GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ヴェトレトロ(Dinka Veto Classic)」

投稿日:2021年1月6日 更新日:

誕生日パーティーにゴーカートを楽しんだあの頃に戻りましょう。立ち込める煙草の煙、折れたすね、子供たちの視力を奪った蛍光色のフルーツジュース。天国のような日々でしたよね?ハイウェイでそんな思い出を追体験できるチャンスがやって来ました。しかも今回は、あなたを見張る大人はいません。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「カヨ・ペリコ強盗」アップデートで追加されたヴェトレトロ。ロスの街中をカートで走り回ったあの日々が鮮明に蘇ります。インチキラッパーを追い掛けるのに最適な1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ディンカ(Dinka)
名称:ヴェトレトロ(Veto Classic)
分類:スポーツカー
駆動方式:MR
乗車定員:1人
購入価格:$895,000
備考:マップ上では専用アイコンで表示。

モデル車の考察

モデルは恐らく1965年式のRupp Dart A-BoneKartですかね。シンプルな造形のクラシックレーシングカートです。

過去作ではサンアンドレアスで登場して以来のレーシングカートで、まさかのカート復活に驚きました。しかもヴェトレトロの登場後に現代版レーシングカートのヴェトモダンも登場し、GTAの世界に新旧レーシングカートが揃いました。

(SAでのKart)

先日の強盗1000億ドルチャレンジが成功したことで、2020年の12月18日から12月21日まで無料でこのカートが購入可能になっていました。一足早いクリスマスプレゼントでしたね。



走行性能

走りは正にカートという感じで、良く言えば機敏、悪く言えば不安定。操作感は車よりもバイクや4輪バギーに似ていますね。

トランスミッションが無いため加速はややまったり。最高速は103km/h前後であまり伸びません。トラクションも低めで坂道発進でもちょっと辛いくらいですね。

ハンドリング面では、ハンドルを切った瞬間に向きが変わるほど反応が良いですが、グリップの限界が低いのでちょっとでも無理をさせると即スピン。ギャップに乗り上げたりして体勢を崩しても即スピンなので、スピンせずに走り切るだけでも一苦労でしょう。

当然衝突にも弱く簡単に車体が吹き飛びますが、設定は車ということでどれだけ車体が吹き飛ばされても車体が裏返っても身体が放り出されることはありません。キャラが謎の力で踏ん張ってくれます。そのため、車に強引に突っ込むと無理やり車体の下に潜り込んだりすることも可能。低速時は理不尽な当たりの強さを見せてくれます。

タイヤはデフォルトで防弾タイヤが付けられています。銃弾もスパイクベルトも何のそのです。乗っている人間は知りません。

カテゴリーは既存の中で適したものが無く、新設するほどラインナップを拡張させるつもりもないためかスポーツカーカテゴリーに。また、スポーツカーカテゴリーのレースでは選択できないようになっています。レースのための乗り物なのに!いずれカート用のレースミッションが出てきてくれることに期待ですね。

カスタマイズ

フロントシールドやマフラーを変更したり、エンジンのカラーを変更したり最低限のパーツの中で細かく弄ることができます。ホイールは残念ながら変えられず。

ボディーペイントはカーナンバーが付けられた競技用ペイントに加えてファイヤーパターンなんかも用意されています。レーシングカートっぽくするか、ゴーカートっぽくするかお好みで。

感想

サンアンドレアスの記憶が蘇りますね〜。復活して欲しい乗り物の1つだったので今作でも登場してくれて嬉しいです。オンラインでも元気にロスサントスの街を走っては通行人や一般車に迷惑を掛けています笑。あとはレースができれば完璧ですね。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

新型→ヴェトモダン

他のディンカ車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「ディンカ(Dinka)」

復刻車のまとめ→GTA5/GTAオンラインで復活したPS2時代の乗り物たち

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
任天堂
¥5,627 (2021/04/15 18:24:37時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTA5】ストーリーの最後の選択肢(マルチエンド)はどれが妥当なのか

ここ一週間ほどGTA5のストーリーをまとめながら見直していたんですが、改めてマルチエンディングの分岐について色々考えていました。プレイヤーに委ねられたエンディングの選択、ロックスター側としたらどれが本 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デュボーシー スペクター(Dewbauchee Specter)」+α

世界一手に入りにくいツードアのスポーツカーを想像してみてください。そして、その内臓を全て剥がし、ペイントが施された超軽量カーボンファイバーで出来たレース仕様車に変えることを。なぜそんなことをするのか? …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ルーン コサトカ(Rune Kosatka)」

「カヨ・ペリコ強盗」アップデートで追加されたコサトカ。金さえあれば個人で原子力潜水艦を持てる時代になりました。海中で秘密の作戦会議ができる1隻を見ていきましょう。 目次1 車両データ2 モデルの考察3 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト オラクル(Übermacht Oracle)」

ドイツの技術から生まれた素晴らしい1台。という訳でディーラーでオイル交換すると500ドルかかります。 (Southern Sanandreas Super Autosでの解説) 見栄を張りたい男たちの …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031