GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド イモーゴン(Overflod Imorgon)」

投稿日:2020年1月14日 更新日:

電気自動車なんて、まっぴらごめん。eコーラ缶のリサイクルだけでもウンザリ。そんなあなたに朗報です。想像を超えた電気自動車のサラブレッド、イモーゴンなら、革命的クロムモリブデン鋼製マシンを飛ばしつつ環境にも配慮する優れものです。自然を守るため、最高のスポーツカーを買うことくらい、あなたにも出来るはずです。

(ロード画面での解説)

誰もが一度は夢見る、電気駆動のスーパースポーツカー。アプリの記事でその夢の存在がカーボンファイバー製の車体で具現化された姿を見かけるようになった今、本当なのか気になっていることでしょう。「オーバーフロッド イモーゴン」こそ、夢が現実になった自動車です。それも、自分だけが裸だったり歯が抜け落ちたりする夢ではなく、空を飛んだり両親に褒められたりするような、正真正銘の夢の車があなたのものになります。

(Legendary Motorsportでの解説)

「ダイヤモンドカジノ強盗」アップデートで追加されたイモーゴン。環境問題が目の前に迫ってきても、人は簡単にエンジンを載せた車を見捨てられません。メタノールを食べる1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:オーバーフロッド(Overflod)
名称:イモーゴン(Imorgon)=明日(スウェーデン語)
分類:スポーツカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$2,165,000

モデル車の考察

モデルはグンペルト ナタリーですね。世界初のメタノール燃料電池を使ったハイブリッドカーです。技術的なハードルが高く市販車に搭載するにはまだまだ時間が掛かりそうなメタノール燃料電池ですが、実現すれば充電要らずで環境に優しく驚異的な航続距離を走ることが出来る夢のような燃料です。

イモーゴンはスウェーデン語で「明日」を意味する言葉ですが、車の明日を担うメタノール燃料電池を初めて積んだ車がモデルと考えるとバッチリ合った名前ですね。

走行性能

これまでGTAオンラインに出てきた車は内燃機関を持つ車か電気自動車かのほぼ二択で、ハイブリッド車は初期から登場しているディレタンテだけでしたが、イモーゴンは珍しいハイブリッド車として登場しGTAオンラインで2台目のハイブリッド車に。

その走りもガソリン車(ディーゼル車)と電気自動車の中間といった感じで、低速域はモーターのみ、中速域からエンジンが始動して強烈な加速をしていきます。最高速は電気自動車のようにリミッターが効いているのか、一定のところまで加速すると頭打ちしてしまうのでストレートスピードの伸びは良くないですが、最高速までの加速は途轍もないものがあります。

コーナリング性能も高く、若干アンダー気味ではあるものの高速コーナーではグリップが効いて地に張り付いたコーナリングができます。ただ、コーナリング時の姿勢の安定はAWDのトラクションを活かしたものではあるので、アクセルオフなどでトラクションが抜けやすく、トラクションが抜けると一気にスピンしてしまうことも多くあまり安心感が持てないのがちょっと瑕です。ブレーキ性能は高めなので、割り切って立ち上がり重視のラインで走らせるのも手です。

総合すると、ストレートスピードがあまり求められず、加減速を繰り返すようなステージでは強さを発揮できる車だと思います。重量があるのかラムアタックも強く(装甲クルマ並み)当たり負けしないのもいいですね。スタントレースは電気自動車同様にスピードが伸び切らずジャンプを超えられなかったりするのでご注意。

カスタマイズ

一通りのエアロパーツが揃っていて、リアバンパーやシャーシなど中には20種類くらいバリエーションがあるものも有りますが、「どこが違うんだ」と思ってしまう差分パーツも多めで実質的なパーツの数はそれほど多くありません。ただ、競技車両風の派手なパーツは揃っているのでレースカーのようにするなら満足できるラインナップです。

ボディーペイントは競技車両風のものとアーティスティックなペイントが半々で、どれも非常に派手です。レブラGTSにあった貴様ビールペイントもあり、とにかくインパクトを出すことには困りませんね。

感想

とうとう出ました200万ドル超えのスポーツカー!もう殆どスーパーカーと変わんないじゃんという価格のスポーツカーは増えてきましたが、遂に200万ドルの壁を破ってきました。ここまで来るとスーパーカーより高い!

肝心の性能は、価格ほどのものは感じなかったですね。爆発的な加速と焼ききれそうなほどのエンジン音はかなりアツいものがありますが、それ以外の部分で突出したものがあったかと言うと……実用性で言ったらいくら珍しいハイブリッド車といえどこの値段は盛り過ぎだと思いますね。多分、プレイヤーには分からない超技術やらなんやらが詰まってこの価格になっているんでしょう。知らんけど。



モデル車について

グンペルト ナタリー

かつて、ドイツのスーパーカーメーカーであったグンペルト・シュポルトヴァーゲンは2012年に破産。2016年にアポロ・オートモビルと名を変えて再出発をした時、創業者のローラント・グンペルトは社を離れる決断をした。そして中国のアイウェイズと手を組みグンペルト・アイウェイズを設立し、新時代のハイブリッドカー「ナタリー」を公開した。ローラントの愛娘の名前が付けられたこの車はメタノールを燃料とする世界初の車として設計された。全ての電力をメタノールから生成するため充電が不要、メタノールから生成する水素は燃料電池に使われた後水となり、同様に生成される二酸化炭素はメタノール生成のために使用するため結果的に排出されるのは水だけ。水とメタノールの混合液4.5Lで航続距離は最大850kmに達し、0~100km/h加速2.5秒、最高速300km/hに至るとされている。技術的な課題は山積しており市販化はまだまだ難しいが、実現すれば次世代の車を象徴する1台となるだろう。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のオーバーフロッド車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「オーバーフロッド(Overflod)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ガントレットレトロ(Bravado Gauntlet Classic)」

ブラヴァドのガントレットレトロをご覧ください。今とは違う時代の車です。しかし、だまされてはいけません。時代遅れになってしまった部分などどこにもないのです。土俵に立ってしまった愚かなレーサーに聞いてみれ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス マンバ(Declasse Mamba)」

マンバはカーデザインがもっとシンプルだった時代、すなわち、破壊することなく優雅なフレームにどれだけのエンジンを詰め込めるかが全てだった時代に回帰しています。高い死亡率から判断するに、デクラスは勝利の方 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ペガッシ トレロ(Pegassi Torero)」

「ペガッシ トレロはパラダイムシフトを起こした」と、どんな歴史学者もそう語ることでしょう。実用的な空気力学的構造、日常使用への譲歩、スピード制限順守への曖昧な態度…それらが過去のものとなり、アバンギャ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インポンテ フェニックス(Imponte Phoenix)」

中々見ることができないレアなマッスルカーのフェニックス。こんなに精悍な顔つきで迫られたらあとは乗り込むしかないでしょう。ガソリンを燃やし尽くす不死鳥を見ていきましょう。 目次1 車両データ2 モデル車 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド インペレイター(Vapid Imperator)」

1970年代の製品は素晴らしいものでした。フロントに肉挽き器を付けて荒野を駆け抜けても、何食わぬ顔でいられるほどの上質ぶりです。 (Arena War TVでの解説〜アポカリプス) 堅牢かつ美しく洗練 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031