GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「マイバツ ペナンブラFF(Maibatsu Penumbra FF)」

投稿日:2020年8月17日 更新日:

マイバツは理解しています。今の困難な世の中では、ご自慢のゼロ年代のクラシックなレーシングカーの色にこだわるのも至難の業ということを。そこで当社ではロスサントス・カスタムと提携し、あなたの人生が求めるあらゆるペイントをご用意しました。最高にツイてない日にぴったりなペイント?ございます。逆立ち健康器具で宙づりになっている時用のペイント?ございます。毎晩遅くまで父親に出来損ないだと怒鳴られている時のためのペイント?もちろんです。さらにカラフルになったペナンブラFFをお見逃しなく。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ロスサントス・サマースペシャル」アップデートで追加されたペナンブラFF。車好きな強盗団の元へ潜入捜査を行うならこの車を用意する他ありません。ファミリーに近づく1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:マイバツ(Maibatsu)
名称:ペナンブラFF(Penumbra FF)
分類:スポーツカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$1,380,000

モデル車の考察

モデルは三菱 エクリプス(第2世代)ですね。映画「ワイルド・スピード」で登場したことにより人気が爆発した車です。名前に付いている”FF”も恐らくワイルド・スピードの原題「The Fast and The Furious」を捩ったものでしょう。ちなみにこの車の駆動方式は4WDです。この名前とモデルでFFじゃねーのかよ!

今作では既に第4世代のエクリプスをモデルにしたペナンブラが登場していましたが、ここに来て第2世代のエクリプスをモデルにした車が登場したのは嬉しいサプライズでした。ワイルド・スピードの登場車がモデルの車を集めている人は歓喜していることでしょう。



ボディーペイントの元ネタ

次は見てろよは映画「ワイルド・スピード」に登場したブライアンのエクリプスがモデルですね。ペナンブラにも用意されていたペイントですが、ペナンブラFFでやるとより再現度が高まりますね。

ウィーハングリーは映画「ワイルド・スピードX2」に登場したローマンのエクリプスがモデルですね。こっちのペイントはペナンブラの方でやってほしかった気もします笑。しかし全然元ネタっぽいカラーにならないな……

走行性能

非常に軽快な走りで楽しい車ですね。コンパクトな4WDスポーツということでサルタンレトロエレジー・レトロと似た感触があります。

トラクションの掛かりが非常に良く、鋭敏な加速を見せてくれます。最高速はそこそこレベルなので、ストレートの長いコースよりも加減速が頻繁にあるコースの方が合ってそうです。

操作に対する反応が機敏で、クイックに向きを変えられます。ハンドリング特製も弱オーバーステアで、緩やかにリアを流しつつ前輪が車体を前に引っ張っていってくれる理想的な4WDの走りでとても扱いやすいです。ブレーキの効きも良いのでコーナリングマシンとして低速コースで活躍してくれそうです。

カスタマイズ

改造パーツは非常に豊富で、エアロパーツが各種10種類以上も用意されています。中でもフロントバンパーとスプリッターが分けられているのがなんとも贅沢なラインナップですね。エアロ選択の自由度は間違いなくトップクラスです。

ボディーペイントのラインナップも豪華で、ワイルド・スピード仕様、チューニングカー仕様、レーシングカー仕様、痛車仕様など様々な種類があって、どれもかなり凝ったデザインで選ぶのが大変です。全部の絵柄を揃えたくなってしまうほどどれも出来が良いですね。

感想

ワイルド・スピードネタが好きなロックスターなのでいつかは出してくれるんじゃないかと思っていましたが本当に来ましたね。カスタマイズの幅広さも期待以上で本当に素晴らしい。弄り倒したくなる車です。

性能面に関してはちょっと複雑。スゴイみたいにFFスポーツらしい走りを期待してたらまさかの4WDですよ。性能自体は高いし走りには文句ないんですけど、モデルらしさが薄いのがちょっとなーという感じですね。



モデル車について

三菱 エクリプス(第2世代)


スタリオンの後継機として登場し、ハイパフォーマンスで廉価なスポーツカーとして北米で人気を博したエクリプスの2代目。先代と同じくギャラン(第6世代)の基本コンポーネントを流用しているため先代と共通する部分は多いが、再設計され洗練された足回りなど先代から確実に進化を遂げている。ただ、1994年から1999年まで販売された2代目は初代ほど人気があったわけではなく、人気が爆発したのは販売終了後の2001年、映画「The Fast and the Furious(邦題:ワイルド・スピード)」が公開されてからだった。劇中で主人公の乗る車としてカスタムされたこの車が活躍したことにより、2代目エクリプスはスポーツコンパクトの代表的な1台として知られるようになった。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

後継機→ペナンブラ

今作に出てくる日本車→【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

他のワイルド・スピード関連の車→GTA5/GTAオンライン 映画「ワイルド・スピード」シリーズが元ネタの車まとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ルーン チェブレック(Rune Cheburek)」

チェブレックの見た目にだまされてはいけません。きれいに仕上げてあるものの、実際は慌てて自由市場向けに固めなおしただけの、鉄のカーテンの塊です。噂ではクレヨンを持った二日酔いの子供に外装デザインを任せた …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ジェスター(Dinka Jester)」+α

前から見ると、歯をむき出しにして怒った顔に似ている日本製のハイブリッド電気スポーツカーは、人によっては風変わり過ぎるかもしれませんが、「ディンカ ジェスター」の4リッターV6エンジンは420馬力を誇り …

【GTAオンライン】乗り物を改造できる場所まとめ

GTAオンラインにて乗り物を改造できる場所の一覧を作ってみました。愛車を思い思いにカスタマイズしていきましょう。 目次1 ロスサントス・カスタム/ピーカース・ガレージ2 ベニーズ・オリジナルモーターワ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ハイジャック ラストン(Hijak Ruston)」

毎度、最初のコーナーにライバルを叩きつけるのに飽きてきたら、ハイジャック ラストンを試してみてはいかがでしょう。エッジーな最新のコンセプトカーで、ライバルを少々放射能が混じった排ガスに巻いて走り去りま …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「シャイスター ディーヴィアント(Schster Deviant)」

その昔、ディーヴィアントはマッスルカー界の負け犬とみなされていました。しかし、遺伝子操作された怪物のごときこの負け犬は、チャンスの国において逆襲の機会をじっと窺っていたのです。シャイスターチームはその …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31