対魔忍RPG

【対魔忍RPG】母の日特集!〜子供を身籠ってくれる妊婦ユニットまとめ

投稿日:2023年6月13日 更新日:

毎年5月の第2日曜日といえば母の日。日頃の母の苦労を労い、母への感謝を表す日で、対魔忍世界でも母に感謝を……と言いたいところですが、意外にも対魔忍RPGでは人妻かつ子持ちのキャラが水城不知火しか居ません。

このまま母の日記事を作ろうと思うとただの不知火特集になってしまうので、今回は回想で妊娠したキャラをまとめて紹介していこうと思います。ボテ腹だけだと対象者が膨大になってしまうため、あくまで妊婦になったキャラだけをまとめていきます。また、ビジュアルチェンジでだけ妊婦姿が見られる、回想の最後の方でボテ腹になって妊娠したというだけだと妊婦姿を堪能できないので、妊婦としての行為が描かれているキャラだけを厳選しています。

全部のキャラは調べきれていないので、「この子も孕むよ!」という子が居れば教えて下さい(自分が持っていないユニットは回想が確認できないのでご容赦ください)。

(母の日はとっくに終わってるって?しょうがないじゃん、母の日が終わってから思いついた記事なんだから!)



ふうまの子

こちらのキャラは主人公であるふうま 小太郎の子を孕んだ女たちです。回想世界では何百の女を抱いてきたお館様ですが、受精を意識させる台詞はよくあっても、妊娠描写までいった女性は驚くほど少ないです。どれだけイチャラブしてもそうそう妊娠まではいかせてもらえない中で、母親になれた特別な女たちを見ていきましょう。

【執事で対魔忍】ふうま 天音

イベント「ふうま天音と秘密の館」配布ユニットの【執事で対魔忍】ふうま 天音は、小太郎を「若」と呼び崇拝する“自称”執事。自分が知る限り初めて若(小太郎)の子を孕んだキャラで、時子や災禍ら他の保護者勢を出し抜き、ゆきかぜなどのヒロイン勢を差し置いてちゃっかり子供を授かっています。

回想前半で危険日夜這いを仕掛け、後半ではドマゾの本性を顕し、子を孕んだ身体をバックで突かれて悦びます。ポニーテールを手綱のように引かれて、淫語を吐きまくって甘える姿は圧巻。イベントで若を認めていなかった頃の天音が描かれているので、そこからここまでデレデレになるのかというギャップを楽しめます。

バックであっても膨らんだお腹とむっちりした下半身をしっかり見ることができ、何度も妊娠を意識した淫語を味わえる回想です。ビジュアルチェンジも妊婦姿でニッコリですが、贅沢を言えば乳輪の色が変化していたらより妊婦っぽさを味わえたかも。

氷神きらら

五車祭ユニットの氷神きららは、分岐した未来世界のきらら先輩。小太郎を失った悲しみを背負うきららは、別次元(本編世界)の小太郎を未来に呼びつけて子作りをします。回想世界と話が繋がっているようで、きららは過去に小太郎とシた記憶を思い出しながら愛する人との再会を楽しみます。

前半は背面座位で愛を確かめながら子作りに励み、後半は背面側位でお腹が大きくなったきらら先輩を優しく抱きます。元々色んな意味でデカいきらら先輩のボディですが、お腹まで大きくなってより大迫力。乳輪の色も変わり、母性を感じさせる豊満なラインが堪りません。

後半の行為中に小太郎が妊婦ウンチクを傾けるのもポイントで、リアルな妊婦事情を想像させてくれるのがグッときますね。こういう作品では妊娠というイベントを単に雰囲気を高めるシチュエーションとして消費しがちですが、妊娠出産とその後をイメージさせるリアリティーを添えると生々しさが出て「実在感」を味わえます。その実在感をスパイスとして楽しめるかは人それぞれだと思いますが、僕はとても好きです。

妊娠した身体に負担が掛からないようちゃんとゴムを付けて行為を行い、事後はゴムの中に出されたミルクをきらら先輩が飲んでくれるサービス付き。これで大満足……と思いきや、後半の後半には出産後に本物の母乳を使った授乳手○キと、強すぎるデザートを添えて妊婦フルコースが完成。パパとママでお互いのミルクを飲んで、赤ちゃんもお腹いっぱいです。それを見ている僕もお腹いっぱいです。

今回の記事で紹介するユニットの中でも、「妊婦」であることを最も活かしているのは氷神きらら、と言い切れる出来だと思います。妊婦キャラでやってほしいことをガッツリやってくれてますからね(ビジュアルチェンジでも妊婦姿だし)。

……と思っていました。あのユニットが来るまでは。

風神アスカ&雷神ゆきかぜ

五車祭ユニットの風神アスカ&雷神ゆきかぜも、分岐した未来世界のアスカとゆきかぜ。氷神きららの回想でも描かれていましたが、きららに出し抜かれて先を越された二人は「だったら自分も!」と小太郎を未来に呼びつけて子作りをします。

きららの回想と比べて妊婦要素は少なめ(ビジュアルチェンジも妊婦じゃないし)で、前半でゆきかぜ、後半でアスカと子作りした後、後半の最後の方で妊婦となった二人から小太郎がダブルフ○ラをされるという展開。

妊婦要素はあくまでおまけという感じですが、氷神きららの回想の続きモノで未来の3人を孕ませたという事実だけでもかなりクるものがあります。おかげで、このアスかぜ以降の3人の追加ユニットは「経産婦がこんなことヤっちゃってるのかな……」という目線で見られるようになったので爆アドです。

【幾久しく…】死々村孤路

 

イベント「結婚のヴァルキリア」配布ユニットの【幾久しく…】死々村孤路は、コロちゃん先輩のジューンブライドユニット。他のキャラと違い和装での登場で、それだけでも特別感のあるユニットなのですが、その回想の内容も良い意味で飛び抜けた出来でした。僕が今回紹介するユニットの中で「一番“妊婦”を味わえる子は?」と聞かれたら間違いなくコロちゃんを選びます。

内容はこれまでの続きで、みんなに内緒でお付き合いをしていた小太郎とコロちゃん。去年の夏に(【夏服】死々村 孤路)コロちゃんに請われるまま子作りをしたら、当然のようにデキてしまいました(二次元なら避妊しなくても妊娠しない、なんてことはないぞ!)。しかしふうま家当主と死々村家の娘に子供ができたとは公言できず、アサギ校長経由で桐生に頼んで一時的にお腹が目立たなくなるよう処置をしてもらい、誤魔化しつつ日々を過ごしていたのでした。

小太郎はコロちゃんが恋人であることすら公言できていない現状に申し訳無さを感じていますが、コロちゃんの方は小太郎が各地に話をつけるために奔走し、自分が子供を産める環境を作ってくれていることは、駆け落ちのような立場を捨てる行動をするよりもよっぽど責任ある行動だと認めてくれています。とはいえ、本当の夫婦だと堂々と言いたいというのもコロちゃんの本心で、早くその時が来ないかなと待ち望んでいました。

そんな彼女のいじらしい姿に小太郎は興奮してしまい、任務終わりのホテルで二人は愛し合います。直前の任務で結婚式を挙げるフリをしてきたという二人は、みんなに内緒の「結婚初夜」を始めることに。桐生の処置では一日の間に数時間しかお腹を引っ込ませることができないので、コロちゃんは妊婦姿に戻って小太郎に抱かれます。

妊娠が発覚してからは挿れずに済ますことが多く、今日もその流れ。しかし、桐生の処置のせいかお腹を触られるだけで快感を味わってしまうコロちゃんはそれだけでも乱れてしまいます。「母」ではなく「女」として反応してしまう自分に複雑な感情を抱き涙を流してしまうコロちゃんでしたが、小太郎は何かあれば自分が子供をどうにかすると、「男」としてだけではなく「父」としての自覚を持った態度で臨み、お互いに信頼しあった状態で絶頂。

そしてそれだけでは我慢できなくなったコロちゃんが生の行為を希望するも、小太郎は敢えて避妊具を付けて続行。白濁液で濡れたお腹を優しく掴みつつ、コロちゃんを愛します。それから朝まで行為を繰り返し、コロちゃんの身体の上には大量のゴムが。久しぶりに全力で愛し合い満足した二人でしたが、落ち着く間もなく陣痛が来てしまいます。

後半はコロちゃんが無事に出産してから数週間後の出来事で、一段落がついて休養をしているコロちゃんと小太郎が深夜の神社で二人きりの結婚式を挙げるところから。二人は愛を誓い抱き合うだけでは足らず、そのまま社の中に入って次の子作りを始めます。

コロちゃんが上に乗る形で始まり、コロちゃんは赤ちゃんが欲しくてたまらないと淫語を紡ぎながら小太郎を求めます。そして小太郎も、出産してからまだ戻りきっていないコロちゃんの腹肉を掴みながら激しくコロちゃんを求めていきます。更に、子供を養うために大きく張ったお乳を絞って、牛のように母乳を吹き出すコロちゃんを攻め続けていきます。ドロドロになるまで愛し合った二人は新しい命が宿ったことを確信し、数週間後に懐妊の報が飛んでくるのでした。

基本的に純愛も陵辱もどっちもやりますなこのゲームで、小太郎との純愛だけの回想をやっているキャラクターは少なく、よく純愛オンリーで挙げられるのはきらら先輩なのですが、実はコロちゃんもここまで純愛オンリーなキャラの1人(2023年の浴衣HRで遂に陵辱が描かれましたが、他人の魂の記憶を読み取っての体験でコロちゃん自身がヤられたわけじゃないよというものでした)。そんなコロちゃんの集大成とも言える内容で、回想終わりにこのまま「対魔忍RPG 完」と表示されるのではないかというくらい濃ゆいハッピーエンドでした。コロちゃんルートEND。

後半に入ってから小太郎は敬語をやめ、コロと呼び捨てにし、コロちゃんも小太郎を「あなた」と呼ぶようになり、身も心も完全に夫婦になったことが描写されます。妊娠出産描写も含め、ここまで深く小太郎と結びついた描写をもらったのは勿論コロちゃんが初です。

妊婦系の回想としても、前半で妊婦姿、後半で出産後の姿という描き方は特別で、氷神きらら以上にガッツリと「母体」を魅せてくれました。以前のコロちゃんの回想を合わせれば恋人になって子作りをするところからも見られるわけで、一人の女の子が彼女から妻になるまでを堪能できます。

氷神きららも過去の自分との繋がりはありますが、やはり別次元の存在であり、一夫一妻の夫婦という関係に至っているわけではないので、コロちゃんの描き方は物凄〜く特別だと言えるでしょう。回想だけ見たらメインヒロインですよもう。逆に、メインヒロインじゃないからこそここまで振り切った純愛が描けたのかもしれませんが(メインヒロイン級でこのレベルの純愛描いたらサ終だと思われてしまう〜!)。

コロちゃんがこういう描き方をされるとなると、紫水の方にも期待が持てますね。コロちゃん側の回想だと紫水への言及はありませんが、紫水の回想だと体を貸している都合上コロちゃんも絡むことになるので、いずれは妊婦の紫水とコロちゃんを交えたパーティーを楽しめる日が来るかもしれません。見たすぎ。はよダブルユニット来い。



他人の子

こちらのキャラは小太郎以外の男に孕まされた女たちです。小太郎と子作りをするキャラは小太郎が主人公であるため必然的にイチャラブになる(RPGの作風で主人公が相手に望まぬ妊娠をさせるわけにはいかんため)わけですが、こちらの女性たちは他の男が竿役になるため、妊娠に至る経緯は色々。誰しも望んで母になるわけではありません。特に対魔忍世界では。

【女神に祝福を】ジュノ

イベント「ジューンブライド THE FINAL」配布ユニットの【女神に祝福を】ジュノは、メスガキ女神ことジュノのジューンブライドユニット。R18を描かない絵師のキャラは回想が絶望的という現実がありましたが、R18OKの絵師が代わりに描いてユニット化するという手法でジュノの回想を実現させました。なお、この素晴らしき前例に続くユニットは今尚現れていません。残念。

回想は、ジュノがこれまで散々ナメた仕事をしていたことで、恨みを持った男に復讐をされてしまうというもの。男は入念に準備した術式でジュノを嵌め、ジュノの神性の力を吸い取ってしまいます。あまりに強大な力だったので男は精神に異常をきたしてしまいますが、力を奪われたジュノも抵抗ができず男のされるがままに。しかし相手がジュノとはいえ、神の力を奪い取る人間ってすげぇな!

「祝福の力」は本人らの意志とは関係なくその者たちを結びつけることができ、ジュノを自分の物にしようとしている男が彼女を乱暴に扱っても、彼女の身体は意思に反して勝手に男に媚びてしまいます。せめていつもちょっかいを掛けているあの面白い男に抱かれたかった──そんな気持ちを抱きながら、ただの人間同然となったジュノは意識を書き換えられ、男の精を受け止めるのでした。

そうして後半では男の子供を孕んだジュノが自らの意思で男の上に乗っかり、自分で母乳を絞りながら男に奉仕をしていきます。メスガキのようだった生意気な態度はどこへやら、男に媚びながら子供を孕むだけのメスに成り下がったジュノがそこに居たのでした。可哀想な扱いですが、普段の態度がアレすぎて同情の余地なし。身から出た錆です。ちゃんちゃん。

【彼岸に咲け】ふうま 亜希

五車祭ユニットの【彼岸に咲け】ふうま 亜希は、子供好きな彼女の夢を叶えるような回想が用意されています。これまで陵辱一辺倒だった亜希姉にも春がやってきたということでしょう。

回想は亜希がナーサラの力を受けて次元移動をしてしまったという、メインクエストの話を思わせるような内容。しかし今回飛んだ世界はかなりトンチキな世界で、亜希が居た本編世界よりも遥かに技術が進歩している未来のような世界でした。戦争により女性が絶滅し、その世界の男たちは成人しても少年の容姿のままという、まるで亜希のためにあるような世界で、住人に「生殖について教えて下さい!」と懇願されたことで、最初は警戒していた亜希もあえなくKO。本来は歳上である住人たちに自分を「お姉ちゃん」と呼ばせ、生殖を学ばせていきます。

正常位で初めて生殖を行う住人に、亜希は堪らないほどの可愛さを覚え、そのまま精を受け入れていまいます。初めて会った男とその日の内に子作りをするというとんでもない行為なはずなのに、亜希は自分の立場など忘れて幸せそうな顔をしているのでした。

そして後半では、すっかりお腹が大きくなった亜希が複数の男たちに囲まれていました。亜希がこの世界に来て最初に出会った男は、本来異世界から来た女性の存在を公的機関に報告しなければいけなかったものの、そのまま自分の子供を産み続けてほしいという一心で彼女の存在を秘匿。更に、このことを秘密にすること、お産の協力をすることを条件に、口の固い友人たちに亜希を紹介。彼らは欲望のままに亜希と交わっていました。

亜希本人も最初は複数の男に身体を使われることに抵抗があったものの、やはり美少年たち相手ならOKとあっさり陥落し、妊婦なのに上の口と下の口で男たちの相手をしていたのでした。そして最後は、独占欲を爆発させる最初の男にずっとここで子供を作るように言われ、亜希は何もかも忘れて快感に身を委ねるのでした。状況的にはバッドエンドっぽいのに、シチュエーションが亜希にとって夢の世界なので、ある意味ハッピーエンドっぽくなっています笑。

おねショタ妊婦という、性癖のるつぼである対魔忍でも他にない内容の回想となっているため、特定の層にぶっ刺さりの内容ですね。これも子供好きを公言し続けた亜希へのご褒美でしょうか。おめでとう、そしてありがとう。



人外の子

こちらのキャラは、小太郎でも他の男でもない人外の子を孕んだ女たちです。自分が確認した限りでは望んで異種族の母になったキャラはおらず、全員が望まぬ妊娠をさせられています。1人くらい異種族と最初からイチャラブして子作りしてるのも見たいなと思っているんですが、見つけた方がいらっしゃれば教えて下さい。

アンリード・ボニー

恒常SRのアンリード・ボニーは、魔族の女賞金稼ぎ。この日も一人孤独にお仕事をしていたら、罠に掛けられ子供を孕まされることに。

盗賊団が森の中の遺跡をアジトにしているという話を聞き、遺跡の中にやってきたボニー。しかし、見張り一人居ない遺跡に違和感を抱き帰ろうとするものの、突然床が抜けて地下へ突き落とされます。

