GTAシリーズ

【攻略】GTAオンラインの金策まとめ〜第4回「物件ビジネス」

投稿日:2018年8月4日 更新日:

GTAオンラインの金策を考えるシリーズの一応最終回ということで、最後の大きな稼ぎ場「物件ビジネス」についてです。強盗同様にビジネスもそれぞれで攻略記事的なものを作ろうと思っているので、基本的なことには触れず「稼ぎとしてどうか」に注目していきます。

リーダーと下っ端

本題に入る前に小話。ミッションにおけるホストとゲストではないですが、物件ビジネスにもリーダーと下っ端の関係があります。ボスもしくはCEOとボディーガード、MCプレジデントとプロスペクトの関係です。

リーダーとしてビジネスをやるには当然物件を持っていないといけないため、初心者の段階ではビジネスができません。しかし、物件を持っている他のプレイヤーに雇われることでビジネスを手伝うことができます。その間は給料もしっかり払われます。

給料の仕組みはボディーガードとプロスペクトで若干違いがあり、ボディーガードは何もしなくても時間経過でお金が払われる仕組み。仕事をせずに遊んでいようがボディーガードでいれば給料が入りますが、ボスがやられる度に給料が減ります。プロスペクトはMCプレジデントと共に仕事をする度に給料が入る仕組み。どちらが良いかは一概には言えません。

ただし、どちらにせよ言えるのは、下っ端でもらえる給料はたかが知れているということ。たとえ初心者でも本気で稼ぎたいならコンタクトジョブなどをやっていた方が儲かるので、基本的にはフレンド同士などで交互に役割を入れ替えてお互いの仕事を手伝いのが主なやり方になります。

また、大人数のセッションで下っ端に入れてもらえても基本的には仕事にならず、過疎セッションでビジネスを頑張るプレーヤーに雇ってもらおうにも、そのタイプのプレーヤーはソロでいることを好む場合が多いので、そもそも野良で下っ端として稼ぎができる状況が殆どありません。下働きで学びながらお金を貯める、というプレイは難しいでしょう。

CEOのみ可能

極秘貨物

最低初期費用 オフィス:1,000,000$ + 小型倉庫:250,000$、中型倉庫:880,000$、大型倉庫:1,900,000$

オフィスと貨物用倉庫を購入することで始められるビジネス。一番最初に登場したビジネスで、最もお手軽なビジネスと言ってもいいでしょう。ただ、今となっては非効率さが目立つビジネスでもあり、これを熱心にやるぐらいなら他のビジネスに集中した方が……と思ってしまうのが正直なところです。

貨物の調達自体は非常に簡単で、初心者でも出来るおつかいレベルです。調達1回の所要時間も数分で、頑張ればすぐに在庫は溜まっていきます。しかし、在庫を貯めるためにチマチマと回数をこなすのは意外とストレスが溜まり、一気に在庫を増やそうとして2個ずつ、3個ずつ注文するとその分購入費用が増えて儲けも少なくなり、中々辛い作業です。

また、売却時は他の在庫を売却するビジネスのように部分売却の概念がなく、物資が破壊されたらその時点で儲けが完全にゼロになるので、売却時のリスクが非常に高いです。在庫集めがしやすいのは良いところですが、それ以外の部分であまり良さが見いだせないビジネスだと思います。たまに来る希少品は良いお金になりますが、いつ来るかは完全にランダムで計算に入れられないのがネック。

なので、メインの稼ぎは別の方法にして、こちらは息抜きにコツコツ在庫を貯めておくくらいにしておいた方が懸命です。時折、貨物の売却価格が2倍の期間が訪れるので、その時まで在庫を溜め込んでおいて一気に売り捌くのがオススメです。

車両取引

最低初期費用 オフィス:1,000,000$ + 車両用倉庫:1,500,000$

オフィスと車両用倉庫を購入することで始められるビジネス。実装された当初から「最高の稼ぎ」と呼ばれていたビジネスで、このゲームにおける全ての稼ぎの方法から考えても、最も効率よくお金を稼げるコンテンツだと言えるでしょう。

