雑記

デンベレとグリーズマンの動画流出事件について考えてみる

投稿日:2021年7月6日 更新日:

先日、バルセロナ所属のサッカー選手であるウスマン・デンベレとアントワン・グリーズマンのプライベートな動画が流出する事件がありました。

動画内の状況を整理すると、2019年のプレシーズンにバルセロナが日本に来た際、ホテルでPES(海外版ウイイレ)をやろうとしたグリーズマンは機器のセッティングが分からず日本人のホテルマン達を呼び出し。しかしホテルマン達が機器のセッティングに苦戦しているのを見て、一緒に居たデンベレはスナップチャットでその様子を撮影、という状況です。

問題となったのは動画内でのデンベレの発言とグリーズマンの態度。動画をすっぱ抜いたイギリスのタブロイド紙「デイリーメール」がこの件を報じ、この報道が世界に広がっていきアジア圏を中心に「これは差別発言ではないか」「差別発言を耳にしてヘラヘラ笑っているグリーズマンの態度はなんだ」と2人への批判が広がったのが今回の事件の流れとなっています。

デンベレとグリーズマンが日本人を侮辱か…「醜い顔」「後進国の言葉」「技術的に進んでいないのか」



差別発言かどうか関係なくアウトな動画

デンベレの発言が差別発言なのかどうなのか、日本ではそのニュアンスについて人によって解釈が分かれ、この件が話題になった当初はフランス語が分からない自分には差別かどうかの判断が付きませんでした。なのでこの話題についてスルーしていたんですが、問題の動画をちゃんと見ると「これ差別発言関係なくアウトじゃん」ということに気づきました。

まず、動画に映されたホテルマンはグリーズマン達の都合で呼び出された人達です。自分たちがゲームをやりたいがために呼んで、助けに来てくれた人達を小馬鹿にしながら動画に撮っています。この時点で「何様なんだ」という感じですね。

次に、発言の内容が差別かどうかは人によって解釈が分かれていても、かなり汚い言葉で嘲笑っているというのは共通した見解です。これを言葉の通じる友人とかに言っているならまだしも、フランス語が分からないであろう他人に言っています。自分たちが客であり、尚且つ自分の話す言語が分からない他人が相手という立場でこういった言葉を掛けるのは「絶対に殴り返してこないだろう相手を選んで殴る」かなり卑劣な行為です。所謂“いじめ”というやつです。一般人がやってたって大炎上の行為ですよね。

そして、こういった動画を撮ってネットに残る形でシェアしてしまった脇の甘さも問題でしょう。いくら身内だけに公開していたとしてもこうやって世に出てしまうように、足を引っ張ろうとする人間がどこに潜んでいるか分からないのが有名人というもの。自分がプロスポーツ選手であるという自覚と規範意識が完全に欠けていることがそもそもダメですね。デンベレはクラブで練習遅刻(しかもゲームのやりすぎで寝不足とかが理由)を散々繰り返しているあたり、「やっぱりか」という感じはありますけども……

こうやって見ていくと差別発言はあくまで”ドラ”であって、ドラが乗ろうが乗るまいが役満レベルでやらかしていると思います。動画の発言が差別発言だったとしたらより罪が重くなるってだけで、差別発言じゃなかったら大丈夫という話じゃないですね。

差別発言だったかどうか

で、この件が話題になってから色んな人がデンベレの発言を訳したりしていたのですが、前述の通り発言のニュアンスに関しては各人で解釈が分かれていました。とりあえずその中で目立ったものを批判派(差別だよ派)・擁護派(差別じゃないよ派)で各自2名の方の見解をピックアップしておきます。

・批判派(ジャスミン男氏、Bebechan氏)

・擁護派(ひろゆき氏、辻仁成氏)

……えー、まぁ、擁護側の2人の人選だけで中身の信頼度が分かるような気もします(別に擁護派の中から“そういう人”だけを抜き出したわけじゃないですよ!)が、自分はとりあえず「あれは差別発言だったんだな」と解釈しました。だってねぇ、ホンマモンのフランス人やフランス語できる人が「これは差別だよ」って言ってて、フランス語ちゃんと話せない在仏人が「差別じゃないでしょ」って言ってたら、そりゃ前者を信用しますよ。

ひろゆき氏は配信中に「Chinese Go!(中国へ帰れ!)」と言われたこともあるのに「アメリカでもフランスでも差別を受けたことはない」と言っていたり、辻仁成氏も下記のようなツイート・日記を残していて差別に対してかなりズレた見解を表明しています。彼らの言う「差別」というものの認識が世間一般とは大分異なるようなので、やっぱり彼らの意見は参考にならないと思います。

あと、他の擁護派の意見として「当人に差別をしたという意識は無く、ただの軽口が差別と捉えられている」という意見もありましたが、差別って受け手がどう思うかの部分が大きいので、この擁護の仕方だと「知らずに差別をした無知」にしかならないのではないかと思います。

