GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ X80 プロト(Grotti X80 Proto)」

投稿日:2018年7月4日 更新日:

ここ10年間、他のどの量産車よりもサンアンドレアスにおけるUFO目撃情報の原因となっているプロトは、積み上げた漫画を読むクレイジーな8歳児を中心に研究開発したかのようなコンセプトカーです。未来はここにあります。

(Legendary Motorsportでの解説)

「金と権力と野望」アップデートで追加されたX80 プロト。スーパーカーの未来を想像させる1台です。未来への夢を乗せた車を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:グロッティ(Grotti)
名称:X80 プロト(X80 Proto)
分類:スーパーカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$2,700,000

モデル車の考察

モデルは、フェラーリのコンセプトカー、F80 コンセプトですね。と言っても、フェラーリが公式で発表したものではなく、デザイナーの方が「ラ・フェラーリの次期デザイン」という設定で作り出した、非公式のコンセプトカーです。よって、実車化もされていません。モデルの出自を考えるとヴィジョーネと似たような立場の車ですね。

そのスペックについては下で書きますが、最高速は500km/h前後を想定しているというトンデモマシンです。「8歳時が考えた」と言われてしまうのも納得の車ですね。正に「ぼくがかんがえたさいきょうのすーぱーかー」です。

モデルのF80 コンセプトにはKERSが付いているのですが、X80 プロトにはレクトロのようなシステムは付いていません。まだ特殊車両などが殆ど無かった時に実装された車なので、しょうがないね。

走行性能

テザラクトに抜かれるまで、非武装の個人車両で最高額の価格だっただけあって、性能の高さも折り紙つきです。加速力も最高速も素晴らしく、値段通りに最高クラスの走りです。

コーナリング性能も良い方ですが、若干オーバーステアの傾向があります。ですが、一気に滑るわけではなく、スライドは緩やかなので、細かいカウンターステアで対応できるでしょう。

実は車重がコンパクトカー並に軽く、それが高性能の要因の1つとなっていますが、軽すぎて凹凸で暴れることもあるので注意。この車を走らせていれば自然とかなりのスピードを出していると思うので、街中や未舗装路では自重するようにしましょう。

カスタマイズ

改造範囲は狭く、あまり弄ることはできません。大きく見た目を変えられる外装パーツはフロントバンパーとスポイラーくらいです。この車にはデフォルトでリアにアクティブウイング(可変ウイング)が付けられていますが、スポイラーを変えてもアクティブウイングはそのまま残ります。

珍しいのは、ペイントのカラーにメイン、サブ、トリムの他にアクセントカラーがあることです。車体に入った細いラインと、デフォルトのホイールのリム部分の色を変えられるので、色使いでセンスを見せつけましょう。

車両取引のビジネスではトップレンジ枠の車で登場するので、そこでカスタマイズを試したり試乗したりするのもいいでしょう。

感想

架空のコンセプトカーもネタにするロックスターの懐の広さは流石。その異様なスタイリング、価格、性能と、このゲームのスーパーカーの中でも特別な1台です。

が、車両取引のビジネスで乗ることが出来るので、ビジネスばっかりやっている人にとっては見飽きている存在かもしれません。この車だけではないですが、車両取引で登場する高級車は「仕事で乗れるからわざわざ買わなくても……」と思ってしまうんですよね。値段が高くなるほど、その考えは強くなるような。

速くて乗りやすいけれど、武装や特別なギミックを持たず、ビジネスで何度でも乗れてしまう車に、270万ドルを払う価値があるのか。そこは愛次第といったところでしょうか。



モデル車について

フェラーリ F80 コンセプト

デザイナーのアドリアーノ・ラエニが「ラ・フェラーリの次期デザイン」という設定で創造したドリームカー。「ロードゴーイングF1」というコンセプトで作り出されたこの車は、F1に負けないほどの怪物スペックが想定されている。たった800kgのボディに、900馬力を超えるV8ツインターボとK.E.R.Sシステムを組み合わせたパワートレインを備えるF80 コンセプトは、0-60マイル加速が2.2秒、トップスピードは500km/hを叩き出すとされている。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

同じグロッティのコンセプトカー→ヴィジョーネ

他のグロッティ車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「グロッティ(Grotti)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら

この車に乗れるビジネス→車両取引



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ルーン ザバ(Rune Zhaba)」

大きく頑丈でどこまでも攻撃的な水陸両用ルーン ザバは、ド派手なウシガエルのごときオフロードマシンです。土、泥、沼、砂浜、あらゆる地形を突き進み、カスタムタイヤの実力を体感してください。ウォーストックで …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ムーンビーム(Declasse Moonbeam)」

頑丈で定員数が多い、低価格で低品質なミニバンに見えるかもしれません。確かに、メーカーはその機能性や外観に対する一切のこだわりがなくても構わなかったことでしょう。しかしこの国の今日の発展は、まぎれもない …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ デューク・オ・デス(Imponte Duke O’Death)」

大抵のウラン喰いのサバイバリストは、黙示に備えるか、自らの手でもたらすか迷いがちです。特別版の「デュークス」マッスルカーさえあれば、もう悩まずに済みます!航空母艦並の高燃費車であるのは事実ですが、環境 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ オムニス(Obey Omnis)」

ラリー最盛期、ターボを搭載したブリキ缶が泥だらけの土手に集まった観衆の間を突っ切っても、あの強大な政府には打つ手がない。オベイ オムニスは、そんな無邪気で無秩序な時代の象徴的存在でした。ファンの皆様に …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト SC1(Übermacht SC1)」

ウーバーマフト社初のスポーツカーは、大きな力のぶつかり合いでできています。過去と未来が衝突し、伝統的なデザインの優雅さと気品が革新的な性能への飽くなき追求とぶつかり、乗り手の限りない優越感と社会的地位 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031