GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ヴァモス(Declasse Vamos)」

投稿日:2019年3月22日 更新日:

サンアンドレアス各地のショールームにデクラス ヴァモスが登場し、ついに自由を得る時が来ました。髪を切り、絞り染めの着物を脱ぎ捨て、オーガニックな幻覚剤の実験はもうやめにしましょう。60年代の素晴らしさは、このシンプルなコンパクトカーに全て集約されています。

(ロード画面での解説)

信じられないかもしれませんが、ヴァモスの歴史は1960年に実用的で安価なコンパクトカーとして始まりました。しかしその後の10年で素晴らしいことが起きたのです。ヴァモスは実家を出て、V8エンジンやファストバックとつるむようになりました。ホイールベースが長くなり、グリルが拡張され、ボンネットは夏中恋人といちゃつけるほど長く平らになり、今やすっかり問題児の仲間入りを果たしています。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「アリーナ・ウォーズ」アップデートで追加されたヴァモス。生き残るためには手段を選ばなかったマッスルカーです。時代に翻弄された1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:デクラス(Declasse)
名称:ヴァモス(Vamos)=行こう(スペイン語)
分類:マッスルカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:596,000$

モデル車の考察

モデルは、シボレー ノヴァの第3世代ですね。解説文の「コンパクトカーとして始まり〜」の話も、初代ノヴァはコンパクトカーとして誕生したものの他社のポニーカーにシェアを奪われ、ノヴァ自身も過激なポニーカーへキャラクターを変えていったことを揶揄したものです。

名前のVamosはスペイン語で「行こう」「進もう」などの意味を持つ言葉ですが、これはモデルのNovaがスペイン語で「動かない」を意味し、スペイン語圏でノヴァの売れ行きが悪くなった原因ではないか、という有名な話のパロディでしょうね。実際には都市伝説に過ぎない話らしいですが。

ボディーペイントの元ネタ

ほんとに安全?は、映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」で登場するシボレー ノヴァがモデルですね。「ほんとに安全?(Sure It’s Safe?)」という台詞が劇中で出てきます。

走行性能

非常に乗りづらいです。そもそも真っ直ぐ走れません。旧車マッスルカーは操縦性に難があるものが多いですが、ヴァモスの乗りづらさは異質です。

問題の原因はハンドリングの癖の強さで、操作にラグがあるというか「反応が残る」んですよ。一瞬だけハンドルを右に切っても、コンマ3秒くらい右へのハンドル操作が残り、すぐにステアリングがニュートラルに戻りません。そのため細かい向きの調整が困難で、直線を走っていてもバシッと方向が定まらず非常にストレスが溜まります。なんだか、バスやトラックなどの大型車両を運転するのと近い感覚があります。

それでいて、リアの滑りやすさなどマッスルカーらしい乗りづらさも健在で、重心の高さから横転もしやすく、呆れるほど乗りにくい車になっています。直線加速の良さは数少ない長所ですが、それだけではどうしようもないほど短所の多い車です。

カスタマイズ

マッスルカーにしては改造パーツが多めで、凝った作りのパーツが多いので弄るのが楽しいです。助手席を取り払ったり、前述のデスプルーフ仕様を再現できるのもいいですね。

ボディーペイントはマッスルカーらしいストライプとファイアパターンに錆ペイント、そして競技車両風ペイントとバリエーション豊か。オーナーの趣向次第でかなり完成形が変わってくる車でしょう。

感想

見た目は結構好きなんですが、とにかく乗りづらいので乗る気になれません。癖のある車は沢山ありますが、愛嬌のある癖とそうではない癖があり、ヴァモスは後者なので……可愛げのない問題児です。とにかく真っ直ぐ走れないのだけはどうにかしてほしい。

カスタマイズ面は本当に楽しいです。この1台で様々なスタイルの車が作り出せますからね。モデルの再現度も高いと思いますし、本当に乗りづらさだけが勿体無いんだよなぁ。



モデル車について

シボレー ノヴァ(第3世代)

1961年、シボレーから「シェビーII」という名前のコンパクトカーが登場した。コンパクトなボディにV8を積んだシェビーIIはサンデーレーサーを中心に人気を集め、シボレーのヒット作となった。しかし、同社のカマロを始めとするポニーカーたちが世に出回ると、シェビーIIの購買層の興味はポニーカーに移っていった。これを受けて、シェビーIIの3代目はそれまでサブネームだった「ノヴァ」を正式名称とし、大規模なモデルチェンジを行い過激な走りが魅力のポニーカーに変貌した。生まれ変わったノヴァの反撃が始まるかに思えたがライバルたちの牙城を崩すには至らず、更に1974年にはオイルショックが始まったことで燃費の悪いノヴァは為す術なく低迷してしまった。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ウェスタン カーゴボブ(Western Cargobob)」+α

夢にまで見た空飛ぶバスの登場です!カーゴボブはあらゆる戦争映画の哀愁漂う空撮シーンでお馴染みの、双発タンデムローター式の戦術輸送ヘリコプターです。積載区画に積むヤクの量や捕虜の人数にもよりますが、最高 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ オシリス(Pegassi Osiris)」

オシリスのドライバーは、アメリカのあらゆる消費者統計において、一番短い平均寿命を誇っています。彼らは過ぎし栄華と最新鋭の工業技術が作る世界で、一瞬を生きているのです。その極めて短い生涯の絶頂たる瞬間は …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド スピードー・カスタム(Vapid Speedo Custom)」

「ナイトライフ」アップデートで追加されたスピードー・カスタム。ラジコンマニア、肉屋の店主、誘拐犯などなど、バンを走らせる人間は多種多様です。商人のお供となる1台を見ていきましょう。 目次1 車両データ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト ザイオンレトロ(Übermacht Zion Classic)」

しまい込んだ「ラブフィスト」Tシャツと往年のパワー・バラッドを引っ張り出しましょう。80年代のノスタルジーに勝る燃料などありません。ウーバーマフトが生み出したザイオンレトロは、まさにこの燃料で走ります …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031