落ちた先には「森の魔女」と名乗る女が居て、自分がボニーを罠に嵌めたと自供する彼女は、ボニーを調教して娼館に売り飛ばすと宣言します。そして召喚されたのは触手獣と呼ばれる怪物。ただただ女を調教するために生み出されたという化け物が近づいてくると、ボニーはその悍ましさに恐怖しながらも発情させられ、縛り上げられたまま上から下から触手を突き刺されます。

前半ではなんとか気丈に振る舞っていたボニーでしたが、後半では3ヶ月の間にみっちりと調教を受け10度の出産を経たことでただの便器に成り下がっていました。そして魔女に対して媚びた態度を取るものの、それが演技だと分かっていた魔女は迷いなく調教を続行。11度目の妊娠をしてすっかり緩くなったボニーの身体を、いつものように触手獣で襲わせます。

“パパ”がボニーの腸内に白濁液を出して刺激すると、ボニーは11度目の出産をキメます。そしてボニーは結局魔女の宣言通り20度の妊娠出産をさせられ、奴隷商人に売り飛ばされたとのこと。商人に売られた後は娼館で働かされていたものの、たまたま巡回に来ていた魔界騎士によって救出。その後は二年間の治療とリハビリによって受けたダメージが半分ほど回復して今に至るようです。復讐を決意して放浪しているボニーは無事に復讐を遂げられたのでしょうか。

ちなみに、その後出たボニーのユニット(クリスマスのHR夜会のR)では復讐劇はどこかに行って、小太郎との甘いイチャイチャを演じています。これはこれで非常にクオリティーが高いので、興味があれば是非ご覧ください。

陽炎

恒常HRの陽炎は、メインクエストにも登場した村雲 源之助の愛人。病身の相手と交わり子宮内で血肉の薬を生み出す「回春の術」の使い手で、その性質ゆえ子供の産めない身体になっています。

余命幾ばくも無い源之助は魔術師バルド・バルドとの取引で自ら鬼と成りました。そして、もはや自分の力では源之助の役に立てないと感じた陽炎は、バルド・バルドの使い魔を借りる代わりにその身を実験台として差し出します。

診察台で大股開きの状態で縛り付けられた陽炎は、バルド・バルドからの診察を受けます。源之助との行為はどのくらいの頻度で行うか、陰核の大きさは、ナカに残された液体いつ入ったものか──プライベートな内容を曝け出される陽炎は恥じらいますが、陽炎を実験動物としか思っていないバルド・バルドは気にも留めません(産婦人科モノみたいな趣がありますね)。

そして、バルド・バルドの指示で触手が陽炎の身体を弄んでいきます。媚薬粘液で強制的に発情させられた身体は、源之助の竿よりも数段大きな触手をあっさりと咥えこんでしまいました。更に、子宮の中には自分の卵子と源之助の精子が交じわった受精卵が有ったことを明かされます。それは、自身の子宮に受胎機能が残されていなくとも、その機能を代替すれば妊娠が可能であったことを示し、源之助との子供を諦めていた陽炎にとって一番知りたくない事実でした。

それを見たバルド・バルドはその受精卵を触手獣に孕ませることにします。常軌を逸した実験に陽炎は心の底から拒絶を示しますが、バルド・バルドはお構いなし。そして、触手獣の液体を掛けられた受精卵は融合を始め、あっという間に触手キメラが腹の中で成長していきます。

そして陽炎はそのまま数分の内に妊娠出産をさせられます。それまではその悍ましさと源之助を裏切ったという罪悪感から触手を拒否していたのに、実験で狂気に飲まれた陽炎は触手という「源之助との子供」を産んだ母として幸せな気持ちに浸っていたのでした。

胸くそ悪い悲恋ではあるのですが、産婦人科プレイに触手プレイ、ハイスピードではあるものの妊娠出産とてんこ盛りの内容で、悲しいのに私の息子は元気になってしまいます。どうか陽炎の来世は幸せでありますように。

持田 めぐみ

恒常HRの持田 めぐみは、山とお菓子を愛する学生対魔忍。趣味が講じて高いサバイバル技術を身に着けており、それを買われて米連が出入りしているという山奥の洞穴を調査しに来たのですが……

洞穴の中にはまるで魔界のような異空間が広がっていました。恐らく米連が実験に失敗し、ここを捨てて去ったのだと察しためぐみは無理せず帰還しようと判断しますが、直後にアメーバ状の巨大モンスターに襲われます。

