GTA HDユニバース

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス タホマクーペ(Declasse Tahoma Coupe)」

投稿日:2023年2月10日 更新日:

アメリカンドリームを叶えるのに必要なのは、真っ白な犯罪歴とポケットいっぱいのお楽しみだけ… そんな時代が生んだ、究極のラグジュアリークーペです。 時代は変わっても、ビジネスを成功させる秘訣は、固い握手と、90秒で境界を越えるマッスルカーにあるのです。

(Southern San Andreas Super Autosでの解説)

「ロスサントス・ドラッグウォーズ」アップデートで追加されたタホマクーペ。誰もがギャングスタに憧れたあの時代が蘇ります。カラーギャングの黄金期を思い出させる1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:デクラス(Declasse)
名称:タホマクーペ(Tahoma Coupe)
分類:マッスルカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$1,500,000

モデル車の考察

モデルは第3世代のシボレー モンテカルロですかね。ヘッドライトは第2世代のシボレー カプリスっぽく、テールライトは第7世代のポンティアック ボンネビルらしい要素が見受けられます。

過去作ではサンアンドレアスで第4世代のシボレー モンテカルロを4ドアにしたような車がTahomaの名前で登場していました。デザイン的にはそれほど目立つ存在ではないですが、バラスのギャングカーとして設定されていて見る機会も多く、印象に残っている人は結構居ると思います。たまにハイドロが付いていたり、魅力値がスポーツカーと同等クラスに高かったのも印象的です。

(SAのTahoma。地味なんだけど印象的という車)

今作で登場したこの車も世代は違えど同じモンテカルロがモデルで、タホマの名を冠していることから復刻車的な立ち位置なのが分かります。ちなみに、サンアンドレアスのTahomaと区別するようにこの車には「クーペ」と付いていますが、モデルのモンテカルロは各世代を通じて2ドアクーペが基本でした。モデル基準で考えるとクーペが基本なのにわざわざ名前にクーペと付いているのは変ですが、GTA世界では4ドアのタホマが基本で2ドアクーペが特殊なのかもしれません。

この車が実装されたのは2022年12月16日で、そこから3日間は先月行われた強盗チャレンジのプレゼントということで無料で購入することができました。Newswiresでの「ロスサントス・ドラッグウォーズ」の第一報にも出てきた車なので、この車の情報が出てきた時は盛り上がりましたね。

走行性能

安定した走りの旧車マッスルカーです。性能自体は速くもなく遅くもなくといった感じですが、乗りやすいので同程度の性能の車と比べればタイムが出やすいでしょう。

加速性能はまずまずで、迫力のあるエンジン音で気分を高揚させつつ、実際は穏やかなスピードで加速していきます。最高速はマッスルカーカテゴリーの平均クラスで、こちらも可もなく不可もなくという感じ。

ハンドリングは見た目の印象に反して軽い操作感が特徴的。レスポンス良く動いてくれますね。純正サスペンションだと車高が高く重心が高いせいかアンダーもオーバーも出やすいですが、車高を落とすと浮ついた動きが抑えられます。ブレーキの効きはまずまず。

カスタマイズ

元々の落ち着いた雰囲気を活かすパーツと、マッスルカーらしくド派手に決めるパーツが用意されていて、カスタム次第で極端に雰囲気を変えることができます。

バンパー類は純正と似たようなデザインのものが黒塗りとクロームカラーで2種類ほど用意されています。バンパーとは別にフロントスプリッターも用意されていて、こちらも黒・クローム・サブカラーの差分で1種類用意されています。十分といえば十分ですが、もう少し種類が欲しかったかもしれません。

ボンネットはマッスルカーらしく中央が盛り上がっていたり、巨大なバグキャッチャーが飛び出しているものなど。ミラーはクラシカルな丸形や長方形の洒落たミラーが用意されています。

ルーフは結構凝っていて、ルーフラックを装備し、荷物やサーフボードを置けるものなどファミリーカーっぽいパーツが多く用意されています。また、大きめのサンルーフを装備することも可能。

サスペンションの変更による車高の下げ幅は大きく、スポーツまでは1段階ずつ下がっていき、コンペにすると一気にシャコタンになってキャンバー角もガッツリつきます。この辺はカスタムの方向性次第で。

ボディーペイントは2本線のストライプ、ファイヤーパターン、ローライダー的なピンストライプなど、如何にもアメ車なラインナップとなっています。折角なら他のカスタムパーツにもローライダーを意識したものが欲しかったですね。

感想

モデルの雰囲気がよく再現された車ですね。まぁ良い車だと思いますが、これといって特別評価できる部分が有るわけでもないので、なんともコメントに困る車ではあります笑。値段は高めだし、走りもモデル通りに古いわけでもなければ高性能なわけでもないし、ローライダーっぽいカスタムもほしかったし……でも、それらの点も欠点と言い切るほどのもんでもないし。そんなわけで、デザインやモデルが気に入っている人でないとちょっとハマりづらい車かもしれませんね。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
ノーブランド品
¥39,530 (2024/02/28 21:28:39時点 Amazon調べ-詳細)



-GTA HDユニバース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTA5/GTAオンライン】GTAでJDM!〜日本車がモデルの車まとめ

過去のシリーズ作品でも度々登場してきた日本車モデルの車ですが、GTA5のオンラインでは幾度もアップデートが行われたことでその数はかなりのものになってきました。ということで、このページでGTA5(オンラ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト オラクルXS(Übermacht Oracle XS)」

重役を気取りたい方向けの究極のステータスシンボルです。あなたがただの中間管理職ではないことを、世間に見せつけましょう。これで分不相応な車を持ち、経済的に破綻した中間管理職になれます。今すぐ夢に投資しま …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ヨウガ・クラシック4×4(Bravado Youga Classic 4×4)」

どこまでも真面目に、スタイルを追求する――それがヨウガ流です。この夢のようなモデルチェンジには、そうした純粋なデザインに対するベニーの深い敬意が現れています。四駆へのアップグレード?冗談じゃない。車高 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン サルタンレトロ(Karin Sultan Classic)」

Get ready to bow down and greet the rightful king of classic cars. The Karin Sultan Classic sports c …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド エンティティーXXR(Overflod Entity XXR)」

ニシンをこよなく愛する極端にリベラルな国が、お手頃な組み立て式家具の製造で世界一になるのは当然の事です。しかし、ようやくスウェーデン流を理解した気になったころ、彼らは低車高で重量型の恐ろしく速いハイパ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728