雑記

将太の寿司、読み始めました

投稿日:

2024年6月1日までマガポケ「将太の寿司」全巻無料キャンペーン中ということで、これを機会に自分も将太の寿司を読み始めました。いやー面白いですね。ためになる寿司知識、二転三転の寿司バトル、そしてキャラクターの人情物語と、テンポよく展開されるお話に胸が熱くなるばかりです。

ただ、最初にこの漫画を読み始めての感想は、「あれ、クズが出てこないぞ……?」

自分が将太の寿司を読む前にネットで流れてくる情報から知っていたのは、敵キャラがとんでもないクズだということ。笹寿司という巨悪があり、そこの敵がなんで逮捕されていないのか分からんレベルの悪行で将太に嫌がらせをしまくるという情報だけを、よくネタにされるコマから知っていました。いつクズが出てくるのかとワクワクしながら読んでいたら、クズが居ない人情物語が展開されてイイハナシダナーと思いながら読み進めていました。

後で調べてみたら、最初の2巻までのお話はマガジンSPECIALで短期連載されたパイロット版で、その後に週間少年マガジンで連載された方とは色々設定が違うんですね。これをどちらも同じ「将太の寿司」として発行しているので、最初から読むと「笹寿司は?いけすかねぇクズどもは?」と混乱してしまうわけですね。こういうのって普通は分けて出すもんじゃないのか笑。とはいえパイロット版の方も楽しく読むことができました。

そして3巻から(ネットのネタで)よく知っている笹寿司が登場し、初っ端からクソムカつく嫌味を言ってきて「やったー!ネットでよく見るあのクズだ!」と盛り上がってしまいました笑。そうそう、コイツだよコイツ!この笹木ってやつを見たくてこの漫画読み始めたんだよ!と思い、ページを捲る手が進んでいきました。



あらすじ

主人公の将太は北海道の小樽に住む中学3年生で、家は「巴寿司」という寿司店を営んでいます。しかし、北海道では巨大寿司チェーンの「笹寿司」がカネに物を言わせた横暴な経営でシェアを伸ばしており、抵抗しようとした巴寿司もロクな寿司ネタが入ってこない嫌がらせを受け、客足は遠のくばかり。

この現状にすっかり腐ってしまった父を将太がなんとか奮い立たせ、「寿司握りコンテストに出て巴寿司の名をあげよう!」と、妹を含めた家族3人で立ち上がるものの、漁船でネタを取りにいった父は船を沈められ重症を負うという、嫌がらせを通り越してガチ犯罪な笹寿司の陰謀により事態は急転。動けなくなった父の代わりにド素人だった将太が寿司コンテストに出て、寿司職人としての才能を開花させていきます。

そして、寿司コンテストで輝きを見せた将太に、東京の名店「鳳寿司」の親方である鳳征五郎が目をつけ、将太は高校へ進学せず上京して鳳寿司で武者修行を始めるのでした。

ヤな同級生からヤな先輩!

ここからはネットのネタでは分からない未知の領域で、鳳寿司での修行編が始まりました。ここでキーマンとなってくるのはライバル役である佐治安人。こいつがまぁー嫌なやつで、何も知らない新人に仕事を任せて失敗したところをイビろうとするなど、現代なら何回パワハラで訴えられているか分からんレベルで将太に嫌がらせを繰り返していきます笑(現代基準なら佐治以外も大概パワハラ野郎とか言ってはいけない)。あまりの小物っぷりに、コイツを放置している親方の心証まで悪くなってくる始末です。親方は基本「見て学べ」な昔ながらの放置スタイルですが、流石に新人イビリを放置は良くねぇって!

そんな佐治と将太は、鳳寿司からの「新人寿司職人コンクール」の出場権を賭けて勝負をすることになります。ここでも佐治はエンジン全開で、将太のサポートをする同じく新人の慎吾へも精神攻撃を欠かしません。この作品の悪役は大概、唇をぷるんっと翻らせながら歯を食いしばるという、どうやって発声してるんだか分からん喋り方で煽ってきます。最初に出てきた笹木同様、佐治もこの喋り方の使い手で、佐治がこの喋り方でド畜生な台詞を吐く度に笑ってしまいました。マジでなんなんだよこの口は笑。

極めつけは、ヒロインが主人公へ送ってくれた手紙を密かに破り捨てるという悪行。北海道に居た頃、将太には渡辺久美子というイイ感じの仲の女の子が居ました。将太が東京に行ってから、将太は久美子に手紙を出し続けていましたが、久美子からの返事は一行にやってきません。そんなある日、将太がラジオを聞いていると、久美子のリクエストで岡村孝子 の「夢をあきらめないで」が流れます。

同時に、久美子が「男の子に手紙を送っているんだけど返事がない」と、将太と同じ悩みを抱いていることを知ります。おかしいと感じた将太は鳳寿司の各部屋を調べると、佐治の部屋からビリビリに破り捨てられた久美子からの手紙が。それまでも暴言、暴力のオンパレードだった佐治の悪行の中でもこれは流石にライン超え。

この後佐治は寿司職人として開眼し、将太の良きライバルとして扱われていくのですが、「でもコイツ久美子の手紙捨ててたんだよな……」と悪行が気になって素直に応援できません笑。なんか真摯な寿司職人みたいな感じで、コンプレックスも解消されて最終的に将太とも和解するんですけど、それで良しと思えないくらいヘイト溜まってるって!今時の作品だったら無様に負けて再起不能になってスッキリされるレベルで悪行重ねてるって!

結局この人が「あんと」なのか「やすと」なのかも呼び方がブレてて分からないし、とんでもないやつでした。再登場はあるのか、再登場したとしてラブレターを破り捨てた過去を忘れさせるほどの漢になっているのか気になります。

寿司サウナの完成や!

こんな感じに将太の寿司を読み進めていっているので、また書きたいことが出てくれば書いていきます。とにかくこの漫画はクズのバリエーションが豊かな作品で、なにせニコニコ大百科で「将太の寿司で行われた嫌がらせの一覧」の記事がある(しかも箇条書きなのにかなりの文量)くらいなので、「今度はどんなクズが出てくるんだ!?」とワクワクせざるを得ません。これは大将のおまかせ握りからどんな寿司が現れるかを楽しむのと同じ気持ちでしょう。

しかし、クズばかりが注目されがちな作品ですが、クズと同じくらいに聖人もよく出てくるのがこの作品です。主人公の将太はすごく良いヤツで、彼の周りに集まる人もまた良い人たち。他人のためにと身を粉にできる人々が織りなす人情ドラマも楽しい作品であり、人情ドラマで心を温めては信じられないクズを見て心を冷やすことで、心のバランスが「ととのう」のです。本当に極端というか、突き抜けて良い人と突き抜けてクソ野郎が交互に出てくる作品です笑。

読めば寿司屋に行きたくなる、そしてこんなクズにはならんとこうと思える「将太の寿司」、僕と一緒に読み始めてみませんか?

ヨルダに餌付けする→https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2UZHL13XYXEDV?ref_=wl_share



関連コンテンツ

宣伝→麻乃ヨルダ、何でも書きます



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デカダンスも残り1話

今年の夏アニメも終りが近づいてきましたね。自分が追っているのはフルーツバスケット、放課後ていぼう日誌、デカダンスの3つですが、特にデカダンスの面白さには驚かされました。 「デカダンス面白い」という情報 …

Youtubeで「GTAオンライン 車いじり放送」を始めます

以前からちょくちょくYoutubeでゲームの配信(という名の突発垂れ流し)をしていましたが、そろそろちゃんと時間を決めた定期的な配信をしてみたいなと思ったので、来週から「GTAオンライン 車いじり放送 …

12月21日からGTAオンラインの記事更新を再開します

モチベーションの低下であったり他ゲーに熱を上げていたりでGTAの記事更新をお休みしていましたが、暫くGTAから離れたおかげでモチベーションも回復しつつあり、カヨ・ペリコ強盗アップデートの日時も発表され …

勇者と鳥を狩れ!

マスターデュエルがリリースされて半年が経過。その間ずっとランクマではオルターガイストを使っていた自分ですが、このところ限界を感じていました。 というのも、以前よりも妨害能力を持つ大型モンスターが簡単に …

ウマおじさんのウマ娘スタート配信が酷すぎた

ちょっと前からYoutubeで「ウマおじさん」の動画を見ていて、ウマ娘クイズにウマ娘のアニメ視聴を楽しく見させてもらっていたんですが、昨日の配信があまりにもお粗末な内容だったのでその感想です。本当はY …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829