GTA HDユニバース

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アニス RE-7B(Annis RE-7B)」

投稿日:2018年5月29日 更新日:

GTサーキットの観衆を困惑させたアニスの実験的な試作品が限定販売を開始しました。革新的なデザインプロセス、日本最高峰の職人、エンジニア、航空学の専門家、武道家、そしてシェフなどが力を合わせ、皆様の不安や達成感から生じた妄想を具体化しました。

(Legendary Motorsportでの解説)

「スタントライダーズ」アップデートで追加されたRE-7B。サーキットで歴史を作った一台です。日本の職人たちが手掛けた芸術品を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:アニス(Annis)
名称:RE-7B
分類:スーパーカー
駆動方式:MR
乗車定員:2人
購入価格:$2,475,000(非売品)

モデル車の考察

モデルはマツダ 787Bですかね。ル・マン24時間レースでマツダに日本メーカー初の総合優勝をもたらしたことで有名です。名前のRE-7Bは787Bを元に「Rotary Engine」の頭文字を混ぜたものでしょうか。

ヘッドライトはアウディ R18 e-tron クワトロっぽい近代的なデザインで、グループCカーっぽいデザインに新しめのヘッドライドがついたちょっとチグハグな造形になっていますね。

後のアップデートでプロトタイプカー系のS80RRLM87が登場しました。こちらの2台は単座1人乗りが再現されていてより現実のプロトタイプカーに忠実な車となっています。

「サンアンドレアスの傭兵」アップデートで通販サイトから約200台の車両が削除されましたが、この車もリストラの対象となりました。そのため、オンラインの方ではロスサントス・カーミーティングの試乗トラックなどでリストアップされないと入手できないレア車両となってしまいました。興味が湧いた人は毎週ディーラー等をチェックしておきましょう(リストラ車両の一覧は【GTAオンライン】欲しいレア車を探せ!〜通販サイトから消されたリストラ車両まとめで)。

ボディーペイントの元ネタ

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥12,760 (2024/04/19 15:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

エスタンシアは、Renownがメインスポンサーの787Bが元ネタですかね。787Bと言えばコレ、というほど印象が強いペイントですね。ゼッケン番号も元ネタの55番を意識した66番になっています。

ちなみに、この有名なレナウンカラーは、当時のレナウンの社長が「どうせ勝てないだろうし、折角なら目立つように派手なカラーリングで」と社内のデザイナーに注文してこのカラーになったそうです。派手だし勝つしで2度美味しい結果になりましたとさ。

ペイントのパターンは元ネタと同じですが、クリームホワイトとブラックの部分は色が変えられないので、カラーを弄ってもモデル通りの鮮やかなグリーンとオレンジにはなりません。残念。

ペガサスは、Silk CutがメインスポンサーのXJR-9がモデルですかね。こちらもペイントは同じでカラーリングが違いますが、モデルが紫でこちらが青と色味が似ているので、こちらの方がモデルの再現度が高いように見えます。



走行性能

ルマンカーがモデルなだけあってかなりの高性能です。スーパーカーカテゴリーでも上位の速さでしょう。

加速性能は高めでスムーズな加速。最高速はコーナリング性能とのバランスを考えてかカテゴリーで中位程度に抑えられています(ルマンカーが最高速速くないって違和感あるけども)。トラクション性能は低めで、発進時もアクセル全開だと派手にホイールスピンしますね。

ハンドリング面は軽やかで流石の走り。ダウンフォースが効かない低中速コーナーだとアンダーもオーバーも多少出て不安定さはありますが、ダウンフォースが効いてくるとベタッと地面に吸い付いて鋭いコーナリングを見せてくれます。高速コースはお手の物でしょう。

サスペンションを変更すると動きが硬くなってシビアな走りになります。高速コーナーではビシッと車体が安定するものの、低中速コーナーではアンダーステアがきつくなり、ギャップを踏んだ時のリアの暴れ方も激しくなります。かなりの高速コースでない限りはデメリットの方が強く出そうです。

スポイラーを変更するとダウンフォースが上昇し安定感が増します。元々のダウンフォースの効きが強いのでそれほど大きな違いにはならないものの、確実にタイムは縮まるでしょう。

ボディーの強度は硬く、高速で車体をぶつけても殆ど凹みません。とはいえ無茶はしすぎないように。

自分のタイムアタック記録
救急ドリフト 0:54.120

カスタマイズ

見ての通り改造の余地が殆ど無い車なので改造パーツもスポイラーのみ。そのスポイラーもカーボン製のGTウイングのみで、ボディーペイントが適用されないのがビジュアル的にイマイチ。

サスペンション変更による車高の下げ幅は僅か。元々の車高が低いですからね。

サブカラーの適用範囲は車体後部から覗き見えるパイプフレーム部分。言われないと気づかんて。

純正ホイールは787Bを模したデザインになっていて、リアだけリムが深い拘りの一品なのですが、そのせいで他のホイールに変更するとリアだけが取り付け位置が内側になって思いっきりツラウチになります。(上記の「ペガサス」のボディーペイントの画像がその状態です)かなり違和感があるのでホイールの変更はよく考えましょう。

感想

これまでの作品では無かったプロトタイプレーシングカーをモデルとした車とあって、すごい存在感ですね。他のどの車とも違う異質な雰囲気で最高です。

と思っていたらS80RRとLM87が出てきて、この車も再現度的に「ちょっと違うな……」となってきてしまったのがなんとも不憫です笑。まさかね、GTAでCカーが3台も出てくるなんて思わんて。

正直、Cカーが欲しいならS80RRかLM87の方が良いです。それでも、787Bをモデルにしているのはこの車が唯一なので、その点に価値を見いだせるなら敢えてこの車を選んであげてもいいかもしれません。



モデル車について、

マツダ 787B

長年ル・マン24時間耐久レースに参戦し続けてきたマツダが、集大成として送り込んだマシン。90年のル・マンに787を持ち込み惨敗したマツダは、翌91年に改良型の787Bを投入。前年の不振により他チームからはノーマークの存在だったが、軽量さと燃費の良さを活かし、快調な走りで徐々に順位を上げていく。終盤にペースアップをし、追い上げに焦った首位ベンツの自滅を誘ったことで見事に総合優勝。マツダに日本メーカー初のル・マン総合優勝をもたらした。

ジャガー XJR-9

87年のWSPC(世界スポーツプロトタイプカー選手権)にて、圧倒的な成績でチャンピオンになったXJR-8の後継車。翌年の88年にはWSPCだけでなくIMSA-GTPへの参戦も決めたジャガーワークスチームのTWRは、XJR-8を改良したXJR-9を制作。同年のIMSA-GTPではポルシェに及ばなかったものの、WSPCではXJR-8の活躍を再現するような強さを見せ、チームとドライバーに2年連続チャンピオンをもたらした。

アウディ R18 e-tron クワトロ

耐久レースにて多くのタイトルを獲得してきたアウディ手がける、ハイブリッドカーでもあるプロトタイプレーシングカー。後輪をディーゼルエンジン、前輪をモーターで駆動させる4WDシステムにより、アウディ伝統の「クワトロ」の名を付けられている。12年よりWEC(世界耐久選手権)に参戦したe-tron クワトロは開幕から好調を維持。第3戦のル・マンを含め前半戦にポイントを荒稼ぎし、チーム・ドライバーの2冠を成し遂げた。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

あなたの愛車を記事に載せませんか?→【GTAオンライン】衝撃!PS4版でエディターが使えなくなる!?〜当ブログに愛車の写真大募集!

リストラ仲間→【GTAオンライン】欲しいレア車を探せ!〜通販サイトから消されたリストラ車両まとめ

プロトタイプカー繋がり→S80RRLM87

他のアニス車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「アニス(Annis)」

今作に出てくる日本車→【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

他のタバコ会社がスポンサーの乗り物→【GTAオンライン】タバコメーカーのペイントがある乗り物まとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTA HDユニバース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTAオンライン】強盗ミッション初心者のための強盗基本テクニックまとめ【攻略】

ミッションの中で最も稼げるものといえば強盗。なのでみんな強盗ミッションをやりたがるわけですが、稼ぎが良い分ミッションの難易度も高めで敷居も高くなっています。慣れていないプレイヤーが適当に参加して簡単に …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「トリュファード トラクス(Truffade Thrax)」

単体構造なんてどうでもいいのです。モノコックはちゃんとパンツの中にしまってください。ローリングシャーシが戻ってきて、ガソリンと灯油まみれの甘い愛で世界で一番ホットなボディを口説いています。全然理解でき …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト センチネルレトロ(Übermacht Sentinel Classic)」

サンアンドレアスのダートトラックに新登場したウーバーマフト センチネルレトロは、誰もが気に入る一台となるでしょう。公道仕様のビンテージスポーツカーのエゴを放つこの車で疾走すれば、あなたも立派なストリー …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ ゼントーノ(Pegassi Zentorno)」

この爆音を奏でる、派手で大胆なペガッシ製のスーパーカーで、99%の人には手が届かない車に乗っている自分を見せつけましょう。驚きのスピードとハイテクなインテリアを兼ね備えたこのマシンは、戦闘機に最も近い …

7月26日からGTAの記事更新を再開します

来ましたね、GTAオンラインの夏アプデが。その名も「ロスサントス・チューナーアップデート」。7月20日に解禁です。 (詳しくはロックスターのNewswireで) ヤバすぎんだろ!ちょっと待ってください …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

2018年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031