対魔忍RPG

【対魔忍RPG】ダンジョンにかまくらを求めるのは間違っているだろうか(レイドイベント「ダンジョン再び」)

投稿日:2021年5月4日 更新日:

今回のイベントは五車の地下神殿の秘密に迫るレイドイベント。エオスは一体何を守るためにあそこに居たのでしょうか?



今回の新規ユニット

今回の新規ユニットはRのセナ(精神)、HRのアレクトラ(魔性)、SRの【拘束の紙気】七瀬 舞(自然)の3人。

セナは精神のアタッカー。リーダースキルは精神ユニットの眠り+混乱+火傷耐性値を大アップするという3つの耐性を付与する新しいタイプ。大アップなので完全シャットアウトとはならないものの3種の状態異常を対策できるのは使い所がありそうですね。スキル1の全体混乱もアリーナで有用。必殺技はマヤ以来のランダム威力攻撃となっています。

見た目のイメージ通り、彼女はサーキットでレースクイーン兼グリッドガールをやっている夢魔。以前は落ちこぼれ夢魔でリリムらと共に人間界で悪さをしていたようですが、東京キングダムのサーキットでオーナーをやっている男に捕まってしまい、コンパニオンとして働くことを条件に悪事を許してもらうことに(なおリリムはセナを裏切って逃げた模様)。

最初は渋々仕事をしていたものの、夜な夜なサーキットで行われる非公式レースを間近で見続け、その熱に感化されて今では誇りを持って仕事に打ち込んでいる様子。イイハナシダナー。サーキットでセナと言えばやはり思い出されるのは音速の貴公子アイルトン・セナ。車好きとしてはちょっと気になっちゃう娘ですね。ちなみに絵師のフーフー先生(@f_fuu)はこれが対魔忍初仕事となっています。次の娘にも期待。

アレクトラは魔性の紙耐久アタッカー。HRにしてATK912と並のSRを凌駕する攻撃力を持ち、HPは3737でDEF295とRにも劣るような紙耐久が特徴。必殺技も自傷ダメージ付きの単体特大威力攻撃となっており、攻めのことしか考えていない性能です。リーダースキルも「味方が戦闘不能になったとき、一度だけ部隊全体のATKを特大アップ」と、肉を切らせて骨を断つを地で行ってますね。

彼女はノマドの戦士で没落した貴族の出身。一族再興のため幹部昇格を目指して頑張っています。普段の戦闘力は平凡ですが憎悪や苦痛を感じることで力を得る特殊な能力の持ち主で、偽装捕縛による潜入からの情報収集や内部攻撃を得意としています。自分から敵陣に突っ込んで無様に敗北しつつ生還を果たす伝統のアサギスタイルを得意とするとは、最近の対魔忍より対魔忍らしいことしてますね。

この働きぶりから組織内で信頼を掴み急速に地位を築き上げているのですが、急な躍進と独自の誘い受け戦闘スタイルのためか地位に名声がついてこず、周囲からは“敗北者”などと陰口を叩かれているようです。アレクトラ自身も本来はプライドの高い性格で自分の戦闘スタイルと性格には大きなギャップがあり強烈なコンプレックスを抱いている様子。馬鹿にされたら「取り消せよ……!!!今の言葉……!!!」とか言ってるのかな。

模範的なくっころ系キャラで、アジト内のセリフは高圧的、ビジュアルチェンジ後は見事なアヘアヘを決めてくれるようです。流石ZOL先生のキャラだぜ!見た目も性格もめっちゃ好みなのでかなり欲しい。ゲットできたら即アイスぶち込んで信頼度マックスにしたい。

【拘束の紙気】七瀬 舞は特殊な自然ヒーラー。奥義は「2ターンの間、味方全体に耐久値1500のシールドを付与する。耐久値が0になったとき、自身のHPを小回復、耐久値が1以上でターン経過により解除されたとき、ランダムな敵に2000のダメージ」というこれまで全く無かった新しいタイプ。ややこしい文面ですが、バリアを張って相手に壊されたらHP回復、壊されなかったら消滅時に相手にダメージという感じですね。使い所は難しいですが面白そうな効果です。

