GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ I-ワーゲン(Obey I-Wagen)」

投稿日:2022年1月24日 更新日:

気候変動に配慮したい人向けに、完全な電気動力の万能なSUVがオベイから登場。ラッシュアワーの混雑に突入したときに、環境のためになることをしている実感を得られるはずです。#エコロジー #変えていこう #ゴミを無くそう 南サンアンドレアススーパーオートで好評販売中。

(ロード画面での解説)

未来に目を向けるべき時代ではありますが、焦りは禁物です。世界平和?結構です。国民皆保険?おととい来てください。純電気自動車?それは最初の一歩としては悪くないでしょう。未来志向のオベイ I-ワーゲンで新鮮な空気を取り戻しましょう。

(Southern San Andreas Super Autosでの解説)

「契約」アップデートで追加されたI-ワーゲン。環境に配慮しているフリを続けるために作られたSUVです。エコロジスト気取りを喜ばせる1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:オベイ(Obey)
名称:I-ワーゲン(I-Wagen)
分類:SUV
駆動方式:AWD
乗車定員:4人
購入価格:$1,729,000

モデル車の考察

モデルはアウディ e-tron(2018)ですかね(名前が紛らわしいので「e-tron SUV」と呼称されることも有り)。第2世代のアウディ Q5の要素も見受けられます。

e-tronはアウディの未来を見据えた電気自動車およびハイブリッドカーのブランドで、この車のモデルになったe-tronは2018年に登場したシリーズ初の市販車となります(コンセプトカーのe-tronシリーズは2009年から色々出ていた)。それと同時に、アウディにとって初のバッテリー式電気自動車の市販車となります。

オベイにとっても初の電気自動車でありSUV。GTAシリーズにおいてもSUVの電気自動車は初めてなので、色々と記念になる1台となっています。

走行性能

モデルに倣ってI-ワーゲンも電気自動車となっています。以前はちょくちょく追加されていたものの最近は見ることがなかった電気自動車なので、電気自動車特有の強烈な加速と低い最高速が懐かしいですね。

加速性能は強烈。というか加速性能に全てを振っているような動きで、最高速は全く伸びないのでストレートは激遅。強烈すぎるトラクションもむしろ扱いを難しくさせるため、車の運転に慣れていなければ全く良さを活かせないでしょう。

ハンドリング面はSUV故に腰高感があるものの概ね良好。ステアリング操作に対する反応も軽めで、ブレーキの効きもかなり良いです。とはいえグリップレベルは高くなく、アクセルオンによりフロントタイヤが凄まじいトラクションを発生させることで前に進めている感じ。アクセルを踏んでいる状態ならアンダーステアで進んでいきますが、踏まないと途端にオーバーステアが顔を覗かせますね。

サスペンションのショック吸収能力はそれほど高くないため、山の上などの凸凹道ではかなり跳ねます。オフロードもちょっと辛いか。まぁ、サスペンションどうこうよりもアクセル入れたら一気に吹っ飛んでいきそうな加速で、細かい調整が難しいことの方がオフロードだと怖いですね。

車体の強度は弱いんだか強いんだか。横転などをすると簡単にボンネットやフェンダーなどがサヨナラしていき、フロントタイヤもすぐハの字になりますが、ボコボコになるほど車体の形状に変化はなくパーツが剥がれ落ちてからの耐久力が高いです。ボディがズル剥けになってから耐える底力のある車体(?)です。

なお、この車はブレーキ以外の性能アップグレードが用意されていません。他の電気自動車の場合、トランスミッションとターボは無いにしてもエンジンの項目でEMSアップグレードは出来ていたので、なぜこの車だけ出来ないのかは不明。仕様なのか、バグなのか。

また、エンジンを点けたりライトを点けたりしてもメーター類が光らないとか、リアスポイラーがトランクではなくボディにくっついているためトランクを開けるとリアスポイラーが動かずすり抜けるとか、不具合っぽいものが散見されます。テールランプにはバックライトも付いていないし、色々と未完成品感が凄い。

カスタマイズ

パーツの数は少なめで、印象を変えるようなパーツもほぼ無し。フロントバンパーは純正と似たようなデザインの物が数種類、リアバンパーはアストロンと似たような物が数種類。あとはカーボン製などが用意されているボンネットと、色違いのリアスポイラーがあるくらいですね。

ボディーペイントは派手な迷彩柄に始まり、ストライプ柄や、シンプルながら迫力のある企業ペイントなど。とはいえ、この車に合っているんだかないんだか、パンチが効いているんだかいないんだかという、やや締まりのないラインナップのような、気もするようなしないような……という感じです。

感想

なんというか、「電気自動車のSUVですね」としか言い様が無い車です。性能は本当にそうとしか言い様が無いですし、カスタマイズ性も殆ど無し、おまけに不具合っぽいものが散見されるということで、特に評価できる部分がありません。それでいてSUVカテゴリー最高額を更新。お手上げです。ビジュアルと、電気自動車のSUVであることに価値を見いだせる人が買いましょう。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のオベイ車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「オベイ(Obey)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
ノレブ(NOREV)
¥19,000 (2022/05/18 12:30:48時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウィーニィ イッシー(Weeny Issi)」

ミラー・パークの人気者。このスポーティーな小型車は駐車が簡単。優れたハンドリング、アンチロック・ブレーキ・システム、そしてポップチューンのみが流れるステレオ。皮肉な事に。ぶっ飛ばせ! (Souther …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト センチネルレトロ(Übermacht Sentinel Classic)」

サンアンドレアスのダートトラックに新登場したウーバーマフト センチネルレトロは、誰もが気に入る一台となるでしょう。公道仕様のビンテージスポーツカーのエゴを放つこの車で疾走すれば、あなたも立派なストリー …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ ゼントーノ(Pegassi Zentorno)」

この爆音を奏でる、派手で大胆なペガッシ製のスーパーカーで、99%の人には手が届かない車に乗っている自分を見せつけましょう。驚きのスピードとハイテクなインテリアを兼ね備えたこのマシンは、戦闘機に最も近い …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト ザイオンレトロ(Übermacht Zion Classic)」

しまい込んだ「ラブフィスト」Tシャツと往年のパワー・バラッドを引っ張り出しましょう。80年代のノスタルジーに勝る燃料などありません。ウーバーマフトが生み出したザイオンレトロは、まさにこの燃料で走ります …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス スタリオン(Declasse Stallion)」

売り切れないうちにご決断を。このクラシックスタイルのマッスルカーは、リバティーシティよりロスサントスへ輸入されました。後部座席の間に挟まった使用済みのゴムや注射針が目に入ると思いますが、それは「彼女」 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31