Webサカ2

【Webサカ2】ドルトムント 11-12【フォメ攻略】

投稿日:

Webサカ2に登場するフォーメーション「ドルトムント 11-12」について考察していきます。

各ポジションのモデル選手はワールドツアーのフォーメーションを元に予想しています。選手の詳しい能力値は分かり次第載せていきます。



データ

能力値:S9/T5/P3
タイプ:S(スピード)

解説文
完成されたショートカウンター
ドイツリーグ新記録の28試合連続無敗でリーグ2連覇、さらにカップ戦も制しクラブ史上初の国内2冠を達成。リーグで最も平均年齢が若いチーム構成で、強い勝利へのモチベーション、圧倒的なスピードと疲れを知らない体力、斬新な戦術と組織力で、他のドイツの強豪クラブも彼らの勢いの前には歯が立たなかった。全体的にコンパクトなシステムで、攻守の切り替えがスムーズ。高い位置での激しいプレスでボールを奪い、中央からの1タッチ2タッチで崩すカウンターアタックが威力を発揮。その攻守にアグレッシブなプレーを90分間展開する4-2-3-1の完成度は高く、リーグ屈指の破壊力を誇る。

各ポジション

☆CFW:ランドフスキ/ロベルト・レヴァンドフスキ(S/T/P、感性/個人)
センターフォワード:FWに必要とされる能力を全て求められ、フィジカルを活かしたポストプレーや味方のスルーパスに反応して裏への飛び出し、さらにフィニッシャーとしてエリア内で決定的な仕事をする。
活躍した選手:☆ラファラン(2〜8)、☆アドゥ(3〜4)

全ての能力を備えた感性個人のストライカーが求められそうなポジション。特にSPのフィジカル能力が求められるかも?ラファランが得点王を獲る活躍、アドゥも文句なしの活躍で能力の高さを示してくれました。

LSH:グロック/ケヴィン・グロスクロイツ
活躍した選手:☆リベリーノ(1〜5)、☆ドナルド(4)、☆ラミレス(8〜9)

ST感性個人のサイドアタッカーが求められそうなポジション。モデルを考えたらセルフィッシュなアタッカーよりも献身的なユーティリティプレイヤーが求められそうではあるんですが、リベリーノやドナルドが大活躍してどう考えても前者が求められています笑。

☆OH:高松/香川 真司(S/T、感性/組織)
トップ下:2列目からのスピードを生かした飛び出しと優れたドリブルテクニックで相手ディフェンダーを翻弄し、MFながら抜群の得点感覚を持ち合わせる。
活躍した選手:◎イライソス(1〜6)、◎チュリッチ(3)、○小田(1)、☆プラチナロマン・エルゲラ(2〜3)

TとSに優れ、感性組織の攻撃的ミッドフィルダーが求められそうなポジション。もしかしたら右サイドの適性もあるといいかも。イライソス、チュリッチ、小田といったテクニシャンが期待通りに活躍してくれましたね。

RSH:ゼット/マリオ・ゲッツェ(T/S、感性/組織)
活躍した選手:☆ゼット(1〜4)、☆ベック(2〜5)、☆フットレ(4〜5

TとSに優れ、感性組織の攻撃的ミッドフィルダーが求められそうなポジション。モデルのゼットが2年連続アシスト王を取る素晴らしい活躍をしてくれたのが非常に嬉しい。ベック(3年連続アシスト王)やフットレといったテクニシャンも輝いてくれました。トップ下の適性も必要っぽかったりしますが、兎にも角にもまずはTが必要そうですね。

LDH:ツェンダー/スヴェン・ベンダー
活躍した選手:☆キャメロン(3)、◎ビアッジョ(2〜4)、○八谷(4〜5、7)

PとTに優れ、知性を持った潰し屋が求められそうなポジション。キャメロンが全盛期に入って素晴らしい活躍をし、ビアッジョが個性値低めでハマってくれたのが良かったですね。八谷も適性的に微妙でしたが及第点の活躍。

RDH:エルドアン/イルカイ・ギュンドアン(T、知性/組織)
活躍した選手:☆R・クレメンス(3〜6)、◎シュバイツァー(3〜6)

