GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター クリーガー(Benefactor Krieger)」

投稿日:2019年9月17日 更新日:

新登場のクリーガーで皆を屈服させましょう。ベネファクターが手掛けるこの逸品は、ランウェイを歩くスーパーモデルのような美しさと、血に飢えた軍隊の独裁者のような力強さを持ち合わせています。一目みれば、ある者は立ち止まり、またある者は釘付けになるでしょう。あなたはそんな彼らを冷ややかに一瞥すればよいのです。謙虚さなど不要。この道はあなたのものです。

(ロード画面での解説)

理論上はとても単純な話に思えます。なぜハイパーカーの最先端のデザインとレースを控えたフォーミュラカーの最前線のレーシング技術がひと続きになっていなくてはならないのでしょう?理論はいったん置いておきましょう。まずは運転席に座ってください。息を吸って唇をすぼめ、ためらいながらでもスロットルの方向に視線を向けるのです。感じますか?気が付いたら隣のタイムゾーンに1.5マイルも進入していて、顔は裏返しになっているでしょう。そう。だからです。

(Legendary Motorsportでの解説)

「ダイヤモンドカジノ&リゾート」アップデートで追加されたクリーガー。F1ドライバーになれなくても、F1のような車に乗れることをご存知ですか?F1マシンの心臓を移植したロードカーを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ベネファクター(Benefactor)
名称:クリーガー(Krieger)=戦士(ドイツ語)
分類:スーパーカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$2,875,000

モデル車の考察

モデルはメルセデスAMG プロジェクトワンですかね。リーパーのような糸目のヘッドライトで印象が変わっている部分はありますが間違いないでしょう。ちなみに、ベネファクター初のスーパーカーとなっています。

走行性能

これまで幾多のスーパーカーが登場してきましたが、個人的にはこのクリーガーが最高峰の車だと思います。本当に速いし、それでいて安定しています。

加速、最高速が素晴らしいのは言わずもがな。トラクション性能も高く、路面状況を気にせずグイグイと車体を引っ張っていきます。

そして驚いたのがコーナリングの安定感。地面をしっかりと掴むグリップ力は素晴らしく、アクセルオンで弱アンダー、アクセルオフで弱オーバーと姿勢制御が容易。スポイラーを装備すると更に安定感が増します。

路面のギャップにも強く、ちょっとした段差ではそう簡単に車体が暴れません。ブレーキング性能もかなり高めで、どれだけ飛ばしても車体が自分の制御下にある感覚で走れるのが凄いです。

タイトなコーナーが続くようなコースではややアンダーの強さが気になりますが、中高速のコーナーが続くようなコースでは無類の強さを誇るでしょう。

カスタマイズ

改造パーツはマフラーやボンネットなどが用意されていますが昨今の追加車両にしては数が少なめ。あまり改造で大きく印象を変えることは出来ませんね。

ボディーペイントは充実度もそれなり。ドイツ国旗カラーのストライプや、ルイ・ヴィトン風のSESANTA NOVEのペイントなど独自色の強いペイントも用意されていますが、色違いのバリエーションでかさ増ししているペイントもあり実際の数はそれほど多く感じません。走りは素晴らしいですが、カスタマイズの楽しみの幅はあまり広くない車ですね。

感想

これまでにも数々の高額車が登場してきたカジノアプデですが、遂に非武装の個人車両で最高額の車が登場しました。行く行くは300万ドルのスーパーカーなんかも出てきそうな雰囲気です。

これまで値段の高い車ほど厳しい目で見てきましたが、クリーガーの走りには唸らされました。とてつもなく速い車なんですが、走っていて全然怖くないんです。

安定感のない車だとスピードを上げるほど「これ以上は吹っ飛びそう」「怖いな」と思って心理的に抑えがちに走ってしまうんですが、クリーガーはどんなにスピードを出しても自信を持って操れるし実際に要求に応えてくれるので安心してスピードを上げることが出来ます。これだけ安心感を持って高速ドライブが出来る車は無かったので感動しました。本当に走っていて楽しいし、歴代最高額も納得の1台ですね。



フォトギャラリー

モデル車について

メルセデスAMG プロジェクトワン

AMG創立50周年を記念し、F1マシンの心臓をそのまま移植したようなロードカーが誕生した。ターボチャージャーの排気タービンと吸気コンプレッサーの間をシャフトでつなぎ、シャフトと電気モーターを機械的に接続。これにより、電気モーターの力でターボラグなしにエンジンを過給し、排気タービンの回転力を利用して電気モーターを駆動して発電・エネルギー回生を行う、現代F1マシンと同じ原理のパワーユニットとなっている。超高回転型の1.6L V6エンジンは500馬力オーバーを発生し、それだけでも驚異的なパフォーマンスだが、各部モーターの出力を合わせると合計出力は1000馬力超え。「公道を走るF1」という言葉通りの怪物が誕生した。

関連コンテンツ

レース用の車を選ぶなら→【GTAオンライン】レースで勝つならこの車!各カテゴリー最強のマシンはどれだ

速さを検証→【GTAオンライン】検証!各カテゴリー最強のマシンはどれだけ速いのか

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
クリーガ(Kriega)
¥24,200 (2021/01/25 10:34:04時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「エンペラー ETR1(Emperor ETR1)」

時として、たった一台の車が常識を覆すことがあります。最先端にして時を超越し、街では洗練されたパフォーマンスを発揮し、コースをいとも簡単そうに走り抜け、あなたの肥えた虚栄心とひどく心配性な性格を完璧に具 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ムーンビーム(Declasse Moonbeam)」

頑丈で定員数が多い、低価格で低品質なミニバンに見えるかもしれません。確かに、メーカーはその機能性や外観に対する一切のこだわりがなくても構わなかったことでしょう。しかしこの国の今日の発展は、まぎれもない …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オセロット スウィンガー(Ocelot Swinger)」

オセロット スウィンガーの存在は噂に過ぎないと考えられていました。コレクターの間で数枚の設計図が出回ったことはあるものの、実現可能だとは思えなかったのです。当然ながら何十年も未来を先取りした流体力学的 …

【GTAオンライン】使える電話の連絡先まとめ

GTAオンラインでは様々な人物や会社に電話をすることで多様なサービスを受けることができます。上手く電話を使いこなすことで遊びの幅がグッと広がるので、連絡先の彼らが何をしてくれるのかしっかり把握しておき …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「シャイスター ディーヴィアント(Schster Deviant)」

その昔、ディーヴィアントはマッスルカー界の負け犬とみなされていました。しかし、遺伝子操作された怪物のごときこの負け犬は、チャンスの国において逆襲の機会をじっと窺っていたのです。シャイスターチームはその …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30