アメーバはめぐみの四肢を拘束し、彼女に甘ったるい体臭を嗅がせます。それが媚香であると気づいた頃にはもう遅く、めぐみは発情させられてしまいます。口の中にアメーバの触手を突っ込まれ身体の内側から理性を溶かされると、更に下の口からも触手が侵入。胸も菊門も刺激され、身体のナカにたっぷりと粘液を流し込まれます。

どれだけ時間が経ったか分からないほど触手の調教を受けると、記憶を改竄され妊婦のようになっためぐみは幸せそうに“パパ”の子供を前と後ろの穴で産み落とします。このアメーバはメスの生物を虜にして苗床に改造し、苗床の機能を失うまで数日感覚で出産を繰り返させる怪物。苗床となったメスは最後、栄養のためにその身を溶かし吸収されますが、「パパの餌となる運命」すらも幸せに感じてしまっているめぐみは、いつか来る自分の最期を楽しみに出産を続けるのでした。

TANA先生らしい破滅を感じさせるハードな設定がとてもイイ回想で、回想の終わりに無事救出されたとかの救いも見えないのがゾクゾクします。命を雑に使い捨てられる感じが実に対魔忍だねぇ!

魔神蛇子さま

五車祭ユニットの魔神蛇子さまは、分岐した未来世界の蛇子。ふうまちゃんや鹿之介ら大切な仲間を失い、それでも強く生きている蛇子です。元対魔忍を中心に集めたゲリラ組織「Bandit」の幹部として活躍する彼女ですが、ブレインフレーヤーの卑劣な罠に嵌ってしまい……

その日は敵の秘密基地の襲撃に成功し、みんなで楽しく戦利品の回収をしていました。この世界では貴重な甘味である羊羹の回収にも成功し、更には誰かが残した魔術書もゲット。そうして喜んでいた蛇子でしたが、実はこの秘密基地そのものが罠だったのです。

翌日、戦利品を元手に物資を補充するため東京最大の街「バロネスシティ」にやってきた蛇子。まりが商人との交渉をしている間の護衛として着いてきていた蛇子でしたが、突如蛇子の周囲に魔法陣が。昨日手に入れた魔術書を手に取った際、チクリと痛みが走った蛇子でしたが、その一瞬の間に力を封じる魔法を掛けられていたのでした。そして、蛇子は触手に捕らえられているというのに周囲の人間たちは一切それを感知しておらず、罠を用意したブレインフレーヤーの「ダゴン」によって公衆の面前で調教が始まるのでした。

立ったままガニ股にさせられ、大事なところだけを露出させられる蛇子。更に、○首から薬を注射させられ、身体の改造が始まります(「対魔忍にとっては媚薬も陵辱も普通にあることだし、そこでいつも逆転してきたんだから!」という蛇子の台詞が、事実なんだけどちょっと笑えます)。胸を改造させられたことで胸が男性器のような器官に生まれ変わり、母乳のようで母乳でないナニかを出させられます。そして巨大な触手に頭から丸呑みされると、後半は肉壁の中で調教の続き。

女性器を改造されどんなデカブツも苦痛なく飲み込める身体にされると、子宮の中に卵を埋め込まれます。更にその状態で精子をかけ受精させられ、悍ましい状況なのに蛇子はバケモノの母となる悦びに震えていました。受精した触手の卵は一瞬の内に大きくなり、卵で一部分だけ出っ張っていたお腹は臨月の妊婦のように膨らみました。そしてそのまま人が産むには大きすぎる触手の子供を出産(出産の際に子宮脱しているらしいですが、モザイクが濃くて見えず)。

この頃にはすっかり母親の意識にさせられていた蛇子でしたが、ダゴンは一度蛇子を正気に戻させ日常に返します。このことを周りにバラせばまりも同じ目に遭わせると脅し、今後もダゴンの研究に付き合わされる未来が示唆されるのでした。

ピンク色に光って膨れ上がる胸とお腹など、妊娠出産よりも蛇子の肉体改造がメインな回想ですが、出産シーンがしっかりと描かれているのでその辺を求めている方も十分に楽しめると思います。

