GTAシリーズ

GTA5/GTAオンライン車図鑑「プロジェン イタリGTB(Progen Itali GTB)」+α

投稿日:2020年3月4日 更新日:

プロジェン イタリGTBの完成されたバランスを見て、それでも改良すべき点を見つけられるのは、いわゆる天才だけです。ベニーが処方されている鎮静剤に依存しているのは事実ですが、彼が天才であることに変わりはありません。彼なら瞬く間にカーボンファイバーシャーシの素っ裸な状態までパーツをそぎ落とし、ワイルドなほど巨大なスポイラーを見せびらかしながら、母なる自然が意図したとおりにコースを疾走できるマシンに変貌させることができるでしょう。

(ロード画面での解説)

プロジェンの新型車・イタリGTBに乗るのは、機嫌の悪い山猫を抱くような体験です。レース用に軽量化され、ドでかいスポイラーを搭載した山猫を抱くような体験を望むお客様は、ベニーに改造してもらいましょう。

(Benny’s Original Motor Worksでの解説)

「カーディーラー」アップデートで追加されたイタリGTB。プロジェンのエントリーモデルとして開発された車です。フォーミュラカーのノウハウが盛り込まれた1台を見ていきましょう。



車両データ

メーカー:プロジェン
(Progen)称:イタリGTB(Itali GTB)
分類:スーパーカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
購入価格:$1,189,000

メーカー:プロジェン(Progen)
名称:イタリGTB・カスタム(Itali GTB Custom)
分類:スーパーカー
駆動方式:AWD
乗車定員:2人
カスタム費:$495,000

モデル車の考察

そのデザインとメーカーがプロジェンなことから、モデルはマクラーレン 570Sですかね。車体のデザインはトリオン ネメシスの要素も多く含まれています。

過去作では初代GTAにフェラーリ 348GTSをモデルにした同名の車が登場していました。今作では全くフェラーリと関係ないマクラーレンがモデルなので単に過去作から名前を持ってきただけでしょう。

なお、初代GTAにはイタリGTOという名前の車が居て、こちらはランボルギーニ ミウラがモデルの車でした。競合するイタリアンスーパーカーの2台を同じような名前で出すという明確なライバル関係が感じられましたが、GTAオンラインでは後のアップデートでフェラーリ 812スーパーファストをモデルにした車がイタリGTOの名前で登場。モデルもライバル関係もぐちゃぐちゃな状態で初代の車が登場するという不思議な状態になってしまいました。

走行性能

価格を考えると追加車両のスーパーカーにしてはかなり安いイタリGTBですが、性能は中々のもの。ノーマル状態だと値段相応ですが、フルカスタムすることで性能が大きく向上します。

加速性能も最高速も同価格帯の車と比べると高め。コーナリング面はアンダーステアがかなり強いですが、ホイール(タイヤ)の交換などでグリップ力を上げると改善され高速コーナーに強い車になります。

カスタムの方は若干ではありまずが全体的に性能が底上げされたような印象で、加速と最高速が僅かに伸び、軽量化されたのかハンドリング性能が向上しています。ただ劇的に走りが変わるわけではないので、カスタムの効果は性能アップより改造範囲を広げる効果の方が大きそうです。

カスタマイズ

豊富なエアロパーツが揃っていて、外観のカスタマイズの自由度はかなり高いです。エアロだけならノーマルのイタリGTBでも十分に満足できるレベルです。

カスタムはこちらもエアロパーツが充実していて、ノーマルと使いまわしではなく少し違ったパーツが揃えられているのが凄いですね。更に細かい部分の改造が出来るようになり内装も弄れるようになって自由度は更に高まっています。

ボディーペイントは競技車両風のものが揃っていてどれもスタイリッシュ。イタリGTBのデザインによく似合ったものが揃っていますね。

感想

性能の割りに値段が安く、改造パーツも豊富で楽しめる車ですね。割りと癖はあるのでエントリーモデルとして有用かはさておいて、スーパーカーの中では安めの価格で楽しめる車だと思います。ベニーズでカスタムをしなくても十分良い車なので、カスタムするかはお好みで。



モデル車について

マクラーレン 570S

マクラーレン・オートモーティブのエントリーモデルに設定された「スポーツシリーズ」の第1弾。スーパーカーセグメントに位置するP1や650Sと比べれば、スポーツカーセグメントに位置する570Sは大人しい車になっているが、そこはやはりマクラーレン車。十分に怪物と言えるマシンに仕上がっている。ミッドシップにマウントされるV8ツインターボエンジンは名前と同じ570馬力を発生。カーボンファイバー製のモノコックシャシー「モノセルII」を採用し車重は1,313kgの軽量さを実現。F1マシンで培われたノウハウはこの車にもふんだんに盛り込まれている。

フォトギャラリー

関連コンテンツ

他のプロジェン車について→GTA5/GTAオンラインに登場する企業「プロジェン(Progen)」

これまでのGTA5/GTAオンライン車図鑑まとめはこちら

created by Rinker
オートアート(AUTOart)
¥20,120 (2021/01/17 09:36:12時点 Amazon調べ-詳細)



-GTAシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GTA5/GTAオンラインに登場する企業「カリン(Karin)」

目次1 エンブレム2 モデルの考察3 このブログで紹介した車4 小ネタ5 モデルについて5.1 トヨタ自動車6 関連コンテンツ エンブレム モデルの考察 モデルは日本最大の車メーカー、トヨタでしょう。 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ランパダーティ タイゴン(Lampadati Tigon)」

ランパダーティ タイゴンを見て、股間を反応させずに3秒間耐えられますか?1、2…ほらね。この車の使命は人の目を楽しませること、心を躍らせること、いい汗をかかせること、ただそれだけです。 ( …

GTA5がなんか物足りない

僕はグランド・セフト・オートシリーズのファンだ。もう少し細かく言うと、PS2版GTAシリーズのファンだ。それ以外のシリーズ作品はGTA5しかやっていない。 そんな自分の独り言をグダグダ書いていきます。 …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ベネファクター ダブスタ 6×6(Benefactor Dubsta 6×6)」

これはSUV?マッスルカー?それとも独裁国家に売るための本格的な軍用車?この車はその全てに当てはまる。六輪駆動と防弾仕様(オプション)のバケモノです。独裁者やビジネスリーダーには欠かせないアイテムです …

GTA5/GTAオンライン車図鑑「ブラヴァド ガントレットヘルファイア(Bravado Gauntlet Hellfire)」

ブラヴァドがまたやってくれました。今年の悪魔のような「ガントレットヘルファイア」には、きっと誰もが驚かされるはずです。このビーストマシンが持つパワーを操り、競争相手に新たな地獄を見せてあげましょう。マ …

ブログを書いている人

ブログを書いてる人↓

「麻乃ヨルダ」と申します。カードゲームオタクです。連絡やメッセージはツイッター(@yolda2s)へ。

ブログ内検索

カテゴリー

ツイッター

twitter
2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031