スキル1は味方3人の状態異常回復、スキル2はHP回復とDEFバフで、リーダースキルはDEF中アップと五車版をベースに色々と調整したような性能となっていますね。五車版と比べたら見劣りする性能ですが、まぁ五車版がおかしすぎるってのはありますからね。

今回の舞ちゃんはリボンで髪を結んで可愛くおめかししております。なんだか猫ちゃんみたいな雰囲気でかわゆいですね。回想は前回の五車版が本番なしのマッサージというまさかのものだったのでどうなるかと思われましたが、今回は触手やオークで……というものになっているそうです。これがまた物議を醸しているというか、界隈がざわざわすることになっているのですがこれに関しては自分もちょっと言いたいことがあるので別の記事で思いの丈を綴りたいと思います。



ガチャ報告

ガチャ報告の時間です。GWに際して様々なピックアップガチャが開催されていますが、来たる五車祭のために石とチケットは温存しておきたいところ。というわけで、SR確定ガチャのみ引くことに。

さて、引くとして属性はどうするか。イングリッド以外恒常はコンプリートしている自然は無いとして、先日一挙に補強を行った魔性も無い。となると超人・精神・科学のどれか。科学は新しめのケイリー・鶴・みことが狙い目ですが、アタッカーはまぁアリシアとマヤが居れば良いので本当に欲しいのはみことくらい。流石に1人をピンポイントに狙うのは難しいので科学も諦めましょう。

あとは超人か精神か、本当にどっちも引きたい気持ちなんですが今回はふうまお姉ちゃんズが引ける可能性がある精神でいくことに。さあどうだ!

被りカヲルでした〜。まぁ、ふうまの親戚のお姉ちゃんではあるな。それじゃ五車祭に備えて石貯めていきましょ。

で、実はここからが本題なんですが、HR以上確定チケットが貯まっていたので今回来たアレクトラでも引けねーかなーと思って引いたんですよ。そしたらですね……

SR昇格演出から凜子キター!?対魔忍RPGをプレイして約一年、初めてHR以上確定チケットでSRが出ましたよ。「HR以上って言ってるけど本当にSR出ることあんのか〜?」と思っててすみません。これからは期待をしながらHR以上確定チケットを使っていきたいと思います。あと、フレポガチャ+でもいずれSR引きたいね。あっちもSRほぼ出なくて都市伝説みたいになってるからね。

イベント

今回のイベントは五車学園地下にあるダンジョンが舞台。エオスが眠っていたあの場所の奥には一体何があるのでしょうか。

一日の授業が終わり放課後。先日のメインクエストで新たな力が発現した鹿之介はゆきかぜに特訓を申し込んでいます。より強くなろうと頑張っている鹿ちゃん、すっかり頼もしくなったものです。

小太郎は蛇子と一緒に帰ろうかと提案しますが、蛇子は生徒会の仕事で忙しそう。先日、みことと行った研究施設で小太郎が斎藤半三らしき人影を見たため、生徒会でその調査に行くようです。

一人になった小太郎が図書室にでも行こうかと腰を上げると、そこにやってきたのは舞。小太郎に見て欲しい本があるとのこと。そうして二人で図書室に向かっていると外からは大きな爆発音が。DSOからの研修生であるケイリーに焔が挑戦状を叩きつけているようです。流石戦闘狂。

そんな彼女たちを尻目に話を戻すと、どうやら舞が見せたがっていた本は五車学園の地下神殿について書かれた古文書とのこと。アサギから地下神殿の調査を任されていた舞は調査を続ける内に、地下神殿のさらに地下に何かがあることを突き止めたのでした。

