GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ インフェルナス(Pegassi Infernus)」

投稿日:2019年8月27日 更新日:

華やかさ、セックススキャンダル、財政上の不正でイタリア人に勝る者はいません。さあ、これであなたも仲間入りです!

(Legendary Motorsportでの解説)

常に最高のスーパーカーであり続けたインフェルナス。今の時代もそれは普遍です。地獄すら一瞬で駆け抜ける1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ペガッシ(Pegassi)
名称:インフェルナス(Infernus)=地獄(ラテン語)
分類:スーパーカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$440,000

モデル車の考察

フロントマスクのデザインとメーカーから、ランボルギーニ ムルシエラゴがモデルだと思われます。ムルシエラゴの弟分、ガヤルドがモデルのヴァッカが、解説文でインフェルナスの弟分扱いされているため間違いないでしょう。

ただ、パガーニ ゾンダがモデルであろうリア周りの印象がとても強く、一見すると「ゾンダっぽい車」で記憶されますね。どちらにせよ、イタリアンスーパーカーの合作と言えそうです。

GTA3で登場して以降スーパーカーの定番となっているインフェルナスですが、デザインがコロコロ変わっているため一口に「GTAのインフェルナス」と言っても人によって思い浮かべる姿が変わりそうですね。バイスシティではカウンタック、サンアンドレアスではNSXになったりしてますからね。

なお、インフェルナスの旧世代版として登場したインフェルナスレトロは過去作で一度もモデルになったことがないランボルギーニ ディアブロがモデルになっています。ややこしすぎる。

後のアップデートでパガーニ ゾンダの後継機ウアイラをモデルにしたオシリスが登場しました。インフェルナスはムルシエラゴがベースだと思うので、インフェルナスの後継機がオシリスというわけではない気もしますが、モデル的には繋がりがありますよ、ということで。

走行性能

スーパーカーだけあって通常湧きする車では最高クラスの性能です。特に直線加速は素晴らしく、迫力のある排気音を鳴らしながらグングン加速していきます。

ハンドリング面はやや難ありで、グリップ力があまり高くないため無理してコーナーに突っ込むと簡単にリアがスライドします。AWDなのでアクセルオンで強引にフロントを引っ張って向きを変えることもできますが、行き過ぎてアンダーステアになってしまうことも多々あります。

ブレーキ性能もそこまで高くないため、コーナーの入りは慎重になるべきですね。

カスタマイズ

外装パーツは殆んどなく、5本出しマフラーを4本にしたりスポイラーを変更できるくらいですね。あとは、サブカラーでサイドのストライプの色を変えるとか。ワンポイントのオシャレをしていきましょう。

ちなみに、スポイラーは付いているものと付いていないものの2種類が存在し、カスタマイズではスポイラー無しにできないので、純正スポイラーの有無が気になる人は入手時点で吟味しておきましょう。

感想

カッコいいし性能も悪くないのですが、流石に幾多の追加車両が出た現在では型落ち感が否めません。というか、通常湧きする車に44万ドルも払うのはちょっと気が引けます。街中でアシが欲しくなった時にこの車が通りがかってくれるとすごくラッキー。そんな立ち位置の車でしょうか。

「安いスーパーカーが欲しいから」という理由で買うのはオススメしないので、買うのはこの車に値段以上の価値を見出した時だけにしておきましょう。そのルックスとエンジン音、魅力は十分にありますよ。

余談ですが、テールランプがモンスターボールにしか見えません。



モデル車について

ランボルギーニ ムルシエラゴ

ランボルギーニを支え続けた名車、ディアブロの後継機として登場したスーパーカー。ディアブロのコンセプトを踏襲しつつ、新たなランボルギーニの象徴に相応しい性能アップが図られている。最先端素材をふんだんに使用したボディは、ディアブロと比べ全長が約100mm延長されたにも関わらず車重は同等の1,650kgに抑えられている。エンジンはディアブロのものを改良したV12エンジンで、既に古典的なエンジンとなっていたが豪快な回り方が持ち味にもなっていた。ムルシエラゴはスペイン語で「コウモリ」を意味し、その縁からかクリストファー・ノーランが手掛けた映画バットマンシリーズでは、主人公ブルース・ウェインの自家用車として抜擢された。

パガーニ ゾンダ

イタリアの新興スーパーカーメーカー、パガーニ・アウトモビリ初の市販車であり、代表作となった1台。1999年に登場したゾンダは進化を続け、通常モデルの生産終了が発表された2010年以降も多くの派生モデルを生み出し続けている。中でも、ニュルブルクリンクで驚異の記録を叩き出したF ClubsportやR、5台限定で発売されたCinque、ワンオフモデルの760シリーズなどが有名なモデルとなっている。独特のスタイリングを持つゾンダだが、中でもリア中央部に4本出しのマフラーが配置されているのが印象的で、どのモデルでもこのデザインは一貫している。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

弟分→ヴァッカ

インフェルナスの先代→インフェルナスレトロ

モデル繋がり→オシリス

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブルート ストッケード(Brute Stockade)」

この危険に満ちた世界で、あなたはどうやって自分の身を守りますか?装甲バン「ストッケード」を購入するのも合理的です。装甲可能で、故障も少なく、防弾仕様。「ストッケード」に弱点など無いでしょう?スピードに …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「サベージ(Savege)」

父親の世代が第三次世界大戦で脅威になると感じていたガンシップです。ロシアの政治家のように、どれだけ年をとっても、どれだけ大勢の人が解体を求めても決して引退しようとはせず、敵を炎に包むことにかけては今な …

Grand Theft Auto Vice City(グランド・セフト・オート バイス・シティ)のストーリーまとめ

グランド・セフト・オートのストーリーをまとめてみよう、第2弾です。今回はバイスシティ。 目次1 オープニング2 ビジネス乗っ取り3 裏切りへの決着4 あとがき5 ストーリーの年表 オープニング ハーウ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド アリーナ・ドミネーター(Vapid Arena Dominator)」

向精神病薬を必要とする第28世代のマッスルカー。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 2200年にどんなヤクを売買していようとも、これだけは手放せない。 (Arena War TVでの …

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「トリュファード(Truffade)」

目次1 エンブレム2 モデルの考察3 ブログで紹介した乗り物4 モデルについて4.1 ブガッティ5 関連コンテンツ エンブレム モデルの考察 モデルはフランスの高級自動車メーカー、ブガッティですね。名 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031