GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「トリュファード Zタイプ(Truffade Z Type)」

投稿日:2018年5月10日 更新日:

大恐慌を乗り切るには、真の大恐慌時代の車しかありません。このマシンが1937年に生産ラインから生み出された時、少数民族や女性はまだ立場をわきまえていた時代でした。人々は、そのマシンを世界最速と呼びたたえ、今では世界で最も高価な中古車の名をほしいままにしています。合計10台しか生産されなかったZタイプは、武装したガードマンで周囲を固め、ゆったりとシートに腰かけてお楽しみいただけます。実際に運転してどこかに出かけるなど、もってのほかです!

(Legendary Motorsportでの解説)

ロスサントスで最も高価であるZタイプ。個性的で美しい流線形に目を奪われるマシンです。クラシックカーマニアの間で伝説とされるマシンを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:トリュファード(Truffade)=じゃがいもとチーズを使ったフランスの郷土料理(フランス語)
名称:Zタイプ(Z Type)
分類:クラシックスポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:950,000$

モデル車の考察

モデルは、ブガッティのタイプ57SC アトランティックですね。車のモデリング、名前、設定はモデルと瓜二つです。

GTA5ではデビンが「10台しか存在しない車」と言っていましたが、モデルの方は3台しか存在しない更に希少な車です。どちらも「実際に運転してどこかに出かけるなどもってのほか」ですね。

実はこの車は過去作に登場した復刻車両で、GTA2で登場していました。GTA2に登場する組織「ザイバツ」のメンバーが乗る車。だからZ(Zaibatsu)タイプ。GTA2の頃から似たようなモデリングなので、GTA2でもタイプ57がモデルだったのでしょうか。あちらではギャングカーとしてポンポン出てくるので希少さは全くないですが。

(GTA2時代のZタイプ。ZaibatsuのZが強く主張しています)

走行性能

約80年前の車という設定ですが、少し癖はあれどしっかり走ってくれます。トップスピードが高めなので、高速を流すようなときは現代の車と遜色ないスピードを見せてくれます。モデルの車も旧車ながら最高速200km/hに達すると言われている高性能なので、古さを感じさせない走りはモデル譲りです。

癖があるなと感じるのは、低速域と中高速域での特性が変わる点で、低速域だとオーバーステア、中速域からはアンダーステアが目立ちます。なので、減速させすぎるとかえって滑りやすくなって不安定になる点を頭に入れて走らせたほうがいいでしょう。慣れてくれば、きついカーブは滑らせながら一気に方向変えて曲がる、って芸当もできるようになるんですけどね。

サスペンションの交換はできないので、特性を弄るならアーマーで重量を変えるとかタイヤを変えるとかでしょうか。僕はタイヤ(ホイール)はいつも見た目重視で決めちゃうので、タイヤごとの特性を全然把握していないので細かいことは言えません。

カスタマイズ

細かいパーツが多いものの、初期の車としては改造パーツが多めです。細部の改造を楽しみましょう。

車両取引のビジネスではトップレンジ枠の車で登場するので、そこでカスタマイズを試したり試乗したりするのもいいでしょう。「10台しかない」とはなんだったのか、なんてツッコむのは野暮か。

感想

とにかくカッコいい車です。唯一無二の造形とエンジンサウンドが堪りませんね。ああ美しい。でも、じっと眺めているとかたつむりみたいで可愛いなと思うこともあります。どっちやねん。

ちなみに、この車はオンラインとオフラインで価格が違うんですが、オンラインは95万ドル、オフラインは1000万ドルと、桁が違う値段なんですよね。価格が違いすぎて色んな人に突っ込まれているポイントですね笑。

オンラインの当初は95万ドルがかなり高額な部類(それでも100万ドルのアダーに負けてましたけど)でしたが、アップデートが重なるにつれて2倍、3倍以上の価格の車が出てきて、「クラシックカーとしては高い方だよね」くらいの扱いになってしまいました。追加車両の価格のインフレ具合を見ると、バランス調整なんて考えずオフラインと同じ1000万ドルでもよかったかもしれませんね。ユーザーとしては、安く買える分にはそれでいいですけど。

余談ですが、カーアクション映画の「スクランブル」にて、この車のモデルであるタイプ57が主役級の活躍をしています。タイプ57以外にもクラシックカーが沢山登場する映画なので、興味があれば是非。



ディティール

モデル車について

ブガッティ タイプ57SC アトランティック

フランスの高級自動車メーカー、ブガッティが世に送り出した代表作。スタンダードモデルであるタイプ57をベースに、様々なバージョンが登場したが、タイプ57SC アトランティックはその中で最も希少価値が高いバージョンである。世界に3台しか存在しないこのモデルは、オークションに出品された際に3000万ドルという驚異的な値がつけられ、今も語り草となっている。現在、大物ファッションデザイナーのラルフ・ローレンが1台を所有している。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

この車に乗れるビジネス→車両取引



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】アリーナウォーズのアプデに不満

 特に告知も無く、突然やってきた大型アップデートの「アリーナウォーズ」。コンセプトや追加車両のバリエーションなどはとても面白いと思える一方で、肝心のジョブなどがどうもイマイチで愚痴りたくなったので愚 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ヴァモス(Declasse Vamos)」

サンアンドレアス各地のショールームにデクラス ヴァモスが登場し、ついに自由を得る時が来ました。髪を切り、絞り染めの着物を脱ぎ捨て、オーガニックな幻覚剤の実験はもうやめにしましょう。60年代の素晴らしさ …

【GTAオンライン】出来損ないのPvPとなったオンラインゲーム

GTAオンラインを始めて約一年。所々に「ん?」と引っかかるものを感じつつ、GTAオンラインの世界にどっぷり浸かっていたのですが、改めて「やっぱりここはおかしいぞGTAオンライン」と言いたいことが溜まっ …

Grand Theft Auto San Andreas(グランド・セフト・オート サンアンドレアス)のストーリーまとめ 中編

中編です。CJの再出発の地であり、ゲームとしてもここからが本番になります。 サンフィエロ編 カタリーナに不良物件を掴まされたことで怒るCJ。だが、ケンドルは冷静だった。ガレージですらないこの物件をどう …

no image

GTA5/GTAオンライン車図鑑「プロジェン GP1(Progen GP1)」

流線型のコンセプトカー、プロトタイプのロードスター、そして改造レースカー。これだけ情事を重ねても、どこか満たされない、と感じたことはありませんか?そろそろ落ち着くべき人生のステージを迎えたあなたにふさ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031