GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウィニー イッシー レトロ」

投稿日:2018年5月8日 更新日:

最新のオセロットやビンテージのエナスを購入するなんて…見栄っ張りですよね。少し風変わりな現実主義者であることを周囲に知らせたい…少し風変わりな現実主義者の皆様が求める答えがここにあります。イッシーレトロはこの半世紀の間、どの四輪駆動車よりも強烈に「自己主張には興味がない」という姿勢を貫いてきました。

(Legendary Motorsportでの解説)

「南SAスーパースポーツシリーズ」アップデートで追加されたイッシー レトロ。コンパクトカーの代名詞とも言えるイギリスの名車です。とびきり小さく愛らしい旧車を見ていきましょう。

車両データ

メーカー:ウィニー(Weeny)=とても小さな(英語)
名称:イッシー レトロ(Issi Classic)=独創的な(英語)
分類:コンパクトカー
駆動方式:FF
乗車定員:2人
購入価格:360,000$

モデル車の考察

モデルは見たまんま、あのミニです。主にMk2がベースになっているようです。テールランプが丸目に変更されている以外はほぼそのまま。モデルの再現度が非常に高い一台ですね。

名前のイッシーは、ミニの設計者であるアレック・イシゴニス氏の名前から、「独創的」を意味するIssiを抜き出したのでしょうか。

走行性能

性能を求める車ではないので仕方ないとはいえ、遅いです。ゲーム中の4輪自動車で最も軽いおかげで、加速は結構キビキビとしてくれますが、最高速は伸びません。モデルを考えれば妥当な性能でしょうね。むしろ丁度いいくらいか。

コーナリングは、車体が軽すぎるのか重心が低すぎるのか、思い切りステアリングを切るとリアがズルっと滑ります。現行版のイッシーと似ていますね。サスペンションの交換などで改善できるので、グリップ力を高めたければ早めに改造しておきましょう。

ちなみに、この車を使う敵対モード「べスプッチ大作戦」ですが、持ち込んだカスタム車両の性能が普通のセッションのものとは変わっています。変わっているのは主にコーナリング性能で、どれだけ改造していても、ベスプッチ大作戦内だと簡単にリアが滑っちゃうんですよね。気を使って操作しないと、モタモタしている内に追いつかれちゃいます。

だからといって改造する意味がないわけではありません。加速性能などはそのままなので、フル改造したイッシー レトロを持ち込めば、このミッションではかなり高い確率で勝てます。結構稼ぎやすいミッションなので、力を入れる価値はあると思います。

恐らくですが、ぶつかった時の吹き飛び具合を考えると、ミッション内でのイッシー レトロは普通のセッション内のものよりも重量が重く設定してある気がするんですよね。挙動の変化はそのせいかなと思います。

感想

見た目も性能も正にミニ!という感じで、よく再現されているので満足度は高いです。値段も36万ドルと、ここ最近の追加車両にしては安いです。冷静に考えると全然安くないんですけど。改造費も最高クラスだし。36万ドルの大衆車ってなんだよ。

ただ、痒いところに手が届かないなと思うのは、有名なモンテカルロラリー優勝モデルや、ミスター・ビーンでのルーフに椅子バージョンなど、「ミニと言えば!」な仕様をしっかり再現できないのはちょっと残念。GTAの車はこういう「ニーズを微妙にハズす」ことが多くて、モヤることが結構あります。僕の感覚がズレているだけ?

多少は不満もありますが、豊富なカスタムパーツで個性をつけやすいのもあって、お気に入りの一台です。今は派手なボディーペイントと外装パーツで、競技車両っぽくして愛用しています。

細かい話ですが、この車は珍しくサスペンションを変えて車高を下げるとキャンバー角がつきます。そこまで極端に角度がつくわけではないですが、マニアには嬉しいポイントかもしれませんね。

後に「アリーナ・ウォーズ」アップデートで世紀末な改造が施されたアリーナ・イッシーも登場しました。凄まじく金が掛かりますが、イッシーに魅力を感じた人は買ってもいいかもしれません。

ベスプッチ大作戦

ベスプッチ大作戦の話の続きですが、このミッションはとても楽しいですね。コツを掴むと簡単に勝つことができて、稼ぎもいいので2倍期間中はよくやってました。折角なので、このページで個人的な攻略を少し書いておきます。

ランナーの場合、まずはインターセプターから距離を取るようにして、インターセプターから最も遠いポイントを最初に取りに行きましょう。この最初の逃げで1、2ポイント先取できるかが大きいです。その後は、常にマップを見て相手の逆を取ることを意識して動き続けましょう。