図書室に着くと舞は自分が集めた資料を小太郎に見せます。それらの資料の中には、一万年以上前に五車周辺に住んでいた古代人が残した壁画の写しがありました。そこに描かれていたのは、ひょろ長い身体に突起がついた頭、直立した蛸のような姿……それはまるであのブレインフレーヤーのようでした。

五車の地下神殿は、今は閉じている魔界の門から現れた何者かを奉るために作られたものとされています。そして神殿の守護者であったエオスは、インド神話の神様である暁紅の女神「ウシャス」の眷属でした。

ウシャスは日本の仏教だと陽炎を神格化した「摩利支天」の由来とされていて、五車には摩利支天を祭神として信仰している御車神社が古くから存在しています。つまり、地下神殿にしろ御車神社にしろ五車という土地では太古の昔から女神ウシャスを奉っていたことになります。

しかし、古文書によると地下神殿のさらに下にはウシャスの一族の集落が存在し、地下神殿はその一族を隠し守るために作られたのではないかと舞は言います。そして、ウシャスの姿を描いたとされる壁画の写しにはブレインフレーヤーとよく似た何かの姿。

もしかすると、ウシャスと呼ばれていた神とは過去にこの地に降り立ったブレインフレーヤーのことなのではないか、という話です。これは五車の地下に魔界の門という別次元とのゲートがあった話とも繋がります。

更に二人が古文書を読み勧めていくと、「魔瑠邪那(マルジャーナ)」という女神の名前らしきものを見つけますが、新たに分かったのはこれくらい。自分たちで文献を探してもこれ以上の収穫は得られそうになく、何ならエオスの居た地下神殿まで潜り込み調査をしようかという時、小太郎は紫水の存在を思い出します。

舞に軽く紫水のことを説明し、紫水を呼び出そうとする小太郎。しかし、直ぐ傍に居るはずの紫水は呼びかけに応じません。そんな小太郎を見て気分を害したように「本を探してきます」と立ち去る舞。そしてようやく現れた紫水は深くため息をつき、「女の子の気持ちがちっとも分かってない」と言って早く舞を追いかけるよう小太郎を急かします。おやおや。

急いで追いついた小太郎が舞に謝りますが、事情がよく分からないまま平謝りする小太郎に舞は「幽霊さんが謝れって言ったんですか?」とズバリ。小太郎が答えに窮していると、そこに現れたのは翡翠と焔。ケイリーと戦い終わった焔は、今度は翡翠にしつこく戦いを申し込んでいたようです。

そんな翡翠と焔に出会い小太郎は「助かった」と胸を撫で下ろしたのも束の間、意外と察しが良く且つデリカシーの無い焔は「お前ら喧嘩したのか?」と直球で二人に問いかけます。すると舞は「これから地下に潜るところです」と言い放ちます。先程小太郎が地下に潜らないかと提案したところ「急ぎ過ぎでは」と慎重な発言をしたにも関わらず、今度は突っかかるような言い方をして地下への調査に向かおうとしています。

なんだか嫌な予感がするものの自分はアサギ先生に用事を頼まれているのでついていけないという焔。代わりに翡翠が小太郎と舞に同行することに。焔はよく分からないが舞を怒らせてしまったという小太郎に「しっかりやれよ」と発破をかけて送り出します。

準備が終わり、いざ地下神殿へ。神殿を守るガーディアン達は一掃され、安全は確保されているはずですが油断はできません。そして舞が地下への隠し扉を見つけ、全員で謎の空間へ行こうというところで紫水が現れました。どうやらこの先の空間は相当な危険が待っている上に、時空の歪みによって紫水は出てこられないそうです。そして渡されたのは一冊の本。紫水のありったけの力が込められた、ツルゲーネフの「初恋」です。「早くあの子と仲直りすること」と念を押され、小太郎も隠し扉の先に足を踏み入れます。

謎の空間には異様な邪気が漂っていました。安全を確保して進むため、舞は自身の力で紙を飛ばしレーダー役を担うことに。その紙の中には小太郎がホワイトデーのお返しに使った京千代紙も。舞は「紙気が良く乗るので」と素っ気なく言いますが、それだけでしょうか。

そうして進んでいくとガーディアンらしき人型の反応が。小太郎は敵の強さを測るため、様子見で一当たりして危険なら即撤退すると判断。そして現れたのは地下神殿にも居たゴーレム達でした。

それぞれの力でゴーレムと戦っていく3人。元々力のある翡翠と舞だけでなく、小太郎も魔性の力を活かしながらゴーレム達を退けていきます。しかし、舞はどうにも戦いに集中できておらず、ちらちらと小太郎の方を余所見しています。その刹那、舞の後ろから死霊が現れ襲いかかろうとします。咄嗟に小太郎は魔性の力を乗せたクナイを放ち死霊を撃破。間一髪でした。

敵の全滅を確認した後、小太郎は思わず舞に駆け寄り「俺に怒ってるのは分かるけどそれは後にしろ!」と叱責します。舞も「勝手に決めつけないでください!」と言い返し、口論になろうとしたところで、翡翠が合食の術で小太郎と舞を骨抜きにします。

厳しい表情で「このままじゃ三人とも死ぬ」と言い放つ翡翠。我に返った2人はお互いに頭を下げ、正気に戻してくれた翡翠にも頭を下げ、この場は一件落着。おやつを分け合って休憩し、和やかな雰囲気が流れます。

舞はふと、先程一人だけ扉の先に来るのが遅かった小太郎が紫水と話していたんじゃないかと聞いてきます。ドキッとする小太郎ですが、舞に「もう変なことは言いませんから」と言われ、紫水に言われたことを話しお守りとして渡された本を見せます。その本を受け取り、紫水の力と想いを感じ取ったのか「素敵な人ですね」と話す舞。もうわだかまりは無さそうです。

直接言及はしていませんでしたが、どうやら舞は小太郎と二人で調査という名の図書館デートを楽しんでいたのに、小太郎が他の女の話をしていたのが気に入らずプンプンしていた様子。きっと小太郎もすごく嬉しそうに紫水のことを話していたんでしょう。舞ちゃんも中々めんどくさい女感が出ていますがそれもまた良か良か。まぁちょっと唐突な気もしましたけどね。そんなに嫉妬するほど舞が小太郎Love勢だとは思ってなかったし。

休憩を終えて地下に進んでいくと、その構造からやはりこの場所は多くの人々が住んでいた地下都市なのだろうと推測する小太郎。やがて最深部に辿り着くと、そこには番人と思われる生物と機械が混じり合ったような存在が鎮座していました。

長き眠りから目覚めた番人は小太郎たちの存在を確認し襲いかかってきます。この番人を倒した先には何が待ち受けているのか?この先は自分の目で確かみてみろ!かなりメインストーリーにも絡む展開で、驚きの人物の登場もあり必見です。



魔界級攻略?

レイドイベントということで魔界級の攻略……と行きたいところなんですが、残念なことに魔界級とあんまり遭遇できていないためデータが取れていません笑。いやね、数時間張り付いても全然流れてこないんですよ。本当にゴールデンウィークか?ってくらい流れてくるレイドボスの数が少なくてですね、超上級すら珍しいなぁというレベル。

かく言う自分も今は箱イベが復刻されているのでそっちにAPを割いている現状。きっと他のお館様たちもそんな感じなのでしょう。二度手間で割りに合わないレイドを頑張るより箱イベなり決戦なりアーカイブなりをやった方が良いと。この感じだと箱イベが終わるまで、ひょっとしたら箱イベが終わった後も寂しいレイドイベントになってしまいそうな気がします。悲しいね。

