GTA HDユニバース

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド バッファロー(Bravado Buffalo)」

投稿日:2021年12月20日 更新日:

ブラヴァドのマーケティング部門は消費者に必要なものを心得ています。肥大化し過ぎたエレクトロニックダンスミュージック世代向けに、1960年代のマッスルカーを復活させました。これはアグレッシブなドライバー向けのアグレッシブな1台です。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

警察車両にも採用されているバッファロー。アメ車はデカくてハイパワーでないといけません。古き良き時代を蘇らせる1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ブラヴァド(Bravado)
名称:バッファロー(Buffalo)
分類:スポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:4人
購入価格:$35,000

モデル車の考察

モデルはダッジ チャージャー(LX型)ですね。解説文での「1960年代のマッスルカーを復活させました」という一文も初代チャージャーのリバイバルモデルとなるLX型を意識しています。フロントマスクには第5世代のフォード マスタングの要素も見受けられます。

モデル的には初代チャージャーをモデルにするデュークスと関係があってもおかしくなさそうですが、デュークスのメーカーはインポンテ(モデルはポンティアック)でメーカーからして違うため関係性はなさそうです。というかなんでデュークスがインポンテなんだろう。

複数の派生バージョンがある車で、特に有名なのはオフラインの主人公フランクリンの愛車にもなっているバッファローS。こちらは2012〜2014年のチャージャー SRT8(LD型)がモデルで、設定的にバッファローの高性能モデルなのかバッファローの後継車の高性能モデルなのかはハッキリしませんが、とにかくこちらのバッファローより新しいモデルなのは確かです。「契約」アップデートでは更に新しいバッファローSTXも登場しました。

警察車両にも使われていて、バッファロー版のポリス・クルーザー、FIB仕様の黒い覆面車両が存在します。どちらもノーマルのバッファローより性能が強化されています。

過去作ではサンアンドレアスで登場。第3世代のシボレー カマロに、オペル マンタB2のようなヘッドライトを合わせたスポーツカーでした。カタリーナの隠れ家に固定配置されたり、憎たらしい汚職警官エディ・プラスキーの愛車だったりとストーリー上で目にする機会が多く、高性能なFRスポーツカーだったためよく覚えているプレイヤーは多いのではないでしょうか。

(SAでのBuffalo。ZR-350と並べてFDとFCみたいに扱ってた思い出)

GTA4では最初チャージャーがモデルのパトカー版だけが登場していて、ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニーから通常版のバッファローが登場、GTA5でそのまま続投という経緯になっています。

走行性能

モデル的にはマッスルカーカテゴリーでも良さそうな車ですがカテゴリーはスポーツカー。走りもスポーツセダンらしい落ち着きのあるものに仕上がっています。

加速性能と最高速度はスポーツカーの中では平均クラス。速さそのものは平均的なこの車で特筆すべきは走りの安定感。路面にしっかりとグリップし、ニュートラルなハンドリングでスムーズにコーナーをクリアしていきます。やや動きに重たさはありますがそれも安定感だと思えば気になりません。

ブレーキの性能は最高クラスでどんな路面でもしっかりと止まってくれます。トラクションも重量級FRとは思えないほど良く、誰でも扱いやすくその気になれば結構速い初心者〜中級者向けの車と言えます。パトカーのベースになるのも納得か。ボディの耐久力も初期車にしては高めです。

カスタマイズ

バンパーやスカートなど一通り改造項目はあるものの、用意されている各パーツは1種類のみで、どれも純正とほぼ変わらないシンプルなもの。見た目は殆ど変えられないですね。

感想

モデルを考えるとちと走りが大人しすぎる気もしますが、よく走って乗りやすくて良い車です。難点があるとすれば、上位互換とも言えるバッファローSがフランクリンの愛車ということでノーマルのこちらは影が薄いことでしょうか。改造も殆どできませんし、よっぽどこちらが気に入っているとかでない限りバッファローSで十分ですね。野良湧きしないバッファローSに対しこちらは野良湧きするので、アシが見つからない時にはお世話になりましょう。



モデル車について

ダッジ チャージャー(LX型)

1960年代後半に登場し、マッスルカーの代名詞となったダッジ チャージャー。そのチャージャーをリバイバルさせる計画が持ち上がり、2005年に新たなチャージャーが誕生した。大柄なボディにハイパワーなエンジンを載せたいかにもなアメリカンマッスルカーに仕上がっており、往年のファンや若い車好きを喜ばせた。デビュー当初はV6エンジンを積むモデルしかなかったが、翌年の2006年には往年のスポーツグレードと同名である「チャージャー デイトナ R/T」が登場し、そのモデルには初代と同じくV8エンジンが積まれた。2011年からはより洗練されたデザインのLD型が新登場し、今もなお進化を続けている。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

バッファローシリーズ→バッファローSバッファローSTX

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTA HDユニバース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ オムニス(Obey Omnis)」

ラリー最盛期、ターボを搭載したブリキ缶が泥だらけの土手に集まった観衆の間を突っ切っても、あの強大な政府には打つ手がない。オベイ オムニスは、そんな無邪気で無秩序な時代の象徴的存在でした。ファンの皆様に …

【GTAオンライン】物件まとめ「オートショップ」

「ロスサントス・チューナー」アップデートで追加された物件、オートショップについて紹介をしていきます。 目次1 オートショップでできること2 オートショップの概要3 オートショップのラインナップ4 オプ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「フィスター グロウラー(Pfister Growler)」

Have you spotted it yet? There’s something exceptional prowling round Los Santos. They say it sprint …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ テザラクト(Pegassi Tezeract)」

これはもはや車というより、公道における人類の「音速」に対する挑戦と言ったほうが良いかもしれません。いよいよ「ペガッシ テザラクト」の登場です。未体験の領域へようこそ。 (ロード画面での解説) 皆さん、 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031