GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「BF ウィービル(BF Weevil)」

投稿日:2021年1月13日 更新日:

BF ウィーヴィルのタイムマシンに乗り込んで、現代のロスサントスから離れましょう。イカれたドライバーや危険な武器マニアや都会のスタントバイカーたちともお別れです。

そしてたどり着いた70年代のロスサントス。ここにもイカれたドライバーや危険な武器マニアや都会のスタントバイカーたちがいます。ただ1つ違うのは、誰もがこのファンキーな車に乗っていることです。

(ロード画面での解説)

ムードリングをして、髪をスタックパーマにし、ハッパ煙草を巻いて株式市場を滅茶苦茶にするのもいいでしょう。あるいは、もっと手っ取り早く70年代感を得たいなら、ウィーヴィルを買うのも手です。時代を超越するファッションも存在するのです。

(Southern Sanandreas Super Autosでの解説)

「カヨ・ペリコ強盗」アップデートで追加されたウィービル。カーマニアの独裁者が遺した理想的な大衆車です。戦後のドイツを蘇らせた1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:BF
名称:ウィービル(Weevil)=ゾウムシ(英語)
分類:コンパクトカー
駆動方式:RR
乗車定員:2人
購入価格:$652,000

モデル車の考察

モデルは「ビートル」ことフォルクスワーゲン タイプ1。自動車の歴史を語るなら絶対に触れなくてはならない名車で、なんでモデルにした車がGTAに無いんだろう?(初代GTAにはあったけど)というレベルの車でしたが遂に登場してくれましたね。

なお、ビートルをバギー化させた「バハ・バグ」がモデルのインジェクションは既に登場していました。ウィービルもパーツによってはバハ・バグ風に改造できるので、改造して両者を見比べてみるのもいいでしょう。また、同じようにビートルをバギー化させた「メイヤーズマンクス」がモデルのビフタも登場しています。こちらも設定的にはウィービルがベースとなった改造車でしょう。

カイネムジークのDJリクエストミッションを全てクリアした後、イングリッシュ・デイブから電話が掛かってきてマップ上に置かれたこの車を回収することで入手できます(装甲パラゴンRと似たような入手法ですね)。通販サイトに登場するまではこれがこの車の唯一の入手法でした。

名前のWeevilはゾウムシの英名。モデルのタイプ1は形状がカブトムシに似ていたことから、甲虫類を意味する「Beetle」というあだ名で呼ばれていたので、そこから甲虫類の一種であるゾウムシの名前を持ってきたのでしょう。

ボディーペイントの元ネタ

「BFカップカー」はディズニー映画の「The Love Bug(邦題「ラブ・バッグ」)」に登場するハービーがモデルだと思われます。後述のウィリー発進ができるのも恐らくこのハービーが元ネタでしょう。ちなみに2005年には続編として「Herbie: Fully Loaded(邦題「ハービー/機械じかけのキューピッド」)」という映画も制作されています。

「STRONZO」レーシングもディズニー映画の「The Love Bug(邦題「ラブ・バッグ」)」に登場するハービーがモデルだと思われます。

イービル・ウィーヴィルはホットウィールシリーズの「Evil Weevil」がモデルだと思われます(画像)。ペイントそのものは似ていないですが、この名前とホットウィール風のペイントは間違いなく意識されているでしょう。名前のウィービルもこのホットウィールから取られたんでしょうね。

忘れられたレーサーもディズニー映画の「The Love Bug(邦題「ラブ・バッグ」)」に登場するハービーがモデルだと思われます。

走行性能

素の性能はいかにもクラシックカーといった感じでゆったりとした動きになっていますが、改造による性能の上昇幅が大きくフルカスタムすればそれなりに走れる車になります。主に加速性能の向上が著しく、フルカスタム後ならコンパクトカーカテゴリーでは丁度中くらいの性能になります。

ハンドリング面はブリスタ・カンジョに少し似ていて、車体そのものは軽いはずなんですが操作のレスポンスが鈍くダラダラと動く感じがあります。ブレーキング性能もすこぶる悪く、こちらの操作に対してステアもブレーキも常にワンテンポ遅れて反応するので、古くてのんびり動く車なんだと理解して乗ってあげるべきでしょう。トラクション性能も低めで山登りなんかは厳しいですね。

「アリーナウォーズ」アップデート以降、マッスルカーはサイドブレーキを引きながらアクセルを吹かして、サイドブレーキを離すとウィリー発進ができるようになりましたが、ウィービルもこのウィリー発進ができます。マッスルカー以外でウィリー発進ができる車はトルネード・ラットロッドに続いて2台目となっています。

カスタマイズ

外装パーツが非常に多く多種多様なカスタマイズが楽しめます。前述のバハ・バグ風は勿論、60年代後半のカリフォルニアで生まれたバンパーレスのビートルに車高を下げたりホイールの交換を施したCal looker風、70年代のロサンゼルスで生まれたビートルローライダー化するCal-Style VW風、ビートルをホットロッド化したVolksrods風にドラッグレーサー風など、様々なスタイルに対応しています。マットペイントにオフロード用装備をすればキューベルワーゲン風にも。

