GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オセロット ジャギュラー(Ocelot Jugular)」

投稿日:2019年10月15日 更新日:

情熱的で冷酷無比なオセロットオセロット ジャギュラーをご紹介します。このスポーツカーが正確に道を切り裂いて走り抜ける様は、さながら外科医のメスさばきといったところ。いくら外科医といえどもこのスポーツカーには敵いません。1269キロニュートンの力を持つこの怪物なら、129.4トンもの衝撃で人を吹き飛ばせるのですから。

(ロード画面での解説)

これ以上、高性能なスポーツセダンが世に必要とされているのかと疑問に思うかもしれません。ですが思い出してください。この世にはセックスや暴力のように、人類が飽きることを知らないものがあります。そしてこれはただのセックスや暴力じゃありません。ジャギュラーは異常なほどセクシーで、訳もなく暴力的なのです。疑問は解消されたでしょうか?

(Legendary Motorsportでの解説)

「ダイヤモンドカジノ&リゾート」アップデートで追加されたジャギュラー。世界最速のセダンを目指して作られたピュアスポーツです。サーキットを駆ける最強セダンを見ていきましょう。



車両データ

メーカー:オセロット(Ocelot)
名称:ジャギュラー(Jugular)
分類:スポーツカー
駆動方式:AWD
乗車定員:4人
購入価格:$1,225,000(調達ミッションでこの車を選択して「カジノ強盗:フィナーレ」をクリアで$918,750に割引)

モデル車の考察

モデルはジャガー XE SVプロジェクト8ですかね。サーキット走行を前提に作られた車で、最強のセダンと言っても過言ではない性能を持っています。

過去作では初代GTAで同じ名前の車が登場していますが、そちらはメルセデス・ベンツ 300SLがモデルなのでこの車との関連性はなさそうですね。

(初代GTAでのジャギュラー)

走行性能

一度運転してみると軽い操作感で乗りやすいかもと思わせつつ、動かしていくとどうにも自分の感覚と合わない動きをして若干乗りづらさを感じるような、独特な癖を持った車ですね。

その要因となっているのがコーナリングの限界点の分かりにくさで、操作感が軽いがために「これくらいのコーナーはこのスピードでいけるだろう」と思って侵入すると全然曲がりきれなかったり、操作感から描く自分のイメージと実際のコーナリングの軌道が微妙にズレるんですよね。

アクセルオンでアンダー、アクセルオフでオーバーなので、大抵は余計にアクセルを踏んでしまってアンダーでアウトに吸い込まれていきます。旋回性能自体は悪くないんですが、「イメージと実際のズレ」に慣れないと乗りこなすのが難しいですね。

トラクション性能は非常に高く加速力は良好。最高速は伸び悩みを感じるので、加速力を活かせるコーナーの多いコースで活躍を、と言いたいところですが前述のようにコーナリング面は一癖あるので中々難しいところですね。

カスタマイズ

外装パーツの種類はここ最近の追加車両にしては数が少なめ。純正から大きく姿を変えるようなパーツもなく、どの部分もワンポイント程度の変化ですね。ボンネットとスポイラーは数が揃っていますが、スポイラーはほぼ全てがGTウイングでツーリングカーらしいスポイラーやスポイラー無し仕様に出来ないのが残念。

ボディーペイントは企業ペイントを始めとして力のこもったものが揃っていていいですね。ジャギュラーのデザインに合っていてどれもカッコいいです。中にはキラキラ・ワサビ・キティの痛車ペイントもあるので、痛車を集めている人はコレクションに加えてもいいでしょう。

純正ホイールはリム部分がメインカラーと連動しています。上手く活かしてカラーリングをできるとポイント高いですね。

感想

これまた非常にカッコいいセダンが登場してくれましたね!デザイン面では8Fドラフターと同じくらい自分のツボを刺激してくれました。一般車然としつつも高性能なスポーツクーペ・セダンはいいですねぇ。

ただ走りに関しては正直あまり気に入らなかったですね。自分は信頼して走れる車が好きなので、限界点を教えてくれないジャギュラーはどうにも乗りづらいです。旋回性能が低い車ならそれに合った走り方ができますが、ジャギュラーの場合は曲がれると思わせておいて曲がらないので、どこまで信頼したらいいのかどこまでの走りをしたらいいのか分からないんですよね。そこが難しい。



モデル車について

ジャガー XE SVプロジェクト8

ジャガーの高性能車開発部門であるSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が手掛けた怪物セダン。「世界最速のセダン」を目指して作り上げられたこのマシンは、600馬力を誇る5.0L V8スーパーチャージドエンジン、強力なダウンフォースを発生させるエアロダイナミクス、サーキット走行に最適化されたハードな足回りで武装されている。その戦闘力は紛れもない本物で、最も過酷と言われるサーキット「ニュルブルクリンク北コース」で4ドア市販車最速タイムを記録。ジャガーの技術力を世界に示した。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

カジノ強盗の攻略→【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(準備編)」【攻略】GTAオンライン「ダイヤモンドカジノ強盗(フィナーレ編)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
コムシード
¥2,777 (2020/07/10 18:12:27時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド イモーゴン(Overflod Imorgon)」

電気自動車なんて、まっぴらごめん。eコーラ缶のリサイクルだけでもウンザリ。そんなあなたに朗報です。想像を超えた電気自動車のサラブレッド、イモーゴンなら、革命的クロムモリブデン鋼製マシンを飛ばしつつ環境 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター ブルーザー(Benefactor Bruiser)」

2階建ての乗り物で行われる死の酒宴代表。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 23世紀の凶悪ドライバー代表。 (Arena War TVでの解説〜宇宙都市) ”該当なし” (Arena …

【GTAオンライン】物件まとめ「車両用倉庫」

オフィスの管理用パソコンから購入できる、「車両用倉庫」について紹介していきます。 目次1 車両用倉庫でできること2 車両用倉庫のラインナップ3 車両用倉庫のオプション4 保管できる車両5 車両用倉庫の …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ペガッシ ファギオ(Pegassi Faggio)」

スクーターは特定の人向けです。もしかしてあなた向けでは? (Southern Sanandreas Super Autosでの解説) イタリア生まれの伝統あるファギオ。実はファギオ派なことを隠している …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ デューク・オ・デス(Imponte Duke O’Death)」

大抵のウラン喰いのサバイバリストは、黙示に備えるか、自らの手でもたらすか迷いがちです。特別版の「デュークス」マッスルカーさえあれば、もう悩まずに済みます!航空母艦並の高燃費車であるのは事実ですが、環境 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031