調達できる車両は全部で32種類あり、それぞれスタンダートレンジ、ミドルレンジ、トップレンジとクラス分けがされています。トップレンジが最も高値で売れるので積極的に売りたいところ。なお、ビジネスの仕様を活かして「トップレンジだけ調達」「特定の車だけ調達」する方法があるので、トップレンジだけ売り続けるのは簡単です。

調達ミッションは当たり外れが激しく、車の運転に慣れていないと難しく感じるでしょう。なにせ追手が非常に強く、やたらと高精度の射撃で車にダメージを与えてきます。更に、ヘリで追ってくる場合もあり、対処が困難。多少のダメージは気にせず走って逃げてしまうか、逃げる途中で一度追手を全て処理してしまうか、どっちが良いかは運転の腕次第でしょうか。どちらにせよ、車にダメージが入るほど修理費がかかるのでそれだけは注意。

調達が難しい代わりに、売却は簡単です。車を買い手に届けるだけで、車は高性能なのであっという間。2、3分くらいで終わります。セッション内に他プレイヤーが居ても、妨害される間もなく車を届けることも可能ですね。

そして、気になる報酬は、トップレンジ1台で最高8万ドル。1台売却する毎に20分のクールタイムが入るので、1時間で3台売却すると考えれば1時間で20万ドル以上の稼ぎに。クールタイム中にボスジョブをこなしたりすれば、時給30万ドルもいけるでしょう。オフィスと車両用倉庫分の投資費用はすぐに回収できるはずです。

車両取引の攻略記事はこちら

MCプレジデントのみ可能

バイカービジネス

最低初期費用 クラブハウス:200,000$ + 偽造文書:650,000$、ハッパ:715,000$、偽造貨幣:845,000$、結晶:910,000$、白粉:975,000$

クラブハウスと各事業用の物件を購入することで始められるビジネス。頑張ればソロでも運用でき、原材料を集めればあとは放置できるのが良いところです。

モーターサイクルクラブでできる事業は偽造文書、ハッパ、偽造貨幣、結晶、白粉の5種類で、それぞれ1軒ずつ事務所を構えることができます。5種類の事業は「白粉」>「結晶」>「偽造貨幣」>「ハッパ」>「偽造文書」の順で儲けが大きくなり、儲けが大きいほど調達ミッションが難しくなり、原材料の消費も激しくなる、というバランスになっています。

とはいえ、各事業の儲けの差はかなり大きいため、物件が安くて楽そうだからという理由で偽造文書あたりの事務所を選ぶと全然儲からずに泣けてきます。素直に白粉か結晶から始めるのがベストです。

このビジネスは調達ミッションで原材料を調達し、原材料を元にスタッフが在庫を作り、在庫を売却するという流れで、原材料と在庫の空きさえあれば放置しているだけで在庫が増えていくのが特徴です。なので、原材料を補充したら他のことでお金を稼ぎ、在庫が貯まったら売却と、単体でも他の稼ぎと組み合わせても機能するところが素晴らしいですね。

原材料の調達が面倒なら、お金を払ってミッションを行わずに原材料を買うこともできます。これなら楽ですし、調達を行うはずだった時間を別のことに当てられます。ただ、買ったお金の分利益は減りますし、物件のアップグレードをしないで原材料の購入をすると殆どプラスマイナスゼロになってしまうこともあるので、売却価格2倍期間でもないと割に合わないでしょう。

売却はどのパターンでも「乗り物を使って買い手に届ける」だけで簡単です。頑張れば在庫満タンでもソロで売却を完了できるので、ソロでコツコツやる人が多いビジネスの特徴に合っているのも良いところ。ただ、内容が単調でものすごく飽きます。

物件のアップグレードはかなりの金額がかかりますが、この稼ぎを主軸にするならアップグレードするだけの価値はあります。車両取引と同じくらいオススメできるビジネスですね。というか、この両者を一緒にやるのがベストな気がします。

バイカービジネスの攻略記事はこちら

ボスでも可能

銃器密造

最低初期費用:1,165,000$

地下基地を購入することで始められるビジネス。純粋な稼ぎとしてはそこまで美味しくはないですが、バイカービジネス同様に放置で在庫を増やせるのがいいところです。

基本的なシステムはバイカービジネスと同じ。原材料を集めて在庫を貯める流れになります。アップグレードで効率が上がるのも、原材料を買って楽をすることができるのも同じです。

