GTAシリーズ

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ〜第3幕 準備ミッション「エージェント14救出」「ULP護衛」「バラージ」「ハンジャール」「対空防衛」【攻略】

投稿日:2019年4月15日 更新日:

強盗:ドゥームズ・デイ、第3幕の準備ミッションについての攻略です。大半のミッションでヴィジランテもしくは装甲クルマが大活躍するので用意しておきたいところです。



エージェント14救出

調達ミッション「キャッシュ」「偵察」をクリアでプレイできるようになります。第3幕の鬼門となるミッションです。自信がなければ必ず難易度ノーマルに設定しましょう。

まずは調達ミッションで偵察をした造船所に向かいますが、造船所に付くとクローン兵が沢山待ち構えているので、ヴィジランテ装甲クルマなどの戦闘車両を持ち込みたいところです。戦闘車両があればこの後の戦闘もグッと楽になります。

最初のクローン兵たちは、持ち込んだ車や建物でカバーしながら一体ずつ確実に対処していけば問題ありません。ただ、角に隠れているところから急に攻撃されると怖いので、マップはしっかり確認しておきましょう。

クローン兵を全滅させて14を救出すると、ムービーが入ってジャガーノート(オフラインのパレト強盗でマイケルたちが身に付けていたような重装備。銃器密造ビジネスの記事で少し触れています)が3体登場します。これが面倒な敵で、倒し方を知っていれば簡単なのですが、倒し方を知らないとかなり苦戦します。

ジャガーノートは光学迷彩を身に着けているので、まずはサーマルビジョンに切り替えて視認できるようにしましょう。そして、武器のミニガンを容赦なくぶっ放してくるため、無防備に身を晒すとあっという間に防弾チョッキごと体力が溶けます。耐久力も高く、ヘッドショットでもかなりの数を決めないと倒せません。

正攻法ではかなり辛い相手ですが、爆発物による攻撃とミニガンはよく効きます。なので、ムービーが入る前に爆破系の武器かミニガンに持ち替え、速攻で1体は倒せるように準備しておきましょう。倒せなければ、カバーしつつ爆発物を飛ばしていくか軍用マシンガンで粘り強くヘッドショットを連発していきましょう。

3体を倒したら、今度は反対方向から4体のジャガーノートが現れます。こちらも同じように対処していきましょう。その次はヘリから増援がやってきますが、造船所は天井が抜けていてそこからヘリを狙えるのでロケットランチャーで撃ち落としてしまいましょう。降りてくる兵士を相手するより楽です。

増援を対処したら、14を連れてヘリ(アクーラ)が置いてある場所まで進みます。道中にはかなりの数の敵がいますが、戦闘車両を持ってきていればこの場面でも敵を排除するのに使えます。ただし、サベージが1機現れるので油断していると車ごとミサイルで吹き飛ばされます。先にミサイルやロケットランチャーで落とすか、ミサイルに当たらない立ち回りをするか考えておきましょう。

途中、ジャガーノート2体が現れるポイントが2つあります。油断さえしなければ急に鉢合わせることはないので、現れたら冷静に対処しましょう。落ち着いて時間をかければ倒せない相手ではありません。あとは、アクーラ付近で建物の上など厄介な場所に居座っている敵を対処していけば問題ありません。

最後はアクーラに乗って逃げますが、低空飛行しないと追手がやってきます。追手は割りと強く、追われるとかなり危険なのでしっかり低空飛行でビルの間をすり抜けていきましょう。

ULP護衛

調達ミッション「チェルノボグ」をクリアでプレイできるようになります。実は人数が多いほど苦戦しやすい(事故が起きやすい)という性質のミッションなので気をつけましょう。難易度は、戦闘車両を持ち込める+2人で行うならハードで構わないでしょう。そうでないならノーマルが無難です。

まずはチェルボグが置いてある工事現場に向かいます。工事現場にはかなりの数の敵がいて、何も考えずに突っ込むと蜂の巣にされます。工事現場の四隅の一角から、陣地を広げていくようにして敵を制圧していきましょう。ここでも戦闘車両があると簡単に敵を全滅させられます。

