GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「エンペラー ETR1(Emperor ETR1)」

投稿日:2018年6月29日 更新日:

時として、たった一台の車が常識を覆すことがあります。最先端にして時を超越し、街では洗練されたパフォーマンスを発揮し、コースをいとも簡単そうに走り抜け、あなたの肥えた虚栄心とひどく心配性な性格を完璧に具体化した存在。ETR1は優れたパーツを集めただけのマシンではありません。一度ETRに乗れば、もう二度と他の車には乗れません。それに他に車を買うほどの予算も残らないでしょう。

(Legendary Motorsportでの解説)

「スタントライダーズ」アップデートで追加されたETR1。サーキットを悠然と走る皇帝です。想像を形にしたような車を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:エンペラー(Emperor)
名称:ETR1
分類:スーパーカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$1,995,000

モデル車の考察

ボディーペイントを見ると、レクサス SC430のSUPER GT仕様がモデルのようにも見えます。同じレクサスのRC F、もしくはトヨタ スープラも考えられますね。しかし、造形はどの車とも似ていません。

造形で似ているのは、レクサスのコンセプトカーLF-LCを元に「もしもレースに参戦するなら」と仮定して作られた、LF-LC GT “Vision Gran Turismo”ですかね。フロントはバンパーのエアダクトやグリル部分以外似ていないですが、リアはナンバープレート周り以外は全く一緒ですね。ということで、この車がベースのモデルと考えてもよさそうです。

ゲームで出てきた車がモデル、というのはちょっと不思議な感じもしますが、ネロカスタムもグランツーリスモのオリジナル仕様をモデルとしているようなので、ありえないことはないでしょう。このゲームの元ネタのカバー範囲は異常ですからね。

ちなみに、コンセプトカーのLF-LCはLC500に姿を変えて市販されましたが、SUPER GTではレクサス(トヨタ)チームが2017年からLC500で参戦しています。ETR1は「LF-LC(LC500)がSUPER GTに参戦していたら」という設定に思える車ですが、まさかの現実を先取りするような形になっていますね。面白い関係です。

ボディーペイントの元ネタ

created by Rinker
BUGZEES
¥3,980 (2020/09/30 23:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

デンスは、デンソー(Denso)がメインスポンサーのSC430でしょうか。スープラも似ていますね。

クロノスは、ペトロナス(Petronas)がメインスポンサーのSC430でしょうか。ペイントのパターンはRC Fの方が似ている気もしますが。

走行性能

レースカーだけあって、非常に高い性能を持っています。特にグリップ力は凄まじく、強烈なダウンフォースも相まって、高速コーナーでは抜群の安定感を誇ります。

加速性能も高く、優秀な車ですが、最高速は他のスーパーカークラスと比べるとほんの少し劣ります。その代わりにETR1は安定感があるので、コーナリングスピードなど総合的に考えれば、クラス上位の車でしょう。

難点は、ワイドボディ故にすり抜けに結構苦労すること。街中をスイスイと走るには結構なテクニックが必要ですね。

カスタマイズ

レースカーなので改造項目は全く無い、と思いきや、種類は少ないもののスポイラーなど幾つかパーツがあります。それでも大きく見た目を変えるのは難しいので、個性を出すならペイントなどで変化をつけていきましょう。

車両取引のビジネスではトップレンジ枠の車で登場するので、そこでカスタマイズを試したり試乗したりするのもいいでしょう。

感想

SUPER GTの車両であったり、ゲームのコンセプトカーをモデルにするとは、ロックスターも嬉しいことをしてくれます。値は張りますが、数少ない日本車レースカーですし、性能も良いのでオススメです。

どうでもいい話ですが、この車を見ると反射的に「あっ、スープラだ!」と思ってしまうんですよね。見比べてみると全然似ていないはずなのに、何故かスープラ感がある。このでっぷりした肉厚のボディのせいでしょうか。何故なんだ、これは僕だけなのか。



モデル車について

レクサス LF-LC

2012年のデトロイトモーターショーで、レクサスは革新的なデザインのコンセプトカー「LF-LC」を発表した。開発責任者が「市販車として走らせるのは不可能だ」と感じる代物だったが、そのデザインが高い評価を得たことから、レクサスはLF-LCのデザインを色濃く残した市販車「LC500」を作り上げた。レースゲーム「グランツーリスモ6」では、LF-LCをレース用に仕立て上げた架空の仕様「LF-LC GT “Vision Gran Turismo”」が登場した。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

スープラ仲間?→ジェスターレトロ

今作に出てくる日本車→【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

この車に乗れるビジネス→車両取引

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,691 (2020/10/01 15:46:34時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「B-11 ストライクフォース(B-11 Strikeforce)」

近年ではドローンの積載可能重量が増え、自動操縦の戦闘技術も上がっていることから、低空飛行による近接航空支援の技術は過去のものになりつつあります。そんな中でも手仕事にこだわりたいという人のために、B-1 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オセロット アーデント(Ocelot Ardent)」

燃料危機が高まり、汚職が蔓延するほど、70年代のスタイルへの回帰が叫ばれるものです。そんなノスタルジックな願いを本当の意味で満たせるマシンは1台しかありません。アーデントはあなたの富と性的なアピールを …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ヨウガ・クラシック(Bravado Youga classic)」

60年代後半にはこのクールな車もお手ごろ価格で買うことができました。後部座席に麻で覆われた博愛主義者と薬物中毒者の巣が、またはサイコ村の民族が開発した可動式の拷問部屋が、もしくはその両方があったかもし …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「エナス スタッフォード(Enus Srafford)」

スタッフォードのドライバーは他のどの消費者グループよりも多く歩行者をひいているとのデータがあります。しかし、統計を鵜呑みにしてはいけません。詳細に分析すれば分かることですが、これは貧しく恵まれない人々 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ドリフトタンパ(Declasse Drift Tampa)」

アクセルに足が触れた瞬間、鼓膜は破れ、内臓は限界に達し、100頭の怒れる馬が4つのチタン製強化ホイールの中で暴走し、タイヤは鼻を突く煙の中で溶けてゆく――その時あなたにわかることは、とても、とても速い …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930