当人に差別意識が有るのか無いのかも重要なことですが、少なくとも「差別意識が無かったから差別じゃありません」は今の世だとまず通してくれない(認識が古いなら勉強しろという話になっちゃう)ので、この件を「差別問題」として見るのであれば自覚の有る無しは焦点では無いような気がします。差別“主義”者じゃないにしても差別者なのは間違いないでしょ、ってことですね。

あと、この件についてフランスの現地紙なども「デンベレの差別発言」として取り上げはじめているようなので、やはり現地のフランス人から見ても差別と言って差し支えない内容だったようです。

Libération(フランスの高級日刊紙)「Racisme anti-asiatique : Dembélé et Griezmann présentent des excuses après leur vidéo polémique」



謝罪文が出されたけど……

この件が話題になってしまったこともあり、デンベレはインスタグラムで、グリーズマンはツイッターで謝罪文を掲載しました。

両名の謝罪文の訳については見解の不一致で世論が分かれているということも無さそうなので、ここは素直にネットニュースで出されている翻訳文を信じたいと思います。

まずデンベレの謝罪文なんですが、これ謝罪になってないですね。要約すると「自分は誰に対してもこういうことを言う人間で、差別をしたつもりはないけど不快に思う人間が居たらごめん」という内容で、これじゃ「日頃から全方位に差別発言してます」と言っているのと同じです(ヘイポーの謝罪文か?)。ネット炎上については「下手な謝罪をして燃料投下するくらいならスルーしたほうがマシ」と言われることが多いですが、これはその典型ですね。

グリーズマンに関しても「自分は差別に反対してきたし、自分を差別主義者のように言ってくる人間が居るけどそれは違う。でもこの動画で不快に思った人がいるならごめん」という内容で、所謂「誤解させてしまったらごめんなさい」系の、一見謝っているようで「自分の発言・行動は問題ないけど受け取り手が敏感だから燃えちった」と主張しているだけの文です。これも謝罪になってない謝罪文ですね。ネット炎上でよく見るやつです。

デンベレ・グリーズマン共に碌でもない謝罪文を掲載したことで、むしろ「自分たちが何も悪いことをしたとは思っていない」か「分かってて反省していない」かのどちらかであることを示す事態になってしまいました。こういう事態を防ぐために文を推敲したりするアドバイザーとかSNSアカウント運用の担当者とか居ると思うんですけど、彼らはそういった人達の助けを借りなかったんでしょうか。

差別やハラスメントの問題はすごく難しくて、アウトの基準がその時々の世情で変わってくる(それまで許されていたものが許されなくなっていく)ため、自覚なく差別をしてしまうリスクは誰にでもあります。そういった時はまずアレコレ言わずに「ごめんなさい」でいいと思います。第一に謝罪をして、それから認識を改めていくと表明すれば他人がそれ以上当人に踏み込むことはできません。それでもどうこう言ってくる人はただ叩きたいだけなので気にする必要はありません。

なので、デンベレもグリーズマンも平謝りでいいからとにかくこの場は「ごめんなさい」の一言で良かったと思います。仮に彼らが明確な差別意識を持っていてそれが今後改められなかったとしても、それを表に出さない限り思想の領域にまで他人が口を出すことはできないので。誰でもやってしまいかねない差別だからこそ、「今回は自分が間違えた」と言うべきでした。それすら出来なかったことが彼らが今回の件で犯した最も大きな過ちなのかもしれません。この辺りはいつ加害者になってしまうか分からない自分たちも彼らの一連の行動を反面教師としていきたいですね。

これまでデンベレはBLM運動に賛成、グリーズマンはウイグル族の問題を受けてファーウェイとの契約を解除したりと、両者共に差別反対運動を支持する姿勢を見せていました。が、それがただのポーズで、実際のところ差別問題に対して大分浅い考えだったことが知られてしまったのは手痛いイメージダウンでしょうね。この件がしっかり片付かないと彼らは「アジア人を差別する人間」と思われ続けますし、彼らを保有するクラブ側も「アジア圏からそっぽ向かれるリスク」を背負い続けることになるわけですからかなり扱いが面倒な選手になってしまうはずです。

しかも、彼らが所属するバルセロナの胸スポンサーは日本企業の楽天ですよ。件の動画の2年前、2017年からスポンサードしてくれている企業にも迷惑をかけている(しかも動画を撮ってたのが日本で、差別発言の対象も日本人ホテルマンだしね)わけで、自分たちが色んな人の支えでスポーツが出来ているプロスポーツ選手であることをちゃんと自覚した方がいいでしょう。「サッカーが上手いから」というだけで大金を貰っているわけじゃないんですから。2人は本業のサッカー部分ですら不満を持たれている身ですし尚更です。