【ザ・ヒーロー】ミシェア・シルキース

イベント「トラと天使とアルバイト」配布ユニットの【ザ・ヒーロー】ミシェア・シルキースは、ヒーローに憧れる米連の超能力少女。持ち前の正義感で明るく任務をこなす女の子ですが、この世界でヒーローを気取るというのはどれだけ戦闘力があっても危険なことです。

その力を見込まれて単身で違法な研究所を調査する任務に赴いたミシェアでしたが、警戒アラートが鳴る研究所から敵たちは外に逃げるようにしてわらわらと現れてきます。異様な状況に警戒しつつ中に進んでいくと、突然触手に襲われます。一度は撃退したものの、倒したと思った触手が再び襲いかかり、今度は自分の超能力を跳ね除けたためその動揺が命取りとなり触手に絡め取られてしまいます。

そして力を封じられ触手に身体を弄られていくミシェアでしたが、なんとその触手は自我を持ち超能力を使うことができ、ミシェアの脳内に自分が苗床に出来る母体を探していること、研究員たちは役に立たなかったがミシェアなら母体に適しているとメッセージを送り込みます。恐ろしいメッセージを受け取りながら子宮を調べられ産道を拡張させられたミシェアは、口では抵抗しつつもお腹の中に触手の分体を産みつけられた快感でおかしくなってしまいました。

後半はガッツリと出産シーンが描かれ、ミシェアはすっかり母親気分で子供の出産を手助けしてしまっていました。中で引っかかってうまく出てこられない我が子を優しく手で引っ張り、必死にいきんで子供を産み落とします。産み落とした触手が本物の子供のように胸に飛び掛かると、ミシェアは子供を優しく抱き寄せます。

そして、間髪入れずに触手は次の子供を仕込み始め、ミシェアは自分の身体が苗床に作り変えられまた子供を産めることに悦びます。ただの孕み袋と化したミシェアはこのままだと命尽きるまで触手に子供を仕込まれ続けることになりますが、本能のままに生殖をする触手と超能力で共鳴し、メスとしての幸せを感じるのでした。苗床ENDの絶望感は最高だね!



関連コンテンツ

氷神きらら、風神アスカ&雷神ゆきかぜ、【彼岸に咲け】ふうま 亜希、魔神蛇子さまが手に入るガチャ→【対魔忍RPG】最強キャラを引きたいまにん!〜歴代五車祭ユニットまとめ

その他の攻略情報→対魔忍RPG攻略記事まとめ



-対魔忍RPG

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【対魔忍RPG】月に代わってハッキングよ(レイドイベント「DEEP DIVE」)

今回のイベントはレイド。前回の鶴ちゃんに引き続き、恒常科学SRユニットが追加されましたが果たしてその能力は? 目次1 今回の新規ユニット2 正義のスーパーハカー参上3 魔界級レイド4 イベント報酬「【 …

平凡な男子高校生の俺がダークエルフと出会って命を狙われた件!?(レイドイベント「俺とエルフと対魔忍」)

今回のイベントは五車の対魔忍たちともヨミハラの探偵団とも全く関係ない一般人のお話。普通の人間目線で見た魔族や対魔忍とはどんな存在なんでしょうか。 目次1 今回の新規ユニット2 何者でもない俺の物語3 …

【対魔忍RPG】鬼カワギャル参上!(ストーリーイベント「ナーサラと愉快な鬼マフィア」)

ストーカーと男の娘のストーリーイベントが終わり、お次は鬼族のギャルが登場。復刻イベントとの兼ね合いもあり、これまでの「ストーリー→マップ→レイド」の順番ではなく、マップイベントの次にストーリーイベント …

【対魔忍RPG】八百比丘尼との決戦!

決戦イベント第5弾は二車の幹部の一人である八百比丘尼。これまで科学(ライブラリー)→超人(オーガ奴隷)→ジュノ(精神)→権左(自然)と来ていたので次は魔性が来るかと思いきや、ジュノと同じ精神が来ました …

【対魔忍RPG】サーキットの華になりたいまにん!〜期間限定レースクイーンユニットまとめ

対魔忍RPGで11月に開催される期間限定レースクイーンガチャにて手に入るユニットのまとめです。 目次1 2023年1.1 【レースクイーン】上原 燐(自然SR)1.2 【サーキットの姫】シャロン・オル …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930