GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「フェスティバルバス(Festival Bus)」

投稿日:2019年10月24日 更新日:

あなたの心の声が聞こえてくるようです。「なんて滑稽な思い付きだ」と。でも、だまされたと思って試してください。勇気を出してWorldwide FMにチューニングし、10ブロック先の窓まで粉々に割れるような爆音に包まれれば、もうそんな心の声は聞こえません。正確には、何も聞こえなくなるでしょう。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ナイトライフ」アップデートで追加されたフェスティバルバス。わざわざライブ会場まで足を運ばなくても、近くに転がっているバスをライブ会場に変えてしまえばいいのです。助け合い精神が生んだアートを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:なし
名称:フェスティバルバス(Festival Bus)
分類:サービス
駆動方式:FR
乗車定員:11人
購入価格:$1,842,050(ナイトクラブ準備ミッションを完了させることで$1,385,000へ割引)
備考:ペガサスが保管。マップ上では専用アイコンで表示。

モデル車の考察

モデルはロボットハート バーニングマンバスですかね。ラスベガスの砂漠で行われる巨大フェス「バーニングマン」でRobot Heartが展示した作品です。作品そのものが舞台となっていて、車の上や周囲がライブ会場になります。どことなくマッドマックス感もあるような。

(ライブのステージになっているのがモデルのバスです。いい雰囲気!)

データ的には護送車を改造して作られた車両のようですが、護送車を買い取ってフェスティバルバスに改造したぜ、というのはクレイジーすぎるのでスクールバスを改造して作られた車両と考えるのが設定的には自然でしょうか(名前にもバスってあるし)。まぁ、GTA世界の倫理観なら護送車でアート作品を作るのも有り得そうな話ですけど。

走行性能

見た目からしてまともに走らなそうな車ですが安心してください。遅いです。意外と走り出しは軽く旋回も難しくないですが、最高速が全く伸びません。長距離移動をするのはやめておきましょう。

また、傾斜の強い道や路面μの低い道でもトルクの無さで苦しむことになるので、平地でないとまともに走れないでしょう。平地では最高速の低さに苦しむことになりますが。

とは言ってもこの車はフェスティバルバス。元々走りが専門の車ではありません。この車特有のギミックとして、クラクションの代わりに電飾のスイッチが付いています。これを押すと電飾が光り出し、付けているラジオが外にも大音量で聞こえるようになります。車から降りてもこの状態が維持されるので、即席のライブ会場にすることができます。周りの仲間たちと共に踊り狂いましょう。

バスの上のDJブースはトラックの荷台などと同じ判定になっているようで、走行中も振り落とされることはありません。なので走りながらライブをするのもいいですね。乗車定員は11人となっていますが、DJブースに立てば12人以上でバスに乗ることも可能です。

注意しなければいけない点は、DJブースの装飾と音響設備はちゃんと当たり判定がある上、大きな衝撃を受けると取れてしまうこと。街中でガツガツぶつけながら走っていたらDJブースの備品が何も無くなりただの台になってしまうことも。カーゴボブで運搬も出来ないので、呼び出す場所を考えないと目的地に付く頃にはただのバスになってしまいます。

カスタマイズ

カスタマイズは不可。購入時に10パターンのカラーリングを選択できますが、購入後は変えられないのでよく吟味する必要があります。

感想

特殊なギミック付きの車両とはいえもうちょっと価格はどうにかならなかったのかという想いがあります。いや、この車単体としての値段なら分からなくもないですけど、10パターンのカラーを用意しといて購入後はカラー変更不可、違うカラーが欲しかったらもう1台買ってねというのは中々ふてぶてしいなと笑。ナイトクラブで保管と改造が出来てこの値段なら納得も出来るんですけどね。

不満は多いですが、移動式ライブ会場になれる車は唯一無二。フレンドやクルーで集まる機会が多い人は買っておくと盛り上げ上手になれるのではないでしょうか。仲間が居なくても野良で人が集まっているところにフェスティバルバスで突撃するのも面白いですね。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

ベース車両→護送車

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら

created by Rinker
¥2,200 (2020/06/02 06:47:54時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド クリーク(Vapid Clique)」

1950年代の親は、プロムの夜に可愛い娘を迎えにきた車がヴァピッドクリークだったら心配したものです。自信に満ちた戦後の空気とフィルターなしのタバコの煙が意味することは1つ。良からぬことが起こる前兆です …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「MTL ウェイストランダー(MTL Wastelander)」

昔ながらの積載車を覚えているでしょうか?ウェイストランダーは全く次元が違います。従来の積載車を積んだとしても、人をも飲み込みそうな超高サスペンションにそれほど負担をかけずに火星の表面を平然と走れそうな …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デュボーシー セブン-70(Dewbauchee Seven-70)」

デュボーシーはこの美しいマシンを数台しか製造していませんが、この理由は業務上横領だけではありません。重要なのは1%の富裕層だけという徹底した排他的信念と個人的願望を追い求めた結果です。そう聞いて何かを …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デュボーシー マッサクロ(Dewbauchee Massacro)」+α

洗練された、上質で気品に溢れる、そのボンネットの下にはかなりのパワーを秘めています。デュボーシー社のこのグランドツアラーは、きわめてクラシックなイギリス車です。 (Legendary Motorspo …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アルバニー ルーズヴェルト バロー(Albany Roosevelt Valor)」+α

1920年代のリムジンで禁酒法時代みたいにパーティしましょう。ギャングと愛人の最初、または最後のデート向け。さあ「バレンタインの悲劇」の始まりです。 (Legendary Motorsportでの解説 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031