GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「トリュファード Zタイプ(Truffade Z Type)」

投稿日:2018年5月10日 更新日:

大恐慌を乗り切るには、真の大恐慌時代の車しかありません。このマシンが1937年に生産ラインから生み出された時、少数民族や女性はまだ立場をわきまえていた時代でした。人々は、そのマシンを世界最速と呼びたたえ、今では世界で最も高価な中古車の名をほしいままにしています。合計10台しか生産されなかったZタイプは、武装したガードマンで周囲を固め、ゆったりとシートに腰かけてお楽しみいただけます。実際に運転してどこかに出かけるなど、もってのほかです!

(Legendary Motorsportでの解説)

GTA5の劇中で最も高価な車として登場するZタイプ。個性的で美しい流線形に目を奪われるマシンです。クラシックカーマニアの間で伝説とされるマシンを見ていきましょう。

車両データ

メーカー:トリュファード(Truffade)=じゃがいもとチーズを使ったフランスの郷土料理(フランス語)
名称:Zタイプ(Z Type)
分類:クラシックスポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:950,000$

モデル車の考察

モデルは、ブガッティのタイプ57SC アトランティックですね。車のモデリング、名前、設定はモデルと瓜二つです。

GTA5ではデビンが「10台しか存在しない車」と言っていましたが、モデルの方は3台しか存在しない更に希少な車です。どちらも「実際に運転してどこかに出かけるなどもってのほか」ですね。

実はこの車は過去作に登場した復刻車両で、GTA2で登場していました。GTA2に登場する組織「ザイバツ」のメンバーが乗る車。だからZ(Zaibatsu)タイプ。GTA2の頃から似たようなモデリングなので、GTA2でもタイプ57がモデルだったのでしょうか。あちらではギャングカーとしてポンポン出てくるので希少さは全くないですが。

(GTA2時代のZタイプ。ZaibatsuのZが強く主張しています)

走行性能

約80年前の車という設定ですが、少し癖はあれどしっかり走ってくれます。トップスピードが高めなので、高速を流すようなときは現代の車と遜色ないスピードを見せてくれます。モデルの車も旧車ながら最高速200km/hに達すると言われている高性能なので、古さを感じさせない走りはモデル譲りです。

癖があるなと感じるのは、低速域と中高速域での特性が変わる点で、低速域だとオーバーステア、中速域からはアンダーステアが目立ちます。なので、減速させすぎるとかえって滑りやすくなって不安定になる点を頭に入れて走らせたほうがいいでしょう。慣れてくれば、きついカーブは滑らせながら一気に方向変えて曲がる、って芸当もできるようになるんですけどね。

サスペンションの交換はできないので、特性を弄るならアーマーで重量を変えるとかタイヤを変えるとかでしょうか。僕はタイヤ(ホイール)はいつも見た目重視で決めちゃうので、タイヤごとの特性を全然把握していないので細かいことは言えません。

カスタマイズ

細かいパーツが多いものの、初期の車としては改造パーツが多めです。細部の改造を楽しみましょう。

車両取引のビジネスではトップレンジ枠の車で登場するので、そこでカスタマイズを試したり試乗したりするのもいいでしょう。「10台しかない」とはなんだったのか、なんてツッコむのは野暮か。

感想

とにかくカッコいい車です。唯一無二の造形とエンジンサウンドが堪りませんね。ああ美しい。でも、じっと眺めているとかたつむりみたいで可愛いなと思うこともあります。どっちやねん。

ちなみに、この車はオンラインとオフラインで価格が違うんですが、オンラインは95万ドル、オフラインは1000万ドルと、桁が違う値段なんですよね。価格が違いすぎて色んな人に突っ込まれているポイントですね笑。

オンラインの当初は95万ドルがかなり高額な部類(それでも100万ドルのアダーに負けてましたけど)でしたが、アップデートが重なるにつれて2倍、3倍以上の価格の車が出てきて、「クラシックカーとしては高い方だよね」くらいの扱いになってしまいました。追加車両の価格のインフレ具合を見ると、バランス調整なんて考えずオフラインと同じ1000万ドルでもよかったかもしれませんね。ユーザーとしては、安く買える分にはそれでいいですけど。

余談ですが、カーアクション映画の「スクランブル」にて、この車のモデルであるタイプ57が主役級の活躍をしています。タイプ57以外にもクラシックカーが沢山登場する映画なので、興味があれば是非。

ディティール

モデル車について

ブガッティ タイプ57SC アトランティック

フランスの高級自動車メーカー、ブガッティが世に送り出した代表作。スタンダードモデルであるタイプ57をベースに、様々なバージョンが登場したが、タイプ57SC アトランティックはその中で最も希少価値が高いバージョンである。世界に3台しか存在しないこのモデルは、オークションに出品された際に3000万ドルという驚異的な値がつけられ、今も語り草となっている。現在、大物ファッションデザイナーのラルフ・ローレンが1台を所有している。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

この車に乗れるビジネス→車両取引



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「カリン(Karin)」

目次1 エンブレム2 モデルの考察3 このブログで紹介した車4 小ネタ5 モデルについて5.1 トヨタ自動車6 関連コンテンツ エンブレム モデルの考察 モデルは日本最大の車メーカー、トヨタでしょう。 …

GTA5のブリッターまとめ

GTA5でストーリーの進行に合わせて更新される住人達の呟きをまとめてみました。ニュース同様、倫理観の欠片も無い皮肉まみれの文章を楽しみましょう。 まだ全部まとめきれていないので随時更新していきます。 …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ペガッシ オプレッサー Mk2(Pegassi Oppressor MK2)」

オプレッサー Mk2は多くの疑問を抱かせます。これはバイクなのか…YES。タイヤはある?NO。ジェットエンジンを搭載している?YES。それってつまり…そういうことです。そんなこ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ホットリングセイバー(Declasse Hotring Sabre)」

ホットリング向きの人と、そうでない人を見極めるのは簡単です。あなたがラジエーターグリルを使って瓶ビールを開け、ボンネットを唾で拭き、リアフェンダーを引っぱたいて「いい女」だと言って、げっぷしながら国家 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ジェスター(Dinka Jester)」+α

前から見ると、歯をむき出しにして怒った顔に似ている日本製のハイブリッド電気スポーツカーは、人によっては風変わり過ぎるかもしれませんが、「ディンカ ジェスター」の4リッターV6エンジンは420馬力を誇り …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter