GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ ブリオッソ300(Grotti Brioso 300)」

投稿日:2021年1月7日 更新日:

グロッティの設計班はこれまでずっと、重要な何かが欠けていると感じていました。彼らのコンパクトカーは既に大事な要素を全て押さえています。それでも彼らは、来る日も来る日もデザインを練り直し、まだ試していない何かを追い求めました。そしてついに、1人の天才がこうささやいたのです。「もっと小さくしよう」…そうして300が生まれました。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「カヨ・ペリコ強盗」アップデートで追加されたブリオッソ300。あなたの心を盗んだのはこの車?それともこの車に乗っていた彼?イタリアの国民車である1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:グロッティ(Grotti)
名称:ブリオッソ300(Brioso 300)
分類:コンパクトカー
駆動方式:RR
乗車定員:2人
購入価格:$610,000(カヨ・ペリコ強盗:フィナーレをホストとしてクリアで$457,000に割引)

モデル車の考察

モデルはフィアット NUOVO 500。日本ではルパン3世の愛車としてもよく知られている可愛らしいイタリア車です。同じ名前を持つブリオッソ R/Aは新型フィアット 500をモデルにする車なので、ご先祖様と子孫の関係にあたります。

エル・ルビオの屋敷には「RUB10」のナンバープレートを付けた白いブリオッソ300が停められています。彼の愛車コレクションの1台なのでしょう。

この車が登場した2020年の12月22日から12月30日まで、全てのプレイヤーが無料で購入可能でした。気前のいいクリスマスプレゼントでしたね。そして現在南サンアンドレアススーパーオートのラインナップから消えており、22日からの登場はあくまで本販売前の無料配布だったのではないかと言われています。



走行性能

性能は見たまんま、古いコンパクトカーという感じです。同カテゴリーのイッシー レトロよりも性能は低めで、速さには期待しないでください。

後ろに積まれたエンジンが頑張ってパワーを放出していますが加速性能は低め。最高速も135km/h程度であまり伸びず。この分だとトラクション性能も良くなさそう、と見せかけて意外と急勾配なんかも頑張って登ってくれます。非力なコンパクトRRなのに侮れません。

ハンドリング面はいかにもコンパクトカーという感じで不安定。グリップの限界点が分かりづらく、限界点を超えたらズルっとリアが滑ってコントロールが難しくなります。低速域と高速域でこの傾向が顕著で、中速域以外では常に繊細なコントロールが求められます。旋回性能自体は悪くはないものの、この不安定さがあるのであまりコーナーを攻め込むのは難しいですね。

性能は低いですがモデルと価格帯を考えればこんなものでしょう。不満があるとすれば、モデルのように4人乗りではなく2人しか乗れないことくらいですかね。。このゲームの乗車定員はその車のドアの数とほぼイコールだからしょうがないけど。

カスタマイズ

この手のクラシックカーは弄って遊ぶのがメイン、ということで多種多様なパーツが用意されています。バンパーは外したり交換したりできるのは勿論のこと、ルーフやボンネットに荷物を積めたり、フォグランプを付けたり、ルーフ部分を開いたり。変わり種では、エンジンを(見た目だけ)V6に変えたり、ボンネットを開きっぱなしにしたりといったものもあります。正統派カスタムも魔改造カスタムもどちらでもイケますね。

ボディーペイントはシンプルなストライプに気合の入ったレーシングカー風のものが揃っています。どれもカッコ可愛いブリオッソの魅力を引き出してくれるでしょう。

感想

実に可愛らしいコンパクトカーですね。同時期に登場したウィービルや、サイズがほぼ同じなイッシーレトロなど、クラシックコンパクトカー同士で並べて楽しみたい1台です。価格も昨今の追加車両たちと比べればリーズナブルなので、カヨ・ペリコ強盗をクリアしたら記念に1台買ってみてはいかがでしょうか。



モデル車について

フィアット NUOVO 500

イタリアの乗用車普及に大きく貢献した「トポリーノ(ハツカネズミ)」こと初代フィアット 500。その後継車としてフィアット 600が登場したが、600のターゲット層の一部はより小さいモデルを求めたこと、フィアットの経営陣は戦後爆発的に普及したスクーターから自動車への乗り換えを推し進めたかったことから、600より更に小さく安価なモデルが作られた。それが「新たな」を意味するNuovoの名を関した2代目500だ。600の造りをベースとしつつ、エンジンは簡素でコンパクトな空冷直列2気筒に変更。車体は全鋼製モノコックとされたが、エンジンの騒音が屋根板のせいで車内にこもってしまうため対策として屋根をオープンにできるキャンバストップを標準装備。これにより騒音を車外に発散しつつ、居住性を改善することに成功した。500は大々的なキャンペーンと安価な価格設定が功を奏し好調な売れ行きを見せ、「イタリアの国民車」と呼ばれるほどの存在になった。そして500はヨーロッパ全土、世界各国に輸出され、イタリア語で500を意味するチンクエチェント(Cinquecento)と呼ばれ愛された。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

子孫→ブリオッソ R/A

他のグロッティ車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「グロッティ(Grotti)」

カヨ・ペリコ強盗の攻略→【攻略】GTAオンライン「カヨ・ペリコ強盗(準備編)」【攻略】GTAオンライン「カヨ・ペリコ強盗(フィナーレ編)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今週はGTAの記事更新お休みします

「カヨ・ペリコ強盗」アップデートの新規車両も大体出尽くして、あとはディンカ ベルスくらいかな?というところまで来ましたね。今週ベルスが来るかなと思ったら来なかったのと、ストックしていた記事が無くなりか …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ X80 プロト(Grotti X80 Proto)」

ここ10年間、他のどの量産車よりもサンアンドレアスにおけるUFO目撃情報の原因となっているプロトは、積み上げた漫画を読むクレイジーな8歳児を中心に研究開発したかのようなコンセプトカーです。未来はここに …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ トレロ(Pegassi Torero)」

「ペガッシ トレロはパラダイムシフトを起こした」と、どんな歴史学者もそう語ることでしょう。実用的な空気力学的構造、日常使用への譲歩、スピード制限順守への曖昧な態度…それらが過去のものとなり、アバンギャ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「コイル ロケットヴォルティック(Coil Rocket Voltic)」

スポーツカーにスペースシャトルのパーツが取り付けられるはずがないのには、ちゃんと理由があります。しかしコイルの役員がそんなことを知るはずありません。ひとたびボタンを押せば、道路を走るというより衛星軌道 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031