工事現場にはチェルノボグとランプバギー2台が置いてあるので、メンバーでそれぞれの車に乗り込んでULPの護衛に向かいますが、ここからがかなりの事故ポイントです。後述する様々な理由で事故が発生するのですが、ここの乗り物選択でチェルノボグかランプバギーに乗らないメンバーがいたら高い確率でミッションが失敗になると覚悟してください。

チェルノボグがULPとの合流地点に到着すると、ULPがヘリで飛んでくると同時にエイボンの部隊がヘリでULPを攻撃し始めます。目的地まで飛ぶULPのヘリが撃墜されないよう、エイボンのヘリを落とし続けるのがこのミッションの目的となります。

ヘリを落とす主な方法はチェルノボグのミサイル。このチェルノボグのミサイルが曲者で、慣れるまで少し時間が掛かるかもしれません。照準ボタン長押しでロックオンできますが、ロックオンまでの時間が長めで、敵が動き回ったり複数の敵が照準圏内に入るとロックオンし直しで余計に時間が掛かりストレスが溜まります。更に、射角の関係で車体の真上に来た相手は狙えないので、撃ちたいところに撃てずやきもきさせられます。面倒になったらロックオン無しで連射しまくってもいいかもしれません。

チェルノボグは停車時に射撃モードへ入らないとミサイルが撃てないので、こまめに動き直して射撃ポジションを整えるよりも、一気に移動してしばらく射撃、狙える相手がいなくなったらまた一気に移動してしばらく射撃、というように停車回数を減らす方向で考えるとスムーズに攻撃できてオススメです。

チェルノボグに乗っていないメンバーは、ランプバギーで地上から攻めてくるクローン兵を対処します。ダブスタ6×6でチェルノボグへ向かってくるので、ひたすらランプバギーで掬い上げましょう。

が、チェルノボグは凄まじい耐久力で銃撃や爆風をどれだけ食らってもそうそう壊れることはなく、クローン兵の射撃は何故か車内にあまり届かず、ランプバギーの援護は正直言って必要ありません。むしろ、ランプバギーに乗って身体が無防備になってしまっているドライバーが撃ち抜かれるパターンも多く、足を引っ張ることの方が多いです。

更に厄介なのが、ランプバギー以外で味方のサポートをするのも難しいこと。実はこのランプバギーかなり耐久力が強化されていて、チェルノボグ並みに硬い仕様になっています。そのため、ランプバギーに乗っていれば車が破壊されて死ぬことはまず無いのですが、それを知らずにヴィジランテなどの戦闘車両でヘリに立ち向かっていると、機銃に耐えられず唐突に爆発して死んでしまいます。ランプバギー以外の乗り物でULPを護衛するのはやめておきましょう。

また、フォート・ザンクードからレーザーを奪ってきてULPの護衛をする手もあるのですが、敵にやられる・自爆するなどの理由でほぼ確実に護衛中に落とされ、パラシュートで逃げた先でクローン兵の追撃を受けて死ぬ事態が頻発するので、全くもって安定しないやり方です。

ということで、このミッションは2人で挑戦して仲良くチェルノボグに乗るのが最も安全で確実にクリアする方法です。2人でチェルノボグに乗る分には殆ど事故要因が無いので、チェルノボグの運転の仕方を理解すれば難しくはないミッションでしょう。

3人以上のメンバーがいる場合、チェルノボグに乗らないメンバーはランプバギーでひたすら敵がいないところへ逃げて待機した方が安全です。仕事を手伝おうと余計なことをするほど事故の危険性が上がります。しかし、野良でこれをやってもただのサボりにしか見えないという問題もあり、やっぱり色んな意味で人数が多いほど厄介なミッションだと言えそうです。2人で十分、というか2人でやるのが一番簡単です。



バラージ

調達ミッション「飛行経路」をクリアでプレイできるようになります。バラージという車の癖の強さもあり、事故の危険性が高いミッションなので難易度はノーマルにしておくのが無難だと思います。

まずはガリレオ観測所に行き、バラージを運ぶ船団を待ち構えます。しばらくすると、バラージを吊り下げたカーゴボブと護衛のサベージが現れるので全て撃墜します。撃墜用に炸裂弾付きのヘビースナイパーが支給されますが、ロケットランチャーやヴィジランテのミサイルをぶっ飛ばした方が早いです。

カーゴボブを撃墜するとバラージが落ちてくるので、バラージに乗り込みましょう。運転手以外にも砲手で1人乗り込んだ方が良いですが、ヴィジランテなど戦闘車両を持ち込んでいるなら運転手だけ乗るのもアリです。助手席と後部砲塔にも乗る場所がありますが、助手席はドライブバイしかできず後部砲塔は使いづらいグレネードランチャーしか使えないので、無理に全員が乗り込む必要はありません。

バラージに乗り込んだらサンディ海岸飛行場へ向かいます。道中ではダブスタ6×6とサベージがバラージを攻撃してきます。道路を使って移動しようとすると大量のダブスタ6×6とロードブロックを相手にしないといけなくなるので、できるだけ山の上など道路外を走り抜けましょう。横転すると砲手が投げ出されてしまうのでできるだけ安全運転で。道なき道を走れば、サベージを相手するだけで済みます。

飛行場へ着いたら、飛行場に居るクローン兵を全滅させます。バラージで突撃する手もありますが、バラージの守備能力の低さを考えると死にに行くのと同じようなものです。滑走路のどこかにバラージを置いて、ヘビースナイパーなどで遠方から1人ずつ確実に葬りましょう。ヴィジランテや装甲クルマがあるなら、突撃して数を減らしていきましょう。

飛行場の敵を全滅させたら、合流地点へバラージを届けます。この道中にもロードブロックがあるので、海岸沿いの砂浜など道路外を走りましょう。バラージを届けたらミッション終了です。

ハンジャール

調達ミッション「試験場の機密情報」をクリアでプレイできるようになります。ハンジャールに乗り込んでからはひたすら暴れるだけなので簡単ですが、乗り込む前の戦闘がなかなか激しいので難易度はノーマルにしておくことをオススメします。戦闘車両を持ち込めばハードでも余裕なんですけどね。

まずはハンジャールが置いてあるスクラップ置き場に向かいます。スクラップ置き場にはエイボンの持つ器材(対空トレーラーやインサージェント)があるのでそれらを全て破壊します。器材を全て破壊しないと奥に置いてあるハンジャールには乗り込めないし、ハンジャール周辺の敵は器材を破壊すると復活するので、とりあえずは器材の破壊に集中しましょう。

器材周辺には多くの敵がいますが、ロケットランチャーなど爆発物を使えば器材ごと敵を吹き飛ばすことができます。ただし、味方への誤爆だけは気をつけましょう。装甲クルマで乗り込んで敵を片付けて、安全を確保して器材を破壊しに行くのもいいですね。

器材を破壊したら、残りの敵を全て片付けてハンジャールに乗り込みましょう。敵はスクラップに隠れて様々なところから攻撃を仕掛けてくるので、全員でまとまって不意打ちを食らわないように立ち回りましょう。ここでもヴィジランテや装甲クルマがあると簡単に制圧ができて便利です。

ハンジャールに乗り込んだら、合流地点へ向かって進みつつ大暴れしましょう。主砲のレールガンと機銃がありますが、レールガンはカメラの向いた方向に照準が移動するタイプなので、運転手が運転に集中するためにもレールガンは前方の敵専用、その他の敵は機銃で対処するように役割分担していきましょう。

後部座席の2人はグレネードランチャーが使えますが、正直言って何もしなくてもいいです。ヒマでしょうがないなら、レールガンと機銃で撃ち漏らした相手にグレネードランチャーを撃ち込んで暇潰しをしていましょう。

道中ではダブスタ6×6やインサージェント トラック、更にはサベージが容赦ない攻撃を仕掛けてきますが、ハンジャールの耐久力は非常に高いのでわざと全ての攻撃を食らいに行くような真似をしない限り問題ないでしょう。気にせず暴れて道中を楽しみましょう。

対空防衛

調達ミッション「機内コンピューター」をクリアでプレイできるようになります。難しいミッションではありますが銃撃戦は一切なく、全てはパイロットの操作スキル次第というミッションなので、ここはハードに設定しておきましょう。

チリアド山に設置されたミサイル防衛システムを全て破壊するのが目的となります。まずは攻撃用のヴォラトルが置かれたサンディ海岸飛行場へ向かいましょう。

ヴォラトルに乗り込んだらチリアド山に飛びますが、ヴォラトルは非常に癖が強い機体です。機体がバカでかいため動きが鈍重で、操作に対してよっこいしょと動き出しだします。また、機体の大きさで遅く見えるだけで実際は結構スピードが出ているため、危険を察知した時にはもう手遅れになっていることが殆どです。適当な飛び方をしていると山に激突してミッション失敗になってしまうので、防衛システムの配置を見て「どういうルートを飛んでどう攻撃するか」をしっかり考えた上で飛行しましょう。

防衛システムへの攻撃方法は、爆撃と砲塔。どちらにせよ、防衛システムへ向かって体勢を整え、一直線に飛ばなければうまく攻撃ができません。思いつきのルートで飛行しても綺麗な飛び方はできないので、ルート選択を含めたパイロットの技量が試されます。爆撃は、防衛システムへ向かって真っすぐ飛び、「ちょっと早いかな」くらいのタイミングから爆弾を連続投下すると成功しやすいです。

飛行中はエイボン送り込んだ追手がやってきます。最初はバザードがやってきて、防衛システムを半分破壊すると今度はモロトクがやってきます。ヴォラトルは耐久力が高いので、これらの攻撃は殆ど効かないのですが、機体ごとぶつかってくる自爆特攻をされると一撃で沈むことがあります。なので、砲塔を操作するプレイヤーは追手がやってきたら防衛システムへの攻撃をやめ、追手を迎撃することに集中しましょう。

砲塔は前部砲塔と後部砲塔がありますが、射角の都合でそれぞれ得手不得手があります。前部は防衛システムへの攻撃がし易い代わりに追手を狙いづらく、後部は防衛システムへの攻撃がしづらい代わりに追手を迎撃しやすいです。ヴォラトルに3人以上のメンバーが乗っていれば前部後部で役割分担をし、2人だけでやっているなら砲塔役のプレイヤーが状況に応じて席替えして砲塔をうまく使っていきましょう。

防衛システムを全て破壊したら、ヴォラトルを元あった場所に戻します。ここで失敗してしまうと脱力感がすごいので、気を抜かず真っ直ぐ滑走路へアプローチして確実に着陸しましょう。



関連コンテンツ

第3幕の攻略→調達ミッションフィナーレ

強盗:ドゥームズ・デイについては→こちら

「どの強盗が稼げるの?」と思ったら→【攻略】GTAオンラインの金策まとめ〜第3回「強盗」



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】レースで勝つならこの車!各カテゴリー最強のマシンはどれだ

これまで登場してきた多種多様の車の中から、レース用に使える車両を厳選。レースで使わなくとも高性能な車を乗り回したいという人にもオススメです。 飛び抜けた車がいない、レースであまり指定されないカテゴリー …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「エナス パラゴンR(Enus Paragon R)」+α

ここまでです。終わりにしましょう。エナスのおかげで、完全なグランツーリスモを設計するという人類の探求はとうとう終わりました。これには、私教育を受けた不屈の精神を持つ人々が何世代も必要でした。全員が怠惰 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ インフェルナスレトロ(Pegassi Infernus Classic)」

燃料消費量が非人道的だと認定されようが、爆弾に乗り込んで運転した方が事故時の生存率が高かろうが構いません。なんせ、この車はかっこいいのですから。インフェルナスレトロを前にしたら、他の車は裏道に引っ込む …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド ドミネーター(Vapid Dominator)」+α

ベビーブーム世代の若者の夢が、大量生産の世代向けに再登場。「本物」のアメリカを求める観光客にレンタル用として人気の、筋肉のないマッスルカーです。 (Southern Sanandreas Super …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ヴァモス(Declasse Vamos)」

サンアンドレアス各地のショールームにデクラス ヴァモスが登場し、ついに自由を得る時が来ました。髪を切り、絞り染めの着物を脱ぎ捨て、オーガニックな幻覚剤の実験はもうやめにしましょう。60年代の素晴らしさ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930