ただ、バイカービジネスよりも稼ぎの効率は悪く、スタッフを製造と研究の両方に割り振ると製造のスピードが半分になりかなり遅くなるのもイマイチな点です。地下基地を買うなら、稼ぎたいのか研究をしたいのかハッキリしておきたいところ。

調達ミッションは空輸の次に難しく、敵が非常に強いです。空輸のようにミッションに合わせた乗り物を用意してくれることもありますが、テクニカルアクアやデューンFAVなど複数人での運用が前提になるものばかりで、ソロだとCEOバザードでも用意しておかないとクリアが困難なものも。ソロにはあまり優しくない内容です。

売却の方も、ちょっと在庫を貯めるとすぐに2台以上の車両を使って売却をしなければいけないパターンに出くわすので、色んな点でソロにはあまり向かないビジネスです。アップグレードを行っても在庫の価格はそこまで高額ではないので、稼ぎとしてだけならバイカービジネスの方が良いかなと思います。

銃撃戦などを苦にせず、CEOバザードなど仕事に使える乗り物を持っているならやってもいいかなと思います。何にせよ、メインの稼ぎではなく、基本は放置の副業くらいに考えておくと良いと思います。

銃器密造の攻略記事はこちら

極秘空輸

最低初期費用:1,200,000$

格納庫を購入することで始められるビジネス。最初に行っておきますが極秘空輸はクソです。あくまで「稼ぎ」という観点から見れば、ですけど。

まず第一に、貨物の調達が難しいです。調達ミッションの内容に応じて適切な航空機を用意してくれる点はありがたいのですが、ミッションそのものが空戦、爆撃、スタントなど、航空機の扱いに相当慣れていないとキツいものばかりなので嬉しくありません。また、貨物を持ち帰るときの追手は戦闘機が来ることもあり、非常にやる気満々。途中で逃げ切るのに失敗すると、リスポーンする度に容赦なく空爆を受け続けることもあり、その場合は地獄です。

そして、高難易度の調達に苦労しながら貨物を持ち帰っても、貨物は1個につき1万ドル。貨物の調達には殆どの場合10分近くを費やすにも関わらず、この値段です。極秘貨物のように、貨物の調達にお金を払わなくていいのは利点ですが、極秘貨物のように希少品で儲けることができないのもまた辛いところです。

売却ミッションも楽なものがほぼ無く、やたら難しかったり移動距離が長かったりと非常に厳しい内容。もはや稼ぎとして褒めるべきところはありません。コンタクトジョブやボスジョブをこなしていた方がよっぽど稼げます。

なんとか褒められる点を捻り出すとすれば、制作側も空輸のマズさを分かっているようで、ビジネスの中では最も頻繁に売却価格2倍期間がやってくること。しかし、売却価格4倍くらいでようやくお得感が出てくる内容なので、2倍期間がきたところで特に嬉しくもありません。南無。

ナイトクラブ

最低初期費用:1,080,000$

ナイトクラブを購入することで始められるビジネス。これまでの物件ビジネスと比べるとかなり特殊な部分が多いビジネスです。

これまでのビジネスとは違い、利益を上げる方法が2種類あり、クラブの人気に応じて1日(48分)毎に入る定期収入と、貨物を貯めて売却することで得られる収入があります。

定期収入と言っても、クラブ人気は1日毎(というか報酬が支払われる毎)に減少するため、定期的に宣伝ミッションをこなすことで人気を”補充”しないといけないので、やっていることはバイカービジネスや銃器密造などとあんまり変わらないような。ただ、少額とはいえ売却ミッションをせずに収入が入ってくるのは画期的ではあります。

もう一つは貨物を貯めて売却するビジネスですが、なんとこれまでに登場したビジネスと違い、補充のためにミッションをこなす必要がありません。時間経過で勝手に在庫が貯まるので、こちらはそれを売り捌けばいいだけなのがいいですね。売却による利益も中々良いので、稼ぎの主軸とすることもできるビジネスだと思います。

