GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス マンバ(Declasse Mamba)」

投稿日:2019年3月5日 更新日:

マンバはカーデザインがもっとシンプルだった時代、すなわち、破壊することなく優雅なフレームにどれだけのエンジンを詰め込めるかが全てだった時代に回帰しています。高い死亡率から判断するに、デクラスは勝利の方程式を編み出したようです――が、真偽のほどは定かではありません。フリーウェイに繰り出し、ボディワークがバラバラになっていく時の原始的なうなりを体感すれば、選択は正しかったと分かるでしょう。

(Legendary Motorsportでの解説)

「富と権力と犯罪」アップデートで追加されたマンバ。アクセルをひと踏みすればたちまち全身を痺れさせる毒蛇です。小さなボディに巨大な心臓を持つ1台を見ていきましょう。

車両データ

メーカー:デクラス(Declasse)
名称:マンバ(Mamba)
分類:クラシックスポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:995,000$

モデル車の考察

モデルは言わずと知れた名車、AC コブラ(現:シェルビー コブラ)ですね。殆どモデルそっくりな高い再現度で、大満足の美しさです。

マンバという名前ですが、コブラ科に属するヘビの一種にマンバ属があるので、ヘビ繋がりということで付けられたのでしょう。コブラの一種ということで、マンバも有毒ヘビです。

マンバという名前の車は初代GTAでも登場していて、その頃はバイパーがモデルと思われる車両でした。こちらも同じヘビ繋がりですね。

(初代GTAでのマンバ)

走行性能

軽く小さな車体に大パワーのエンジンを積んでいるだけあって、直線スピードは相当なものです。特に最高速の高さはクラシックスポーツカーカテゴリで最高レベルです。

が、パワーを受け止める車体と足回りは古さを隠せず、ピーキーな挙動です。グリップの限界点が分かりづらく、「やばい!」と感じたときには既にスピンしています。

サスペンションの交換やタイヤの交換でグリップ力を向上させても回るときは回るので、そういうものだと思って乗りましょう。クラシックカーらしく、愛嬌があっていいじゃないですか。

カスタマイズ

パーツの数は少なく、マフラーやボンネットに数種類用意されているくらいです。一方で、ルーフには3種類のパーツがあり、オープン、クーペ、レース仕様と変化させることができます。

また、「ナイトライフ」アップデートにてボディーペイントが追加され、ストライプやレースカー風のペイントを施すことができるようになり、味わいのあるカスタムができるようになりました。ツボを抑えたテコ入れが素晴らしいですね。

車両取引のビジネスではトップレンジ枠の車で登場するので、そこでカスタマイズを試したり試乗したりするのもいいでしょう。

感想

モデルの「らしさ」を存分に活かした車両なので、僕のお気に入りの1台です。例え改造パーツが少なくても、性能に癖があっても、「その車なりの楽しみがハッキリしている」というのは大事ですね。

アプデでテコ入れされましたが、ライバル車であるコケットレトロも一緒にテコ入れされましたね。パワフルでアンバランスな旧車モンスター同士、一緒にコレクションしてみるのはどうでしょうか。

小ネタ

車両用倉庫では、マンバが描かれたポスターが貼られています。デクラスの看板マシンとして扱われていますね。

「ナイトライフ」アップデートで追加されたビジネスバトルでは、ターゲットの車両としても登場。その際、まだ解禁されていなかったボディーペイントがターゲットのマンバに施されていたため、まさかの公式ネタバレとなっていました。まぁ、リークで既に知っていたプレイヤーも多かったのですが。

モデル車について

AC コブラ

イギリスの中小メーカーだったACカーズは、自社製品のエースを製造販売し収入源としていたが、エースに搭載されていたエンジンの製造元であるブリストル カーズがエンジンの製造中止を決めたことでエースは生産中止の危機に陥った。そこで、アメリカ人レーサーのキャロル・シェルビーはACカーズに対し、エンジンの調達を条件に新車のデザインを提案した。両者は合意し、シェルビーはフォードから最新のV8エンジンを調達(シェルビーはシボレーにも声を掛けたが、「コルベットのライバルになりかねない」とエンジンの供給を拒否した)。軽量なエースのボディにV8エンジンを積み込んだマシンは「コブラ」と名付けられ、軽さとパワーを武器にレースで輝かしい成績を収めた。しかし、レースでの華々しい活躍の裏で、ACカーズは経営難に陥り倒産。コブラの商標権は最終的にシェルビーが持つこととなった。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

この車に乗れるビジネス→車両取引



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン 190Z(Karin 190Z)」

洗礼された車と言えば欧州車・・・かつては誰もがそう思っていました。しかし190Zの登場で、そんな時代は終わりを迎えます。スポーツカーのデザインに革命を起こした190Zのバランスと色気は、現在に至るまで …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ ルイナー(Imponte Ruiner)」

80年代のことは80年代に置いておくべきですが、クアド・マフラー、サイドストライプ、Tトップの車があれば話は別です。ボリュームたっぷりのヘアスタイルでトリクルダウン経済な時代に戻り、街に繰り出すしかあ …

【GTA5】最後の選択肢はどれが妥当なのか

ここ一週間ほどGTA5のストーリーをまとめながら見直していたんですが、改めてマルチエンディングの分岐について色々考えていました。 心情的には、マイケルもトレバーも殺せないしFIBとデビンの言うことを聞 …

Grand Theft Auto 5(グランド・セフト・オート 5)のストーリーまとめ 後編

続きです。ここまでで既にストーリーは終盤ですが、最後まで走りきりましょう。 目次1 終わらない因縁2 家族の問題3 最後の大仕事4 絶望的な決断4.1 プランA4.2 プランB4.3 プランC5 あと …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ボルカー ファガロア(Vulcar Fagaloa)」

パッと見、50年代の典型的なステーションワゴンだと思ったでしょう。まあ、間違いではありませんが、もう一度よく見てください。見事なボックススタイル、地面との間に紙切れ1枚も挟めないほどの低車高、僅かに残 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter