GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ガントレットヘルファイア(Bravado Gauntlet Hellfire)」

投稿日:2019年9月9日 更新日:

ブラヴァドがまたやってくれました。今年の悪魔のような「ガントレットヘルファイア」には、きっと誰もが驚かされるはずです。このビーストマシンが持つパワーを操り、競争相手に新たな地獄を見せてあげましょう。マッスルカーよりパワフルなものは何か?それはおそらく、炎をまとうマッスルカーです。

(ロード画面での解説)

車の価値とは、ある地点から別の地点へと移動することではないでしょうか?しかし、その移動距離がクォーターマイルもなく、その道のりが平地で直線ではなかったとしたら?ブラヴァド社がこの疑問に出した答えは、「ヘルファイア」です。きちんと扱ってやれば、他の四輪駆動車など焼き尽くしてしまうでしょう。おかしな見た目のハンドルが少しでも動いた瞬間、あなたは死んだも同然です。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ダイヤモンドカジノ&リゾート」アップデートで追加されたガントレットヘルファイア。身も心も燃え尽きるような恋をしたいなら悪魔のようなマッスルカーに乗ってみるのはどうでしょう。暴れ狂う1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ブラヴァド(Bravado)
名称:ガントレットヘルファイア(Gauntlet Hellfire)
分類:マッスルカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$745,000

モデル車の考察

モデルはダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャットでしょうか。ヘルキャットを更に強化したSRT デーモン もモデルになっていると思われ、ヘルファイアの名前もヘルキャットとデーモンを意識したものだと考えられます。

走行性能

ノーマル状態では鈍重そのものですが、フルカスタムすれば一気にマッスルカーカテゴリ屈指の加速力を得ることができます。お金は掛かりますがフルカスタムありきの性能なのでしっかり改造しましょう。

挙動に関してはマッスルカーらしくオーバーステア傾向が強め。ズルズルと滑る方なのでスライドコントロールは容易ですが、とても滑りやすくコーナーに入る度にリアを滑らせてしまうのが困りものです。

また、車重が重たいのかブレーキ性能が良いとは言えず、止まらないわ滑るわでコーナーは入りも立ち上がりも苦戦します。マッスルカーはそういうものだと思うので、直線番長ぶりを楽しみましょう。

カスタマイズ

それほど大きく見た目を変えるようなパーツは用意されていませんが、マッスルカーに欲しいパーツが揃えられているので不満はありません。中でもグリル・ライトカバーが個人的にはお気に入りですね。

ボディーペイントのバリエーション豊富で、ストライプやアーティスティック系のものから迷彩に競技車両風など様々なスタイルにすることができます。中にはレッドウッドガントレットを思わせるペイントもあり、レッドウッドガントレットと一緒に並べてみるのもいいかもしれませんね。

カスタマイズの仕方によっては映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」でレティが乗っていたチャレンジャーに似た仕様が作れます。ワイルド・スピードネタを取り入れてきたこのゲームなので、確実にレティのチャレンジャーは意識されているでしょう。

感想

ガントレットレトロに続きガントレットヘルファイアも登場し一気に豪華になったガントレットシリーズですが、レトロもヘルファイアもクオリティが抜群に高いですね。GTAにありがちなどこかチープさを感じさせるデザインではなく、モデルと違う部分がフェイクっぽくならないまとまったデザインが好印象です。

それでいてカスタマイズの面も充実していて、ビジュアルは文句なしの車でしょう。走りについても癖はありますがその車のキャラクターに合ったものなので十分です。マッスルカー好きならレトロもヘルファイアも買いですね。



フォトギャラリー

モデル車について

ダッジ チャレンジャー SRT ヘルキャット

現行型チャレンジャーの最上級グレードに君臨していた「SRT」。そのSRTをベースにダッジが更なるハイパフォーマンス化を施したのがヘルキャットだ。スーパチャージャー搭載の6.2L V8エンジンは700馬力オーバーを発生し、火を入れた瞬間に怒号のようなエグゾーストノートを響かせる。車重は素のチャレンジャーよりも533kg軽量化され、0-400mのタイムは約11秒と異次元の加速でドライバーを導く。極太のエンジンパワーで大柄なボディを振り回して走る姿はアメリカンマッスルそのものだ。

関連コンテンツ

ガントレットシリーズ→ガントレットレトロ

他のワイルド・スピード関連の車→GTA5/GTAオンライン 映画「ワイルド・スピード」シリーズが元ネタの車まとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「HVY インサージェント(HVY Insurgent Covered)」

なんとも皮肉な名前の「軽」装甲車です。小規模な暴動を鎮圧したり、民主主義を主張する平和的抗議活動を蹴散らすのにぴったりです。 (Warstock Cache & Carryでの解説) 「強盗」 …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「バッキンガム アクーラ(Backingham Akula)」

かつては、レーダーに何も映っていなければ、それは安全を意味しました。しかし時代は変わりました。アクーラが街中にいる時は、レーダーに何も映っていなくても数秒後には反社会勢力の武装ヘリによって灰にされてし …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「HVY チェルノボグ(HVY Chernobog)」

この乗り物はただ一つの目的に特化して設計されています。目的地に早く辿り着きたい方にはお勧めしません。オフロードを走りたいなら他を探して下さい。目立たない車をお探しなら、全くの見当違いです。しかし、機動 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド カラカラ 4×4(Vapid Caracara 4×4)」

山刀が自衛に使える道具であるように、この車も厳密に言えばピックアップトラックです。しかしカラカラが持つ6つの車輪やマシンガンに関して言えば、それらは向かってくる相手をズタボロにして自らを守るためのもの …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デュボーシー セブン-70(Dewbauchee Seven-70)」

デュボーシーはこの美しいマシンを数台しか製造していませんが、この理由は業務上横領だけではありません。重要なのは1%の富裕層だけという徹底した排他的信念と個人的願望を追い求めた結果です。そう聞いて何かを …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter