GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド レトニュー Mk2(Vapid Retinue Mk II)」

投稿日:2019年12月19日 更新日:

シリーズの続編といえば、オリジナルとは別物に生まれ変わるか、オリジナルをスケールアップさせて作り直すだけに二分されます。その点、「レトニュー Mk2」でヴァピッドの目指すところは明確です。オリジナルのしなやかなカーブは角ばったハードなラインに一新され、圧倒的パワーのエンジンとラリー仕様のサスペンションがカムバックを果たしています。ヨーロッパの若い走り屋向けに作られたアメリカ車とはいえ、馴染み深いデザインであり、恥ずべきことではありません。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ダイヤモンドカジノ強盗」アップデートで追加されたレトニュー Mk2。現役時代の父や祖父が山道を走らせ、子供に誕生日祝いとして授けてきた車です。ラリーストの英才教育に愛用されてきた1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:ヴァピッド(Vapid)
名称:レトニューMk2(Retinue Mk II)=従者(英語)
分類:クラシックスポーツカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$1,620,000(調達ミッションでこの車を選択して「カジノ強盗:フィナーレ」をクリアで$1,215,000に割引)

モデル車の考察

モデルはフォード エスコート(第2世代)ですね。レトニューは初代エスコートをモデルにしていたので、Mk2は文字通りレトニューの後継機ということでしょう。

ボディーペイントの元ネタ

「JACKEY’S」ラリーは、HT Racingのエスコート RS2000がモデルですかね。改造パーツで用意されているワイドフェンダーもこの車を意識したものかもしれません(画像)。

走行性能

性能面は殆どレトニューと変わらずで、じっくり乗ってみると違いが分かりますが意識しないとよく分からないような細かい違いとなっています。間違いなく性能は上がっていますが、微調整レベルのマイナーチェンジですね。

加速性能と最高速は変わらずのようですが、トラクションの掛かりが少し良くなった気がします。Mk2の方が僅かに発進時の力強さがあり、コーナリング時もレトニューよりリアが粘るようになりました。立ち上がり加速の速さとコーナリングの安定感が増していますね。

それ以外の部分は正直明らかなレベルの違いを見出すのは難しいです。ただ、この僅かなトラクション性能の違いで乗りやすい車に進化しているのは間違いありません。問題は、これだけ僅かな性能差で価格は2倍くらい違うことでしょうか。

カスタマイズ

レトニューに負けず劣らずパーツが豊富です。特にエアロパーツが充実していて、中でもワイドフェンダーが迫力満点でいいですね。他にはヘッドライドテープやシャコタンにできるサスペンションなど、レトニューと比べてカスタマイズの幅は広がっています。

しかし不満もあります。カスタマイズの幅は確かに広がっていますが、レトニューでやりたいような改造が満足にできるかといったらそうでもないのが不満です。レトニューにはあったマットガードやフォグランプといったラリーカーっぽいパーツが無くなっていて、ラリー仕様に特化したパーツがありません。

エスコートをモデルにした車ならまずはラリー系のカスタムを楽しみたいのが一番で、それ以外のカスタムはついでに楽しんでいきたい部分なので、まずはラリー仕様のパーツを充実させてほしかったなというのが本音です。

ボディーペイントはレトニュー同様に気合の入った企業ペイントが多く、競技車両風にカスタムするにはもってこいです。

感想

Mk2をモデルにした角ばった見た目がすごく好きで、デザインだけならクラシックスポーツカーの中で一番好きかもというくらいツボなんですが、用意されていたパーツがなんか思っていたのと違う!って感じですね。元のデザインが好みなのでボディーペイントを入れるだけでも十分なんですが、どうせならもっとラリー特化のカスタマイズ性にしてほしかったです。

あとはまぁ、やっぱり価格が気になるところでしょうか。クラシックスポーツカーは高くても100万ドル以内の価格に設定されていることが多いですが、この車は割引込みでも120万ドル。高級スポーツカーが買えるだけの価値がレトニューMk2にあるかと聞かれれば、そこはちょっと難しいところです。光るものはあるし好きな車ですが、客観的に見れば価格を納得させるだけの説得力は乏しいかなぁと感じました。



モデル車について

フォード エスコート Mk2

英国でベストセラーとなった先代の跡を継いだマシン。基本構造はそのままに、室内空間が大きく広がり実用性が高められた。そしてやはり、先代のようにラリーフィールドで活躍。79年にはビョルン・ワルデガルド、81年にはアリ・バタネンがMk2を駆りWRCチャンピオンに。鮮烈な印象を残したMk2は今でもカルト的人気を誇る車であり、ヒストリックラリーのイベントなどで元気に走る姿を見ることができる。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

先代→レトニュー

カジノ強盗の攻略→【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(準備編)」【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(フィナーレ編)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ギャング・ブリート(Declasse Gang Burrito)」

仲間を乗せる時も、死体を乗せる時も、後部にはスペースがあると便利です。TV局よりも犯罪現場を多く見てきたバン、デクラス ギャング・ブリートの実績は購入者の期待を裏切りません。 (Southern Sa …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド ブレット(Vapid Bullet)」

こういう車はもう製造されなくなりました。二酸化炭素やオゾン層のことなど誰も気にしていなかった1960年代のレーシングカーをベースに、ヴァピッドがブレットを作ったのはそのためです。 (Legendary …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カニス カマチョ(Canis Kamacho)」

四輪駆動車に求められるのはただ1つ、シンプルさです。飾り気のない大きなホイール、頑丈なシャーシ、大量のビールを積んだ荷台、そしてボンネットの下には数百馬力の強力なエンジン・・・カニス カマチョにはこれ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター ダブスタ(Benefactor Dubsta)」

登場以来変わらぬ姿で愛され続けるダブスタ。成り上がるために敵を多く作ってきた金持ちが好む頑丈なオフローダーです。箱型の高級車を見ていきましょう。 目次1 車両データ2 モデル車の考察3 走行性能4 カ …

【GTAオンライン】強盗:ドゥームズ・デイ第2幕〜準備ミッション「アベンジャー」「ULP救出」「ハードドライブ奪取」「潜水偵察」【攻略】

強盗:ドゥームズ・デイ、第2幕の準備ミッションについての攻略です。 目次1 アベンジャー1.1 攻略1.2 チェックポイント2 ULP救出2.1 攻略2.2 チェックポイント2.3 ULPバグの回避方 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031