距離を離した状態で路地に入ると、相手は後ろから追うのではなく進路を塞ぎにくることが多いですが、塞ぎに来ると思ったら反転して逃げる。相手が手慣れたプレイヤーたちでなければ、前後を挟み込まれることなく、これを繰り返して距離を取り続けることができます。

もし追いつかれそうになったら、相手の動きを見ながら急ブレーキ。相手はアクセル全開でこちらにぶつけようとしてくるので、予想外のタイミングでブレーキをかければ勝手に吹っ飛んでいきます。インターセプターは小回りがきかないので、ランナーが鋭い動きでフェイントをかけてくると対応しきれないんですよね。

インターセプターの場合、チェックポイントがどこか分かっているかが非常に大きいです。インターセプター側のマップではポイントが表示されませんが、ポイントを覚えておけばランナーがどこへ向かおうとしているか予測できるので、動きを読みやすいです。狭い路地でのポイントだった場合、ポイントへの進路を塞いで迂回させることができればかなりの時間を使わせることができます。

あとは、味方の動きの癖を早めに見極められるか。手慣れていて、進路を的確に塞いでくれるような人なら自然と連携がとれますが、あんまり慣れていないような人なら、こっちが合わせていきましょう。おそらく、慣れていない人はひたすらランナーを後ろから追いかけていくと思うので、追うのは任せてこちらは進路妨害をメインにするとか。

このミッションはかなりランナー有利なミッションで、インターセプター側がよっぽど優秀だったり、3人揃っていない限り、コツを掴めば簡単にランナーが勝てます。ランナーで確実に勝利し、インターセプターで1ラウンドでももぎとることができれば、安定してマッチウィナーになれます。また2倍期間がきたら挑戦してみてはいかがでしょうか。

余談です。ベスプッチ大作戦は映画の「ミニミニ大作戦」をモチーフとしたミッションですが、ミニミニ大作戦の原題は「The Italian Job」です。このミッションの原題は「The Vespucci Job」(上の公式ポスターに書いてありますね)で、これを日本版で「ベスプッチ大作戦」としたわけですね。バッチリな翻訳だと思います。

モデル車について

BMC ミニ

50年代後半、西欧諸国では石油価格の高騰が起き、大衆は乗用車に乗ることが困難になったが、大衆に残された選択肢はバブルカーと呼ばれる超小型車で、それは車としてはかなり粗末なものだった。そこで、BMCは経済的で4人乗りが可能な小型車を開発し、誰でも乗れる小型乗用車を売り出すことにした。それがミニだった。自動車としての必要最低限を極めたミニは瞬く間に大衆の心を掴み、庶民から愛されるコンパクトカーとなった。エリザベス2世の愛車にもなり、ミニミニ大作戦やミスター・ビーンなどの映像作品にも登場したミニは、今でもコンパクトカーの代表作として語られている。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

凶悪な改造が施されたモデル→アリーナ・イッシー

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「グロッティ チーターレトロ(Grotti Cheetah Classic)」

ビンテージと最先端のスタイルで迷っているなら、その両方を併せ持つチーターレトロを手に入れましょう。この美しいマシンは30年前に生産が始まって以来、流行を作り出し、記録を破ってきました。クラシックな高級 …

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ第3幕〜フィナーレ「ドゥームズ・デイ・シナリオ」【攻略】

強盗:ドゥームズ・デイ、第3幕のフィナーレについての攻略です。 目次1 クリア報酬2 割引解除3 エリートチャレンジ目標4 ミッション攻略5 ストーリー6 関連コンテンツ クリア報酬 ノーマル:1,2 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アニス RE-7B(Annis RE-7B)」

GTサーキットの観衆を困惑させたアニスの実験的な試作品が限定販売を開始しました。革新的なデザインプロセス、日本最高峰の職人、エンジニア、航空学の専門家、武道家、そしてシェフなどが力を合わせ、皆様の不安 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ ミッチェリGT(Lampadati Michelli GT)」

ランパダーティミッチェリには、ないものがたくさんあります。パワーステアリング、真空サーボ、エアコン…どれもワークショップの床に置いてきました。その代わりにボンネットの下には、驚くほどの馬力が隠されてい …

Grand Theft Auto3(グランド・セフト・オート3)のストーリーまとめ

久しぶりにグランド・セフト・オート3のTAS動画を見て、懐かしいと同時にストーリーの復習をしたくなったのでメモ。あくまで本筋に関わることしか書いてないので、ミッションの流れを全て網羅しているとかじゃな …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter