GTAシリーズ

【GTAオンライン】ベニーズ・オリジナルモーターワークスについて

投稿日:2021年2月4日 更新日:

「ローライダーズ」アップデートで追加されたカスタムショップ、ベニーズ・オリジナルモーターワークス(Benny’s Original Motor Works)について紹介していきます。



ベニーズの概要

ベニーズは特定の車両の改造に特化したカスタムショップで、一部の車両しか持ち込むことができません。その代わり、他の車とは比べ物にならないほど豊富な改造パーツが用意され自由にカスタマイズが行えます。

カスタマイズの際はまずベース車両をカスタム車両に「アップグレード」させます。アップグレードには車がもう1台買えるくらいの金額が掛かり、その後の改造パーツの費用もかなり高額。ベース車両の値段だけ見て「イケそう!」とは思わないようにしましょう。

アップグレード後の性能は基本的には向上していますが、ベース車両と対して変わらない車も沢山あります。性能アップのための改造というより、カスタマイズを楽しむための改造だと思っておきましょう。

ベニーズでカスタムされた車はカスタムショップでの修理額が通常の10倍になっています。10倍になったところでそこまで高額ではないですが、お金の無い人にとっては地味に負担になるので、カスタムショップで修理はしないようにした方が良いと思います。

ベニーズのカスタムができる場所

ベニーズはストロベリーにある本店で営業を行っているので、そこに対象の車を持ち込めばカスタムができます。しかし、毎度毎度本店のところにまでまで足を運ぶのは面倒くさい。道中で車を傷つけたりしたら高い修理代も請求される。そんな時は物件のガレージが使えます。

オフィスガレージ(オプションのカスタムオートショップが必要)とアリーナワークショップ(オプションでベニーズの整備士を雇う必要がある)では対象の車を保管したままベニーズのカスタムを施すことができます。これならわざわざベニーズに行かなくてもベニーズ仕様のカスタマイズが行えるので便利です。お金に余裕があるなら是非ともどちらかのガレージを購入しておきましょう。



ベニーズ

トリュファード ネロ・カスタム$2,045,000(ネロ:$1,440,000+カスタム費:$605,000

プロジェン イタリGTB・カスタム$1,684,000(イタリGTB:$1,189,000+カスタム費:$495,000

ブラヴァド バンシー900R$670,000(バンシー:$105,000+カスタム費:$565,000

カリン サルタンRS$807,000(サルタン:$12,000+カスタム費:$795,000

アニス エレジー・レトロカスタム$904,000(エレジーRH8:$0+カスタム費:$904,000

デュボーシー スペクター・カスタム$851,000(スペクター:$599,000+カスタム費:$252,000

フィスター コメット・レトロカスタム$745,000(コメット:$100,000+カスタム費:$645,000

ブラヴァド ガントレットレトロ・カスタム$1,430,000(ガントレットレトロ:$615,000+カスタム費:$815,000)

デクラス セイバーターボ・カスタム$505,000(セイバーターボ:$15,000+カスタム費:$495,000

デクラス ブードゥー・カスタム$425,500(ブードゥー:$5,500+カスタム費:$420,000

ヴァピッド チノ・カスタム$410,000(バッカニア:$225,000+カスタム費:$185,000

ヴァピッド ペヨーテ・カスタム$666,000(ペヨーテ:$38,000+カスタム費:$628,000)

アルバニー バッカニア・カスタム$419,000(バッカニア:$29,000+カスタム費:$390,000

デクラス トルネード・カスタム$405,000(トルネード:$30,000+カスタム費:$375,000

アルバニー プリモ・カスタム$409,000(プリモ:$9,000+カスタム費:$400,000

ベネファクター グレンデール・カスタム$720,000(グレンデール:$200,000+カスタム費:$520,000

ダンドリアリー ヴァーゴ クラシック・カスタム$405,000(ヴァーゴ・クラシック:$165,000+カスタム費:$240,000

アルバニー マニャーナ・カスタム$935,000(マニャーナ:$10,000+カスタム費:$925,000

ウィラード ファクション・カスタム$371,000(ファクション:$36,000+カスタム費:$335,000

ウィラード ファクション・カスタム・ドンク$731,000(ファクション:$36,000+カスタム費:$695,000

ヴァピッド スラムバン・カスタム$464,500(スラムバン:$49,500+カスタム費:$415,000

デクラス ムーンビーム・カスタム$425,000(ムーンビーム:$32,500+カスタム費:$370,000

ヴァピッド ミニバン・カスタム$360,000(ミニバン:$30,000+カスタム費:$330,000

デクラス ヨセミテ・ランチャー:$1,185,000(ヨセミテ:$485,000、カスタム費:$700,000)

ブラヴァド ヨウガ・クラシック4×4$1,483,000(ヨウガ・クラシック:$195,000、カスタム費:$1,288,000)

ディアブロス・カスタム:$414,000(ディアブロス:$169,000+カスタム費:$245,000)

FCR1000・カスタム:$331,000(FCR1000:$135,000+カスタム費:$196,000)



関連コンテンツ

ベニーズのカスタムが行える場所→オフィスガレージアリーナワークショップ

他の攻略情報について→GTAオンライン攻略記事まとめ

その他の車について→GTA5/GTAオンライン車図鑑まとめ

その他の乗り物について→GTA5/GTAオンライン乗り物図鑑まとめ



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【GTA5】ストーリーの最後の選択肢(マルチエンド)はどれが妥当なのか

ここ一週間ほどGTA5のストーリーをまとめながら見直していたんですが、改めてマルチエンディングの分岐について色々考えていました。プレイヤーに委ねられたエンディングの選択、ロックスター側としたらどれが本 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ディンカ ヴェトレトロ(Dinka Veto Classic)」

誕生日パーティーにゴーカートを楽しんだあの頃に戻りましょう。立ち込める煙草の煙、折れたすね、子供たちの視力を奪った蛍光色のフルーツジュース。天国のような日々でしたよね?ハイウェイでそんな思い出を追体験 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「デクラス ランチャーXL(Declasse Rancher XL)」

1980年代と90年代初頭に中型SUVのパイオニアとなった「ランチャー」は、タイヤ付きの鉄の塊を車と呼べたシンプルな時代を思い起こさせます。楽しいオフロード車を1万ドル以下で探しており、衝突実験のデー …

【攻略】GTAオンラインの金策まとめ〜第6回「イベントウィーク(2倍期間)の稼ぎ方」

GTAオンラインでは週毎にイベントがあり、イベントの内容によってジョブの報酬が増えたり商品が安くなったりします。そこで、イベントを利用してお金を稼ぐ方法について考えていきたいと思います。 目次1 コン …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「オーバーフロッド オーターク(Overflod Autarch)」

あらゆるスーパーカーを手にすることはできても、オーバーフロッド オ-タークを真の意味で所有することはできません。もちろん、購入して洗車したり改造したり大切にしたりしながら、友人たちの羨望を集めることは …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728