GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アルバニー ヘルメス(Albany Hermes)」

投稿日:2018年9月12日 更新日:

ヘルメスは、自動車と言うよりもはや伝説です。クラシックマッスルカーが生まれて間もない1960年代、この車は既にイクリプス大通りを走りながら、両切りタバコの煙と女性蔑視の概念をまき散らしていました。このキャンバスになら、かなり攻撃的な作品を描き上げることができるでしょう。しかも、感動の涙を誘うペイントは序の口に過ぎないのです。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「強盗:ドゥームズ・デイ アップデート」で追加されたヘルメス。その美しいデザインで新たな時代を切り拓いた車です。アメリカの車界で新たな1ページを刻んだ1台を見ていきましょう。

車両データ

メーカー:アルバニー(Albany)
名称:ヘルメス(Hermes)
分類:マッスルカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:535,000$

モデル車の考察

モデルは、マーキュリー エイト(第3世代)がベースで、ハドソン ホーネット(第1世代)の要素が含まれている、という感じでしょうか。

過去作のバイスシティ(以下VC)、サンアンドレアス(以下SA)では殆ど同じデザインで同名の車が登場しており、復刻車ということになります。ボディーペイントにはファイヤーパターンが用意され、バイスシティで登場したキューバギャング仕様にすることができます。ブードゥーと並べると目頭が熱くなりますね。

名前のヘルメスはギリシャ神話に登場する神の一人から名付けられています。これは、ヘルメスがローマ神話におけるメルクリウス(マーキュリー)に相当する存在であることから、マーキュリーとヘルメスを繋げたのでしょう。

(VC、バイスシティ・ストーリーズ(以下VCS)のヘルメス)

(VCのキューバン・ヘルメス。VCSではベースカラーが黒からグレーに)

(SAのヘルメス)

ボディーペイントの元ネタ

「AMAZING ALBANY」は、NASCARで活躍したホーネットのストックカー仕様「ファビュラス ハドソン ホーネット」がモデルですかね。再現度の高いペイントなのに、錆仕様しかないのが残念。余談ですが、カーズに登場するキャラクターのハドソンさんは、この車がモデルになっています。

走行性能

癖だらけの車です。特に悪い方の癖が山ほどある車なので、乗りこなすのは大変です。

まずオーバーステア。見た目通りにやはりグリップ力が悪く、簡単にリアが滑ります。そして重心の高さ。コーナーでグリップして曲がっていったかと思いきや、突如として車体が浮いて片輪走行からの横転をすることがよくあります。

これらの症状はサスペンションを変えて車高を下げると少しは緩和されますが、今度はアンダーステアが強くなり、悪癖も消えるわけではないのでなんとも言えず。
更に、ブレーキの効きが悪いです。重たいオフロード車とどっこいどっこいな効かなさで、どこまでも止まりません。

と、難点を挙げたらキリがない車ですが、加速性能はかなりのもの。最高速も旧車にしてはそこそこ伸びるので、走りの特性は完全に直線番長ですね。直線だけならマッスルカーの中でも結構なもの、かも。

カスタマイズ

改造パーツは多くないものの、懐かしのキューバギャング仕様を思わせるファイヤーパターンなど、カッコいいボディーペイントが揃っているのでいいのではないでしょうか。

欲を言えば、ルーフの取り外しであるとかサイド出しマフラーであるとか、カスタムの幅がもっと広いと満足度が高かったかなと思います。

感想

走れば走るほど不満が出る車ですが、むしろそれが良い。大体、高い金を払って旧車を買っている時点で性能なんて気にしません。これくらい癖の塊のような車の方が愛着が湧きます。

ただ、性能はどうでも良くても、カスタマイズパーツには拘りたいのでその点は不満。バイスシティ仕様だけでなく、もっと色んなテーマで弄れる車だと良かったですね。

小ネタ

珍しく標準でエアサスを装備した車で、停車時と走行時で車高がかなり変わります。他に、ベニーズ製でもないのにエアサスを装備しているのはヨセミテだけと、かなりレアな仕様ですね。

この車が登場した際、運営からのクリスマスプレゼントということで、2017年12月25日の1日限定でこの車を無料で1台購入できるイベントがありました。しかし、このイベントはかなり杜撰な管理体制で、「無料で買えると思いきやしっかり正規料金を取られる(しかも売却額の方はしっかり0$)」というケースが見受けられました。

この不具合の報告件数が多かったため、運営はお詫びとして返金対応を行いましたが、「返金されなかった」「買ってないのにお金が貰えた」「返金されたと思ったら没収された」など、かなりヘンテコな対応が行われました。不具合自体はまだしも、その後の対応で余計に混乱が起きるという、GTAオンライン史上でもかなりの珍事件にヘルメスは巻き込まれてしまいました。

モデル車について

マーキュリー エイト(第3世代)

フォードの高級ブランドとして登場したマーキュリー。そのマーキュリーの代表作となったのがエイトであり、エイトの第3世代バージョンは特に強いインパクトを残した。戦後の新たな時代を象徴するポントンスタイルのボディは新鮮さを与え、同じ時代の他車との差別化に成功し売上を伸ばした。そのデザインはチューナー達に時代を超えて愛され、カスタムカーのベースとなって数多くの作品が作り出された。

ハドソン ホーネット(第1世代)

まだストックカーレースが文字通り「市販車そのままの車」によるレースだった1950年代、アメリカのレースシーンで無敵と言える活躍を見せたのがハドソンのホーネットだった。ステップダウンシャシーによる重心の低さと、大排気量のエンジンパワーを活かし、ダートコースの多かった当時のストックカーレースで大活躍。更に、レース仕様として生まれた「ファビュラス ハドソン ホーネット」が登場し、最早ストックカーレースはホーネットの独壇場だった。しかし、大手自動車メーカーの販売戦略の影響を受け、レースでの活躍の割に販売は伸び悩み、ライバル車に比べると売上では奮わなかった。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン サルタンRS(Karin Sultan RS)」

大きく目を見開いた90年代の下級管理職にとって、カリン サルタンは「もう少しでヨーロッパ製が買えそう」という位置付けでした。現在のあなたはラリードライバーに憧れる成人病予備軍の怒れる中年ですが、今も変 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン クルマ(Karin Kuruma)」

耳に大きな穴をあけるピアス、つや消しのスパイク、ダボダボのジーンズを纏ったあなたにぴったりな車です。これさえ買えば、小さな町のヤクの売人に必ずや間違われることでしょう。 (Southern Sanan …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「シュヴァル タイパン(Cheval Taipan)」

人間が考えたデザインなど、もはや時代遅れです。研究開発の部署を潰し、数値流体力学の教科書と挑発的なアニメをスーパーコンピューターに与え続けた結果がこちらです。タイパンを運転するということは、非常なまで …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オセロット アーデント(Ocelot Ardent)」

燃料危機が高まり、汚職が蔓延するほど、70年代のスタイルへの回帰が叫ばれるものです。そんなノスタルジックな願いを本当の意味で満たせるマシンは1台しかありません。アーデントはあなたの富と性的なアピールを …

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「カリン(Karin)」

目次1 エンブレム2 モデルの考察3 このブログで紹介した車4 小ネタ5 モデルについて5.1 トヨタ自動車6 関連コンテンツ エンブレム モデルの考察 モデルは日本最大の車メーカー、トヨタでしょう。 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter