GTA HDユニバース

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ナガサキ シノビ(Nagasaki Shinobi)」

投稿日:2022年1月18日 更新日:

遂にあの伝説のナガサキ シノビがロスサントスに上陸します。約束されたスピードと敏捷性。握るべきハンドルを間違えてしまうと、間違いなく複数の打撲を負うことになります。レジェンダリー・モータースポーツで絶賛発売中です。

(ロード画面での解説)

二輪の王、ナガサキの最新モデル。これだけの馬力があると、ウェットサンプの潤滑系統への負担が心配になるかもしれませんが、このバイクならば何の心配もありません。

(Legendary Motorsportでの解説)

「契約」アップデートで追加されたシノビ。緑色の残像を残して一瞬で消えていく伝説の忍者と出会ってしまったなら、取るべき選択肢はただ一つです。世界中で任務をこなす1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ナガサキ(Nagasaki)
名称:シノビ(Shinobi)
分類:バイク
乗車定員:2人
購入価格:$2,480,500

モデル車の考察

モデルはカワサキ ニンジャですかね。名前もNinjaに対してShinobiとそのまんまです。主にモチーフとされているのは250(EX250-L / EX250-M)で、250R(EX250-J)の要素も含まれるという感じでしょうか。

走行性能

約250万ドルという目ン玉が飛び出そうな価格だけに、かなり高性能なスポーツバイクです。とはいえ総合力はバティー801よりちょっと高い程度なので、最速バイクというほどではありません。

加速性能は高く、最高速まで一気に速度が乗っていきます。最高速も高めでストレートスピードは十分。

ハンドリング面はショータローを思わせるような動きで、凄まじい軽さと鋭さで右へ左へ舞うことができます。ブレーキの効きも良し。乗り物の運転に慣れていない人はこのクイックすぎる動きに四苦八苦すると思いますが、慣れている人なら自由自在に操れるでしょう。

カスタマイズ

外装パーツは意外と少なめ。印象を大きく変えるようなパーツもなく、カスタマイズ性はそれほど無いですね。

フロントとリアのフェアリング、マッドガードと燃料タンクの項目でパーツが用意されていますが、どれもサブカラーやカーボンなどの差分で見た目はほぼ変わらず。マフラーはツインに出来たり少しバリエーションがありますがそれくらいですね。

ボディーペイントは豊富なラインナップで、ニンジャをモデルにしたであろうペイントが色々と揃っています。他にも、痛車に迷彩にアーティスティックなペイントもあり。元々のデザインがスタイリッシュなのでどれもよく似合いますね。

感想

近年追加されるバイクといえば、武装できたり3輪だったり、はたまた空を飛んだりといったキワモノばかりだったので、久々に来た真っ当なスポーツバイクですね。ニンジャをモデルとし、性能も見た目もキマっていてバイク好きのハートをガッチリ掴んだのではないでしょうか。

しかし、何がどうして250万ドルとかいうとんでもない値段になったんでしょうね。ショータローよりも高いし、なんだったらコサトカより高いですよ。潜水艦より価値があるんですか?このスポーツバイクは……もしかしてモデルがニンジャ250だから250万ドル?いやいや、そんなまさか。

ともかく、インフレが進んだ今の環境でも恐ろしい価格です。いくら高性能スポーツバイクだからって250万は無い。カスタマイズ性もボディーペイントが色々あるよってくらいなので、いいトコ100万ドルいかないくらいが妥当なところでしょうか。それでも高いし、何より廉価で高性能がウリのニンジャがモデルの癖にこの価格設定なのが納得いかないですね。値段ほどの価値は流石に無いので、スーパーカーを買うぐらいの気持ちでポンとお金を出せる人が買うべきバイクでしょう。



モデル車について

カワサキ ニンジャ250

世界的に強まっていく自動車の排ガス規制強化の波は、オートバイの世界も飲み込んでいた。新たな排出ガス基準を満たさない軽二輪自動車は2007年9月以降の生産が不可能となり、カワサキが従来から生産していた250ccクラスのスポーツバイクたちはいずれも基本設計の古さから生産終了を余儀なくされた。

そこで、環境対応を謳った新たな250ccモデルの世界戦略車として、Ninjaシリーズより250Rが発表された。250ccながら大排気量のスーパースポーツモデルのようなフルカウルを装備する250Rは、その出で立ちに反し普段乗りしやすい操縦性と50万円を切る車両価格から人気を博し、その後他社から次々と登場する250ccフルカウルスポーツモデルの元祖となった。

2013年にはフルモデルチェンジを敢行。車名の末尾に付いていた「R」が無くなり、同社のZX-10Rをモチーフとしたデザインはよりスーパースポーツらしさを増した。性能も全面的に強化された新型250は販売予告の段階から注文が殺到し、250の名声を確固たるものにした。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のアトミックがスポンサーの乗り物→【GTAオンライン】タイヤメーカーのペイントまとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン乗り物図鑑まとめはこちら



-GTA HDユニバース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター スラーノ(Benefactor Surano)」

ぜいたくを見せつけてやるのです。隣人の目の前で。ドカーンと。最高でしょ。そうです、あなたはヤツよりもずっとイケてるんです。ヤツの妻だって手に入るかもしれません。是非、彼女を誘惑してみてください。二重の …

【攻略】GTAオンライン「カヨ・ペリコ強盗(準備編)」

 GTAオンラインの強盗コンテンツの1つ、「カヨ・ペリコ強盗」の攻略をしていきます。まだまだ研究しきれていない部分も多いので、随時更新していきます。 目次1 基本的な仕様2 ミゲル・マドラッゾとの出 …

【GTA5】いたずら小僧フランクリン、マイケルを怒らせる【小ネタ】

皆さんは日常生活でこんなことを考えたことはありませんか?親しい友人、家族の前で突然奇行を始めて、相手がドン引きしたり怒る様を見てみたい、と…… 勿論、現実でそんなことを実行に起こせば取り返しのつかない …

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「グロッティ(Grotti)」

GTA5に登場する企業、グロッティ(Grotti)について紹介していきます。 目次1 モデルの考察2 このブログで紹介した車2.1 FRスポーツカー2.2 MRスポーツカー2.3 スーパーカー2.4 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ジョービルト ファントムウェッジ(JoBuilt Phantom Wedge)」

クラクションを10分鳴らし続けても、前を走るソーラーカーのエコ志向ドライバーは断固として制限速度を守る…トラックのドライバーなら誰もが経験したことがある状況のはずです。そんな傲慢な輩の蔓延る時代も、こ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31