それだけでなく、ルーフに荷物やサーフボード(サーフボードだけで10種類も有る笑)を積んでファミリーカーのようにしたり、シンプルにエアロを追加してストリート系にしたり、基本となる改造もバッチリとこなすことができます。サスペンションの変更で鬼キャン仕様のシャコタンにすることも出来ますし、とにかくカスタマイズの幅が凄く広いですね。

ボディーペイントもファイヤーパターン、迷彩、レースカー、錆ペイント、ヒッピー風のド派手なペイントと揃っていて、どれも目移りしてしまいます。これだけ幅広く遊べる車は他に無いでしょう。

感想

満を持して登場したビートルがモデルの車だけあって詰め込まれたネタの量が凄いですね。古今東西のビートルカスタムを網羅するかのような改造範囲の広さです。これは勿論モデルのビートルがとても多くの人に愛され様々なカスタムされてきたからこそのものですが、出来る限り膨大な元ネタの再現をしていこうというロックスターの情熱にも感服です。

性能面はクラシックカーだしこんなもんでしょと思いつつ、オフロード仕様にも出来るならもう少しトラクション性能は欲しかった気もします。まぁ不満があるとしたら本当にそれくらいで、カスタマイズの楽しさを考えれば120点の車です。「こういう車が出てくるとこのゲームをもっと遊びたくなるよね」と言えるくらい弄るのが楽しい。そんな1台です。



モデル車について

フォルクスワーゲン タイプ1

1933年、ドイツ首相に就任したアドルフ・ヒトラーはアウトバーン建設と「自動車を国民全員が所有できるようにする」国民車構想の計画を打ち出す。一方、ダイムラー・ベンツ出身の優れた自動車技術者であるフェルディナント・ポルシェは、独立し自分の事務所を建てながらも自身の夢である「優秀な小型大衆車」の自社開発に中々乗り出せないでいた。

そんなポルシェにヒトラーは国民車「フォルクスワーゲン」の開発を任せ、絶好の機会を得たポルシェは新型車開発に奔走する。ヒトラーの課した厳しい条件をクリアできず開発は難航するが、カーマニアのヒトラーはポルシェを庇護し潤沢な開発資材を与えサポートした。そしてプロトタイプのVW39が完成し量産体制に入ろうかという1939年、開発を命じたヒトラー自身が第二次世界大戦を勃発させてしまい国民車構想は直前でストップを余儀なくされた。

その後、戦争に敗れたドイツは様々な工場や資材が戦勝国に収奪されてしまうが、極めて前衛的な設計だったフォルクスワーゲンの価値を理解する者は殆ど居らず、フォルクスワーゲンの工場は接収を免れる。しかし、イギリス軍将校アイヴァン・ハーストはフォルクスワーゲンに将来性を感じ、工場を修復させ自動車生産を再開させる。生産にあたって新たに「タイプ1」と名付けられたその車は、とにかく頑丈で悪路や厳しい気候でも酷使に耐え、材質・工作が優秀で整備性も良く、大人4人を乗せて経済的に高速巡航できるという、戦後の先進各国におけるハイウェイ時代到来に見事に適応した。

そして世界各国に輸出されたタイプ1は人気が爆発、莫大な外貨を獲得し西ドイツの戦後復興に大きく貢献した。「ビートル」と呼ばれて愛されたこの車は最終的に1941年から2003年まで生産が続けられ、四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」を達成した。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

ウィービルをバギーに改造した車→インジェクションビフタ

これまでのGTA5/GTAオンライン車レビューまとめはこちら



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンライン車図鑑「アルバニー フランケンシュタンゲ(Albany Fränken Stange)」

アルバニーのデザイナーチームが多量のヤクをキメた状態でビンテージ・カー雑誌片手に制作したこの異質なフランケンシュタンゲは、どこに行ってもゴスやエモ・ヒップスター、バンパイアもどきの羨望の的となるでしょ …

GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑「ウェスタン キューバン 800(Western Cuban 800)」

史上屈指の人気機種であるキューバン800は、錆ついたリベットともども、歴史の断片とも呼べるものです。この軽量エンジン機はまるでクラペアの家具についてきた六角レンチで組み立てられたように見えますが、実は …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オベイ ロコト(Obey Rocoto)」

ロコトがレースに勝つ事は決してないですが、悩める中年ブルジョワ層の心を癒すぜいたくな作りが補っています。 (Southern Sanandreas Super Autosでの解説) 高級SUVのロコト …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デュボーシー スペクター(Dewbauchee Specter)」+α

世界一手に入りにくいツードアのスポーツカーを想像してみてください。そして、その内臓を全て剥がし、ペイントが施された超軽量カーボンファイバーで出来たレース仕様車に変えることを。なぜそんなことをするのか? …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ヴァピッド GB200(Vapid GB200)」

GB200は、スポーツカーにおけるデザイン最盛期の象徴です。現代のスーパーカーに匹敵するパワーを持つ一方、ハンドリング、ブレーキ、安全機能などには昔ながらの危険性が残されています。クールに振舞っても構 …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031