GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アルバニー ラーチャー(Albany Lurcher)」

投稿日:2019年10月17日 更新日:

90年代のプロレスシーンでは「やりすぎ」とまで言われたアルバニーのラーチャーは時代をリードしてきた車です。時代が変わったアメリカ合衆国で、この忘れ去られた宝石は今再び国中で葬儀という名のばか騒ぎには欠かせないものとなっています。遺産を残そうなんて考えずに、自分の葬儀を派手に飾って誰も聞きたくないような自己主張をしましょう。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ハロウィン・サプライズ」アップデートで追加されたラーチャー。人生の終わりについて考える時期が来たら、まずは自前の霊柩車を用意してみてはどうでしょうか。葬儀場から地獄まで世界最速で運んでくれる1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:アルバニー(Albany)
名称:ラーチャー(Lurcher)
分類:マッスルカー
駆動方式:FR
乗車定員:2人
購入価格:$650,000(ハロウィン期間限定販売(1度購入すればいつでも購入可能))

モデル車の考察

バッカニアをベースに霊柩車化された車両ですが、モデルはビュイック リヴィエラ(初代)ではなく、ジョージ・バリス氏がデザインした「カーゴイル(kargoyle)」でしょう。1967年式のキャデラック霊柩車を改造した車両で、ジョージ・バリス氏は初代バットモービルなどのデザインを手掛けたデザイナーでした。

バッカニアをベースにしているためか、霊柩車なのにマッスルカーカテゴリに入っています。アメリカでは霊柩車を自家用車にしたりドラッグマシンに改造したり霊柩車ミーティングがあったり独自の文化が存在するため、ラーチャーのような改造霊柩車も実際に存在します。日本ではまずお目にかかれないでしょうね、色んな意味で。

ロメロ霊柩車はベースのワシントンとメーカーが違っていますが、ラーチャーはベースのバッカニアと同じメーカーとなっています。

走行性能

霊柩車と思って侮るなかれ、性能的にはバッカニアと近く、霊柩車というよりマッスルカーとして乗れる車でしょう。

トラクション性能は低いものの加速はまぁまぁで、最高速も伸びるので直線が長ければ快適に走れます。そして、ハンドルを切ればズルズルとオーバーステアが出てきます。この辺りはマッスルカーらしい動きですが、後ろに重量物があるためこの傾向はより顕著に出ます。

総合的には、後ろが非常に重たくなったバッカニアと評価できます。そのまんまじゃねーか!とりあえずロメロ霊柩車とは比べ物にならない性能ですね。

カスタマイズ

固有の外装パーツは基本的にバッカニアと同じで、バンパーやボンネットなどが数種類。大きな違いは2種類のボディーペイントが用意されていることと内装でボブルヘッドを置くことが出来ることでしょう。ボディーペイントは2種類とも力の入ったホラーなペイントでカッコいいですね。

また、純正で装備されているクラクションはパイプオルガンのような音がする特別仕様で、鳴らす度に音階が変わる(4段階)こともあり鳴らして遊ぶと結構楽しいです。

感想

期間限定販売の特別車両ということで、随所に遊び心を感じる楽しい車ですね。霊柩車なだけでも特別な車ですが、ボディーペイントやホーンだったり、トランクの中の怪物だったり、他の車には無い特徴が満載です。

弄れる部分は多くないのが残念ですが、登場時期の早い車ですしそこは仕方ない部分ですね。ホラー感溢れるデザインに魅力を感じるなら購入してもいいのではないでしょうか。



小ネタ

オフィス用ガレージに車庫入れするとムービーが流れますが……心臓に悪い。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

ベース車両→バッカニア

霊柩車繋がり→ロメロ霊柩車

ジョージ・バリス繋がり→フランケンシュタンゲ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
プラッツ(PLATZ)
¥6,970 (2021/04/17 18:20:13時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「プロジェン エメラス(Progen Emerus)」

ご起立ください、プロジェン エメラスの登場です。信頼性や洗練、そしてゼロから頂点へといとも簡単に到達する能力など、真のリーダーに求められる様々な素質を兼ね揃えてトップに君臨する車です。さあ、路上の支配 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「トリュファード ネロ(Truffade Nero)」+α

トリュファードの海底テストコースから出てきたばかりのネロは、ライバルを燃え盛る油に浸け、オゾンガスが燃えている間に母親を誘惑してバイオリンをかき鳴らすような、スーパーカーの皇帝の存在です。これだけでも …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ブリスタ コンパクト(Dinka Blista Compact)」

見た目は人を欺きます。ブリスタは小さく、醜いハッチバックです。しかしボンネットの下に秘密があります。それは、V6前輪駆動。事故を起こさずに、街中で乗り回しましょう。その間は、生涯の伴侶に会おうなどと考 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス スタリオン(Declasse Stallion)」

売り切れないうちにご決断を。このクラシックスタイルのマッスルカーは、リバティーシティよりロスサントスへ輸入されました。後部座席の間に挟まった使用済みのゴムや注射針が目に入ると思いますが、それは「彼女」 …

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「ディンカ(Dinka)」

目次1 エンブレム2 モデルの考察3 ブログで紹介した乗り物4 モデルについて4.1 ホンダ5 関連コンテンツ エンブレム モデルの考察 モデルは日本の自動車メーカーであるホンダですね。技術力を重視し …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031