GTA HDユニバース

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト センチネルレトロ・ワイドボディ(Übermacht Sentinel Classic Widebody)」

投稿日:2022年11月24日 更新日:

「犯罪事業」アップデートで追加されたセンチネルレトロ・ワイドボディ。ドイツ製の角ばったクーペにワイドフェンダーを付けたくなるのは正常な欲望です。偉大なツーリングカーを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ウーバーマフト(Übermacht)
名称:センチネルレトロ・ワイドボディ(Sentinel Classic Widebody)
分類:スポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$1,350,000~$1,187,500(センチネルレトロ:$650,000〜$487,500、カスタム費:$700,000)
備考:センチネルレトロをベニーズに持ち込みアップグレードすることで入手

モデルの考察

センチネルレトロをワイドボディ化したベニーズ車両ですが、モデルはPANDEMのワイドボディキットを組んだBMW E30クーペですかね。特に橋本コーポレーションの個体がモデルになっているっぽいです(画像)。LTO(Live to Offend)のE30もモデルになっているかもしれません(画像)。

ボディーペイントの元ネタ

「Pole Position」はバイスシティで登場したストリップクラブ、ポールポジションクラブが元ネタではないかと思われます。

走行性能

車両の特性はベースと変わらずで、唐突にツルッと滑る不安定さは変わらず。しかし、基本性能が大幅にアップしたため戦闘力はかなり上がっています。

加速性能が上がったのは勿論のこと、最高速が10マイルもアップ。これによりスポーツカーカテゴリーでも上位のストレートスピードを手に入れ、直線でも戦えるマシンに変貌しました。

ベースの方はクイックな動きで低速コースを頑張って走るしかなかったですが、これならコースを選ばず走れるでしょう。とはいえピーキーなところは変わらないどころか、スピードレンジが上がってよりそういった部分が出やすくなっているのでより神経を使う必要がありそうです。

カスタマイズ

エアロパーツや内装類など多くのパーツが追加されています。その一方で、ベース車両にあったパーツが色々と削除されていて、単純にパーツが追加されているわけではないのがちょっと残念なところ。

バンパー類はカナードやスプリッターが付いたものが追加されていて派手なカスタムが可能。代わりにステッカーボム系のパーツが無くなっているのはちょっと残念ですね。サイドスカートは肉厚なものが用意されていてワイドフェンダーとの綺麗に合わせられるのが良し。

ワイドボディの追加パーツで特筆すべきはグリル。キドニーグリルっぽくできる物もあり、グリルを変更するだけでフロントマスクの印象が大きく変わります。怒られない程度にBMWに寄せられるのが良いですね笑。ヘッドライトカバーはテープや色付きのカバーがあったりするのが良い感じ。ただ、凄く地味ですがヘッドライトワイパーが削除されてるのが悲しいです。

ボンネットはシンプルなダクトが付く物もあれば、シースルーに出来る物もあり。サブカラーとカーボンの差分パーツはペイントとの組み合わせで色々と小技を効かせられますね。フェンダーはサブカラーとカーボンの色差分しかないですが、十分と言えば十分か。

ルーフ部分はライトバーだったりルーフトレイだったりが付けられます。荷物を載せたりできたベース車両と比べるとバリエーションが増えたんだか減ったんだか分からない内容なので、折角なら色々荷物を載せたり出来るようにしてほしかった気も。

スポイラーはベース車両と大体同じラインナップですが、GTウイング系が削られて代わりにモデルの車に付いていたようなダックテイルなどが増えていますね。これもちょっと複雑というか、ワイドボディ化で派手なパーツが似合うようになったのに派手なパーツ削除しちゃうんかいという感じです。

内側部分はエンジンルームを弄ったりインタークーラーを付けたり、他のベニーズ車両同様に内装を弄ったりできます。ガッツリレース仕様にするのも良いでしょう。

カラーについてはサブカラーがトリム部分に適用されているのが良いのか悪いのか。ロールケージもサブカラーが適用されるので、色の組み合わせで痒い所に手が届かないような場面も出てきたりするかもしれません。

サスペンションは何故か純正含めて3種類しかないですが、しっかり車高を落とせるので不満はないと思います。シャコタンには出来なくても、丁度いい塩梅までは落とせますからね。

ボディーペイントはサイドにシンプルな柄を入れるものが半分、企業ペイントが半分といった感じです。企業ペイントは凝ったものが多くカッコいいのですが、不満なのはベース車両にあったボディーペイントが全て削除されていること。ベース車両の企業ペイントも良いラインナップでしたし、他にも錆ペイントや痛車ペイントなど豊富なバリエーションがあったのに、それらを全てリストラしてしまっているのは解せません。数自体はワイドボディの方が多いものの、バリエーションではむしろベース車両のボディーペイントの方が多様ですね。

感想

センチネルのワイドボディ化。ただそれだけでも嬉しくなるくらい良いカスタムですね。性能も大幅アップし、ピーキーでも速さを持った車に進化しました。

この辺の大きな部分ではかなり評価できる1台なんですが、カスタムパーツを見ていくと今ひとつ物足りなかったり、消さないでほしかったパーツも色々とあったりで、細々と減点が入ってしまうのが残念。特にボディーペイントは本当に勿体ない。やる気の無い流用をよくする癖に、なぜ今回は全て新規で作って総入れ替えをしてしまったのか。

そんなわけで、良い車なんだけどちょっとあそこがな〜ここがな〜とも言いたくなってしまう1台です。今回のアプデで登場した他のベニーズ車両と比べると値段がそこそこ抑えられているので、こんなもんかなと思っておくのが幸せでしょうか。小さな不満には目を瞑って、良い所に目を向けていきましょう。



フォトギャラリー

関連コンテンツ

新型→センチネル

他のウーバーマフト車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「ウーバーマフト(Übermacht)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
フジミ模型(FUJIMI)
¥2,156 (2022/11/26 19:14:07時点 Amazon調べ-詳細)



-GTA HDユニバース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ オムニスe-GT(Obey Omnis e-GT)」

マインドフルネスのための時間を持ちましょう。呼吸する時間、考える時間、日々の小さな幸せに感謝する時間を。小さな幸せとは、2つの交流同期電動機や全駆動、あるいは、オプションでミサイルロックオン・ジャマー …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「V-65 モロトク(V-65 Molotok)」

共産主義者について言いたいことはいろいろあるでしょうが、猛烈な威力と洗練されたスタイルを併せ持つ兵器のセンスは認めざるを得ないでしょう。V-65モロトクは発展途上国の軍事政府や独裁政権によって再生産さ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド イモーゴン(Overflod Imorgon)」

The Överflöd Imorgon sports car, the electric thoroughbred you never dared imagine. Available now fr …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「マンモス スラスター(Mammoth Thruster)」

Get ready for the long-awaited madness of the Mammoth Thruster personal jetpack. GTA ONLINE: THE DOO …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド バッファロー(Bravado Buffalo)」

ブラヴァドのマーケティング部門は消費者に必要なものを心得ています。肥大化し過ぎたエレクトロニックダンスミュージック世代向けに、1960年代のマッスルカーを復活させました。これはアグレッシブなドライバー …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930