Tに優れる知性組織のゲームメイカーが求められそうなポジション。R・クレメンスが素晴らしい活躍をしてくれて、シュバイツァーも良い働きをしてくれました。ヴィエロがあと一歩届かずの活躍だったので、Tだけというよりは万能型の能力で、2列目適性も必要そうな感じで、中盤の底というより前にも出ていく選手が必要になりそうです。

LSB:シュライヒャー/マルセル・シュメルツァー
活躍した選手:☆コート(3〜6)、○ブルース(6)、☆プラチナフラド(1)

Sに優れた攻撃的サイドバックが求められそうなポジション。コートが強烈な活躍をし、ブルースは及第点の活躍。

☆LCB:エンゲルス/マッツ・フンメルス(T/P、知性)
ディフェンスの要:鋭い読みと体格を活かしたディフェンスで相手FWを封殺。最終ラインから正確なロングフィードで攻撃の起点にもなる。
活躍した選手:◎エンゲルス(1〜3)、◎マンチーニ(4)、○バロン(5)、☆プラチナヒム・デリク(1〜4)

TPと知性に優れ、攻撃の起点になれるディフェンスリーダーが求められそうなポジション。モデルのエンゲルスが期待通りの活躍をしてくれました。ほかマンチーニが活躍し、ピークが過ぎたバロンもしっかり及第点。

RCB:スポポビッチ/ネヴェン・スボティッチ(T/P、知性/個人)
活躍した選手:☆ヴェンゲル(1〜5)、○ロスタ(4)、○コスクーロ(6)

Pに優れた知性個人のセンターバックが求められそうなポジション。適性バッチリのヴェンゲルが活躍してくれました。ロスタとコスクーロは及第点だったので、Tはそこまで重要視されていないかも。

RSB:ピウスツキ/ウカシュ・ピシュチェク
活躍した選手:◎アウエンミュラー(3〜6)、○ジョニー・ギネス(5〜7)、○ヨルセン(8)

高いSと知性組織を持つサイドバックが求められそうなポジション。モデル的に無尽蔵のスタミナもあると良いかもしれません。イメージ通りにアウエンミュラーが活躍してくれた他、ジョニー・ギネスも及第点の活躍をしてくれました。オリバレスはイマイチ。

GK:フルトヴェングラー/ロマン・ヴァイデンフェラー
活躍した選手:☆トーニ(2〜4)

Tと知性(Sも必要?)に優れるキーパーが求められそうなポジション。トーニが大活躍しましたが、キッカー補正が大きそうなのでどこまで信用していいかは分からず。ベア・フォイオルゲンはあと一歩の活躍。

監督
超得意:エメリッヒ

☆:大活躍(3.5〜pt)、◎:かなり活躍(3.2〜3.5pt)、○:十分活躍(2.9〜3.2pt)



優勝メンバー

クレイク / リカステA 2403シーズン リーグ戦3位、チャンピオンズカップ優勝

CFW:アドゥ(3) 37G 11A 3.63pt
LSH:ドナルド(4) 27G 27A 3.80pt(PK)
OH:プラチナロマン・エルゲラ(2)47G 11A 3.77pt
RSH:フットレ(4) 7G 36A 3.80pt(FK・CK)
LDH:キャメロン(2) 0G 7A 2.97pt
RDH:ヴィエロ(7) 5G 4A 2.87pt(Cap)
LSB:マンチーニ(3) 2G 4A 3.77pt
LCB:バロン(5) 0G 0A 3.03pt
RCB:ヴェンゲル(3) 0G 0A 3.27pt
RSB:ヨルセン(8) 0G 8A 3.07pt
GK:ベア・フォイオルゲン(2) 0G 0A 2.57pt

21勝3負6分、得点125失点39、得失点差+86

雑感

フランス 2006でジノラ監督の有終の美を飾り、次の監督探しでやってきたのがエメリッヒ。エメリッヒと言えばやはりドルトムントでしょということで、フランス 2006と同様に4231でそのまま選手を流用できるこのフォメを使い始めました。

とはいえ、フォーメーションの形自体は同じでも中身が異なるので、選手をほぼそのまま持ってきてもやはりフランス 2006の完成度には遠く及ばず、リーグ戦は不安定な戦いに終始。3位争いが団子状態になっていたのもあり、最終日には5位まで下がったりもしてなんとか3位に滑り込んだというシーズンでした。

それもあってカップ戦は全く期待していなかったんですが、グループステージを1位通過すると、ベスト16、ベスト8、ベスト4と気づけばどんどん上に上がっていき、なんとそのまま優勝してしまいました。しかも、翌日はリアルのチャンピオンズリーグ決勝が行われた日。現実でドルトムントがレアル・マドリードに敗れる裏で、こちらのドルトムントはCC優勝というあまりにも出来すぎな物語が待っていました。

特にきつかったのはベスト16とベスト4。ベスト16はホームで先に3点リードを奪われ、なんとか2点返して2nd Legに持っていく展開。2nd Legは前半で1−1になり、後半に33分に1点取ったもののアウェーゴール数では負けている状況で、後半44分にドナルドがハットトリックを決めて逆転勝利をする劇的な幕切れとなりました。

ベスト4は相手のホームで2人の退場者を出してしまい3点リードを奪われるという絶望からなんとかドナルドが1点決め、ホームに帰還。ロマン・エルゲラのハットトリックでお返しするも1点を返されイーブンになり、そのまま延長線かというところでPKをゲットし、ドナルドがPKを沈めて逆転勝利を決めました。マジでドナルドの様々ですね。

今年のチームは攻守の出来がハッキリしていて、評価点を見てもらうと分かるように4トップの火力で全てを解決するチームでした。中盤と守備陣がまだ仕上がっていない中で、4トップが暴れに暴れて点を取りまくることで勝つ。カップ戦はその瞬間火力で運を手繰り寄せたものの、リーグ戦だと不安定で取りこぼしが多いという、非常に分かりやすい結果が出たシーズンでした。しかし、だからってカップ戦で優勝まで行ってしまうのは出来すぎですね笑。

決勝も最終的に1点差でしたが、こちらが先に3点を奪って余裕のある展開となり、相手は後半ロスタイムになんとか1点差まで詰め寄ってくるもそこでゲームオーバーという内容。「ゴールをいっぱい獲れたほ方が勝つ」、なんとも見ていて楽しいチームでした。

チャンピオンズカップだけ勝ってリーグ戦で優勝していないというのはこれまでのWebサカ人生で初めてで、そういうこともあるんだなぁと思いました笑。そりゃまぁリーグ戦向きカップ戦向きのチーム有りますけど、基本はリーグ戦で勝てるチームじゃないとカップ戦も勝ち残れないじゃないですか。リーグ戦であれだけ取りこぼしてるチームがカップ戦のタイトルを獲れたのは、本当に運が良かったと思います。運だけのチームでないことを証明するために、リーグ戦でもタイトルを獲れるよう研究を進めていきます。



関連コンテンツ



-Webサカ2

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【Webサカ2】大阪G 2008【フォメ攻略】

Webサカ2のフォーメーション「大阪G 2008」の攻略をしていきます。 目次1 概要2 各ポジション3 優勝メンバー4 雑感5 関連コンテンツ 概要 アジアを制した黄金の中盤 日本最高峰の中盤が演出 …

【Webサカ2】アルゼンチン 2014【フォメ攻略】

Webサカ2のフォーメーション「アルゼンチン 2014」の攻略をしていきます。 目次1 概要2 各ポジション3 狙えそうなコンボ4 優勝メンバー5 雑感6 関連コンテンツ 概要 クアトロ・ファンタステ …

【Webサカ2】日本 2022【フォメ攻略】

Webサカ2に登場するフォーメーション「日本 2022」について考察していきます。 各ポジションのモデル選手はワールドツアーのフォーメーションを元に予想しています。選手の詳しい能力値は分かり次第載せて …

【Webサカ2】ネラッズーロ 13-14【フォメ攻略】

Webサカ2に登場するフォーメーション「ネラッズーロ 13-14」について考察していきます。 各ポジションのモデル選手はワールドツアーのフォーメーションを元に予想しています。選手の詳しい能力値は分かり …

【Webサカ2】ワールドツアーで獲得できる選手

Webサカ2のワールドツアーで獲得できる選手(交渉権が得られる選手)をまとめました。 目次1 日本リーグ スターの演舞2 日本リーグ史 レジェンドの超技3 世界大会2018 ファイナル4 世界大会19 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930