GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アニス ヘリオン(Annis Hellion)」

投稿日:2019年10月7日 更新日:

砂漠生まれのアニス ヘリオンは、街で見かけるとただの角ばった四輪駆動車に見えるかもしれません。ですが、この車は工場で生み出されて以来、砂と石にまみれ、力尽きた残骸しか存在しない極限の環境を生き抜いてきたのです。想像力を駆使できる者だけが、この力強いトラクションを制御できるでしょう。

(ロード画面での解説)

かつて、オフロード車は泥や岩場、沼地、丘を走破できるよう設計されていました。一方でヘリオンは、傾斜35度の砂丘を炎上する手前で駆け上がれるよう、絶妙に調整されていました。その違いが、現代のラッシュアワーで差を生み出しているのです。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「ダイヤモンドカジノ&リゾート」アップデートで追加されたヘリオン。この車に乗れば最後、泥まみれになる衝動を抑えることは出来ません。荒れ地を巡回する1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:アニス(Annis)
名称:ヘリオン(Hellion)=乱暴者、いたずらっ子(英語)
分類:オフロード
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$835,000

モデル車の考察

モデルは日産 サファリ(Y60型)ですかね。時代を感じさせる角ばったデザインが特徴的です。

ボディーペイントの元ネタ

「GLOBE」レンジャーは、映画「ジュラシックパーク」に登場したジープがモデルになっているようです。映画をネタにしたペイントは嬉しいですが、どうせならこの車じゃなくてメサとかでやってほしかったような。

ナイトメアは、アメリカのモンスタートラックレーシングチームのGrave Diggerのペイントがモデルになっているようです。

走行性能

いかにも重たそうな見た目ですが、操作感は意外と軽快です。エンジン音が同じなこともあり、フリークロウラーナイトシャークと似た感覚があります。

アクセルを踏むと勇ましいエンジン音で気分を盛り上げてくれますが、加速力と最高速はそれほど高くありません。強烈なトルクがあるので走破性は非常に高いですが、平地でのスピードはそれなりといったところでしょうか。

ハンドリングはとても軽く、少しステアリングを操作しただけで向きを変えることが出来ます。ただ、オーバーステアは強めで速度を十分落とさずハンドルだけ切るとリアが滑っていきます。サスペンションを変えて車高を下げると一気にグリップ力が向上してオーバーステアが改善されるので、オーバーステアが気になるなら車高を下げてみましょう。

ブレーキング性能はオフロード車としてはそこそこですが、全体で見るとあまり良いとは言えません。一度速度が落ちてから完全に停車するまで少し時間がかかるので余裕を持ってブレーキを踏みましょう。また、重心が高めなので走破性の高さに油断して大クラッシュなんてことにならないようにしましょう。

カスタマイズ

パーツの数は豊富で、競技車両風のパーツが多めに用意されています。生活感のあるファミリーカーっぽくするのも良し、ダートを駆け抜けるダートトラックっぽくするのも良しですね。

パーツの中で異質な存在感を放つのはマフラーの項目。8種類あるパーツの内、7つはボンネットを取り払ってバカでかいターボやスーパーチャージャーをくっつけたりエンジンを換装したりするものが用意されています。これらを駆使して世紀末な仕様にしてみるのもいいかもしれませんね。

ボディーペイントは競技車両風のものがメインで、他には愛国者仕様やインポマン仕様のペイントが用意されています。どれも大きく印象を変えることが出来るペイントですね。

感想

SUV・オフロード系としては値段がお高めですが、楽しく乗り回せる車でいいんじゃないでしょうか。特にオフロードではどんな地形でもいとも簡単に走りきってしまうので、クロスカントリーを楽しむならとてもオススメできる車です。

カスタマイズの面では、パーツの多彩さは素晴らしいと思いますが、この車のイメージと合致しているかはちょっと微妙なところでそこが惜しいと感じますね。他の車で欲しかったなってパーツも多いので。もっとファミリーカーやラリーレイド車のようなイメージを際立たせてくれるパーツが多ければ満足度は高かったのかなと思います。



モデル車について

日産 サファリ(Y60型)

元々警察車両での運用を想定されていた小型トラックの日産 パトロールシリーズは、代替わりをする毎に民間用クロスカントリー車の色合いを強めていき、3代目のY160型でその方向性を決定づけた。それと同時に、Y160型は日本版に限り名称を「サファリ」と改められた。後継機となるY60型は見た目こそY160型のフェンダー部を拡張しただけのように見えるが、新設計のエンジンとシャシーで性能が向上。更に、リーフ式からリンク式に変更された足回りの影響は大きく、オンロードとオフロードどちらの局面でも力を発揮した。国外への輸出がメインとなるパトロール(サファリ)シリーズだが、90年代の日本ではRVブームが巻き起こったこともあり、国内でも人気の1台となった。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のアニス車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「アニス(Annis)」

今作に出てくる日本車→【GTA5/GTAオンライン】日本車がモデルの車まとめ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら

created by Rinker
青島文化教材社(AOSHIMA)
¥4,980 (2022/01/25 19:40:49時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「マンモス アベンジャー(Mammoth Avenger)」

空翔ける死神、降臨。 (Warstock Cache & Carryでの解説) The Mammoth Avenger 60% off through April 1 at Warstock …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト センチネルレトロ(Übermacht Sentinel Classic)」

サンアンドレアスのダートトラックに新登場したウーバーマフト センチネルレトロは、誰もが気に入る一台となるでしょう。公道仕様のビンテージスポーツカーのエゴを放つこの車で疾走すれば、あなたも立派なストリー …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「インヴェテーロ コケットブラックフィン(Invetero Coquette BlackFin)」

ああ、1950年代アメリカよ。あの時代にフロイトの性心理論とカーデザインの融合が起きたことは明らかで、その組み合わせは実に素晴らしいものでした。このコケットなら毛の生えたビーチボールを2つぶら下げるに …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「マンモス スラスター(Mammoth Thruster)」

太古の昔から、人類は空高く舞うことに焦がれてきました。生身の身体で、ジェットエンジンとむき出しの火炎放射が響かせる轟音に耳をつんざかれながら、眼下に見えるラッシュアワーの渋滞を気まぐれに爆撃する――こ …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ウーバーマフト ザイオンレトロ(Übermacht Zion Classic)」

しまい込んだ「ラブフィスト」Tシャツと往年のパワー・バラッドを引っ張り出しましょう。80年代のノスタルジーに勝る燃料などありません。ウーバーマフトが生み出したザイオンレトロは、まさにこの燃料で走ります …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031