GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ スゴイ(Dinka Sugoi)」

投稿日:2020年2月17日 更新日:

瞬きひとつで姿を消すディンカ スゴイは、圧倒的パワーで栄光の輝きと共に駆け抜けます。レースであれ街のドライブであれ、このスターに乗って成層圏レベルのハイセンスを見せつけましょう。

(ロード画面での解説)

目と目を合わせず、会話もなしにどうやって興味津々だということを相手に分からせますか?「ディンカ スゴイ」の派手な外見は、さながら極楽鳥の求愛の儀式です。鮮やかなペイントを施し、ビームライトを放ちながら町を走り回れば、あなた一人では得られない称賛や友人をこの車が引き寄せてくれることでしょう。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ダイヤモンドカジノ強盗」アップデートで追加されたスゴイ。この車を見た人は口々に日本語で称賛の言葉を掛けてくれることでしょう。凄味を感じるスポーツカーを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ディンカ(Dinka)
名称:スゴイ(Sugoi)
分類:スポーツカー
駆動方式:FF
乗車定員:4人
購入価格:$1,224,000(調達ミッションでこの車を選択して「カジノ強盗:フィナーレ」をクリアで$918,000に割引)

モデル車の考察

モデルはホンダ シビック(FK型)ですね。フロントマスクにスバル WRX STI(第4世代)、テールランプにシボレー ボルト(第2世代)の要素が含まれているものの、「これ大丈夫?」と思ってしまうほどシビックそのままです。

ホンダのスポーツコンパクトをモデルにした車はブリスタ コンパクトブリスタ・カンジョブリスタと3台のブリスタが揃っています。モデルを考えるとスゴイは名前にブリスタが付いていないですが、ブリスタシリーズの系譜に連なる1台でしょうね。ブリスタ・スゴイ!

ボディーペイントの元ネタ

は、童夢が販売する市販車ベースのレースカー、シビック TCRがモデルでしょうか(画像)。

走行性能

操作感が軽くキビキビと走るいかにも日本製スポーツコンパクトといった走りです。速さそのものはスポーツカーカテゴリーの中では平均的で、良くも悪くも「高性能なFFコンパクトカー」って感じですね。

加速性能は高めで最高速も中々。ただ、ハイパワーFFの宿命かトラクション性能がかなり低めで、悪路や傾斜のある場所だと全然前に進んでくれません。障害物に乗り上げて身動きが取れなくなることもそこそこあり、路面コンディションに大きく走りが左右されてしまいます。

コーナリング時の動きは軽快でブレーキもよく効き慣れれば楽しく乗りこなせますが、これまたFF車ならではの特徴として低速域ではアンダー、高速域では不安定でオーバーが出やすい悪癖があり、綺麗にコーナリングを決めるには繊細な操作が必要です。

カスタマイズ

エアロパーツがとても充実していて、レースカーを思わせるようなド派手なエアロが多いです。ただ、サスペンションの変更による車高の下げ幅がそれほど大きくなく、レースカーのようなベタベタの低車高に出来ないためフルエアロで武装しても市販車っぽさは抜けないですね。そこはちょっとアンバランスに感じるかも。

ボディーペイントはストライプ系と競技車両風のものが多めで、キラキラ・ワサビ・キティの痛車ペイントもあります。どのペイントも強烈なインパクトを放つというよりはシンプルに整ったデザインになっていて、どのカラーとも合わせやすいものになっていますね。

感想

速さは平凡で走りもFF独特の癖があり乗りやすいとも言い切れないこの車。しかしモデルの再現度の高さといいこのビジュアルはやはり魅力的。日本車好きなら買いですね。あとは4ドアスポーツカーが好きな人にもいいかもしれません。



モデル車について

ホンダ シビック(FK型)

1972年に初登場し、長きに渡って進化を続けてきたシビックも遂に10代目となった。8代目と9代目では地域ごとにボディタイプの異なるシビックを販売する方針をとっていたが、10代目では4ドアセダンも5ドアハッチバックも各地域で販売されることとなった(2ドアクーペのみ北米限定)。伝統のハイパフォーマンスモデルである「タイプR」の扱いも変わり、これまでのノーマルをベースにタイプRを作り上げていく手法から、最初からタイプR専用の設計で開発をしていく手法にシフト。生まれ変わったシビック タイプRは最早FFのスーパーカーと言うべき完成度となり、世界一過酷なテストコースであるニュルブルクリンク北コースで市販FF車最速タイムを記録した。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

ブリスタシリーズ→ブリスタ コンパクトブリスタ・カンジョブリスタ

他のディンカ車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「ディンカ(Dinka)」

今作に出てくる日本車→【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

カジノ強盗の攻略→【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(準備編)」【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(フィナーレ編)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ〜第1幕 準備ミッション「死の運び屋」「信号傍受」「サーバー室」【攻略】

強盗:ドゥームズ・デイ、第1幕の準備ミッションについての攻略です。 目次1 死の運び屋2 信号傍受3 サーバー室4 関連コンテンツ 死の運び屋 調達ミッション「救急医療機材」をクリアでプレイできるよう …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「エナス ウィンザー(Enus Windsor)」

英国貴族の邸宅と自動車の境界をあやふやにするこの車に乗れば、ニューメタルファンでさえ、気品あふれる趣味の良さをかもし出せます。ダメな製造メーカーのおかげで空気抵抗は大きく、シャーシはかなり重たいため、 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ヨウガ・クラシック4×4(Bravado Youga Classic 4×4)」

どこまでも真面目に、スタイルを追求する――それがヨウガ流です。この夢のようなモデルチェンジには、そうした純粋なデザインに対するベニーの深い敬意が現れています。四駆へのアップグレード?冗談じゃない。車高 …

Grand Theft Auto Vice City(グランド・セフト・オート バイス・シティ)のストーリーまとめ

グランド・セフト・オートのストーリーをまとめてみよう、第2弾です。今回はバイスシティ。 目次1 オープニング2 ビジネス乗っ取り3 裏切りへの決着4 あとがき5 ストーリーの年表 オープニング ハーウ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アルバニー ルーズヴェルト バロー(Albany Roosevelt Valor)」+α

1920年代のリムジンで禁酒法時代みたいにパーティしましょう。ギャングと愛人の最初、または最後のデート向け。さあ「バレンタインの悲劇」の始まりです。 (Legendary Motorsportでの解説 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829