少ないデータでざっくりとした話をすると、ボスのオ=ズは科学属性なので自然のユニットがよく刺さります。なので我が軍の自然ユニットたちが暴れてくれています。部隊はこんな感じ。

黒騎 雫(蛇塔4/双撃2、スキル1)
天宮 紫水(無双4/双撃2、スキル2)
【Xmasアルバイター】井河 さくら(無双4/双撃2、奥義)
幻影不知火(輝煌4/重撃2、スキル2)
七瀬 舞(輝煌4/重撃2、スキル2)

最初はいつものようにヒーラーを舞だけにしてひたすらSP回復薬を舞に投げる戦法で行こうとしましたが、「操作めんどくせぇな」という真理に到達してしまい幻影不知火を投入。オ=ズの火力がこれまでの魔界級と比べると多少は控えめなこともあり、幻影不知火のスキル2でSP回復とDEFバフを担ってもらいます。後はアタッカー3人でひたすら殴ってもらうだけですね。サポートユニットはマヤなどHPアップ系にして耐久力を上げておくと戦況が安定します。

ちなみに今回のイベント、交換アイテムの中になんとSR交換チケットがあります。交換できるSRは2019年8月31日までに追加されたユニット(【嗤う邪悪】朧)まで。性能的には流石に型落ち感は否めませんが単体火力に優れる自斎やボニー、SPリジェネが出来るチョコ静流など、今でも使い方次第で活躍が見込めるユニットもありますし、回想目的でも嬉しいプレゼントでしょう。

僕はこの前のガチャで秋津、星仮面、自斎と交換対象となっているユニットを多く当ててしまったのでチケットの使い所に悩んでいます。正直誰と交換してもいいなと。まぁ今すぐ交換しなきゃいけないわけじゃないのでのんびり使い道を考えるとします……なんか期限忘れそうで怖いな。

レイドイベントとは関係ないですが、ゴールデンウィークということでショップにてゴールドを使ってプレチケなどのレアアイテムが個数限定で購入できるようになっています。金有り余ってるよ〜という方は忘れず購入しておきましょう。



イベント報酬「【翡色の疾風】由利 翡翠(超人)」の評価

ステータスはHP:5336、SP:330、ATK:538、DEF:399、SPD:69

リーダースキルは「超人属性ユニットの最大HPを大アップ(20%)」

スキル1は「味方全体のDEFを小アップする」

スキル2は「自身の最大HPを中アップ、2ターンの間、自身が敵から狙われやすくなる」

奥義は「敵全体に中威力で攻撃、味方全体のHPを中回復する」

これまでのユニットは基本的にディフェンシブな性能でしたが、今回の翡翠先輩はやや攻撃に舵を切った性能となっております。とはいえ、火力面は純アタッカーと比べるとかなり大人しめ。

全体攻撃をしつつHP回復を行う奥義や、自身の最大HPを増やしながらタゲを誘うスキル2などスキル構成はややトリッキー。ちと使いづらいことは否めませんね。半端なバランスタイプより長所と短所がハッキリした一点突破タイプの方が使いやすいのがRPG系の常なんじゃ。

今回でユニットになるのは4体目の翡翠先輩。これまでは水着イベントで不思議なお姉さんをやっているくらいしか出番がありませんでしたが、ここに来て後輩たちを導く先輩らしいところを見せてくれて一気にキャラが立ってきました。今後の活躍にも期待。

そしてこの衣装ですよあなた。前回のイベントのやなぎんと同じようなハイレグ型。全く対魔忍ってやつはどいつもこいつも下半身の防御が手薄で……最高だぜ!あとお胸がこれまでのユニットと比べると大きくなってません?肉感がすごいことになってますよ。露出の多い水着の時よりも刺激的な姿になっているような。うむ。



篝との決戦

5月に入り新たに篝が決戦ユニット入りをしました。とりあえず戦おうとすると、アリーナでの条件戦のように「毒ダメージ増加」のルールが出てきました。なるほど、篝は毒使いなわけですね。

実際に戦ってみると、篝は毒を撒きながらの戦いをしてきましたが特徴としてはそれくらいで毒のダメージもそれほど厳しいものではありませんでした。特に毒対策も必要なく、いつもどおりDEFバフと回復をしっかりしておけばOK。なのであんまり話すことがないですね笑。ここ最近の決戦はみんなこんな感じだね。

決戦ユニット「篝(魔性)」の評価

ステータスはHP:4545、SP:330、ATK:779、DEF:441、SPD:76

リーダースキルは「魔性属性ユニットのATKを大アップ(20%)」

スキル1は「敵全体を中確率で毒状態にする」

スキル2は「味方魔性属性のATKを大アップ、敵全体を中確率でランダムな状態異常にする」

奥義は「味方魔性属性の会心率を特大アップ、敵全体に中威力で攻撃する」

ステータスはアタッカー寄り、スキル構成はサポート系というちょっぴり噛み合わない性能が惜しいユニット。とはいえ本人のキャラ的にはなるほどという性能かも。

スキル1は全体毒撒き。スキル2は魔性限定のATK大アップバフと敵全体へのランダム状態異常。状態異常はともかくとして、スキル2でATK大アップが出来るのは面白いですね。魔性染めの部隊を作った時は思わぬ活躍をしてくれるかも。

奥義は魔性ユニットの会心率バフと敵への全体攻撃。こちらも敵への全体攻撃はおまけみたいなもんで、会心率バフがメインみたいなもんでしょう。スキル2と合わせて魔性ユニットをバックアップしていきたいですね。

面白いのが、各スキルの効果が紅の各ユニットと上手く噛み合っていること。紅と合わせて使うと流石従者という活躍をしてくれるかもしれません。実際にそれで強いかどうかはともかくとして、紅やあやめと並べてロールプレイっぽく遊んでみると楽しそうです。



関連コンテンツ

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥39,250 (2021/08/04 16:23:14時点 Amazon調べ-詳細)



-対魔忍RPG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【対魔忍RPG】6回目の五車祭は期待通りのゆきかぜ&天音!

11月の五車祭は大方の予想通りであり期待通りの大人ゆきかぜと若い天音でした!「名前ダサくない?」というツッコミもありつつ大いに湧いた五車祭、果たして彼女たちの性能はどうなっているんでしょうか。 目次1 …

【対魔忍RPG】降らなかったはずの雪(レイドイベント「ヨミハラに雪が降る」)

対魔忍RPGに3度目のクリスマスがやってきました。今回もヨミハラが舞台となるこのイベントでは、きらら先輩の出自にも関わってきそうなストーリーに……? 目次1 新規ユニット2 クリスマスガチャの結果3 …

【対魔忍RPG】紫水の起用法を考える

先日の五車祭で紫水をゲットして以降、どのクエストに行くにも紫水を連れて行っている麻乃です。紫水、大変良いですね。初の五車祭限定ユニットで気に入っているのもありますし、キャラクターそのものが好きなのもあ …

【対魔忍RPG】綺麗な女にゃ毒がある(マップイベント「毒と復讐」)

今回のイベントは筋肉お化けの復讐劇に巻き込まれるストーリー。我らが執事時子にあざとい毒使い六穂も登場! 目次1 今回の新規ユニット2 ガチャ報告3 筋肉最高イェイイェイ!4 イベント報酬「【裂命の鮮華 …

【対魔忍RPG】珍説オボボーボ・ボーボボ(ストーリーイベント「朧と猫と舞姫島の伝説」)

五車祭が終了し新年度が始まる4月。新生活を始めるオークやお館様たちにカオスを叩きつける対魔忍の4月を見ていきましょう。 目次1 今回の限定ユニット2 ガチャ報告3 踊らにゃ損々4 イベント報酬「【戦慄 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31