難点は、この貨物補充は自分が保有しているビジネス用物件によって解禁されていくシステムなため、ナイトクラブだけを買っても意味がなく、フル稼働の為には他のビジネス用物件を揃えておかないといけない点です。具体的には、極秘貨物(倉庫)or極秘空輸(格納庫)、地下基地、バイカービジネスの物件5種類を保有(正しくは保有した上で稼働)することで、7種全ての貨物を仕入れられるようになります。

なので、単体で利益が欲しいのならナイトクラブは全くオススメできません。他のビジネス(特にバイカービジネス)による収入源があって、それに加えてナイトクラブで更に稼ぎたい、という方にはとてもオススメです。他に資産(物件)を持っていない人にとっては儲からず、他に資産を持っている人ほど楽に儲けられるという、なかなか残酷というか資本主義を感じられるビジネスですね。

ナイトクラブの攻略記事はこちら

まとめ

車両取引は文句なしに最高で、バイカービジネスも同じくらいオススメできるビジネスです。どちらもソロで十分に稼げるのがいいですね。ナイトクラブは他の物件を揃えていることが前提ですが、これも良い稼ぎになると思います。

極秘貨物は悪くはないですが特に良くもなく、銃器密造は難易度の高さを楽しめるならそこそこ、極秘空輸は言うまでもなくゴミ、という感じです。最初のビジネスはとりあえず車両取引かバイカービジネスを選んでおけばいいでしょう。

これまでの金策の総まとめ

ここでこれまでのまとめをしておきましょう。個人的に推奨したい成り上がりルートを書いておきます。

初心者ならコンタクトジョブ、ボスジョブ、盗難車売却などをこなしてお金を貯める。ある程度お金が溜まったら大型アパートを買って旧強盗をクリア。旧強盗が気に入ったらパシフィック強盗を中心にリプレイで稼ぐ。

旧強盗で溜まったお金を使って、施設を買ってドゥームズデイをやるか、ビジネスをやるか。ドゥームズデイで稼ぐならボグダン・プロブレムを中心に周回、ビジネスで稼ぐなら車両取引かバイカービジネスをやる。こんな感じです。これが最も効率良く稼ぎながら資産を整えていくルートだと思います。

しかし、GTAは自由こそが最大の売りであるゲーム。効率も大事ですが、何よりはまず楽しむこと。色々と楽しんでみた中で、楽しみながら稼ぐことができる方法を見つけられたら最高ですね。なんて、つまらないビジネス本か自己啓発本みたいなことを言って締め括りたいと思います。お金稼ぎはあくまでゲームを楽しむためにやるもの、お金稼ぎのためにゲームをするのではつまらなくなってしまいますからね。

関連コンテンツ

各物件ビジネスの攻略→バイカービジネス車両取引銃器密造ナイトクラブ

GTAオンラインの金策を考えるシリーズ→第1回第2回第3回第5回第6回

他の攻略情報について→GTAオンライン攻略記事まとめ



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5がなんか物足りない

僕はグランド・セフト・オートシリーズのファンだ。もう少し細かく言うと、PS2版GTAシリーズのファンだ。それ以外のシリーズ作品はGTA5しかやっていない。 そんな自分の独り言をグダグダ書いていきます。 …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「LCC サンクタス(LCC Sanctus)」

確かに合法的に公道を走れる仕様ではありません。安全でもありません。しかも、すきが付いているため、3点方向転換がうまくなければいけません。しかしこの条件さえ問題なければ、お好きなゴスバイカーのデスカルト …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ ルイナー(Imponte Ruiner)」

80年代のことは80年代に置いておくべきですが、クアド・マフラー、サイドストライプ、Tトップの車があれば話は別です。ボリュームたっぷりのヘアスタイルでトリクルダウン経済な時代に戻り、街に繰り出すしかあ …

【GTA5】フランクリンのライフインベーダーまとめ

フランクリンとフランクリンに関係する人々のライフインベーダープロフィールをまとめてみました。 まだ全部まとめきれていないので随時更新していきます。 目次1 フランクリン・クリントン2 ラマー・デイビス …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ オムニス(Obey Omnis)」

ラリー最盛期、ターボを搭載したブリキ缶が泥だらけの土手に集まった観衆の間を突っ切っても、あの強大な政府には打つ手がない。オベイ オムニスは、そんな無邪気で無秩序な時代の象徴的存在でした。ファンの皆様に …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter