GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブルート ボックスヴィル(装甲)(Brute Armored Boxville)」

投稿日:2019年3月31日 更新日:

ゴー・ポスタルの配達員がサンディ海岸の駐車場にこれを一晩駐車していたら、それは世界の終末の一歩前と言えるでしょうか?誰にも分かりませんが、銃を肌身離さず持ち歩き、軽油をがぶ飲みしているような突然変異体が創作した車両だとすれば、それは暴虐の始まりと言えます。退廃を天賦の才として市場に満を持して登場しますので、あらゆる器官で末世を感じたいならこれ以上の機会はありません。

(Warstock Cache & Carryでの解説)

「カーディーラーアップデート」で追加されたボックスヴィル(装甲)。もし世界がパンデミックでゾンビだらけになってしまったら、もし世界が核戦争で荒廃してしまったら。そんな将来の不安に備える1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ブルート(Brute)
名称:ボックスヴィル(装甲)(Armored Boxville)
分類:バン
駆動方式:FR
乗車定員:5人
購入価格:$2,926,000(特殊車両ジョブ「エンド・オブ・トランスミッション」をクリアで$2,200,000に値下げ)
備考:保管にはセキュリサーブの車両用倉庫が必要。アクションメニューの「車両→特殊車両を要請」から呼び出し可能。マップ上では専用アイコンで表示。

モデル車の考察

モデルは色々あると思いますが、ベースになっているのは映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」に登場する装甲バスではないでしょうか。トタンや有刺鉄線、楔で武装している姿が似ています。

ただ、解説文はなんだかマッドマックスを思わせるような内容ですね。マッドマックスに出てきてもおかしくなさそうな車かも。

走行性能

性能面は元々のボックスヴィルから格段に引き上げられ、特にトラクションが大きく改善されましたね。坂道を登っていると途中で止まってしまいそうだったベース車両とは比べものにならないトルクです。

そして、単純な性能アップよりも大きな効果を持つのがフロントに装備された楔。ファントムウェッジ程ではないですが吹き飛ばし効果を持っていて、邪魔な一般車を蹴散らして進むことができます。爽快、と言えるほど綺麗に吹き飛ばせはしませんが、障害物をどかすのに困ることはないでしょう。



カスタマイズ

改造不可。

戦闘能力

物々しい装備の車ですが、戦闘能力は見かけほど高くないです。まず爆破耐性がないので爆弾一つで吹き飛びます。まぁトタンを貼り付けただけの装甲だからしょうがないか。

窓ガラスは防弾仕様になっていますが、数十発で割れてしまうのであまりアテにはなりません。後方からの銃撃は問題ありませんが、前方と側面からの銃撃にはあまり強くありませんね。

そして、割りと致命的だと思うのがタイヤが防弾ではないこと。上述の通りロスサントス・カスタムで改造ができないので、この弱点を補強することはできません。戦闘用に使って下さいと言わんばかりの車で防弾タイヤが無いのはかなり辛いです。

一方で攻撃性能は中々。屋根に取り付けられた機銃はインサージェント トラックの機銃と同等の威力があるので、機銃をぶっ放していれば大抵の敵は倒せます。更に、後部座席のプレイヤーはマシンガンを使えるので、大人数で使用すれば火力は相当なものになります。

ただ、同じ威力の機銃があって防御性能が遥かに高いインサージェント トラックを使えばそれでいいという話になってしまうので、わざわざ装甲ボックスヴィルを使う価値はあんまり無いような。また、機銃は上方向への射角が狭く、上方にいる敵に当てづらいのが難点です。

感想

機銃や楔など光る部分は持っていますが、どれもスペシャリストには及ばない器用貧乏な車ですね。特に防御面がイマイチなのは残念。まぁ、きっとゾンビ用の装備なんでしょう。ゾンビ相手なら十分な性能です。

ただ、活用法が無いわけではなく、後述のボスジョブでお金稼ぎに使えるのでそこは評価できるポイントです。元を取れるまでがかなり長いですが、このゲームで本当に何もせずお金を稼げる唯一の手段なので。とにかく楽して稼ぎたい人は買ってもいいと思います。

実用性とは別に、デザインはすごく好きな車です。屋根の上に生活感のある装備が置かれていたり、滲み出る「手作り感」がいいですよね。有り合わせで頑張って補強しましたという雰囲気がいい味を出しています



ボスジョブ「移動要塞」

装甲ボックスヴィルを購入することで解禁されるジョブ。ジョブ用なので耐久力が大幅に向上していますが、それでも厳しい戦いになるので頑張りましょう。

ジョブを開始するとマップ上に装甲ボックスヴィルが現れるのでそれに乗り込みます。装甲ボックスヴィルに乗り込むか、ジョブ開始から3分が経過すると本番が始まります。

ミッションの目的は10分間装甲ボックスヴィルを守りきること。多くの敵が絶えず襲い掛かってきますが、特に脅威なのがバザード。容赦なくミサイルを飛ばしてくるため、素早く機銃で撃ち落とす、動き回ってかわす、バザードが来られないようなところに逃げ込むなどして生き延びましょう。

 

ここまでが、正攻法でやった時の話です。しかし、このジョブをわざわざ真面目にやる必要はありません。なぜなら、放置しているだけでクリアできてしまうからです。

ジョブを開始したら装甲ボックスヴィルが現れますが、その装甲ボックスヴィルに近づかずにいると、敵が現れても装甲ボックスヴィルに攻撃を仕掛けません。なので、ジョブ開始前の3分+ジョブの制限時間10分、合計13分間なにもせず放置しているだけでクリア扱いになります。その間建物に入ったりはできないので適当に時間を潰していましょう。

ちなみにジョブ用の装甲ボックスヴィルは爆発物の直撃に3発耐えることができ、防弾タイヤを装備しています。それを購入モデルにもだね。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

ベース車→ボックスヴィル

同じ楔付きの車両→ファントムウェッジ

同じ複数人乗れる機銃付きの車両→インサージェント トラック・カスタムカラカラテクニカル・アクアテクニカル・カスタムメナサー

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ カルボニツァーレ(Grotti Carbonizzare)」

派手な黄色のTバックを男性が堂々と着こなす国なら、目立つ車の作り方を心得ていても不思議ではありません。カルボニツァーレは金持ちだとアピールしたい金持ちにとって、究極のスポーツカーです。 (Legend …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「マイバツ ペナンブラFF(Maibatsu Penumbra FF)」

マイバツは理解しています。今の困難な世の中では、ご自慢のゼロ年代のクラシックなレーシングカーの色にこだわるのも至難の業ということを。そこで当社ではロスサントス・カスタムと提携し、あなたの人生が求めるあ …

GTA5/GTAオンライン 映画「ワイルド・スピード」シリーズが元ネタの車まとめ

様々な創作作品をネタにしているGTAですが、中でもワイルドスピードシリーズはお気に入りなのか最も多くのネタを拾っている作品かもしれません。ということで、ワイルドスピードが元ネタの車やペイントをここで紹 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ コモダ(Lampadati Komoda)」

堅実性のないドイツ風のセダン。オシャレじゃないイタリア車。豪華でありながら庶民的。刺激的でいて平凡。スポーティーかつ鈍重。これを選べばもう大丈夫。「ランパダーティ コモダ」は高性能な高級車ですが、全て …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インヴェテーロ コケット(Invetero Coquette)」

アジアの輸入車と張り合えるアメリカ製の車?コケットは現代の流を生き残り、インヴェテーロが救済金をすべて注ぎ込んだ今回のニューモデルで、1%の上位所得者にしか手が出せない車に生まれ変わりました。恩をあだ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031