GTAシリーズ

【GTAオンライン】物件ビジネス攻略〜「車両取引」

投稿日:2018年8月16日 更新日:

「カーディーラーアップデート」で登場した物件ビジネス、「車両取引」の攻略をしていきます。

車両取引ビジネスの概要

オフィスを購入し、車両用倉庫を購入することで始められるビジネスです。車両を盗み出し、盗難車を売り捌くことで利益をあげていきます。

直訳で「自動車重窃盗」を意味するグランド・セフト・オートにおいて、作品そのものを象徴するようなビジネスです。登場以来、時間あたりの稼ぎ効率が最高のコンテンツとして、長く人気を保ち続けています。

セキュリサーブに関連したビジネスとなるため、CEO(ボス)でしか仕事をすることはできません。



仕事を始めるために

CEOになるにはまずオフィスが必要なので、オフィスを購入します。以後、車両の調達はオフィスから始めることになります。オフィス選びですが、調達ミッションで行く場所の分布は偏りがあるわけではないので、一番安いメイズバンク・ウエストのオフィスでも十分だと思います。

しかし、車両用倉庫は全てロスサントスの南側に位置するため、メイズバンク・ウエストを選ぶと距離が離れて往復が面倒になります。とは言っても、連続で車両の調達をしない、テラーバイトを用意するなど、プレイ次第ではオフィスの立地はあまり関係ないかと思うので、値段や見た目でオフィスを決めてしまってもいいと思います。

オフィスを買って、CEO用のパソコンを開くと車両取引の項目があるので、それをクリックして取引画面を開きます。そこで車両用の倉庫が買えるので、好きな倉庫を購入します。車両用倉庫を購入すると、取引画面から車両の調達を行えるようになり、ビジネスが始まります。

各車両用倉庫について

ラ・メサ:$1,500,000
最安値なので、さぞ大きなデメリットがある物件なのだろうと思いきや、案外良い物件です。高速道路の乗り降りが簡単で、アクセスも悪くないです。難点は、ひらけた場所が出入り口付近に無いので、ヘリの搬出入に苦労すること、周りがギャングの溜まり場になっているので、騒ぎを起こすとすぐ滅多撃ちにされること。

エル・ブロ・ハイツ:$1,635,000
市内から少し離れたところにあり、調達と売却で移動距離にムラがあるせいか、値段は安め。しかし、ひらけた場所にあるため出入りしやすいのはいいところ。あとは高低差があって陸路ではアクセスしづらいことと、周辺が未舗装路で走りづらいことをどう捉えるか。

エリシアン島:$1,950,000
「エリシアン島にある物件は地雷」というのが僕の中の通説です。というか、エリシアン島がそもそもアクセス悪しなので、エリシアン島にあるというだけで立地の悪さをアピールしているようなものです。その分値段が安ければいいけども、ここより安くて使い勝手がいい物件が2つもある時点で、あとは言うまでもないです。

ロスサントス国際空港(西側):$2,170,000
通りから少し離れたところにある倉庫ですが、出入り口付近はかなり広いので出入りは楽です。アクセスは可もなく不可もなくで、値段的にも無難な感じの物件です。

ロスサントス国際空港(東側):$2,300,000
同じ空港付近の倉庫とあって、西側の倉庫とあまり変わりはありません。通りに隣接していることもあって、こちらの方が多少アクセスしやすいかな、とは思います。

デイビス:$2,495,000
オフラインではフランクリンのガレージとなっていた場所。街の中心地に近い倉庫で、最もアクセスに優れた物件でしょう。オフィスをアルカディアスかメイズバンクタワーにしていると更に便利です。唯一の難点は周りがギャングだらけなこと。

サイプレス・フラット:$2,675,000
高額な物件ですが、ここはイマイチです。そもそも、ラ・メサよりも南側で調達も売却も移動距離が長いのに、こちらが100万ドル以上高いという時点で納得いきません。更に、ラ・メサ以上に奥まった場所に出入り口があるため、出入りが難しいです。もはや良いところナシ。

ラ・プエルタ:$2,735,000
アクセスよし、車でもヘリでも出入りよし、調達と売却の距離もよしと、いいことだらけの物件です。利便性の面ではこれと言って悪いところもないので、気になるのはお値段だけです。

ムリエタ・ハイツ:$2,850,000
最高額だからと言って良い物件とは限らないのがGTAオンライン。この物件も悪くはないですが、良いとも言えません。距離的には調達・売却共にどの倉庫よりも最短距離であることが多いですが、アクセスしやすそうでしにくい立地でさほど利便性が高くないです。悪い物件ではないですが、この値段に見合っているかというと、うーん。

まとめ
最安価なだけあってラ・メサが一番人気で、僕もここは安定だと思います。オフィスをメイズバンク・ウエストにして最安価のセットにするとかなり移動が面倒になってしまいますが、お金を持っていない内は我慢も必要かもしれません。頑張ってお金を上乗せできるなら、デイビスかラ・プエルタがオススメです。いずれにせよ自分が持っているオフィスとの距離の近さを念頭に置いた方がいいでしょう。

調達ミッション

オフィスのパソコンで調達のボタンをポチッと押したらいよいよ車の調達です。後述する車の中からランダムで車種とナンバーが選ばれるので取りに行きましょう。

調達中の車がダメージを受けた場合、その修理費はこちらが負担することになります。なので、できるだけ車を綺麗な状態で届けたいところなのですが、NPCが中々の強敵で無傷の調達は困難です。特に、車やヘリで追いかけてくる敵の攻撃は非常に精度が高く、かなり離れた距離からでも正確にダメージを与えてきます。

調達のパターンには追手が来るパターンと来ないパターンがありますが、追っ手が来るパターンの場合、車の価値によって何回波状攻撃を受けるかが決まっています。スタンダードレンジなら2回、ミッドレンジなら3回、トップレンジなら4回です。1回につき2台の車か、1台の車と1機のヘリで襲い掛かってきます。

この波状攻撃に対して反撃をするか逃げるかは難しい判断で、反撃をした場合は車のダメージが抑えられますが弾薬代と時間が掛かり、逃げた場合は逃げ切ることができたらいいですが、もし事故ったときのダメージが凄いことになります。回収した車があまり速くない、道がずっと直線で相手を振り切れない、運転技術に自身がない場合は反撃をした方が無難かもしれません。

また、回収中に手配度が付くパターンもありますが、これも車の価値によって手配度が変動し、スタンダードレンジなら手配度1、ミッドレンジなら手配度2、トップレンジなら手配度3です。

回収の際に知っておきたいこととして、目標の車両に近づくと「修理費に注意〜」などの表示が出たり、アシスタントからメッセージを受けるのですが、その表示が出る前の段階では目標の車が無敵状態になっています。

恐らく、他プレイヤーが車にちょっかいをかけて、回収が始まる前にビジネスが終わってしまう、という状況を回避するための仕様だと思いますが、この仕様を利用することで、バザードなどで長距離から車両付近の敵を殲滅し、敵NPCが誰もいなくなった状態で安全に車を回収する、ということができます。

一部のギャングや警察を倒さないといけないパターンでは、この方法を使うことで余計な戦闘をしなくて済むし、車に誤射をして修理費が掛かるのを防げるしで大助かりなので、もしバザードなど誘導ミサイル付きの乗り物を持っていたら積極的に使いましょう。なお、メッセージなどの表示がされたあとは無敵状態が解除されるので、そこまで近づいてしまったら諦めて正攻法に切り替えましょう。

時折、何もしていないはずなのに突然車が発火して失敗になることがありますが、どうやら回収中にセッション内から人が抜けて、ソロもしくは自分たちの組織しかいない状態になると車が発火してしまうようです。除外投票などを悪用した他プレイヤーの追い出しを防ぐシステムのようですが、そうでもないのに他人が入って抜けて発火してしまったらとんだ傍迷惑ですね。対策のしようがないので、これで車が燃えたら運が悪かったと諦めましょう。



調達のパターン

・平穏
目的地に行って車を回収、特に何も起こらずそのまま倉庫に持ち帰って終わりのパターンです。言わずもがな、コレが最も楽なパターンなので、このパターンが来るようにお祈りしておきましょう。

・スピード
アシスタントからのメッセージも、車の置き場所も、車の周りに誰もいないことも、上の平穏なパターンと同じです。しかし、車に乗ると突然ピッ、ピッ、ピッと音が鳴り出し、爆弾が作動します。その爆弾は時速90km以上を出さないと起爆してしまうらしく、アシスタントが爆弾を遠隔操作で解除するまでスピードを維持しないといけません。なんか洋画でこういうの見たぞ!

しかし、スピードが落ちても即爆発するわけではなく、90km/h未満になっても起爆のタイマーが作動するだけなので、タイマーのゲージが満タンになる前にスピードを戻せば爆発しません。しかも、スピードを戻す度にゲージは最初からになるので、もう一度減速してしまってもすぐには爆発しません。酷い事故を起こして身動きが取れないような状態に陥らなければ、何度でも立て直すことができます。敵も出ないので、ひたすら安全運転で行きましょう。

・警備中
こちらも、上の2パターンと同じメッセージをアシスタントが言い、車の置き場所も同じなので最初は区別がつきません。しかし、現地に行ってみると敵がいるので、排除してから車を盗まないといけません。銃撃戦で車に誤射をしないように。上の項で書いた長距離ミサイルの技を使うと楽ですね。車を回収した後は必ず追っ手が来るので気をつけましょう。追手は装甲シャフターV12が2台。車相手なので、カーゴボブを持っていればカーゴボブで吊り上げて安全に運ぶこともできます。その際は、目的の車でカーゴボブの所まで行くと途中で追手が出てきてしまうので、目的の車以外の移動手段でカーゴボブを取りに行きましょう。

・同業
移動距離が長い上にダメージも嵩みやすい、かなり厄介なパターンです。アシスタントからのメッセージは上の3パターンと同じですが、車の置き場所が違います。そして、現地に近づいてみると警察ヘリが上空を漂っています。早めにこのパターンであることを気づいておくと、多少はやりやすくなるでしょう。更に近づくと、どうやら別の車泥棒が目的の車を奪ったらしく、警察とのカーチェイスを始めます。そこに乱入して、車を奪うことになります。

車泥棒は全速力で逃げ、しかも乗っているマシンは高性能とくれば、捕まえることが非常に困難です。ドライブバイで仕留めようにも、高速走行する車の運転手を的確に狙うことは難しく、車に銃弾を当てたらその分修理費が増えます。更に厄介なのが警察の存在。警察に攻撃したりして手配度が上がるのは当然として、目的の車に攻撃をしても手配度が付きます。

しかも、手配度が付いたら警察はヘリを除いて車泥棒そっちのけでこちらを追ってきて、車を奪うどころではなくなります。一度手配度を消しても、上記の行動を行えば再び手配度が即座に付くのでどうしようもありません。CEOのスキルで警察を買収すれば追われることはなくなりますが、1万5000ドルなので修理費と比べてどっちが安いのかという話です。

また、車泥棒と警察がカーチェイスをして、車泥棒が事故ったりすれば当然その修理費は最後にこちらが負担することになります。こちらにとっては何も良いことがないパターンと言えます。バザードによる先制攻撃を行っても、手配度が付いてカーチェイスが始まってしまうので、逆に状況を悪化させますし、カーゴボブで走行中の車を引っ掛けようにも、相手が速すぎてついていくのがやっとです。

こちらができる対処法としては、確実にドライブバイで仕留められる道を相手が走るまで一切手出しをしないこと。長い直線に入ってゆっくり狙いを定められるとき、相手が事故って身動きが取れなくなったときなど、ここなら仕留められるというタイミングが来るまで傍観を決め込みましょう。一応、走り出す前に遠距離から車泥棒を狙撃する手もありますが、NPCがタフで一発で倒せなかったり、距離を誤ってカーチェイスがスタートしてしまったりすると、逆に大変になってしまうのであまりオススメはしません。

苦労して車を奪ったら、あとは警察との追いかけっこですが、ここから先は警察にちょっかいをかけない限り手配度は復活しないので、レスターに電話するなどしてしっかり手配度を消して安全運転で車を届けましょう。

・撮影中
目的の車は撮影に使われているようなので、それを奪いに行きます。目的地では撮影セットが組まれていて、撮影クルーが熱心に車を撮っている傍らで、警備員が周りを見張っています。こちらを見つけると容赦なく攻撃してくるので、バザードを使うなどして先手必勝を心掛けたいところ。

車を盗んだ後は、装甲シャフターV12とスーパーヴォリトが追いかけてきます。撮影場所はほとんど郊外なので、障害物もなく飛行するスーパーヴォリトを振り切るのはほぼ不可能です。多少のダメージは諦めて逃げるか、どこかで車を止めて対処するか決めましょう。街中まで来てしまえば、ビルやマンションの近くを走ることでヘリを妨害して振り切ることができます。

・スタント
目的の車はこれからスタントシーンで使われるようなので、スタントを行って傷物になる前に回収してこいとのこと。現場に行くと、撮影スタッフやら見物客やらで賑わい、車は撮影セットの上で待機しています。付近には警備員がいますが、彼らに見つからないよう車に乗り込めば追手に追われることなく車を届けることができます。気づかれてしまった場合、追手が来る上に手配度のオマケが付きます。しかも、追手は装甲シャフターV12とスーパーヴォリトで、警察と共に陸から空から絶え間なく攻撃してきます。

バレずに車に乗り込む方法ですが、まずはヘリなどを使って警備員の居ないジャンプ台の上に着地(着陸)します。ジャンプ台の方を見ている警備員(黒のスーツ姿)は2人いますが、1人は動き回ってジャンプ台から目を離すので、警備員がいない方から車に近づき乗り込む。これだけです。ゲーム中では「気づかれないように警備員を始末しろ」とメッセージが表れますが、ヘッドショット一発で仕留めないと絶対にバレる上、倒れた警備員を他の警備員や観客が見つけても騒ぎになってアウトなので、警備員を全員始末して盗むのはほぼ不可能でしょう。

車に乗り込むと「ブーストを使え」とアシスタントに言われるので、ブーストを発動させてジャンプ。このジャンプの着地で失敗すると結構な痛手になるので、空中での方向調整を頑張りましょう。たまにブーストが壊れて使えないパターンもありますが、その時は普通にジャンプするなり別のルートで逃げるなりしましょう。

・カーミーティング
目的の車を盗んだストリートレーサーが、盗んだ車でカーミーティングに出ているところをSNSでアップしていたとのこと。律儀に場所を教えてくれたレーサーのために、ミーティングに乗り込みましょう。ミーティングの会場ではガラの悪い連中が沢山いるので、車に近づく前に処理しましょう。バザードで遠距離から吹き飛ばしておくと楽ですね。

余談ですが、会場に置かれている車はスポーツカーやマッスルカーの改造車なので、車好きにはたまらない雰囲気です。車を盗むと追手が改造車に乗って追いかけてきます。車で追いかけてくるので、カーゴボブで持ち帰るのも手です。

・検問
目的の車に乗っていたドライバーが飲酒運転で検問に引っかかっているらしいので、それを横取りしに行きます。現場にいるのは白バイ警官2人と犯人。バザードをなどを使うと楽ですが、使わなくても簡単に制圧できるでしょう。車を奪うか警察に攻撃すると手配度が付くので、手配度を消して逃げ切りましょう。比較的楽なパターンだと思います。

・捜査中
目的の車は事件に巻き込まれ、目的地周辺で実況見聞が行われている様子。なので、警察を処理してから車を盗みましょう。警察は5人程居ますが、1人でも攻撃したり倒したりすると手配度がつきます。ここで手配度を消しておくと、なんと車を盗んでも残りの警官はこちらをスルーして帰っていきます。必要最低限の労力だけ使って、さっさと逃げてしまいましょう。

・走行中
目的の車に乗っている運転手はこちらの思惑も知らず呑気にドライブしているようなので、車を止めて奪います。こちらが攻撃を仕掛けない限り、相手は交通ルールを守って他の車以上に遅く走っているので、直線をダラダラ走っていたり、赤信号で停まっていたりする時に確実に仕留めましょう。

停車中のところでドアを開けて奪ってしまえば修理費ゼロで済みますが、ドアを開ける前に相手が発進して逃げられてしまうこともあるので、面倒を避けたいなら数百ドルの損害は無視して運転手にヘッドショットを食らわせた方が良いです。追手は来ないのであとは安全運転をするだけです。手配度が付く場合もありますが、その場合は素早く手配度を消しましょう。

・サーキット
目的の車は現在レースに出てサーキットを走っているとのこと。サーキットと言ってもサンアンドレアスにサーキットは無いので、競馬場や飛行場に簡易サーキットが作られていて、そこでレースをしています。当然、車は走っている状態なので、運転手を倒して車を奪うのは大変です。出来るだけ性能の良い車を用意して、うまくドライブバイをしましょう。

スナイパーライフルで狙うのもいいですが、車へのダメージ量が大きいのと、相手が予想外の動きをすることが多いので、安定しません。また、レース中にこちらが攻撃(目的の車以外の参加者の車にぶつけたり銃弾を当てたり)を開始すると、レースが中断され参加者達が逃げてしまうので、逃げ始める前に勝負をつけないといけません。

他にも面倒なのが、どうやら行われているのがワンメイクレースのようで、他のレース車両は全て目的の車と同じ車種なので、どれがターゲットなのか分からなくなることも。ターゲットの車の画像はミッションのはじめに送られてくるので、しっかり覚えておきましょう。または、目的の車だけが改造車両で残りの車は全て純正なので、明らかに改造車の車を狙えばそれがターゲットになると思います。追手は来ないので、車を奪ってしまえばあとは簡単です。

・写真
車が置いてある正確な場所が分からないため、メールに添付された地名と近辺の写真をヒントに車の場所を探し当てることになります。普段観光などをしていて、ロスサントスの地理に詳しい人なら簡単かもしれませんが、そうでない人は場所のアテすらつけられずマップとにらめっこすることになるでしょう。

救済処置として、車を見つけられずに10分ほど経過するとアシスタントからメッセージが来て大体の場所を教えてくれます。捜索範囲が絞られても見つけるのは大変ですが、頑張って探しましょう。車に乗り込むと、ランダムで手配度がつく場合がありますので油断せずに。追手は来ないので、車探しさえすぐに終わらせられれば簡単なパターンです。

・電子キー
目的の車は武器商人が持っているようですが、その男が住む豪邸は数多くの警備員で厳重に守られているとのこと。ガレージのキーを持っているのも警備員なので、警備員を始末して電子キーを奪わないといけません。ここではステルスミッションになり、警備員にバレないように仕事をしましょう。

バレても失敗にはなりませんが、その代わりにステルスの判定がかなり厳しく、ヘッドショットでの一撃以外は絶対に犯行がバレてしまいます。警備員の視界に入る、警備員が死体を発見する、銃弾を撃つ(サプレッサー付きでもアウト)なども全てダメなので非常に厳しいです。僕も未だに全パターンでバレずに全員を始末するルートが分かっていません。

最後までバレずにキーを回収して車を盗めれば追手が来ない状態で帰ることができ、バレてしまうと装甲シャフターV12とスーパーヴォリトに追われるという、天国と地獄の差があるので、良い仕事をしたいところです。なお、電子キーの持ち主はランダムで、奥の難しい場所にいる警備員が持っていることもあれば、最初の方に倒す玄関に近いところの相手が持っていることもあります。簡単な位置の相手が持っているように祈りましょう。

・尾行
かなり時間が掛かるパターンなので、このパターンを嫌う人も多いかもしれません。目的の車を持っているのは韓国ギャング(カンペ)で、まずは彼らを尾行してアジトを突き止めないといけません。最初の目的地に近づくと、カンペのメンバーはカラフルなクルマに乗ってドライブを始めるのでついていきましょう。当然、彼らに近づきすぎたり攻撃をしたりすると尾行がバレてしまいます。ゆっくりと運転をするので退屈ですが我慢してドライブに付き合いましょう。

尾行に気づかれずアジトにつくと、弱い敵が数人いるだけなので、倒して車を回収しましょう。この場合は追手も来ません。尾行がバレてしまった場合、すぐにミッション失敗にはならず、メンバーは全速力でアジトまで逃げます。アジトまでついていけなければミッション失敗、ついていければ車を回収することができますが、大勢の敵が特殊カービンを持って待ち伏せをしているので非常に面倒なことになります。更に、追手でクルマとバザードがやってくるので更に大変です。

なので、このパターンが来たときの解釈は色々です。諦めて正攻法でのんびり行くか、リスク承知でわざと尾行に気づかせて相手をスピードアップさせるか、故意にミッションを失敗させて次の調達に切り替えるか。お好きなものをお選びください。

・タイムアタック
持ち主と車を賭けてタイムアタック勝負をすることに。持ち主のタイムを破ることができたら、車を譲ってくれるそうです。速い車を用意しましょう。なお、速い車を持っていなくても、スタート地点付近にはエレジーRH8が置いてあるので、街中でスポーツカーやスーパーカーを拾えなかったらそれを使いましょう。実は車だけでなくバイクでも大丈夫(航空機としても扱われるオプレッサーも可)なので、自慢のバイクがあればそれに乗ってもいいですね。

ゴール地点はスタート地点によって変わりますが、とりあえずパレト方面かサンディ海岸方面のどちらかです。パレト方面は高速道路を使うのでストレート勝負、サンディ海岸方面は山道を通るのでコーナリング勝負になるでしょう。目標タイムをクリアできなれば、その時点でミッション失敗。目標タイムをクリアすれば、無事に車をゲット、と思いきや、相手が逆上してバットで襲い掛かってきます。人間そんなもんです。仕方ないので一発お見舞いしましょう。

余談ですが、ゴール地点には記者とカメラクルー、そして観客が沢山いるので、持ち主はこのタイムアタック勝負を事前に宣伝していたのでしょうか?その場で負けた相手に襲いかかる相手の情けなさも、容赦なく相手を打ちのめして車を奪っていくプレイヤーキャラの胆力もすごいですね。

車を奪った後は、持ち主の仲間がサルタンRSバンシー900Rで襲い掛かってきます。ゴール地点と倉庫へのルートの関係から、この速いカスタムカーを振り切ることは難しいので、多少のダメージは覚悟しておきましょう。カーゴボブを持っていれば、タイムアタックが終わったら車に乗り込まずにカーゴボブを取りに行き、車を吊り上げて運べば安全に持ち帰ることができます。

・カーゴボブ
一時はパターンそのものが登場しなくなっていましたが、突然の復活。しかし、割りと面倒なパターンなので、復活を喜んでいる人は果たして居るのでしょうか。車は海上にあるということで、まずはカーゴボブ(ここで登場するカーゴボブは耐久力が大幅に向上し、普通のものよりフックが長めの特別仕様)を回収します。

マップ上にカーゴボブが出現しますが、自前のカーゴボブがあればそれでも大丈夫です。指定されるガーゴボブの周辺には護衛がいて、襲うと手配度が付くので、出来れば自前で用意したいところ。また、カーゴボブの周辺エリアは一度臨戦態勢になると手配度が消えないので、手配度を消すのはカーゴボブに乗って周辺エリアから離れたあとにしましょう。

カーゴボブを手に入れたら車を回収するよう言われますが、車が積まれている船には護衛が大勢いるので、そのまま突っ込んでは飛んで火に入る夏の虫。事前に自前のバザードや軍基地のレーザーなどを持ち込んで、遠距離からミサイルで敵を殲滅しておいた方がいいです。カーゴボブで車を回収したら、バザード2機が4セット追いかけてきます。火力を持たず、スピードも遅いカーゴボブでは、普通に飛んでいるだけではただの的です。逃げる最中に撃墜されたら目も当てられません。

なので、対策として、車を釣り上げたら追手のバザードが現れるまでその場で高度を上げ続けるのがいいでしょう。高度を上げておけば、バザードが高度を合わせてくるまで攻撃は受けませんし、長い距離を前進し続けてスピードに乗ることができます。バザードが現れたら全速力で逃げ切りましょう。

・天空の目
組織のメンバーが2人以上居ないと出てこないパターンで、オフラインでのメインミッション「天空の目」と同じようなことをします。まずは指定された地点に置いてあるポリス・マーベリックを奪いに行きます。周りには警察がいて、近づくと手配度が上がってしまいますが気にせず始末してヘリを奪いましょう。手配度は消しても消さなくても、次の段階へ進めます。

その後、マップ上に目的の車と同一車種の車がたくさん出現し、車のアイコンが現れます。それらを総当りでチェックし、目的の車を探し出すわけです。副操縦士はカメラを操作して、車が目的の物かをチェックします。その為にはカメラの範囲内に車が映り続けていないといけないので、ここはパイロットの腕の見せ所。機体を安定させ、カメラが捉えやすいように出来るだけ近く、視界に入るような角度に調節しましょう。

実は、目的の車とそれ以外の車では外装が違うので、近くで車を見れば目的の車かそうでないかは分かってしまいます。しかし、移動する車アイコンをチェックして消さずに放置しておくと、どれがチェックしたものでチェックしていないものなのか分からなくなってしまうので、違うと分かっていてもアイコンの車に接近したらとりあえずチェックをしておきましょう。目的の車を見つけたら回収して持ち帰りますが、ここでまた手配度が付きます。今度は確実に消さないとミッションをクリアできないので、しっかり消してから持ち帰りましょう。

回収車両の種類

スタンダードレンジ
アルファ、ジェスター、セイバーターボ・カスタム、タンパ、ツーリスモR、ナイトシェード、バンシー900Rフェルツァー、ベスティア、マッサクロ

ミッドレンジ
エンティティーXFオムニス、コケットブラックフィン、コケットレトロサルタンRSセブン-70ゼントーノチータートロポスラリー、フェリエラー

トップレンジ
811ETR1FMJT20X80プロトZタイプオシリススターリングGTタイラスマンバリーパールーズヴェルト バロー

トップレンジだけを回収する方法

先程、「調達する車はランダム」と書きましたが、実は完全にランダムなわけではなく、あるルールに従いながらランダムに選ばれています。そのルールというのは、「全ての種類の車(全32種類)が1台ずつ揃うまで車種は重複しない」です。

例えば、上記の回収車両の中でオシリスの1台だけを倉庫に保管していたとします。すると、次に車両を調達する際、選択肢からオシリスだけが除外され、オシリス以外の31台の中からランダムで選ばれる、ということになります。

このルールを利用して、スタンダードレンジとミッドレンジの車を全種類(20台)揃えた状態で車両の調達を行えば、選ばれる車両は必ずトップレンジ、ということになります。これで、常にトップレンジを調達してトップレンジを売ることができるわけです。まぁ、ざっくり言うと「スタンダードとミッドは残してトップだけ売れ」ってことですね。

更にルールを利用して、32台集め終わったら乗りたい車を選んで売り、その車を調達して売ってを繰り返せば同じ車に乗り続けることも可能です。好きな車でずっと回したい、後述のコレクション集めのためにナンバーの違う車が欲しい、といった時に使えます。

では、全種類揃えたあとの調達はどうなるのかというと、その先は完全にランダムになります。どの車が来るのか全く予想できなくなるので、効率よく稼ぎたいなら車を集めすぎず台数管理をすることが大切です。



車の売却

車を調達できたら今度は売却です。売却する車に乗り込み、走って買い手の元に届けます。この時、一度に売れる台数は、車両倉庫に居る組織のメンバーの数となるので、複数台を捌くなら忘れずにメンバーを倉庫へ呼んでおきましょう。

売却する車が決まったら、次は売却先を決めます。売却先は個人バイヤー、ショールーム、スペシャリストディーラーの3つがありますが、ハッキリ言ってスペシャリストディーラー以外を選ぶ理由がありません。売却先によって売却額に数万ドルの差が出るので、迷わず最高額のスペシャリストディーラーを選びましょう。

個人バイヤー以外の売却先を選ぶと車を改造する必要があります。指定されたパーツを交換するだけなので、指示に従いましょう。ちなみに、なぜかこの場面では時間制限があり、制限時間を超えるとミッション失敗になり、改造費も返ってきません。

準備が整ったらいざ売却です。売却の目的地は色々ありますが、おおよそバインウッド・ヒルズ周辺、ドングバ・ヒルズ周辺(憎きデビンの家に送ることも)、バンナムキャニオン、マーティン・マドラッゾの農場となっています。バインウッド・ヒルズ周辺か農場なら近いのでアタリ、ドングバ・ヒルズ周辺は遠いし山道を走らないといけないのでハズレです。バンナムキャニオンはやや遠いですが高速道路で行くので走るのは楽です。ただ、目的地がどこだろうと車が速いので2、3分で終わるでしょう。

売却の際には追っ手が来る場合と来ない場合があり、追手が来る条件は「セッション内に自分もしくは自分の組織のメンバーしかいないとき」です。他プレイヤーからの妨害が来ない代わりにNPCを、ということなんでしょうね。

追手は2台のサルタンRSで、スタンダードレンジなら2回、ミッドレンジなら3回、トップレンジなら4回の波状攻撃を行ってきます。相変わらず速さも火力もえげつないので、あまり出会いたくないところですが、出会わないためには他プレイヤーが必要ということで、どっちがいいのやらですね。カーゴボブを持っていたら、カーゴボブで吊り上げて持っていってしまうのがいいですね。

ちなみに、売却中にセッション移動をすると売却しようとしていた車は消えてしまいます。他プレイヤーに妨害されそうになったからセッション移動で回避しようとしても、結局売れなくなってしまうのは変わりませんね。複数台届けているときは、全て送り届けられなくても、届けた分のお金は手に入ります。

売却後はクールタイムが20分あるので、次の車を調達しにいくなり、ボスジョブなどで時間を潰しましょう。



コレクション

通常の売却とは違い、指定のナンバーの乗り物を揃えて届ける「コレクション」というものがあります。必ず2台以上の車を売ることになるので、ソロでは不可能。一応ボーナスも貰えるとはいえ、こんなものを狙うより個別の売却を頑張った方がいいのですが、とりあえず内容を載せておきます。見栄えが良いので。あと、なんとなくここにある車を見つけると「あ、コレクションの車だ!」って嬉しくなるかなと思って。

キース・コリンズ:権力の衰退

コケットブラックフィン(V1NT4G3)、ナイトシェード(TH37OS)

アミールのサルタン:帝国の末期

Zタイプ(B1GMON3Y)、ルーズヴェルトバロー(0LDT1M3R)

ジェイ・ノリス:激ヤバコレクション

X80プロト(M4K3B4NK)、T20(D3V1L)、オシリス(SL33K)

DJプレイリスト:マットマン

フェルツァー(P0W3RFUL)、811(SL1CK)、ベスティアGTS(BE4STY)

モリー・シュルツ:トップ・デクラス

セイバーターボ・カスタム(B0UNC3)、タンパ(CH4RG3D)、マンバ(BLKM4MB4)

クロエ・パーカー:パーフェクト・パステル

コケットレトロ(T0PL3SS)、フェリエラー(PR3C1OUS)、ETR1(PR3TTY)

カーティス・クレイ:極楽鳥

チーター(BUZZ3D)、タイラス(C1TRUS)、FMJ(C4TCHM3)、エンティティーXF(0V3RFL0D)

ロニー・ボネリ:灼熱メタル

アルファ(V1S1ONRY)、リーパー(D34TH4U)、マッサクロ(B055)、ゼントーノ(W1NN1NG)

タオ・チェン:クール・スクエア

オムニス(W1D3B0D)、トロポスラリー(1985)、ジェスター(NOF00L)、サルタンRS(SN0WFLK3)

クリス・フォルマージュ:ブルー・グラデーション

バンシー900R(DR1FT3R)、スターリングGT(R4LLY)、セブン-70(4LL0Y5)、ツーリスモR(TPD4WG)

用意すると仕事が捗る乗り物

バザード攻撃ヘリ
CEOとして仕事をするなら必須レベルの乗り物。特にこのビジネスでは、空中から遠距離攻撃を行えるのが大きな大きなアドバンテージ。デラックソやオプレッサーMk2などでも同じような使い方はできますが、バザードの方が安いので代用品にはならず。

バザードについて→GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ナガサキ バザード攻撃ヘリ(Nagasaki Buzzard Attack Chopper)」+α

カーゴボブ
売却を平穏に終わらせる輸送ヘリ。このヘリを使えば売却はほぼ確実に満額で終えられます。回収の際は、追手でヘリが来るパターンでなければ安全に回収できます。ヘリが来ると、逆にてんやわんやで大ダメージを食らいがちです。回収で使うなら、追手でヘリが来るパターンかそうでないかを頭に入れておきましょう。

カーゴボブについて→GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ウェスタン カーゴボブ(Western Cargobob)」+α

テラーバイト
この車さえあれば、オフィスにいなくても車両の調達を始められる優れもの。しかし、ミッション自体を手助けするものではなく、保管にナイトクラブが必要なので出費がかさみます。あくまで持っていると助かるぐらいに考えておきましょう。

テラーバイトについて→GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ベネファクター テラーバイト(Benefactor Terrorbyte)」

まとめ

車両取引のビジネスが登場した後、様々な大型アップデートにより新たな金策が登場しましたが、依然として稼ぎのスピードと効率はこのビジネスが最高です。回数こなさないといけないので大変ですが、ガンガン稼いでやるぜ!という人には最高のビジネスでしょうね。

ただ、必然的に車を運転することが長時間を占め、その車がどれも速いので、運転が得意でない人には難しいかもしれません。逆に、車が好きな人は楽しみながら稼げて良い仕事です。気になるけど高くて変えない車にも乗れるし、改造も試せるしで言うことないでしょう。

あと、専用BGMがものすごくカッコいいので、高級車に乗りながらBGMを聞いているとどんどん気分が高揚して楽しいですね。映画の主人公になった気分です。



関連コンテンツ

使う物件→車両用倉庫

他の物件ビジネス→極秘貨物バイカービジネス銃器密造極秘空輸ナイトクラブ

「どのビジネスが稼げるの?」と思ったら→【攻略】GTAオンラインの金策まとめ〜第4回「物件ビジネス」

他の攻略情報について→GTAオンライン攻略記事まとめ



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「カリン レベル(Karin Rebel)」+α

全地形万能ピックアップトラックなら故障しないか心配する必要がありません…既に大分壊れていますから。この値段ならブレーキが効くだけマシでしょう(免責事項:クリックして購入された後に効かなかったとしても、 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド オーターク(Overflod Autarch)」

あらゆるスーパーカーを手にすることはできても、オーバーフロッド オ-タークを真の意味で所有することはできません。もちろん、購入して洗車したり改造したり大切にしたりしながら、友人たちの羨望を集めることは …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ トロポスラリー(Lampadati Tropos Rallye)」

息を飲むほど美しく、驚くほど凶暴。名前はランパダーティ トロポスとヨーロッパ風ですが、ハートはアメリカ製です。これまでのラリーデザインの歴史は、この車が創ってきました。他人が一生懸命選んだ車を模倣品と …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ペガッシ オプレッサー(Pegassi Oppressor)」

上位0.1%の富裕層には、2種類の人種が存在します。ご想像ください。ロスサントス国際空港へ近づく乗り心地の良いプライベートジェットの窓から外をじっと見つめる、脳下垂体に問題ありで頭髪も寂しい証券アナリ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オセロット パライア(Ocelot Pariah)」

このスポーツカーはまさに憧れのマドンナ。アバンギャルドなボディにすり寄って来ることもなければ、最初のドライブからダッシュボードをまさぐらせてくれるようなこともありません。堂々としていて、洗練され、ある …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031