(グリーズマンは遊戯王OCGのアンバサダーにもなっててコナミとも関係有るのにねぇ……PESも今回の件で嫌な名前の広がり方してるしコナミは困ってるでしょうね「グリーズマン、「遊戯王」のアンバサダーに!好きなキャラも明かす(Qoly)」)

(追記:グリーズマンとのアンバサダー契約は解除されたそうです→コナミより「FCバルセロナに所属する選手の発言について」

とはいえ、規範意識や差別への認識といったところは生まれ育ちが大きく影響することでもあるので、それらが矯正されないまま育ってしまった彼らがこの問題で窮地に立たされているのは少し同情するところではあります。

デンベレとグリーズマンが殆ど悪びれていない謝罪文を掲載したのも、「これまで自分たちが普通にやってきたこと(誰からも止められなかった)なのになんで今更?」という気持ちがあったからでしょう(だからってそれをそのまま謝罪文として出しちゃだめでしょという話ではある)。

2人が今更自分の中の常識を塗り替えるのも難しいでしょうし、こういった価値観が形成される環境が変わっていかない限りは今後も似たような問題を起こす選手が出てきてしまいそうです。クラブ側はそういったリスクも認識しないといけない時代かもしれませんね。育成年代では人間性についての教育をどこも行っていると思いますが、トップチームでもそういった勉強をこれまで以上にしていかないといけないのかも。

(流石に楽天の三木谷社長もコメント出しましたね)

(バルセロナも日本アカウントと英語アカウントで声明を発表。本国スペインのアカウントはこの話題をスルーしてるのが、なんかスポンサー向けの発表だなぁという感じ)

怪しいタイミング

さて、ここまでは事件の内容について見てきましたが、他に気になることとして「なぜこのタイミングなんだろう」という部分があります。この動画は2019年に撮られたということで、今から2年前のプライベート動画。それが今になって掘り返されているわけですが、直近で「バルセロナ所属の」「高給取りなフランス代表選手」である2人に関連がありそうなニュースが出てきています。

EURO16強敗退のフランス、さらなる内紛発覚 ムバッペとグリーズマンが衝突と現地報道(Yahooニュース)

グリーズマン、フランス代表で嫌われ者? 仲間たちを怒らせた 「俺様発言」とは(Livedoorニュース)

バルセロナがメッシと再契約したくてもそのためのお金が無くて選手の放出をしたがっているというニュースと、フランス代表で内紛が起きているというニュース。これらのニュースが出ているタイミングでこの動画の流出、なんか怪しくないですか?偶然の一致かもしれないですけどすごくタイミング良いですよね?デンベレとグリーズマンの価値を下げたい人間が「待ってました!」と言わんばかりに2人を売った、そんなストーリーを勘ぐってしまいます。

まぁただの邪推なんでこの項目は話半分の与太話だと思って聞いてほしいんですけど、如何にも敵をいっぱい作りそうな生き方をしているデンベレとグリーズマンなので、今回の件も色んな人間の意図が裏で渦巻いてそうだなーと思ってしまうわけです。最早陰謀論の領域ですが、バルサは過去にバルトメウ会長時代にSNS工作をしていたこともあり、「マジかよ!?」と思うことが実際に起っていることもあるので悪い妄想が膨らみます。はてさて、プライベートだったはずの動画を流した悪いお友達は一体誰なんでしょうね……



関連コンテンツ



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

YouTubeでブログの紹介をしていただきました(「こなたのGTA講座」さん)

先日、自分のブログと記事をYouTubeで紹介してもらったのでそのことについての記事を書きたいと思います。紹介してくれたのは「こなたのGTAの講座」さんで、GTAオンラインの初心者向け・お金を稼ぎたい …

【GTAオンライン】大型アプデの匂いがしませんか

今週のクイックアプデの内容にバイカービジネス2倍が来ていたようです。バイカービジネスと言えば、僕がGTAオンラインで一番お金を稼いだビジネスです。2倍期間でひたすら頑張り、一日で400万ドルくらい稼い …

21-22シーズンのラリーガのOPテーマってどんな曲?

今シーズンも始まりました我らのリーガ・エスパニョーラ。気づけばもう6節を消化し、各チームの現在地が浮き彫りになってきた今日この頃ですが、自分にはアトレティコのチーム状態くらい気になるものがありました。 …

【GTAオンライン】夏の大型アプデは7月19日?

ロックスターのNewswiresで夏のアップデートについて少し触れられていました(「GTAオンライン」に新しいサバイバルが登場)。 「GTAオンライン」夏のアップデートに南サンアンドレアスの車文化の最 …

【遊戯王VRAINS】やっぱりゴーストガールがヒロインじゃないか【31話】

「最新テーマを使う喜び」の続きみたいな記事です。 えー、話の流れ的に1話でサクッと終わるデュエルだろうというのはなんとなく察していたんですが、案の定4ターンでデュエルが終わりましたね。4ターンと書くと …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031